2006年への預言    ダニー ステイン    1月19日

2006—熱いか冷たいかの年
                                ダニー ステイン                                 

詩篇46:1-11 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。 それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。 たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても。セラ 川がある。その流れは、いと高き方の聖なる住まい、神の都を喜ばせる。 神はそのまなかにいまし、その都はゆるがない。神は夜明け前にこれを助けられる。国々は立ち騒ぎ、諸方の王国は揺らいだ。神が御声を発せられると、地は溶けた。 万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。セラ 来て、主のみわざを見よ。主は地に荒廃をもたらされた。 主は地の果てまでも戦いをやめさせ、弓をへし折り、槍を断ち切り、戦車を火で焼かれた。 「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」 万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。セラ」

熱いか、冷たいかを選ぶ年、なまぬるいままでいることは非常に危険

今年、主が私に示された中心的なことは、2006年(2007年の初めも含む)は熱いか冷たいかの年であるということです。つまり、なまぬるかったり、中途半端な年ではないと主は言われたのです。

1990年代の初めに、主は私に、空間と時間に宙吊りになっている教会の建物の幻を見せてくださいました。その教会の上にイエスが立っておられました。教会はイエスの足ほどの大きさでした。教会の真ん中をめがけてイエスは両手に剣を持っておられました。イエスの顔には何にも増して一つのことを決意している、という表情が浮かんでいました。私にはイエスが決められた(適切な)時を一心に待っているということが分かりました。

次の瞬間、イエスは剣を教会の中に差込み、真二つに切ってしまわれました。教会の中にいた人々は二組に分けられて、教会の中は恐怖でみちあふれるのを私は見ました。
半分は上に上げられて、「キリストの花嫁」と言われているものとなり、その信仰の故に明るく栄光に輝いていました。

もう一方の半分は、「宗教的な暗やみ」として知られているものとなりました。それは、暗やみと不信仰の故であり、彼らは忘却へと落ちていきました。これらの者たちも回心したならば花嫁に変えられたのですが、神はこれ以上失われた者たちが光の中に隠れているのを許されないと宣言されたのです。

主は、このことが今年起こると語られたと私は信じます。光と闇の間にははっきりした区別があるのです。中途半端でいる人は大怪我をするか命を失います。(霊的に、そして肉体的である可能性もあります。)

その理由は、光の中にいる人が中間にいる人にむかって、そこから出るようにとはっきりと宣告していたからです。これはヘブル6章が実現していることだと私は信じます。
ヘブル6:4-6 「一度光を受けて天からの賜物の味を知り、聖霊にあずかる者となり、神のすばらしいみことばと、後にやがて来る世の力とを味わったうえで、 しかも堕落してしまうならば、そういう人々をもう一度悔い改めに立ち返らせることはできません。彼らは、自分で神の子をもう一度十字架にかけて、恥辱を与える人たちだからです。」
Iペテロ4:17 「なぜなら、さばきが神の家から始まる時が来ているからです。さばきが、まず私たちから始まるのだとしたら、神の福音に従わない人たちの終わりは、どうなることでしょう。」

今年は熱いか冷たいかがはっきり分かれるときであり、我々の従順が明確に問われるときなのです。

又、一方では、栄光が今までよりより大きな規模で解き放たれる年となるでしょう。主のしもべたちの信仰が大きくなり、奇跡が爆発的に起こります。これは世界的規模で(西欧でも!)起こるでしょう。

すでに現れている栄光のひな形や影、また2006年のはじめに解き放たれる栄光は、これからの1年半の間にはっきりと明白になってくるでしょう。それらは、来るべきものの良いことも悪いことも含めての前ぶれです。教会の中で、「死」の雛形を表していたものがこれからはもっと公にはっきりと現れてくるでしょう。また、「命」の雛形を表していたものが、大きく解き放たれて、大きな奇跡が、努力や断食や何年も祈り続けることなしに起こってくるでしょう。

砕かれ通す年


今年は打ち破りの年ではなく、砕かれ通す年です。主によって砕かれることを耐え忍び通した者は、天の領域に入っていくでしょう。 主の傷の豊かさを分け与えられるように信頼され、へりくだりを経験したものは、天の領域で昇格していくでしょう。

