緊急の祈りのリクエストです。 12月10日

緊急のとりなしのお願い
                              坂  達 也

 昨夜ホノルルでパラ・チャーチ・ミニストリーをしている(既に柚実子がご報告しております。)LMIのディーン牧師から下記のような緊急のメッセージを受け取りました。これはハワイに関する預言ですが、折から世界中で憂慮されている「鳥インフルエンザ」がハワイ諸島を襲ってくると言う警報です。発信先が信頼のおけるボブ・ジョーンズ師とか、キャシー・ウオルター師からのものですから、この知らせは主から発せられたものと信じます。ぜひとも私たちが今住むハワイの人たちのためにおとりなしをお願いいたします。下記がその預言です。

 緊急の祈りのリクエストがあります。どうか、出来るだけ多くのとりなし手に知らせてください。昨夜New Beginnings Christian Fellowship の集会に出席しました。 キャシー・ウオルターズがゲスト・スピーカーでしたが、彼女がボブ・ジョーンズからハワイの人々に伝えるようにと託された言葉を話してくれました。 ボブ・ジョーンズは現在のキリスト教会のなかで、大変正確に神の言葉を聞くことが出来る預言者です。彼の預言の言葉は、「ハワイのとりなし手たちにハワイ州の周りに祈りで防壁を立てあげるように伝えなさい。敵はアジアの鳥インフルエンザを送り込んで、攻撃しようとたくらんでいるから。」と言うものでした。
 そして今日、私は古くからの友人から電話をもらったのですが、彼女はキャシー・ウオルターズが昨夜話したことは何も知りませんでした。 その友人の話はボブ・ジョーンズからの警告を確証するものであると私は思います。彼女の祈り会のメンバーの一人が一つの大きな岩とアメリカ北西部から一羽の巨大な鳥が飛んでくるヴィジョンを見ました。この鳥には長いくちばしがあり、それで岩をつつきました。その岩はカワイ島でした。カワイ島から霧のようなものが立ち上り、オアフ島に向かって動いて行って、どんどん広がり、ハワイ諸島を全部覆ってしまいました。これを見た人は何のことなのか全くわからなかったのですが不審に思い、私の友人に電話をしてきたのでした。
 預言のシンボルの中では、鳥は悪魔が侵入することを表すシンボルです。 ですから、私はこれはボブの警告と同じで、敵がハワイ州に鳥インフルエンザを解き放つ計画があるからそれに対して私たちは祈るようにという警告を受けたのだと感じます。
どうか、主がこの敵の攻撃をそらして、ハワイ州を鳥インフルエンザから守ってくださるように祈ってください。主がハワイ州の周りに守りの外壁を建ててくださるように祈ってください。もし、鳥インフルエンザが流行ったら、ハワイの経済がどれほど打撃をこうむるかお分かりでしょうか。
 もちろん、何が起ころうとも、主は敵が企んだ悪をも善に変えてくださる方ですから、いつも希望はあります。もし、何か主から示されたことがありましたら、連絡してください。 ディーン牧師


 以上緊急の祈りのリクエストです。宜しくお願いします。 (終わり)


トップ・ページに戻る
[PR]
by walkwithgod | 2005-12-10 12:08 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 卓越するクリスチャン  12月11日 柚実子のハワイ便り  12月7日 >>