暗黒と神の国の輝き リック・ジョイナー  12月31日

暗雲と神の国の輝き(1)

リック・ジョイナー (訳者:渡橋 喜代佳)


 2005年8月22日、私は夢を見た。夢の中で、感じのいい静かな通りを歩いていた。突然、西の方から大変な危険が自分の方に向かって来るのを感じた。振り向くと、非常に不気味な暗雲がこちらに迫っていた。その雲ははるかかなたまで一直線に延びており、すぐそこまで接近している。私はすぐそばの家に避難した。中に入りさえすれば、安全だった。しかし、ドアを開けようとするが、開かない。鍵は私のポケットにある。鍵に手をやるが、恐怖のあまり身動きできなくなった私は、ドアを開けようにも、ポケットから鍵を取り出すこともできない......夢はそこで終わった。
 この夢ですさまじい恐怖を覚えて、私はひどく苦しんだ。数日間その解き明かしを主に求め、預言者である友人のボブ・ジョンズにも尋ねてみた。そして、この雲がアジアから(私たちのいる西側に)もたらされる死のウィルスだということが示されたのだった。この夢のメッセージはこうだ。私たちにはこのウィルスに対して安全な場所があるし、そこに入る鍵も与えられている。それは神の国の鍵である。ところが、恐怖のあまりそこに入れないということもありえる。この暗雲がどんなに接近していたとしても、避難所である神の国もまたすぐそばにあるのだ。

道を備えよ 
まず確認しておきたいが、もし私たちクリスチャンが岩の上に家を建てているなら、この地上に来ようとしているどんなものをも恐れる理由はない。主のことばを聞いてそれに従うことで、私たちは岩の上に家を建てるのである(マタイ7:24~27参照)。主のことばを聞いたことのない、あるいは、聞いても従わなかった愚かな人々にも、悔い改めるための時はまだあるにはあるが、あまり残されていない。時が迫っているからだ。夢の中で暗雲が非常に接近していたのは、このタイミングのことだった。
 私たちには揺らぐことのない神の国があり、この地上を襲うどんなものからもまったく安全で確かな避難所がある。すでに述べたように、この安全な場所に入るための鍵は、主がご自身の教会に与えてくださった神の国の鍵である。けれども、クリスチャンだと言いながら、実際は、神の国のやり方ではなくこの世のやり方に従い、主のためではなく自分のために生きている人たちには、悔い改めの時はわずかしか残されていない。

 聖書は、この時代の終わりに世界がどのようになるかについて、非常に明確に語っている。
1テサロニケ5:2~6からは、励ましと警告の両方が与えられている。
 「主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知している
からです。 人々が「平和だ。安全だ。」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。
  しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。」


 この先世界がどのような事態にいたったとしても、クリスチャンは驚くべきではない。この地上を何が襲っても驚かない、終わりの時代の預言的なミニストリーが起こされることだろう。主の羊たちは、主の声を知っていると言われている。彼らはそうした事態に対する備えがなされて、主の囲いの中で安全に過ごすことができるのだ。主の声を知らないか、主の声に従わない人々は、たちまち、もっとも過酷な危機的状況にさらされるようになるだろう。
 何であっても、否定的だとわかると、それを受け入れることが教理的にできなくなっているクリスチャンが多い。彼らは、上記の引用箇所にあるように慎み深くしているのではなく、霊的な酩酊状態にある。すぐに酔いから覚めるのでなければ、次は昏睡状態に陥るだろう。繰り返すが、この世界がどのようになるかについて、聖書は非常に明確に語っている。

問題は何なのか?
  
 この時代の終わりに世界を襲う艱難や苦難は、基本的には、人間が神を無視して生きようとしている結果引き起こされるのだ。創造主との調和の中にいなければ、どんな被造物も、うまくいくことはありえない。この時代が終わると、すべての被造物が、そうした愚かなことは2度としてはならないことを永遠に証しするだろう。
 最大規模にまでおよぼうとしている暴風雨や他の自然災害さえも、その原因は人間側にある。人間にはこの地を治める権限が与えられたにもかかわらず、みずからが神の支配に服していないため、正しく治めることをしてこなかったからだ。しかしながら、神との根本的な関係が回復されて、神に従って生きているクリスチャンは、世界にもたらされようとしている事態を恐れる必要はないし、そうした事態に対しても権威を行使して、地域全体を大災害から守ることも可能である。
 主に従順な人々と従順でない人々には、はっきりした違いが見られるようになる。といっても、従順で「岩」の上に自分の人生を築いた人々が守られるのは、自分たちが大災害を免れたことを誇るためではない。主を無視して生きようとしてきた愚かな人々を助けるためである。私たちは、主がすべての人の救いを望んでおられ、いつもさばきよりもあわれみを示したいと思っておられることを、けっして忘れてはならない。マタイ5:44~46で、主はこう語っておられる。
 「しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。自分を愛してくれる者を愛したからといって、何の報いが受けられるでしょう。取税人でも、同じことをしているではありませんか。」

