預言的イメージの表現  キム・クレメント  1月13日



預言的イメージの表現
                         キム・クレメント


 ヨネ4:16-18 「イエスは彼女に言われた。『行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。』 女は答えて言った。『私には夫はありません。』イエスは言われた。『私には夫がないというのは、もっともです。 あなたには夫が五人あったが、今あなたといっしょにいるのは、あなたの夫ではないからです。あなたが言ったことはほんとうです。 』

 その後、彼女は水がめをそこに置いて町に戻り、人々に言いました。「来て、見てください。私のしたこと全部を私に言った人がいるのです。この方がキリストなのでしょうか。」(ヨハネ4:29)
 
 イエスが井戸のそばでサマリヤの女と話したとき、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」と言われました。 イエスは彼女の人生の中の一つの小さなポイントにだけ焦点を合わせたのですが、その結果として彼女は町に走っていって、人々に「私の人生のすべてを話した人がいますから、来て会ってください。」と言ったのです。 イエスは彼女の人生のすべてを語ったのではありませんでした。一つのことだけ話したのです。しかし、それが彼女の全世界、人生のすべてだったのです。ですから、あなたにとっても、現在あなたが面している「まさにその事」が、あなたの全人生なのです。

 他の人の重荷と自分の重荷とを比較して、自分の重荷の方がずっと小さいと思うことはできません。私の重荷は私にとっては大きいものであり、敵はいつも私の人生を最後にはやっつけたいと考えています。敵は些細な事柄をいつも掘り起こしてきて私たちが前進するのを阻止しようとします。

 ヨハネ8:32に「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」とあります。真理そのものではなくて、真理を知ることがあなた方を自由にするのです。真理はあなたを自由にしません。真理を知ることが自由にするのです。ひと度あなたが真理を知るならば、真理はあなたを自由にするのです。この真理というのは、神から与えられた真理です。もし、誰かがあなたのことを悪く言っていて、それがあなたにわかった場合、その真理はあなたを自由にはしません。かえってあなたを傷つけるでしょう。神の真理は直接神から与えられます。聖書には神の言葉は真理であると書かれています。医者は医学的な観点からあなたに事実を告げ、それは多分真理かもしれません。しかし、今私がお話している真理は、神がみ言葉によって与えてくださる真理のことなのです。

 私がある人に個人的な預言の言葉を与えたとします。そのとき彼がそれは確かに神のことばだと信じ、神からの「真理の知識」を得るならば、その後どんなに敵の攻撃にあったとしても彼は「真理の知識」という武器で敵をやっつけることができるのです。ですから、彼が神から受け取った真理を事実(fact)にするか、ただの絵空事(fiction)にしてしまうかという力を彼は与えられているわけで、したがって責任は彼の肩にかかっています。

 医者はあなたを診断して得た事実を基にしてあなたに真理(真実)を告げるかもしれません。一方、神は神の真理を基にしてあなたに事実を告げられます。あなたはそれを目で見ることが出来ないかもしれませんし、明らかでないかもしれませんが、神は確かに真理に基づいた事実をあなたに語ってくださるのです。私たちは自分の人生は自分の望み通りであってほしいと思います。完全な人生を望みます。しかし、そうはなりません。問題や困難が絶えず起こってきます。 このようにあなたを襲ってくる問題から真理はあなたを開放してくれるのです。


 真理のことばを受けてからは、周りの状況がどのようになろうとも、自分は真理を知っているのだということを忘れないでください。神はあなたに一つの約束を下さいましたが、事の成り行きは預言の霊とくいちがってくることがあります。 しかし、預言の霊は真理の霊であり、又、キリストは真理の霊です。このようなくいちがいが起こるとき、もしあなたが真理を持っていたら、神の真理をあなたの真理にする力をあなたは持っているのです。たとえ物事が反対のほうに進んでいると思われるときでも、真理は真理であり続け、あなたはそれを事実にしていく力を持っているのです。


真理はいつまでも真理


 神が究極的な真理です。私たち個人の真理は現実です。それは知恵ですが、時間と空間のなかでそれを事実としていかねばなりません。私は真理の力に関してすばらしいことがわかりました。その真理をあなたが事実とするならば、真理はなんでも出来るのです。どうやって事実にするのでしょうか。あなたの信仰がそれを事実にするのです。あなたの想像がそれを事実にするのです。あなたが夢見ることはすべて真理でなければなりません。現在の状況に飲み込まれてしまってはいけません。

