2005年秋の日本旅行の感想 11月25日

秋の日本旅行を終えて


 2005年の秋の旅行に出発するに当り、主から示されていた御言葉がありました。それは、今の時代は「決して揺り動かされることのないものが残るために、すべての造られた、揺り動かされるものが取り除かれることを示しています。」(ヘブル12:27)でした。
 この御言葉は、終末に生きるクリスチャンに向けて言われたものであると信じます。今、全世界が揺り動かされています。それは地震によってだけではありません。
「私は、もう一度、地だけではなく、天も揺り動かす。」(26節)と主が言われるように、世界の気象状況(天)がゆれ動き、大型の台風、ハリケーン、それに大雨と旱魃による砂漠化現象が、今までにない大きなスケールで世界を襲っております。私たちが日本を旅行している間でも、二度ほど地震の揺れを感じました。
 このような事態は、私たちに一体何を語ろうとしているのでしょうか。それは次の28節に書かれているように「私たちが揺り動かされない御国を受けている」からであり、そのために主が、私たちクリスチャンを「決して揺り動かない不動の信仰」に導こうとしておられるからであると信じます。
 今回は、いよいよこの日本でも「さばきが神の家から始まる時が来ている」(1ペテロ4:17)ことを強く感じました。神のさばきとは、多くの場合、愛する者を懲らしめて良くするために主がもたらします。(ヨブ37:13、エレミヤ30:11、ヘブル12:10)その場合、その懲らしめの「揺り動かし」が、かなりの荒療治を意味することがあることを覚悟すべきでありましょう。
ですから、2テサロニケ2:11に「それゆえ神は、彼らが偽りを信じるように、惑わす力を送り込まれます。それは、真理を信じないで、悪を喜んでいたすべての者が、さばかれるためです。」とあるように、主は私たちに敢えて「惑わす力」(「惑わす霊」と1テモテ4:1では言っています。)を送られて、私たちを「揺り動かし」ます。その目的は私たちから「揺り動くもの」すべてを排除するためではないでしょうか。

今回の旅行で見たこと聞いたことを一言で言えば、日本の多くの教会が、今まさに揺り動かされていると言うことでした。教会とそのリーダーの方たちが本当に主につながっていて、霊的な成長を遂げつつあるすばらしい教会を訪れる喜びにあずかることが出来ました。しかしその一方で、いつまでたっても人間的なものでやっていて、主がほとんど不在と思われるような教会もあり、その差がここに及んではっきり現れつつあると言う印象を持ちました。それを別の言い方で言えば、それぞれの教会とそこに属する人たちが持つそれぞれの色が、いよいよ隠せなくなって来て、表に現われ始めたと言いましょうか、本物と偽物とがはっきりし始めたと言う思いを持ちました。それは教会全体としても言えますし、教会の内部で色の違う人たちがはっきり分かれはじめていた例も多く見ました。
確かに多くのクリスチャンが「霊的な成長」を目指していて、そのような人たちとお会いする際は恵まれ、又励まされました。しかし、霊的に目覚めつつある人たちでも、日本は今世界中から色々な分野のさまざまなミニストリーが入って来ていますから、それを次から次へと追っかけるのが精一杯で、それも多くは不消化のままで、逆に多くの人はそれによって疲れているように見受けられました。又、より霊的になるために質より量を追い、人間的な方法で何でも自分の教会に取り込もうとしているように見受けられる教会もありました。そのような教会は忙し過ぎる教会のようでした。宗教の霊、支配の霊に覆われている教会も、日本にはまだまだ多くあるように思われます。
又、終末の教会に必要な使徒と預言者を中心とする「五役者」のミニストリーは、日本ではまだまだこれからなのでしょうが、使徒と預言者に対する考え方、特に預言のミニストリーの扱い方において、混乱と逸脱があることを見ました。
これらの現象の多くは、偽りを信じるように働く惑わしの霊によるものであると思います。真に霊的になることとは、忙しくミニストリーをすることではなく、主と静かに深く交わることであると言う基本を理解できていないクリスチャンが多いように見受けました。
しかし一方で、霊的な飢え渇きは益々大きくなって来ていることを感じました。特に都市部で、既存教会に飽き足らず、やむなく自分たちで家の教会を始めておられる方々も増えていると聞きました。

しかし、これらのことを私が指摘するのは、決してネガティブな意味で申し上げているのではなく、むしろ教会が真の「キリストのからだ」に成熟するためのプロセスが始まっていると言う点で、大いに励まされたのです。
そして、日本には真のリバイバルが間もなくやってくることを強く感じると共に、その前兆を見ることが出来て興奮を覚えました。それは、ジョージ・オーティス・Jr.師とかT.L.オズボーン師が日本に送られてきたことです。
又、「トランスフォーメーション」のチームが実際にフィージーとオーストラリヤ等から日本を訪れて来たことも、明らかに神様が日本に対して特別の祝福を用意され、そのために今必要な霊的革新の準備をなさろうとしておられることを強く感じました。
オーティス師がホセア書6章を引用して「主を知ることを切に追い求める」なら「主は暁の光のように、確かに現われ」世界中のどこにでもトランスフォーメーションを起こされる、と言われたことは、まさに後の雨が「地を潤される」リバイバルの原則と合致します。

私はこれから、平和ボケした日本(クリスチャンも含め)にいよいよ地震を含めて本格的な災害がやって来ることをひしひしと感じております。天変地異だけでなく、鳥インフルエンザのような災害(日本の新聞で670万人が死亡すると試算された記事を読みましたが、アメリカではもっと大きな規模の死者数が取り沙汰されています。)とかテロが日本を襲うのも時間の問題であると思います。
艱難の時代が目前に迫っています。しかし艱難を通ることによってのみ日本の教会が一つとなることが可能となり、王国の建設が完成されて行くことでしょう。本当に主にのみ頼り、そして従い、主にすべてを委ね切る教会だけが主に守られて生き残り、主の起こされるリバイバルに大きく用いられると信じます。日本中の教会が今こそ真に霊的になり、リバイバルへの準備が一日も早く整えられることを願ってやみません。(終わり)


トップページに戻る
[PR]
by walkwithgod | 2005-11-26 11:33 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< パラ・チャーチ 11月25日 著書の紹介 >>