 主は、すべての人々を愛しておられる。主を憎み、主や主のやり方に反逆する人々をも愛しておられる。愛情ある父親のように、たとえその反逆する子どもたちが悔い改めないとわかっておられても、主はその子どもたちのためにもよいことをしてくださるのだ。したがって、来たるべき破壊的状況のただ中にあっても、反逆する人々にも力を尽くしておられる神のあわれみや恵み、優しさが見られることだろう。

この時代の終わりに世界を襲う艱難や苦難は、基本的には、人間が神を無視して生きようとしてきたことの結果である。
 人々は非常な苦しみを経験すると、もし神が愛の神ならどうしてそのようなことが起こるのを許されるのか、とよく問うものだ。実は、神がそうしたことをゆるされるのではない。私たちがゆるすのだ。終わりの時に世界を襲う恐るべき苦難は、私たちがみずからもたらすのである。詩篇115:16にこう語られているからだ。「天は、主の天である。しかし、地は、人の子らに与えられた。」主は、私たちが主に立ち返るなら、介入してくださる。けれども、もし私たちが立ち返るのでなければ、この地上にもたらされるすべてのものは、人間が神を無視して生き、治めようとする、そのみずからの愚かしさの結果なのである。
 とはいえ、これは、来たるべき苦難が神のさばきだという事実を否定するものではない。神は愛であられ、さばきさえも私たちに対する神の愛ゆえになされる。さばきのただ中においても、神はあわれみの御手を差し伸べて、暗闇にいる人々を救ってくださるだろう。神のさばきは必然的なもので、人間は蒔いたものを刈り取らなければならない。その神のさばきは公正であり、最大限のあわれみに満ちている.......これが私たちの確信であり、信頼である。

 苦難の時が始まり、罪が人間のまったく手に負えない問題を生み出していくが、同時に、それは、私たちの知るかぎり最大の収穫の時にもなっていく。恵みを示された人々は、神に反逆する愚かな人々を激しく非難してはならない。むしろ、そうした人々の救いを求めていくのだ。私たちも、かつては愚かで神に反逆していたのが、あわれみを示されたのだった。だから、最大現のあわれみを示すようにしたい。

私たちは災禍を止めることができる 
使徒パウロは、イスラエルの民が荒野で試練にあっている間、みずからの罪のために何度も大きなさばきを身に招いたことを語っているが、その後こういう言葉でしめくくっている。
「これらのことが彼らに起こったのは、戒めのためであり、それが書かれたのは、世の終わりに臨んでいる私たちへの教訓とするためです」(1コリント10:11)荒野にいたイスラエルの民に起こったすべてのことは、どのようにして主とつながりを持つかということや罪の結果についての、私たちに対する啓示となっている。民数記16章ではコラの反逆についての教訓が記されており、46~48節では、(私たちはいつもそうなのだが)たとえ民がその災難を受けて当然な場合であっても、どうやってそれを止めることができるかについてきわめて重要なことを、今日の私たちに啓示している。
  モーセはアロンに言った。「火皿を取り、祭壇から火を取ってそれに入れ、その上に
香を盛りなさい。そして急いで会衆のところへ持って行き、彼らの購いをしなさい。主の前から激しい怒りが出て来て、神罰がもう始まったから。」
 
 アロンは、モーセが命じたように、火皿を取って集会の真中に走って行ったが、見よ、神罰はすでに民のうちに始まっていた。そこで彼は香をたいて、民の購いをした。
  彼が死んだ者たちと生きている者たちとの間に立ったとき、神罰はやんだ。詩篇や黙示録から明らかなように、香というのは通常、祈りやとりなしを表している。
上記の箇所は、私たちのとりなしがどのようにして災難を止めることができるか、その好例である。アジアからもたらされようとしているこのインフルエンザのように強力で致命的なものであっても、私たちは死んだ人々と生きている人々との間に立って、その災難を止めることができるのだ。

