アメリカに対する預言         坂 達也   4月26日

アメリカに対する預言

アメリカでメディヤとかカンファレンスを通じて、かなり一般的に知られている預言者の一人にキム・クレメント師がおります。師が最近預言していることの一つに「神がアメリカをこれから四年間、大いに祝福する」と言うのがありました。私がそれを読んだとき、何か私の心に触れるものがありました。下記がその預言です。

「アメリカは今、これから四年間の繁栄に入ろうとしている。この国は決して忘れ去られないであろう。なぜなら、あなたは自分たちの血を流して他の多くの国の門を守ったからだ。だから、わたしがアメリカの地を祝福するであろう。フレッシュで新しい恵みがあなた方の上に来る。大いなる経済的祝福がアメリカの捕われている子どもたちを開放する。そしてアメリカの地は今まで見たこともないようなところとなるであろう。…」

アメリカは中近東の戦争で、今までのどの戦争よりも大きな犠牲を払い続けて来ました。それを指揮して来たブッシュ大統領は私の知っている限り、最も人気の無い大統領です。世界中から非難を浴びせられ、憎まれながらも決してひるまないその姿は、本当にミッションマインド以外の何物でもないという気がします。イラク戦争は果たして神様の全き御心であったのでしょうか。クレメント師は神からのみことばを預言します。

「あなたはわたしがホワイトハウスに真理を信じるクリスチャン大統領を、しばらくの間留どめるのを見るであろう。それは3代に渡ってである。わたしは、ホワイトハウスがわたしを信じない者で汚されることを許さない。なぜなら、わたしがこの国に繁栄をもたらすからである。」

神はイラク戦争を始めた二つの国の指導者である、ブッシュ大統領とイギリスのブレア首相(クリスチャン)を二人とも再選させました。ブレヤ首相はブッシュ大統領に劣らず人気がなかったにもかかわらず、神様は、はっきりそのことを前もって預言した通りに再選させることによって、神が彼らを是認し支持していることを明らかにされました。

アメリカは建国以来神を信じる大統領が多く出ております。初代のジョージ・ワシントン大統領を記念して建てられたモニュメントのことをここでご紹介したいと思います。

a0051378_17445491.jpg


Laus Deo
 
しばらく前ですが、上記の写真とそれを説明する下記の歴史情報がポートランドの友人から送られて来ました。これはアメリカの建国の歴史を知る上で参考になるかと思いましたので、先ずはかいつまんでその説明の内容をご紹介します。

上記の写真で白く天に向かって聳え立つ、高さ170mの建物は、アメリカの首都ワシントンD.Cで一番高い塔であるワシントン・モニュメントです。花崗岩と大理石で造られたこの塔のてっ辺に、アルミ製のキャップ(オベリスクの方尖突端部分)がかぶせてあり、その上にラテン語で二語Laus Deo と書かれてあることをご存知でしょうか。

このラテン語の二語は、アメリカ合衆国が創造主の神によって建国された国であるということをよく物語ってくれます。その意味は「Praise be to God、神をほめたたえよ」です。
 建国の父であるご在天の父に向かってこの塔は、アメリカ合衆国が天の神をたたえる国であることを象徴して造られたのでした。

この初代大統領ジョージ・ワシントンを記念する塔は、1848年に建設が開始され、1888年に正式に完成披露されましたが、頂上のアルミ製のキャップとそれに文字を書き込むのに25年が費やされたと言われます。
この塔の設計者ピエール・シャルル・ランファントのオリジナル・デザインでは、この塔を中心にして、北のホワイトハウスから南にあるジェファーソン・メモリアルを結ぶ線と、東に位置する国会議事堂(キャピトル)と西のリンカーン・メモリアルを結ぶ線をもって完全な十字架を描くものであったと言われます。