 神があなたに語られるとき、一つのことばだけをくださいます。
「ある人には御霊によって知恵のことば(the word of wisdom)が与えられ、ほかの人には同じ御霊にかなう知識のことば(the word of knowledge)が与えられ…」 (Iコリント12:8)
 
 これはあなたは、知恵の一つのことば、知識の一つのことばを与えられるということです。 どうして神は一つのことばだけをくださるのでしょうか。どうしてちゃんとした文章をくださらないのでしょうか。それは、私たちは神のかたちに造られたので、一つのことばから文章を造りだす力を持っているからなのです。もし私たちが間違った文章を書いたならば、神はそれを消して、もう一度書き直させます。そうやって最終的に神が意図された文章になるまで何度も書き直させるのです。

 神は全能の神なのだから、最初からなぜちゃんとなるようにしてくださらないのだろうか、と思われるかもしれません。それは神は私たちを神のかたちに造られたので、私たちが自分でちゃんとできる力を与えられているからです。ですから、神から「富」ということばを受けたとき、あなたは「富は私を堕落させ、悪くする」という文を作ることもできるし、または、「富は神の国を拡大する力を私に与えてくれて、福音が全世界に広まる」という文を作ることもできるのです。 もし、あなたがするべきであると分かっていることにむかっての一歩を踏み出さないでいるときに、真理はただの絵空事になってしまうのです。

 神はアダムとイブに、地を従わせて支配せよといわれました。これが真理です。しかし、彼らは支配できませんでしたから、その真理は絵空事になってしまいました。彼らはするべきではないことをしてしまったのです。神が私たちの知識や認識のうちに限定されてしまう方だと、どうして私たちは考えてしまうのでしょう。回りの状況がどんなに悪くなったとしても、もし、聖書や預言のことばや約束によって「真理」が与えられているならば、神はご自分が約束されたことば通りに事を行うことが出来るのです。 神は私たちに毎日自分に死ぬという選択肢を与えておられます。古い自分や自分の感情、又、自分をとりまく状況に死ぬ選択をすることができるのです。

 神がどのような方法で語られるかという秘密をお話しましょう。神はあなたと直接話したいのです。神が自分に語られているかどうか、どうしてわかるのでしょうか。神の声はどんななのでしょうか。どう説明したらいいのか私はわかりませんが、言えることは、神が話されるとき私には分かる、ということです。どんな声か、ということは言えません。サムエルがはじめて神の声を聞いたときは、祭司エリの声だと思ったのですから、それは聞きなれた声のようだったのです。ですから、神の声は聞きなれたような声だということができます。神が語られると、神からことばが発せられると、あなたの周りに起こっているそれとは全く反対である状況の力をも、すべて打ち砕くことができるのです。

 神はあなたと話すとき、預言者を介してしたいとは思っておられません。又、天使も使いたくはないのです。神はあなたと直接話したいのです。しかしながら、罪のためにあなたの自意識はいつも目覚めており、自分の問題や弱さを意識しています。それで、神はあなたを眠らせて、夢の中であなたに語られるのです。またあるときは幻を使われることもあります。夢や幻の中で何が起こっているのでしょうか。あなたは眠っているので、自分の問題のことは意識にありません。ですから、神はあなたとコミニケーションがとれるのです。けれどもそれが神の最高の方法ではありません。使徒行伝2章には、「すべての人が」預言をし、夢や幻を見るであろうと書かれています。

 真理は至高の現実であると考えられます。至高の現実は現在の現実から私たちを自由にします。事実とは、実際に起ることに基づく知識で、実際にそうだと信じられることを言います。フィクションとは、事実を表していない想像とか見せかけです。

 たまに私は何か悲しい夢を見て泣きながら目を覚ますことがあります。私にとってそのわずかの間だけそれは事実でした。その出来事は夢ではありましたが、そのときの私にとっては現実であり、事実のように感じられたのです。神があなたに語るときもちょうどそのようなのです。夢から覚めた瞬間はまったく現実のように感じられ、夢を見ていたということがまだはっきり分からないのです。