災禍
 災禍の詳細はまだ公にされていないが、世界保健機構の関係者たちは、かつて人類を襲った中でおそらく最悪の災禍がまもなく世界中に拡大していくものと予想している。それは、これまでのどのウィルスよりもはるかに甚大な被害をおよぼすとされるインフルエンザウィルスによるもので、現代医学をもってしても、それを止めたり抑えたりすることはできない。このことはまもなく、大々的にニュースで取り上げられるようになるだろう。しかし、たとえニュースが、また預言者が、何を言ったとしても、私たちの祈りがその流れを変えて、私たちの家族や教会、住んでいる都市をも守ることができるということを理解しておく必要がある。

 科学者によると、鳥インフルエンザは、かつてこの地上を襲った中で最も破壊的な災禍になる危険性がある。"Foreign Affairs" 7月/8月号の冒頭のページにこう記されている。「科学者たちは、ずっと以前より、想像を絶する数の人々を死にいたらしめるインフルエンザウィルスの出現を予測していたが、鳥インフルエンザは、その疾病になりうる兆候を示している。」
 私はWTO(世界貿易機構)の関係者からこの号をいただいた。そこには、この分野で最高の専門家たちによる最も衝撃的な記事が満載されていた。その記事は、彼らのウェブサイト(www.foreignaffairs.org,)からでも読むことができる。また、インターネットで「鳥インフルエンザ」を検索することも可能だ。だが、そこに書かれてある内容を読むなら、パニックになるかもしれない。もし鳥インフルエンザについて調べようとするなら、パニックや恐れというのは私たちの最大の敵だということを、どうか心に留めておいていただきたい。私たちは、恐れに支配されないように注意していなければならない。 

 ここで少し具体的な数字をあげてみよう。たとえば、ニュージーランドは、人口400万のうち140万人がこのウィルスに感染し、ほぼ30万人が死亡するのではないかと警告している。まったく想像を絶する数字である。しかし、彼らの報告書を読むなら、現在のところ、このウィルスに感染した人の致死率は54%なのである。もし感染者の54%が死亡するとしたら、この数字は、彼らの概算よりもはるかに多いことになる。けれども、彼らが概算している少ない数字であったとしても、祈りによってその数字は減らすことができる。
今は、このために祈る時なのである!
 現在のところ、このインフルエンザの感染者致死率は、人間の場合で54%から58%、動物の場合は100%になるということだ。このウィルスと戦えるワクチンはまだできていないし、できる可能性もまずないだろうと皆が認めている。また、たとえできたとしても、ワクチンを製造できていた会社の多くが、訴訟や他の問題のために、このビジネスから撤退を余儀なくされている。ワクチンを製造できる会社は世界でも2社にとどまり、その製造能力は限られている。ワクチンが製造されたとしても、世界全体でおそらく100万人分以下しか確保できないだろうと言われており、それも、パニック状態になった場合の治安維持のために、世界的な指導者や警察、軍関係者たちに用いられることになるだろう。

世界保健機構の関係者や科学者たちは声をそろえて、問題はこの死のインフルエンザが発生するかどうかではなく、いつ発生するかなのだと語っている。
 繰り返すが、人類の問題は、今や人類の手に負えないところにまで来ている。しかし、神にとって、あるいは、神を知って神に従う人々にとって、不可能はない。世界のトップがこれから起こることについて何と言おうと、私たちは主に立ち返って、主が何を望んでおられるかを知らなければならない。主がさばきよりもあわれみを好まれるということを確信して、固く立つことができるのだ。
 科学者によると、最良のシナリオで、人口の5%だけだとして、約1500万人のアメリカ人の命が失われることになる。この数字は、合衆国のこれまでのすべての戦争とすべての自然災害における死者を合計した数の数倍にもおよぶ。これがほんの2、3か月の間に起こることであり、計画している「ベストケース」なのだ。ワーストケースなら、その数字は、"Foreign Affairs"が言っているように、「想像を絶する」ことになる。これが世間で言われていることだ。繰り返すが、こうした事態は、主が指をちょっと動かされるだけで変わってくる。それでも、私たちは、何が起ころうとしているのかを知っておかなければならない。

