主と個人的に深い交わりを持つ理由  12月6日

なぜ主の御声を聞く必要があるのか(1)
            
              坂  達 也



 パウロはアテネの町が偶像で一杯なのを見て心に憤りを感じたと、使徒行伝17:16に書いてありますが、日本も当時のギリシャに劣らず、至る所偶像だらけではないでしょうか。
 聖書では神様が偶像を極端に嫌われることが書かれています。その理由は、私たちが信じる真の生きている神様は、ものを言われる神様であるからであると思います。その事実を人間に知ってもらいたくないサタンは、人間にものを言わない偶像を作らせ、それを有難がって礼拝させようとして来ました。つまり偶像とは、私たちが真の神様と親しく語り合うことをさせないようにするためのサタンの策略である訳です。
 そのサタンの策略にまんまと引っかかったのは未信者だけではありません。多くのクリスチャンですら普通、神様が親しく個人的に「語られる神」だとは思わないようにさせてしまったのです。
 私はクリスチャンが偶像を見る度に、サタンの計画を逆手に取って、「私たちの神様は生きていて、ものを言う神様である」と偶像に向かって宣言すればよいと思います。そしてそのことを心から神様に感謝すべきであると思います。

 聖書を見ますと、私たちの信じる神様とは、初めから終わりまで徹頭徹尾、「語られる神」であることが明らかです。第一、神様の創造は、神様が言葉に出して命令されることによってなされましたから、神様の話す言葉にはものすごい力があることが分かります。サタンはそのことをよく知っています。ですから私たちが神様の御声を聞いてそれに従うことを、何よりもサタンは恐れるのです。
神様はアダムに地球上のすべてを支配する権威と責任を与えました。そしてアダムに親しく語られ、指示をしながら導いたことでしょう。神様の言われる通りに行う時、アダムは超自然的知恵と力が備えられることを知っていたはずです。
 同じように、神様は荒野で40年間毎日モーセに語り続けました。私は、神様の御声を聞いてそれに忠実に従う時に、物事がその通りになることをモーセほど経験した人はいないと思います。
 神様の御声を聞く時には、それを実行に移す信仰の力が与えられると私は信じます。それに反して、人間が自分の頭で考えて行動する時には、そのような神様の知恵と力が普通は得られないと思います。

 私たちの日常の生活において「信仰がなくては、神によろこばれることはできない。」(ヘブル11:6)とありますから、私たちが常に神様に喜ばれる信仰で生きるためには、神様の御心をいつも知り、それに忠実に従って生きる必要があります。
 それではどうしたら神様の御心を知ることが出来るのでしょうか。その答えは「神に近づき」「神を求める」ことであると書かれております。つまり分からない時は何事でも神様に聞くことです。そうすれば神様は忠実な方ですから、それに必ず「報いてくださる方」、答えて下さる方であると、同じヘブル11:6に書いてあります。
そこで、その神様が「報いてくださる」方法ですが、多くの場合、神様が聞いた人に答えを「語ってくださる」のです。これが「主の御声を聞く」ことです。

 御心を知るための最も重要な方法は聖書を読むことであることは、クリスチャンなら誰でも知っていることです。少なくとも、神様がどう言う方で私たちに何を望んでおられるかという基本的な知識を得ることが出来ます。しかし、聖書をいくら読んでも、それが頭だけで読むなら単なる頭の知識に過ぎず、しっかりと心の中(霊的)にとどまりません。
 ところが聖書を読んで、主にその意味するところを個人的に聞いて「祈りながら待つ」時に、主が語って下さいます。あるいはその御言葉の「はっきりとした理解」が自分の心に飛び込んで来ると言う表現も出来ます。それが聖書を通して主の御声を聞くと言うことです。ですから聖書を毎日読むことが大切なのです。
 しかし、主の御声を聞くのは聖書を読む時だけとは限りません。私たちに内在される聖霊様は、いつも私たちの霊に語っていて下さいますから、いつも霊の聞き耳を立てていれば主の御声が聞こえてくるはずです。
 主の御心を知ることは非常に大切ですが、それ以上に大切なことは、主の御心を知ってその御心を実行するだけの信仰を持つことであると思います。実はこの信仰を得るのも主からです。そのためには、主からの「御声を聞く」ことによってその信仰が得られると、私は信じております。