Iペテロ5:6 「ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。」

時が来ました! 信じる者が集まるところに天国のしるしがどんどん現れるようになるでしょう。天国から直接送られて来るしるしが起こるでしょう。それは金粉や、羽根、オイルだけではなく、天国からの訪問者と主の訪れが集会にあらわれるのです。また、驚くべき高度な作品とか、天国からの芸術品が、いままで地上では知ることができなかったような色彩とか、音色、あるいは現象として起こるでしょう。

時には、天が大きく開いて、主の臨在と力が集会の中にとめどなく流れ込むように感じられることが起こるでしょう。 エノクのように一人で神と共に歩くことを願うのではなく、この世代に生きる者たち総てが神と共に天の領域を歩き、その栄光を地上にもたらすことを熱望する時なのです。

誰の権威によってするのか?

マタイ21:23-27 「それから、イエスが宮にはいって、教えておられると、祭司長、民の長老たちが、みもとに来て言った。「何の権威によって、これらのことをしておられるのですか。だれが、あなたにその権威を授けたのですか。」 イエスは答えて、こう言われた。「わたしも一言あなたがたに尋ねましょう。もし、あなたがたが答えるなら、わたしも何の権威によって、これらのことをしているかを話しましょう。 ヨハネのバプテスマは、どこから来たものですか。天からですか。それとも人からですか。」すると、彼らはこう言いながら、互いに論じ合った。「もし、天から、と言えば、それならなぜ、彼を信じなかったか、と言うだろう。 しかし、もし、人から、と言えば、群衆がこわい。彼らはみな、ヨハネを預言者と認めているのだから。」 そこで、彼らはイエスに答えて、「わかりません。」と言った。イエスもまた彼らにこう言われた。「わたしも、何の権威によってこれらのことをするのか、あなたがたに話すまい。]

Iコリント2:4-5 「そして、私のことばと私の宣教とは、説得力のある知恵のことばによって行なわれたものではなく、御霊と御力の現われでした。 それは、あなたがたの持つ信仰が、人間の知恵にささえられず、神の力にささえられるためでした。」
人が人を信用し、人に頼ろうとするとき、それは常に失望に終わります。人はお互いに他人に対して自分の罪を隠すことができるからです。 最も信頼でき、頼みの覆いとなってくださるのは神ご自身です。 我々が主の御前で何一つ隠し事をせずに歩くとき、兄弟姉妹との関係においても何も隠さず正直に歩くことができるのです。その時彼らは我々の人生に神の恵みが映し出されているのを認めるでしょう。

一匹狼になることではないのです。主のみ声を聞く羊の群れの一匹になることです。用心深さによるのではなく、信頼によって、私たちを見守ってくれている人々との関係を築くときに、彼らから間違いを直されたり、励まされたりすることが起こるのです。


トランスフォーメーションと回復の年

今年は改良(リフォーメーション)の年ではないのです。歴史を通して教会はいつも、過去の油注がれて活発であったと思われるパターンに改良しようとして来ました。 又、今年はリニューアルの年でもありません。リニューアルは、やはり、以前起こったよいこと、それは人を励まし助けたのですが、それをもう一度もたらそうとするものです。

今年はトランスフォーメーションと再生(rebirth)の年です。教会に与えられた神の(本来の)目的に帰るという動き(回復)が今進んでおり、神の民の心のうちにそれがすでに記されつつあります。多くの者は、今まで自分たちがやってきた方法ではうまくいかず、神は新しいことをされておられるということにはっきりよ気がついています。

使徒行伝3:21 「…、神が昔から、聖なる預言者たちの口を通してたびたび語られた、あの万物の改まる時まで、…」

イエスはご自分の教会のためにだけ帰ってこられるのですから、我々は教会を愛さねばなりませんし、決して教会の悪口をいったり中傷してはなりません。しかし、教会とは建物、ムーブメント、教派、伝統等ではなく、あるいは宗教的行事を優先させようとする人間的なやり方でもありません。(真の)教会とは、聖霊によってトランスフォームされ、聖霊の油注ぎと力を受けつつ歩み、自分の周りの暗やみの部分に主の栄光を照らし出す人々によって構成されているのです。

