霊的戦いのためのワーシップ  ウエイド・テーラー 2月17日


霊的戦いのためのワーシップ

        ウエイド・テイラー


エゼキエル28:14-15 「わたしはあなたを油そそがれた守護者ケルブとともに、神の聖なる山に置いた。あなたは火の石の間を歩いていた。 あなたの行ないは、あなたが造られた日からあなたに不正が見いだされるまでは、完全だった。」

 主はしばしば、三という数でことをなさいます。主はご自身を、父、子、御霊として現され、又、私たちを霊、魂、身体として創造されました。そして主は大天使を三人造られました。 戦士のミカエル、メッセンジャーのガブリエル、そして礼拝者のサタンです。

エゼキエル28:13 「あなたは神の園、エデンにいて、あらゆる宝石があなたをおおっていた。赤めのう、トパーズ、ダイヤモンド、緑柱石、しまめのう、碧玉、サファイヤ、トルコ玉、エメラルド。あなたのタンバリンと笛とは金で作られ、これらはあなたが造られた日に整えられていた。」

サタンはワーシップの「楽器」として造られました。 彼の中には力強いパイプ・オルガンのような賛美の機能があったのです。彼はすべての被造物を神の礼拝へと導きました。しかし、プライドの故に自分にゆだねられた責任と働きの地位から落ち、その結果、人間と地とを堕落させました。

 彼がイブをそそのかしたあと、主がサタンに現れて、次にように言われました。
創世記3:15 「お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に/わたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き/お前は彼のかかとを砕く。」

主よ、どうしてサタンを取り除いてしまわれないのですか?

私は「主よ、どうしてサタンを取り除いてしまわれないのですか?」と主にお聞きしました。主は答えて言われました。「わたしはそれをしない。なぜなら、それはあなたたちの仕事だからだ。 女の子孫であるあなたたちがサタンの頭を踏み砕かねばならないのだ。」 主は、私たちがキリストによってサタンと堕落天使たちを打ち負かさねばならないのだといわれたのです。それでは、どのようにすればよいのでしょうか。

エペソ6:12 「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。」

格闘では、相手の力を弱め、自分の力の強さが相手の強さに取って替われば勝者となることができます。ですから私たちは、「主の礼拝者、ワーシッパー」としてのサタンの力以上に私たちの力が強くなって、彼に取って替わるようにと主から召されているのです。
サタンは、主の栄光が現れている御座の前で「火の石の間を歩きながら」礼拝するように造られました。ですから、私たちも又、天の聖歌隊と共に「崇高な賛美」をささげるとき、神の栄光の現われを経験しなければならないのです。終末に近づいている今、多くの人が、地上での自分たちの賛美に合わせて天の聖歌隊が歌っている声を聞く、というすばらしい経験をし始めています。

詩篇149:6 「彼らの口には、神への称賛、彼らの手には、もろ刃の剣があるように。」

  私たちは、天のハーモニーと溶け合うような純粋な「礼拝」へと引き上げられ、この「もろ刃の剣」でサタンの頭を踏み砕き、サタンの力を無くするようにと召されているのです。それはちょうど飛行機が音の壁、サウンドバリヤーを破るのに似ています。
残念ながら今までは、「サタンの頭を踏み砕く」作業はあまり効果的には行われてきませんでした。その理由は、ほとんどの今のワーシップの音楽には、私たちを天にまでひきあげて敵に「取って替わる」のに必要な「ハーモニー、一致、調和」が欠けているからです。

黙示録12;9 「こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた。」

イエスは次のように言われました。
マタイ10:8 「病人を直し、死人を生き返らせ、らい病人をきよめ、悪霊を追い出しなさい。…」

悪霊というのは、肉体のない霊で、おそらくはアダム以前に創造され地に投げ落とされたものたちで、それによって地は「形なく、なにもなかった」という状態になってしまったと思われます。イエスはそのような悪霊につかれた人々から悪霊を追い出すようにと私たちに命じられたのです。
一方、サタンは崇高な役目から堕落してしまった天使であり、悪霊とは別のものです。天使の三分の一はサタンにつき、サタンと共に天から落とされてしまいました。彼らは人間の中に入ることはありませんから、人間の中から追い出すこともできません。そうではなく、み言葉にあるように、私たちはこれらの堕落した主権、力、この暗やみの世界の支配者たちと「格闘」するようにといわれているのです。

私たちが格闘(ワーシップ)すると...

