真の神の家族       デイビッド・デミアン   5月11日


真の神の家族が召しだされるとき

ディビッド・デミアンWatchmen For The Nations (カナダ)

2005年のクリスマスに、私と妻のルース、そして私たち7人の子供のうちの6人を連れて、人生最高のファミィー・バケーションになるはずの旅行に出かけました。祝福を受けて、ハワイ、オーストラリヤ、ニュージーランドへの5週間の旅行をすることができたのです。本当に私たちはわくわくしていました。2005年は私は多忙をきわめ、家族を家に残してひとりで旅行をすることも多かったのです。このバケーション中はもう仕事のことをすっかり忘れて、家族でゆっくりとリラックスして楽しめる、と期待しました。
ところが、次に起こったことは全く私たちが予期しなかったことでした。ハワイで滞在する家に到着してから48時間後に、その家に泥棒がはいったのです。全員のパスポート、飛行機の切符、現金、コンピューター、DVDプレイヤー等が盗まれてしまいました。まったく悪夢のようでした。
又、ハワイはアメリカ中でカナダの領事館がない唯一の州だとわかり、私たちはロス・アンジェルスの領事館にパスポートの再発行をしてもらう申請をしなければなりませんでしたが、ハワイからオーストラリヤに発つ日まで数日しかなく、本当にはらはらしました。私の人生の中でこれほどすべてが上手くいかなったことはありません。

パスポート用の写真をハワイで撮って申請書と一緒に送りましたが、サイズが間違っていました。それはアメリカのパスポート用のサイズで、カナダのサイズではなかったからなのです。次は、それには公証人の認証も必要なこともわかりました。ビーチで楽しく遊びまわる代わりに、私は6人のブーブー文句をいう子供たちを車にのせて、コスコにパスポート用の写真を撮りに2日間に3回も行かねばなりませでした。その他に私は領事館に行ったり、空港に行ってチケットを再発行してもらったり(何百ドルもかかりました)しなければなりませんでした。ローラーコースターのような期待と失望の3日間をすごし、やっと新しいパスポートを手に入れることができました。それは、シドニー行きの飛行機に乗らねばならないほんの数時間前だったのです。

でも問題はそれで終わりませんでした。ホノルル滞在の最後の夜、当時10ヶ月だったジョエルの身体の具合が非常に悪くなったのです。彼は嘔吐と下痢がひどく、私とルースは一時間に6回もオムツを替えねばならないほどでした。この症状は12時間のシドニーへの飛行中も、その後も数日間続きました。どうしても下痢を止めることができず、彼はぐったりと生気を失っていくので、とうとう救急病院に連れて行かねばなりませんでした。

私たちの夢のバケーションは悪夢に変わってしまいました!私たちを苦しめたのは周りの状況ばかりではありませんでした。泥棒に入られたとき、私はすぐに主を求めましたが、主が先ず言われた言葉は、「ディビッド、私が慈しみ深い神であることを疑ってはいけない。私の教会は今、新しい権威を持つ次の段階に入ろうとしている。あなたはこの困難を家族みんなでがんばりぬかねばならない。そうでないと、将来起こることを切り抜けてはいけないだろう。」でした。又、主はルースに、子供たちも一人ひとりが自分で親と共にヴィジョンを持つことを主は望まれていること、彼らはもう親の恵みに安直にぶら下がっていることはできない、とはっきりと告げられました。

主のみ言葉通り、それから私たち家族は、強烈に自分たちの心の奥をさらけ出し見せ合うことになったのです。お互いの関係、リレーションシップにおいて、今までは覆われていたもの、隠されていたものがすべてあらわにされました。子供たちは絶えず喧嘩をし、そこから逃げ出すことも不可能でした。なぜならば、私たちは一緒に車に乗り、一緒に飛行機に乗り、一緒にモテルの一室で泊まり、一緒に食事をし、一緒に遊んだからです。もう限界だ、もう無理だ、              と感じたときもありました。しかし、私たちが弱り果てた時にも、主は絶対に最後までやりとおされる決意だということが私には分かりました。
私たちが今から入ろうとしている新しいシーズンは、今まで経験しなかったような激しい戦いの試練のときであり、それに勝利するためには、家族としても新しい関係、リレーションシップを築いておかねばならないことを、主は私に示してくださっていると感じました。