 IIペテロ1:16-21 「私たちは、あなたがたに、私たちの主イエス・キリストの力と来臨とを知らせましたが、それは、うまく考え出した作り話に従ったのではありません。この私たちは、キリストの威光の目撃者なのです。キリストが父なる神から誉れと栄光をお受けになったとき、おごそかな、栄光の神から、こういう御声がかかりました。「これはわたしの愛する子、わたしの喜ぶ者である。」 私たちは聖なる山で主イエスとともにいたので、天からかかったこの御声を、自分自身で聞いたのです。また、私たちは、さらに確かな預言のみことばを持っています。夜明けとなって、明けの明星があなたがたの心の中に上るまでは、暗い所を照らすともしびとして、それに目を留めているとよいのです。 それには何よりも次のことを知っていなければいけません。すなわち、聖書の預言はみな、人の私的解釈を施してはならない、ということです。 なぜなら、預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのだからです。」

 山上でイエスと共にいたとき、天から声がして「これはわたしの愛する子」というのを聞いた弟子たちはそれを信じました。彼らにとってこれは「事実」でした。なぜなら神が語られたからです。神が何かを語られるとき、それはすでに成就したのです。神が語られたことは真理であり、私たちはそれを信じ、それを生きることによって「事実」にしなければならないのです。

 三人の弟子は、そのときはまだ「事実」としては証明されていなかった「真理」の目撃者となったのです。イエスは十字架にかかる前だったのですが、復活の栄光の姿としてご自分を現されたのです。ルカ伝によれば、イエスのお姿が変わり、弟子たちはそれを目撃したのです。それなのになお神は、「これはわたしの愛する子…彼のいうことを聞きなさい。」といわれました。弟子たちはイエスが栄光に輝く復活の主の姿になられるのを見ました。しかし、イエスが神の子であり、「夜明けとなって、明けの明星があなたがたの心の中に上るまでは」イエスに聞き続けねばならないことを、神はご自分のことばで確認したのです。

 イエスがもとの姿に戻られたとき、「人の子が死人の中からよみがえるときまでは、いま見た幻をだれにも話してはならない。」(マタイ17:9)といわれたことを思い起こしてください。また、ペテロが「確かな預言のみことば、the prophetic word confirmed」 と言っていますが、どうしてそれは確かなものとされたのでしょうか。それは彼らが見、且つ、聞いたからです。信仰は聞くことに始まります。そして信仰は目にビジョン(幻)を与えます。あなたが信仰とビジョンをもつならば、みことばはすでに確かなものとなったのです。

預言のことばは確証される


 神がみことばを下さるとき、それをあなたが聞き、且つ見るときにだけ確かなものとなります。それは幻や夢、また霊のうちで見るのです。あなたがそれを与えられ受け取るとき、それはすでに事実であり、すでに真実であり、すでに成就されており、すでに確立されているのです。三人の弟子たちはイエスが十字架にかかるのを待つ必要はありませんでした。イエスが生ける神の子であると告白するのに、イエスの復活を待つ必要はありませんでした。なぜならば、神がすでにそう言われたからです。それはすでに事実でした。イエスはすでに十字架にかかったのです。
 山上にいたとき、イエスは肉体的にではありませんが、すでに十字架につけられていました。それは天ではすでに確立されていたことで、それが弟子たちに表されたのです。それでペテロは「私たちはさらに確かな預言のみことばを持っています。…暗い所を照らすともしびとして、それに目を留めているとよいのです。」と言っているのです。


 神はあなたが直面している問題に対するあなたの見解を変えてくださいます。あなたの見方が変わると、すべてのことがそれと共に変わっていきます。あなたの見方が変わると、あなたも変わることができるようになります。祈りはあなたを変え、あなたは物事を変えていきます。神がみことばの中に示しておられる必要条件を忠実に守って、真理を事実へと変えていきなさい。

 もし神が、あなたは富むものになるであろうといわれたら、それが起こるのを待っていてはいけません。みことばに書かれている繁栄を持続させるための条件を行い、それを「事実」としなさい。ルカ伝には「与えなさい。そうすれば自分も与えられます。」と書かれています。神は約束されたことを、あなたがそれにどう対応するかに応じて与えてくださるのです。 (終わり) 


トップページに戻る
[PR]
by walkwithgod | 2006-01-13 02:36 | アメリカからのメッセージ
<< ホノルルでの私たちの教会  1... 神への信頼   坂 柚実子  ... >>