新しいサウンドの到来  レイ・ヒュウズ  6月7日

新しいサウンドの到来

レイ・ヒュウズ


(2010年5月24日 モーニングスターミニストリ−ズでの話の一部 )


今日はダビデの幕屋について話したいと思います。この話は、いつもはワーシップに関わるミュージシャンたちに対して話すのですが、今日は牧会者、リーダーの立場にある人たちに対してお話したいと思います。というのは、私はリーダーたちがこのことを理解するのが今非常に重要だと感じるからです。それは現在御国 (キリストのからだなる教会)の中で劇的なシフトが起こっていて、今まで聞いたことのないサウンドが始まろうとしているからです。今は新しいサウンド、新しい歌へと移行する時です。

ダビデの時代には詩編は「150編」からなっていたのではありません。詩編全体がダビデの幕屋で32年間の間、24/7で、絶えることなく歌われていた一続きの音楽の表現だったのです。
詩編の番号というものは後の時代になって付けられたものです。番号以外にも多くのことが後になって付け加えられたのですが、それによってダビデの幕屋の時代にあった美しさと力、権威が取り去られてしまいました。

「 praise(賛美せよ)」という言葉は詩編には存在しません。「praise」という英語に訳されている言葉は、ヘブル語では7つの異なった言葉があります。私たちは英語の「praise」という言葉を見ると、みんな同じことを表しているのだと思ってしまうのですが、そうではないのです。まずこのことを知っていただきたいと思います。

7つのヘブル語はそれぞれ、私たちが主にむかって身体を用いて行う全く異なる行為を指しています。それは32年間のその時その時に、人々がどのように生き行動すればよいか指し示したのです。
24組の音楽隊が交代で絶えず仕えていました。そして 新しい理解、新しい預言的言葉、新しい言葉使いが、常に新しい音楽的表現が、新しい楽器、新しいリズム等によって表わされ、それが丁度映画音楽のように、神の御こころのサウンドトラックとして使われたのです。即ち、神がその瞬間に語って おられることを表現したのです。映画のサウンドトラックのように、その時の神の言葉、御思いを強調してその効果を高め、聞く人々や回りの霊的環境への影響力を非常に強めたのです。 今、神の御国に新しいサウンドが解放されようとしていますから、このことを学び、理解し、親しんでおくことが非常に大切なのです。

詩編33編を見てみたいと思います。
「正しい者たち。主にあって、喜び歌え。」とあります。真に正しくないものが喜ぶということは出来ません。正しい者(righteous)な者だけが主にあって喜ぶことが出来るのです。即ち、人がもし父なる神と正しい関係にないならば、喜ぶことはできないのです。この「喜ぶ(rejoice)」という言葉は大変素晴らしい言葉で、実はコマ独楽のようにくるくる回るという意味なのです。

神は私たちのために喜んで独楽のようにくるくる回っていると言われます。ゼパニヤ3:17に「あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎをあたえる。主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。」とあります。

それは神が激しい感情をもってくるくると 私たちの回りで回ることを表しています。神は私たちに歌を歌ってくださると共に、丁度地球が軸を中心にして回るようにくるくると回られるのです。 しかも情熱的な愛情に満ちあふれて神はご自分と正しく結ばれている者たちの回りでくるくると回られるのです。
勇士であられる神が、あなたがたのただ中でそうされるのです。

ちょっと言い換えてみますと、「私のただ中におられる主なる私の神は勇士だ。神は私に歌い、私を喜ばれる。」ということです。ですから私たちのうちからほとばしり出るサウンドは、神が私のただ中におられるのですから、神の権威と創造とに直接的に関与しているのです。詩編全体を通じて多次元的な表現があり、絶えず動きがあり、絶えずサウンドがあり、その日の神の言葉に対する応答があるのはそのためです。

ワーシップチームがステージに上がってダビデの幕屋式に演奏を始めるとしましょう。仮に私がダビデだとして、私が「さあ、この歌を土曜日の4時まで歌いましょう。」と言ったとします。今(月曜日)から土曜日の4時までこの詩によって歌い、それを回りの霊的環境に絶えず解き放っていきます。するとついには歌っていることがその時に現実となり、神が「事は完了した」と言われるのです。