数週間にわたって私は自分の本当の姿をさらけ出し、砕かれました。すると、ある朝突然主が「終わったよ。」と言われたのです。これは、自分が暴露されるシーズンの終了を告げるものではなく、この旅行時における苦難の期間がたまたま終わり、主の恵みによってテストに合格したことを主は言われたのです。 
その日、家族は心の底から話あうパワフルな時をもつことができました。子供たちもルースも私も心を開き、正直に自分の痛みやフラストレーションを話すことができたのです。幼い子どもたちさえ、自分の気持ちを隠さずに率直にはっきり話すので、私は驚嘆し、神が私の家族に何か素晴らしいことをしてくださっていることがわかりました。まずみんなが砕かれ、そこに癒しが起こりはじめ、これからは一緒に何でも話し合い、愛と尊敬をもって歩きはじめよう、という新たな家族のコミットメントが生まれました。

家族がカギ

カナダに戻ってすぐに、ハワイのある人からEメールが届き、私が盗まれたラップ・トップ・コンピューターとPDAを見つけたといってきました。「電子製品はすぐに質屋に持っていかれるので出てくることは先ずない。」とハワイの警察で言われたので、私はびっくりしました。彼はコンピューターに強い人で、ある男からラップトップのふたが開かないから助けてほしいといわれたそうです。彼が開けてみると、最初のデスクトップのページに出てきたのが去年のクリスマス・カードに使った家族の写真だったのです。彼の心の中で何かが「これは善良な男の善良な家族のものだ。これは持ち主に返さねばならない。」とささやきました。彼はコンピューターをしらべて、私のミニストリーであるWatchmen For the Nationsを見つけてメールをしてくれたのです。

これが起こったとき、主が「これはこれまで長い間わたしが教会に教えようとしていたことを象徴する預言的な絵である」と私に語られました。このハワイの人は家族の写真を見たときに心が変えられました。7月のOne Heart カンファレンス以来、私の心には主からの重荷が与えられていたのですが、この世がキリストを信じるためには、「キリストのからだ」である教会が真の家族となり、お互いに真の愛で愛し合わねばならないのです。ヴィジョンだけでは十分ではありません。主が今何よりも教会に求めておられるのは、愛であり、家族として一致した真実な関係なのです。

揺り動かされるシーズン

私の家族が経験したことは、今年キリストのからだなる教会に起きている「揺さぶられ、ふるいにかけられるシーズン」の前触れだったと思います。最近祈りの中で主が私に言われました。「ディビッド、カナダの教会は新しい権威のレベルへと今まさに入ろうとしている。教会が一致するので主権や力と戦うことができるようになる。だから敵も危険を察知して、教会の中に何か責めるべきことはないかと、教会をふるいにかけ始めるであろう。(ヨハネ14:30)今年の終わりまでには、サタンからの揺さぶりにより、あなたの知っているいくつかのミニストリーは消えていくだろう。」

今主が特に焦点を当てておられるのは、私たちの人間関係(リレーションシップ)だと思います。主は今、私たち「家族」それは、肉の家族、教会、ミニストリーの家族という人間関係を大きく揺さぶられております。それは主が私たちキリストのからだなる家族を真のキリストの花嫁にしたいと思っておられるからです。
主はご自分の言葉を嫉妬深く(忠実に)守られる方です。One Heart カンファレンスで、キリストのからだを代表するカナダのあらゆる人種、民族、教派から集められた3千人が、次のように宣言しました。「私たちは厳かに誓います。私たちは主イエス・キリストのものです。私たちは自分の十字架を負ってあなたに従うことを決意いたします。主よ、あなたと父が一つのように、私たちも一つとなるというあなたの約束を実現する時がきました。

マラキ3:16にあります。『主を恐れる者たちが、互いに語りあった。主は耳を傾けて、これを聞かれた。主を恐れ、主の御名を尊ぶ者たちのために、主の前で記憶の書が記された。』」
私たちが契約を結び主に記憶の書をさし出したとき、主は耳を傾けてくださり、その契約を聞いてくださると信じます。

石の上に落ちよう

私たちが今どのようなシーズンに入れられているかをよく理解して、主を恐れ、私たち自身のすべてを主に差し出し、「私たちの心の内を探り、取り除くべきものをとりのけ、いやし、私の生活や人との関係のすべての領域において主に喜ばれるものとなるように調えてください。」と主に願おうではありませんか。

後になって粉みじんにされないように、私たちの礎の石の上に今喜んで落ちようではありませんか。(ルカ20:18) 私たち教会を、主が待ち望んでおられる真の家族としていだたき、私たちが愛し合うのをこの世が見て、人々がイエスは父なる神からつかわされた方であることを信じられるようにしてください。(終わり)

トップページへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2006-05-11 05:52 | アメリカからのメッセージ
<< 癒しの御使い 神とあなたの未来 個人預言につ... >>