1848年7月4日の独立記念日にこの建物のコーナーストーン(基石)が設置されたとき、そこにはアメリカ・バイブル・ソサエティー寄贈の聖書が埋め込まれました。この塔の内部には898の階段と50の踊り場があり、その階段を登って行くとき、そこには色々な証とクリスチャン・メッセージを見ることが出来ます。12番目の踊り場にはバルチモア市からの祈り、24番目の踊り場にはニューヨークの日曜学校の生徒からのプレゼンテーション、フィラデルフィアからは箴言10:7、ルカ18:16を彫刻したもの、といったアメリカ市民の願いと神への賛美が至る所に見られます。

このワシントン・モニュメントは、初代大統領のかかげたユニークな民主主義「One Nation、Under God 神の下での一つの国」を記念する建物です。
 そこで参考までに、このジョージ・ワシントン大統領がアメリカ国家のためにどのような祈りをささげたかをご紹介します。

「全能の神よ。アメリカ合衆国が主の聖なる保護をいただけますように切に祈ります。市民の心に政府に忠実に従う精神(霊)を培い、お互いが同朋として愛し合う兄弟愛を持てますように導いてください。最後に、我々総ての国民が正義を行い、憐れみを愛する者とならせてくださいますように。我々の祝福された信仰(宗教)を造られた神のご性質である愛、謙遜、穏やかな心を我々にも与えてください。神に似た者となるように努めることなしに、我々が幸いな国家になることは望めないからです。どうかこの嘆願をお聞きとどけください。我らの主イエス・キリストの御名のよって祈ります。アーメン」

Laus Deo!ジョージ・ワシントンにとってこの二語「神をほめたたえよ!」の意味するところは、詩篇127:1 「主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。」の御ことば以外の何ものでもなかったのです。

 
私はアメリカに渡って44年になりますが、今ほどこの国の「神によって建国された」という根底が揺さぶられている時代はないと言うことだけは、はっきり申し上げられます。アメリカの紙幣には総てIn God We Trust と書かれている通り、誰が何と言おうとアメリカが建国以来神を尊ぶクリスチャン国であることを否む人はいないと思います。

しかし、そのすばらしいアメリカが徐々にリベラル化し始めて200年が経ちました。そしてついには、2-3年前のことですが、これがクリスチャン国かと疑いたくなるようなことが連続して起こりました。堕胎・中絶を広範囲で認め、同性結婚を公に認める州が増えて来ると同時に、自殺希望者を医者が助けることを許したり、又、学校で祈りと聖書研究を禁止して、挙句の果てに裁判所から十戒を掲げた像とかサインを取り外すに至りました。

しかし、このような国民全体が反キリストの傾向を露にしている中で、アメリカはイラク戦争に突入し、中東で多くの犠牲者を出し始めました。ところが国民はその霊的な相関関係に気がついていませんが、国家的犠牲が多くなるにつれ、アメリカに異変が起こり始めたのです。あれだけ進んでいたリベラル化がストップしたのです。そして世論は反転し、キリストを信じると言う人が増え、多くの州で今、中絶問題、同性結婚を許す法律が見直されて、禁止しようとする動きが出て来ています。

ブッシュ大統領と言う人は、最近聖霊のバプテズマを受け、毎朝仕事に着く前にひざまづいて長く祈るその姿は、ホワイトハウスで大統領に近い人たちには周知の事実です。私は、彼自身が戦争の責任者であると同時に、自分自身の人気を捨てて、犠牲者になることを甘んじて受ける覚悟はできていると信じます。あるいは神は愛するがゆえに彼をいけにえにするお考えがあるかもしれません。それは十分にあり得ると思います。しかし、だからと言ってそれはブッシュが神の怒りに触れるようなことをしたからではなく、むしろ彼が主に忠実に仕える者であるからこそ、国家のために主がそれを許されるのであると思います。

皆さん、クリスチャンの兄弟として、ブッシュ大統領があくまで主に忠実を通す勇気をいただけるように、ぜひお祈りください。(終わり)


トップページへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2006-04-26 13:17 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 火のバプテズマ        ... イースターに思う      グ... >>