第一歴代誌16:42に「へマンとエドトンの手には、歌う者たちのためにラッパとシンバルがあり」と書かれていますが、ラッパとシンバルの響きは今までの歌を止めてチェンジせよ、という合図でした。その合図があると、今までの歌を止めることが許可され、今新しく神が言われ、されていることに移るのです。これが即ち「新しい歌が解き放たれた」ということです。

次に「主を賛美せよ」と言う言葉があると、新たな賛美が神の民の中で起こり始めますが、それは今までしていた賛美の表現とは異なるものになるのです。それは新しい歌であり、神が新しく民のただ中で「今」しておられることに関する賛美になります。歌い手たちが賛美の召命と油注ぎを受けている人たちであり、これらの事をよく理解し、訓練された人たちだったということは明らかです。

彼らは自由で安全な環境の中で、思う存分に創造的に表現することを許されていたのです。それは治世に関わることであり、又、霊的なことでもありました。ですから彼らはギリシャ的な音楽(言ってみれば、それは数学、科学、幾何学と楽器とを絡ませていろんな音符、記号をつけたもの)という枠の中には閉じ込められていませんでした。彼らの音楽はギリシャ的な音楽を越えたものでした。それは彼らの心からほとばしる情熱であり、神の臨在の中で完全に表現されたのでした。

ダビデが「主を賛美せよ!」と言う時、その「賛美」という言葉はヘブル語の「ハラウ」だったかもしれません。ハラウとは、「馬鹿げた、気が違ったような、輝く、叫ぶ」というような意味を持っています。「ハラウ(賛美) ヤ(神)」は、即ち「ハレルヤ」です。又、ハラウは 澄んだはっきりした音であり、「輝く」とはそのことを指しています。それは音よりもむしろ光と関係があって、音と光の架け橋となるものと言えるでしょう。つまりハラウとは、音楽、サウンドによって神の栄光を人々の上に輝きださせるということなのです。

第一歴代誌15:22に「ケナヌヤはレビ人の楽長で、音楽(songs)に通じていたので、これを指揮した。(口語訳)」とあります。ここで「song」と言っているのは、今私たちが考える歌とは全く違うのです。「song」とは音楽隊に与えられるサウンドですが、それには神からの霊的な重み、神の油注ぎのマントルがあるのです。このサウンドが解き放たれると、今だけではなく過去にも未来にも影響を及ぼす力が放出されます。音楽隊はこのような油注ぎを担えるように訓練されています。

サムエル記上10:5で、サムエルはサウロ王が楽器を奏でる預言者の一団に出あうことを告げています。丘から下ってきた楽隊の奏でていた歌は、サウロを新しい人に変える力を持っていたのです。それは、早さとか高さで人々の気持ちを高揚させるような人工的なものではありませんでした。楽隊の奏でる音によって、神の力や栄光、濃厚な油注ぎをその時そこに顕すものであり、それは政治的空気や経済機構も変える力があったのです。新しい歌、新しいサウンドが解き放たれました。

7つのヘブル語の賛美という言葉(バラク、ヤダ、トダ、シャバ、ハラウ、ゼマー、タヒラ)は、一つ一つ違う賛美の仕方を示しているのであって、私たちから違う行動、違う行為をそれぞれ要求しています。ワーシップは私たちの神への霊的応答です。

「正しい者たち。主にあって、喜び歌え。」とあるのを見たとき、これはダビデの幕屋式に喜び歌うことを言っていることを忘れてはなりません。次に「賛美は心のすぐな人たちにふさわしい(comely, beautiful)」とありますが、ここで使われているの「賛美」という言葉はヘブル語でタヒラという言葉です。これは多次元的な賛美の表現です。タヒラは即興的な霊の歌であり、詩編22:3で「イスラエルの賛美を住まいとされる」と言われた賛美はこの賛美(タヒラ)だけなのです。確かに主は私たちのすべての賛美に応答されて、王座に着いてくださいますが、「住まわれる」と言われたのはこのタヒラの賛美なのです。タヒラというヘブル語は 数々のうるわしいことを表しています。霊の歌、霊の祈りです。神はその中で王座に着かれ住まわれるだけではなく、その賛美の霊的環境と結婚されると言われています。