2006年のことばは「解放」

エレミヤ34:8-20 「ゼデキヤ王がエルサレムにいるすべての民と契約を結んで、彼らに奴隷の解放を宣言して後、主からエレミヤにあったみことば。 ・・それは各自が、ヘブル人である自分の奴隷や女奴隷を自由の身にし、同胞のユダヤ人を奴隷にしないという契約であった。 契約に加入したすべての首長、すべての民は、それぞれ、自分の奴隷や女奴隷を自由の身にして、二度と彼らを奴隷にしないことに同意し、同意してから彼らを去らせた。 しかし、彼らは、そのあとで心を翻した。そして、いったん自由の身にした奴隷や女奴隷を連れ戻して、彼らを奴隷や女奴隷として使役した。・・ そこで、主からエレミヤに次のような主のことばがあった。 「イスラエルの神、主は、こう仰せられる。『わたしが、あなたがたの先祖をエジプトの国、奴隷の家から連れ出した日に、わたしは彼らと契約を結んで言った。 七年の終わりには、各自、自分のところに売られて来た同胞のヘブル人を去らせなければならない。六年の間、あなたに仕えさせ、その後、あなたは彼を自由の身にせよと。しかし、あなたがたの先祖は、わたしに聞かず、耳を傾けなかった。 しかし、あなたがたは、きょう悔い改め、各自、隣人の解放を告げてわたしが正しいと見ることを行ない、わたしの名がつけられているこの家で、わたしの前に契約を結んだ。 それなのに、あなたがたは心を翻して、わたしの名を汚し、いったん自由の身にした奴隷や女奴隷をかってに連れ戻し、彼らをあなたがたの奴隷や女奴隷として使役した。』 それゆえ、主はこう仰せられる。『あなたがたはわたしに聞き従わず、各自、自分の同胞や隣人に解放を告げなかったので、見よ、わたしはあなたがたに・・主の御告げ。・・剣と疫病とききんの解放を宣言する。わたしは、あなたがたを地のすべての王国のおののきとする。 また、わたしの前で結んだ契約のことばを守らず、わたしの契約を破った者たちを、二つに断ち切られた子牛の間を通った者のようにする。 二つに分けた子牛の間を通った者は、ユダの首長たち、エルサレムの首長たち、宦官と祭司と一般の全民衆であった。 わたしは彼らを、敵の手、いのちをねらう者たちの手に渡す。そのしかばねは空の鳥、地の獣のえじきとなる。」

教会を神のご計画にそって完成させるのが神の御心です。教会の完成は自分が誰に属しているかを理解している者たちによって達成されるのです。神は神の民を囲いの中に入れようとする者たちを召したのではなく、神の(最初からの)目的を達成するために、神の民を装備する者たちを召すのが、神の意図なのです。

主は大災害の中にではなく、救済の中におられる


2005年10月、私がアイダホー州にいるとき、主が私に現れて、近々幾つかの大災害が起こることを教えてくださり、I列王記19:11-13を示されました。
主は仰せられた。「外に出て、山の上で主の前に立て。」すると、そのとき、主が通り過ぎられ、主の前で、激しい大風が山々を裂き、岩々を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。風のあとに地震が起こったが、地震の中にも主はおられなかった。 地震のあとに火があったが、火の中にも主はおられなかった。火のあとに、かすかな細い声があった。 エリヤはこれを聞くと、すぐに外套で顔をおおい、外に出て、ほら穴の入口に立った。すると、声が聞こえてこう言った。「エリヤよ。ここで何をしているのか。」
この所では、風、地震、火事のあとに「静かに細い声a gentle blowing」があったと書かれています。 2005年にあったハリケーン・カテリーナのようにすさまじいものがやって来るでしょう。

――ハリケーンや竜巻
地震 ――これは、サン・ディエゴから太平洋側北西部にかけての地震であると私は思います。震度6.49の地震が先に起こり、数日後に震度8.7の地震が来ます。又、ニュー・イングランド8州にも小規模な地震がおこる可能性があります。
     
火事――隕石や、電圧の急増、又、旱魃による火事などです。シカゴがその災害地の一つになると私は思います。
そして最後に――静かな細い声 the gentle blowing

主は、昔も今も、風や地震や火に中にはおられないのです。これはクリスチャンがはっきり理解しておかねばならないことです。そうでないと我々は人を裁いてしまうからです。エレミヤ29;11には「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。-主の御告げ。-それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなた方に将来と希望を与えるためのものだ。」とあります。主は静かな細い声の中におられるのです。これは大きく響き渡る神の宣言の声、(しかし)それは平和の響き、とも訳すことができます。主は今最終的な動きに入られました。それは(終末に生きる)神の民を通して響きわたる神の声なのです。