 1918年に大流行したインフルエンザのことを記憶している人はほとんどおられないだろう。このインフルエンザによって合衆国で、わかっているだけでも何十万人もの人が亡くなったが、記録に残っていない人の数はおそらくもっと多いものと思われる。他の国の死亡者の割合となると、これよりさらに高くなる。当時は第一次世界大戦中であったが、このインフルエンザのために死亡した米軍兵士の数は、戦死した兵士の数を上回っていたとされる。だが、鳥インフルエンザは、可能性としては、これよりもはるかに危険なのだ。

 世界保健機構の関係者や科学者たちは声をそろえて、問題はこの死のインフルエンザが発生するかどうかではなく、いつ発生するかなのだと語っている。彼らはまた、それが歴史上最悪の死をもたらす災禍であると、これもかなり一致した見解を示している。このインフルエンザの発生は、今年かもしれないし、来年かもしれない。あるいは、数年先になるかもしれない。いずれにせよ、迫って来ていることに間違いはない。私が見た暗雲の夢がその時を示しているとしたら、すぐそこまで来ている。今は、あの鍵を見つけて、主の家に入る時である。そして、主の家とは、今この地上における神の国、すなわち、主の教会のことである。

私たちには権威がある
 ほんの数年前のことだが、インフルエンザが発生して、ほとんどすべての州で死亡者が確認されたことがある。そのことは頻繁にニュースに取り上げられており、州ごとの予想死亡者数も公表されていた。ボブ・ジョンズは、もし私たちが主から与えられている権威を行使するのであれば、この災禍を止めることができるという夢を見た。そこで、その日のコンファレンスで、ボブと私は立ち上がり、そのインフルエンザに対して権威を行使し、それが合衆国全体で終息するように祈った。すると、その日以来、このインフルエンザによる死亡が確認されなかったばかりか、再びニュースに取り上げられることもなくなったのだ。
 今では、ボブと私は毎年こうした祈りをしているが、少なくとも私たちが霊的な権威を与えられていると感じる領域においては、主が私たちの祈りを聞かれて、インフルエンザの流行を止めておられるのは明らかだ。もし、教会が立ち上がり、与えられている権威を行使し始めるなら、来たるべきこれらの災禍による死を止めることができるか、少なくとも、大幅に減らすことができるのである。

 私たちは、この時代(世)の終わりが近づくにつれ、このような災禍が来ようとしていることはよくわかっている。黙示録にあるように、中には、地上にいる人々の3分の1を死に至らせるほどに破壊的な災禍もあるのだ(鳥インフルエンザがそうだと信じている人もいる)。これらのものは決定されており、変えることはできない。とはいえ、クリスチャンもそうした災禍にあわなければならないというわけではない。私たちは守りを得られるし、他の多くの人々にとっての守りともなりうる。鳥インフルエンザの危険にさらされているクリスチャンというのは、前から自分たちに与えられている神の国の鍵を用いなかったクリスチャンのことである。

 私の夢では、迫っている暗雲から無事に逃れるためには、家の中に逃げ込まなければならなかった。その家とは主の家である。だとすると、これはどんな意味なのか。それは、教会と密接に関わり合っていない大勢のクリスチャンは、危険にさらされているということだ。この時代においては教会が地上における神の国なのである。1コリント11:27~30で、パウロはこう警告している。
「したがって、もし、ふさわしくないままでパンを食べ、主の杯を飲む者があれば、主のからだと血に対して罪を犯すことになります。ですから、ひとりひとりが自分を吟味して、そのうえでパンを食べ、杯を飲みなさい。みからだをわきまえないで、飲み食いするならば、その飲み食いが自分をさばくことになります。そのために、あなたがたの中に、弱い者や病人が多くなり、死んだ者が大ぜいいます。」

 ふさわしくないままで聖餐式にのぞむとは、その礼典があらわしていることの現実が自分たちの生活にないのに、その礼典にのぞむことである。この場合、その現実とは、キリストのからだとの親しい交わり(communion)、あるいは、キリストのからだに共に結び合わされていること(common-union)を言う。多くの人々は、痛ましいことに、礼典にのぞむことで「親しい交わりをもつ」という自分たちの義務を果たしているのだと思い込まされているが、それこそがまさにふさわしくないままで礼典にのぞんでいることなのである。こうした礼典は、私たちの義務を思い起こさせるために与えられているのであって、けっして私たちの義務に取って代わるものではない。もし、聖餐式の礼典にのぞんでいながら、「みからだをわきまえる」ことをしないなら、すなわち、「エペソ4章に命じられているように、正しくみからだに共に組み合わされて、現実に親しい交わりをもつ」ということをしないのであれば、私たちは、まさにここの箇所が警告しているように、弱くなったり、病気になったりするだろうし、死ぬ者さえ出てくるだろう。
 