その意味は永遠の契約を神がされるということです。神が民の賛美のただ中で王座に着かれるならば、その影響は何代にもわたって続くのです。そのような霊的環境になったとき、ダビデは時として命令をくだしました。「主を賛美せよ!」と。そのときの賛美を表すヘブル語は「シャバ」という言葉だったかもしれません。これは「叫べ shout」ということです。

神が人々の賛美に中に住まわれるときの霊的環境、霊の油注ぎ、濃厚な主の臨在を、私たちは今非常に必要としています。新しい歌、新しいサウンドを解き放って、御国をシフトさせ、すべてのものを変えねばならないのです。

詩編33、96、98、149などに「新しい歌を主に歌え」という言葉があります。詩編33編を見ると、「賛美(タヒラ)は心の直ぐな人にふさわしい。立琴をもって主に感謝せよ。(ヤダ=手を上げて賛美せよ)」とあり、次に「十弦の琴をもって、ほめ歌を歌え。」と続き、そして「新しい歌を主に向かって歌え。」という重要な言葉があります。明らかに神は私たちに歌をチェンジしてほしいのです。

私が信じて口から出した言葉が私の歌になります。私が今までの人生で信じて口に出した私の歌は、必ずしも神がのぞまれた歌ではありませんでした。敵が私たちに関して言うことを信じるならば、それが私たちの歌になってしまうのです。私たちについて神が言われることに同意するならば(個人としても、共同体としても)それが私たちの歌となるのです。

朝起きたとき、ばかばかしい歌が頭の中で聞こえていることがありますか。あなたはその歌をお昼まで歌ってしまうことになったりします。それがどうしても頭から離れないのです。あなたはそれを午後2時までずっと歌っていたりするのです。その歌を忘れるためには、新しい歌を歌うしかありません。どうしてかお分かりでしょうか。それは新しい歌が古いサイクルを打ち破るからです。

教会の音楽システムもサイクルになってしまって、ぐるぐる同じことをするサイクルにはまってしまっています。それは打ち破られなければならないのです。そして新しい歌が入る余地をあたえなければなりません。そうでないと、私たちは古いサイクルを歩き続けることになって、新しい歌が霊の力をもって事をなしとげることを出来なくしてしまいます。神がかつて言われたことを繰り返すだけになってしまうのです。

確かに5年前には今のワーシップでうまく行っていたでしょう。しかしそのまま続けると、牧師はワーシップに携わる人たちにフラストレーションを与えることになります。彼らは古いサイクルにはまってしまって、制限され型を押し付けられて、いつものような日曜礼拝を続けることだけしか出来なくなるのです。

しかし彼らはそのようには造られていないのです。私たちは「今日の礼拝はよかったね。よい日曜日だった。ワーシップチームもよくやった」などと言うのです。でも私たちはただ「すてきな日曜日」であれは良いのではないはずです。

神様はそれ以上のことをなさりたいのです。神は御臨在の力を解き放つようなことをなされたいのです。人々の中の隔ての壁を取払い、境界のない恵み、無制限な創造性を望まれているのです。これこそ神が今、教会に解き放ちたいと思っておられる新しい歌が出来ることなのです。私たちの考えは同じところをぐるぐるまわるサイクルにはまってしまっています。

新しい人が来て、ちょっと変ったサウンド、ちょっと変ったメロディーを奏でるとそれを歓迎し、少しの間はそれで満足します。音楽に新しさを求める人々の必要性がそれで満たされるからです。けれども神はそのようなものをずっと越えたものを私たちに与えたのです。即ち霊の力の領域に入り、神の「今」の言葉を表すようなサウンドです。そういう新しい歌が歌われるようになると、私たちの間に真の解放が起こり始めます。 暗闇にいた人々も立ち上がってデスティニーにむかって進みはじめるのです。(終り)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2010-06-07 13:11 | アメリカからのメッセージ
<< 主の言葉を聞くことの飢饉 ボ... 「神の子」と「人の子」  坂 ... >>