「…おまえが、神の訪れの時を知らなかったからだ。」ルカ19:44

神がエリヤ(訳者注:エルサレムの意味?)をこのように取り扱われたのは、エリヤが神の訪れをのがすことがないようにでした。
神の訪れの日というのは、神がご自分の教会を通して神の栄光を解き放たれる日のことです。そのとき、我々は地上に救いの供給源となることができます。それは、我々の生きる生活の中にその救いの源なる神を持っているからです。
Iペテロ2:12 「異邦人の中にあって、りっぱにふるまいなさい。そうすれば、彼らは、何かのことであなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのそのりっぱな行ないを見て、おとずれの日に神をほめたたえるようになります。」

エリヤの油注ぎのマントはエリシャへ2倍になって引き継がれました。我々は今、エリシャの世代なのです。神の慈しみと力が証しされるのを聞きつつ、今、その2倍の油注ぎの中へと進んで足を一歩踏み出していき、より大きな神の御業を成し遂げる世代なのです。

様々な大災害が来た後には、信仰によって「声」が出て行くでしょう。最初に出てゆくのは、力をともなった神のめぐみと憐れみを持ち運ぶクリスチャンたちの声でしょう。被害は甚大でしょうが、救われる者も多く、又、そのような大災害がもたらす死者の中から多くの人が生き返るでしょう。
災害が起きたときに、現在聖霊の働きを尊重しているところは守られて、被災者たちのための避難所となることが、私に示されました。 聖霊の働きを尊重せず、神がいこわれるところを作るより、人々を満足させることに焦点をあてていたところは残念ながら破壊されるであろう。

イザヤ66:1 「主はこう仰せられる。「天はわたしの王座、地はわたしの足台。わたしのために、あなたがたの建てる家は、いったいどこにあるのか。わたしのいこいの場は、いったいどこにあるのか。」

神は信仰の中にいこわれる


過去数十年にわたって我々は世界で様々な流れ、動き(ムーブメント)が起こるのを見てきました。1980年代の初期には、キリストの教会に多くの癒し手を通して癒しの業が解き放たれました。1980年代の終わりには、預言の働きが解き放たれました。1994年にはトロントで劇的なリニューアルが起こり、それは今でも発展して続いています。
トロントに続いて他に栄光のムーブメントや、リニューアルが川のムーブメントになっていきました。神が教会を導いておられる方向にむかってその一つ一つが重要な役割を果たしてきましたが、それらのムーブメントの最中からより偉大なムーブメントが起こり出て、イエスが「人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。」(ルカ18;8)といわれた叫びに対する答えとなっています。

信仰が解き放たれることが終末の時代の最も大きな地上でのムーブメントになるでしょう。イエスが求めておられるのはそれなのです。信仰は神を喜ばせます。人々は神のうちにいこうことができるから(ヘブル11)、信仰のうちに神はいこわれるのです。これはヨハネ15章にある我々が主のうちにとどまり、主が我々のうちにとどまることであり、その結果として多くの実を結ぶようになるのです。

巨人が目をさました

1982年に私は、小さな田舎の白く塗られた教会の建物の中で眠っている巨人の夢を見ました。主の手がおりてきて、巨人の肩をつかみ、彼を眠りからさましました。巨人は立ち上がり、その小さな教会の建物は粉々に砕けてしまいました。
そのとき主が私に言われました。 「教会が立ち上がるときには、もはやいかなる建物の構造(宗教的なもの、組織、教派、その他の構造)でもそれを中に収めることはできないのです。」 

我々は今、これまでだれも経験したことがないような教会活動が実際に現実のものとなる、そのような時にむかって前進しています。すばらしい主の臨在が現れ、主の光が暗やみに照り輝くでしょう。教会よ、今、立ち上がりなさい。そのためにこそ教会は生まれたのですから。(イザヤ46:3-13) (終わり)


トップページに戻る
[PR]
by walkwithgod | 2006-01-19 18:49 | アメリカからのメッセージ
<< 2006年への預言  ダッチ ... ホノルルでの私たちの教会  1... >>