 さて、神様が「語られる神」であることが一番普遍的に知られているのは、神様が預言者を立てて、その預言者を通じて語られることです。預言者、あるいは預言的な賜物を持っている人は今の時代にも大勢おります。ですから、クリスチャンであるあなたが、自分の将来について神様がどのようなご計画を持っておられるかを知りたいと思う時に、そのような預言の賜物を持つ人を通して、主へ「おうかがい」を立ててもらうことが出来ます。そのこと事態は決して悪いことではありません。
 しかし大切なことは、そのいただいた「預言」をよく吟味することです。自分の牧師とか霊的に信頼の置ける友人にその預言の内容を吟味してもらうのがよい、と一般的に言われておりますが、それ以上に重要なことは、本人自身が主の前に出て、その預言が本当に主からのものであるかどうかを、直接主に確かめることであると思います。
 なぜかと言えば、主から直接いただく答えとしての「御声を聞くこと」によって初めて、私たちはその御言葉(預言)を本当に「信仰で受け取る」確信が得られるからです。その確信とそれだけの信仰が得られれば、それが実現・成就するまでに少々時間がかかっても(時には何十年も掛かる場合もあります。)その確かな信仰によってそれを祈り続け、そのための準備(の行動)をし続けることが可能になると思います。もしこの預言の吟味と確認を直接主にしないとすれば、それは未信者がよく求める、単なる「八卦見」で終わってしまうことになりかねません。

 又、本人が預言的な賜物を持つ人であっても(私たちは皆、預言的であるべきですが)、その人が重要なこと、あるいは自分の特に関心のあることだけは主におうかがいを立ててその答えを得るにしても、後のことは主に聞かないで自分の判断で勝手に行動をしながら生きているとすれば、これは真の信仰で生き、常に主に喜んでいただけるクリスチャンとは言えません。そう言う人のことを聖書は「二心の人たち」(ヤコブ4:8)と言っていると思うのです。これは逆に、霊的に成熟しつつあるクリスチャンにとって大変危険な落とし穴であると言う気がします。
ヤコブ4:8には「神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいてくださいます。罪ある人たち。手を洗いきよめなさい。二心の人たち。心を清くしなさい。」と書かれています。真の霊的なクリスチャンとは、必ずしも霊の賜物を多く持つことではありません。なぜなら賜物は肉で生きているクリスチャンでも用いることが出来るからです。霊的なクリスチャンとは、常に神に近づいた状態で生きる主と個人的に親しい人です。

 私たちクリスチャンとは、すべてを主に委ね、自分の十字架を負って(と言う意味は自分で生きることをやめることですが)イエス様のあとについて行く者なのですから、常に主を見上げ、主の御声に聞き耳を立てて、主に近く(とどまって)生きると言う霊的なライフスタイルを身に着けねばなりません。それが出来るようになるにつれて、私たちは段々と主の思いが自分の思いとなり、自然に主の御心の中で平安を得て、御心を生きられるようになると思います。それと同時に、人間的なもの、あるいは悪魔の策略をより敏感に察知し、忍び寄る敵の誘いの手を決然と退けることが出来るようになります。それが「主と共に歩く」ことではないでしょうか。
 そのために最も重要なことは、毎日主と個人的な深い交わりを持ち、主とは切っても切れない親密な関係になることです。そうすれば私たちは、単に聖書を読んで知る以上に、主の御心と思いが分かるようになると思います。(終わり)



トップページに戻る
[PR]
by walkwithgod | 2005-12-07 01:09 | 主と個人的に深い交わりを持つ
<< 柚実子のハワイ便り  12月7日 聖霊は今御国の精鋭を用意してお... >>