 ここ数年間にわたって主が私に与えてこられた最も重要な警告は、教会の親しい交わりから離れているクリスチャンに向けられていた。これに関しては、「スターバックス(訳者注:コーヒーショップの名)での友人同士の集まりが私たちの教会です。」というものから、「主が私たちと共にいてくださるのだから、2人か3人集まる所はどこでもそこが教会なのです。」というものまで、ありとあらゆる弁解の言葉を聞いてきた。たしかに、わずか2人か3人が集まることのできる場も教会でありうるとか、どんな集まりも教会生活の一部だという考えにも、それなりの真理は含まれていると思うが、私たちにはキリストのみからだに共に結び合わされていること(common-union)が求められているのであって、そうした考えはこの求められている全体像にはるかに及ばないのである。

 また、たしかに、今は教会の根本的な変革(トランスフォーメーション)がなされていて、この時代に聖霊の働きが拡大しているミニストリーの一つは、市場でのミニストリー(マーケットプレイス・ミニストリー)であるし、主はご自分の教会が1日24時間、1週間で7日機能していることを望んでおられる。しかし、だからと言って、このどれもが私たちにとって地域の教会生活の重要性と必要性を否定するものではない。ここ数年間にわたって主が私に与えてこられた最も重要な警告は、教会の交わりから離れているクリスチャンに向けられていた。

 私たちが地域の教会の一員である必要はないという欺きのために、多くの人々が、クリスチャンとして真に成熟するために必要な、真の教会生活でのいのちの触れ合う人間関係から離てしまっている。私が夢で見たあの暗雲が過ぎ去った後には、そんな惑わしにある人はあまり残ていないだろう。まさに上記の箇所でパウロが警告しているように、彼らは、弱い者や病人であり、多くは死んでさえいる(訳者注:英語の欽定訳聖書ではここの動詞は"sleep"「眠っている」)。そして、来たるべき病に非常に冒されやすい人々なのだ。
 1ヨハネ1:6~7でこう言われている。
 「もし私たちが、神と交わりがあると言っていながら、しかもやみの中を歩んでいるな
ら、私たちは偽りを言っているのであって、真理を行なってはいません。しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わ
りを保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちを清めます。」


 この箇所にある「交わり」と訳されているギリシャ語の単語は「コイノニア」で、週に一度礼拝に出席した時に背中をポンとたたいたり、握手したりといった程度をはるかに超えた交わりを言う。それはごく普通の関係を超越した、生きた深い関係である。これが、私たちが光の中を歩んでいるならば、持てている交わりなのだ。新約聖書では、救われた人々はすべて教会に加えられている。彼らは、単にうわべだけの薄っぺらな関係の中で過ごしていたというのではなかった。

 多くの人々がぎりぎりのところで隠し持っていた鍵を使おうとするが、そのときにはパニックに陥っているため、使うことができなくなる。今が、惑わしやあざむきのためにキリストのみからだから離れてしまったことを悔い改める時である。ぎりぎりまで待ってはならない。私は、すべてのクリスチャンが教会から逃げるのではなく、教会に逃げ込むことを心から願っている。

 どんなに失敗したり、人を失望させたりしようと、また、ときには退屈であろうと、教会こそが、やがて世界を襲おうとしている災禍から逃れることのできる唯一の避難所である。その失敗や失望に耐えている人々は成熟して、今はまだ想像もできないほどの喜びに入れられるようになり、後の時代には、キリストのみからだの交わりもその喜びに入れられていく。もし私たちが、みからだのメンバーがこの喜びにいたるために経験しなければならないすべての取り扱いから逃げているなら、みからだが本来のあるべき姿に変えられたとき、私たちはそれにふさわしくない者となるだろう。そのときには、あのドアの鍵はかかっていて、その鍵を手にすることができなくなるのだ。(続く)


トップページに戻る
[PR]
by walkwithgod | 2005-12-31 08:55 | アメリカからのメッセージ
<< 神様の刺繍  坂 柚実子  1... 神の国の福音とトランスフォーメ... >>