  私たちが格闘(ワーシップ)すると、私たちの力が敵の力にとってかわり、敵を弱体化することができます。サタンは天の礼拝を導いていたので、私たちの礼拝で彼の力を取り去ることができるのです。私たちが礼拝すればするほど、彼を退けることができるのです。
ワシントンD.C.でのある集会で、すばらしい調和、一致をもってワーシップをしていたとき、私たちは地上という域を越えて天の領域へと引き上げられていきました。突然、私たちがワシントンの上空を覆う暗やみの主権という敵に対して打撃を与えているという証がありました。

それは、私たちがワーシップをしていると、主権、力、暗やみの支配者達が混乱状態に陥ったのです。天と調和している高いレベルのワーシップの前に、彼らは立っていることが出来なかったのです。主を純粋に礼拝するワーシップの流れは、彼らの中に恐怖心をおこし、彼らを弱め、活動する力を失わせます。

霊の戦いの中心はワーシップ

霊の戦いの中心はワーシップです。私たちが宣言したり、追い出したり、主権にむかって命令したりすることで、彼らのいる天を清めるのではないのです。そうではなく、私たちのワーシップが天の調和と一致して立ち上るときに敵を負かすことができるのです。私たちが一致団結してこの高次元のワーシップにまで引き上げられるとき、私たちは文字どおり、敵が今までコントロールしていた場所から彼らを引きずり落とすことができるのです。

 法的建前からいえば、私たちはすでにキリストと共に天に座しています。しかしながら、経験的にいえば、敵が天の座に巣くっているので、私たちは霊的権威の場に入っていって敵を追い出さねばならないのです。敵はそこにいる権利はなく、私たちにこそ、そこに座す権利があるのです。
エペソ3:10 「これは、今、天にある支配と権威とに対して、教会を通して、神の豊かな知恵が示されるためであって、」

私たちは、み言葉を聞く心の準備をするために、説教の前に普通三曲くらい賛美をするように、と言われてきました。しかし、むしろ「生きた」主のみ言葉が私たちを整えて、ワーシップができるようにするばかりでなく、私たちを 礼拝者(ワーシッパー)にしてくれるのです。礼拝者によるワーシップによって敵は妨げられ引き落とされるのです。

私たちが、なぜ今の教会音楽の強烈なビートから離れなければならないかをよく理解して、ハーモニーをもってワーシップし始めるとき、私たちは真の礼拝者となり、サタンを追い払え(取って替わる)るようになるのです。

イザヤ14:6-8 「彼は憤って、国々の民を打ち、絶え間なく打ち、怒って、国々を容赦なくしいたげて支配したのだが。 全地は安らかにいこい、喜びの歌声をあげている。もみの木も、レバノンの杉も、あなたのことを喜んで、言う。『あなたが倒れ伏したので、もう、私たちを切る者は上って来ない。』

現在、調和をもってワーシップができる教会は多くはありません。ですから、私たちは、まことの礼拝をするためには強い意志をもってそれを貫かねばなりません。私たちがするべきことは、「格闘」してサタンを追い払うことです。敵に対してもっと効果的なワーシップをするためには、私たちは自分の人生を聖化し、清めなければなりません。そうすることにより、私たちのワーシップはもっと高い権威をもつようになり、敵に奪われていた地を取り戻し、その結果としてサタンが握りしめ支配していた個人、又、国家が解放されるようになるのです。

イザヤ61:1-3 「神である主の霊が、わたしの上にある。主はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。捕われ人には解放を、囚人には釈放を告げ、 主の恵みの年と、われわれの神の復讐の日を告げ、すべての悲しむ者を慰め、 シオンの悲しむ者たちに、灰の代わりに頭の飾りを、悲しみの代わりに喜びの油を、憂いの心の代わりに賛美の外套を着けさせるためである。彼らは、義の樫の木、栄光を現わす主の植木と呼ばれよう。」

私たちがワーシップするとき、主が動かれ、多くのことが達成されるのです!(終わり)


トップページへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2006-02-17 11:35 | アメリカからのメッセージ
<< 二種類の人間    坂 柚実子... イエスの受洗の図がコインに  ... >>