天と地の間で新しい音が交わされる  ジョアン・マクファッター 7月27日


天と地の間で新しい音が交わされる
                                    ジョアン・マクファッター 

絶えることのない交流

  天から地上にむかって音が絶えず放たれているのですが、それと同じように、地上から天に向かってもも常に音が放たれています。 それは神による交流とも言うべきでしょうか。その交流は目には見えない世界で、エネルギーのパターン、波動、粒子などを通して行われています。 その大部分は人間の耳で聞くことはできませんが、私たちも宇宙の一部として存在していますから、それを感じとることはできるのです。

 地上の私たちから発信されるものは、神によって「聞かれ」、そして神はそれに対する応答を絶えず私たちに送ってくださっているのだと私は信じています。神からの応答が来ていることを知って、内なる霊の耳をその波長に合わせれば、私たちは神との絶えざる交わりを持つことができるのです。それを聖書の中では「霊が霊を、淵が淵を」という表現で表しています。
 ヨハネ17章でイエスは、私たちが主と一つになることを次にように言っています。「…わたしたちが一つであるように、彼らも一つであるためです。わたしは彼らにおり、あなたはわたしにいるように…」
 私たちがそれに気がついていてもいなくても、天と地の間のこの交流がなければ、この世界は存在することはできません。「万物は御子にあって成り立っている」のです。

初めにことばがあった

 神が天地を創造されたとき、神はその音、即ち、「光よ。あれ。」ということばを発することにより、すべてを始められました。

 ヨハネ1:1-5 「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は、初めに神とともにおられた。 すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。 この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。 光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」

 今、み言葉の真理に、科学がやっと追いつきはじめています。 最近科学者たちが、特に量子物理学の分野で発見していることが、いかに聖書が語って言っていることに合致しているかは、まったく驚嘆に値します。
 神の音(神のことば)は永遠の中から放たれました。 私たちがいままでに経験したこと、今経験していること、これから経験することは、すべて、神のことばによって保たれています。科学はそれをゼロ・エネルギー・ポイントとよんでいて、それは最小の粒子の真ん中に位置しています。私たちの周りにあるものすべてを崩壊しないように支えているのは、そこなのです。イエスはそのことばが人となられた方であり、彼がことばなのです。

万物は御子によって成り立っている

 コロサイ1:15-17 「御子は、見えない神のかたちであり、造られたすべてのものより先に生まれた方です。なぜなら、万物は御子にあって造られたからです。天にあるもの、地にあるもの、見えるもの、また見えないもの、王座も主権も支配も権威も、すべて御子によって造られたのです。万物は、御子によって造られ、御子のために造られたのです。御子は、万物よりも先に存在し、万物は御子にあって成り立っています。」
 
 すべてのものは御子によって保たれています。また、万物は御子にあって成り立っている(consist)のです。私は「成り立っている consist」という言葉を辞書で調べてみました。 それは「共に存在すること、共に存在することが可能であること」という意味でした。 すべてのものが御子にあるときにのみ、ともに存在することができるということです。

打ち破りの音

 今というこの時は、天から「打ち破り」の音が解き放たれていて、地上でのワーシップの音が信仰の音と一つにされるときに、 「打ち破り」が活性化し働き始めるのだと私は信じています。 天がしようとしていることに私たちが合意するときに、真に素晴らしい結果を生みます。
 「信仰の音」とか「よい行いの音」とかいうと奇異に聞こえるかもしれませんが、信仰やよい行いから発せられるエネルギーは、本当に音を持っているのです。ワーシップは、人間の耳に聞こえても聞こえなくても、私たちから父なる神へと流れていく音です。心や思いを主にむけるとき、たとえそれを口に出さなくても、それは波やバイブレーションとなって、主が見たり、匂いを嗅いだり、聞いたり、味わうことのできる空間に解き放たれていき、主ご自身によって受け取られるのです。

 「主のよきことを見て味わえ」というようにです。 又、「私たちの祈りはよき香りであり主はそれで鼻を満たされる」とも書かれています。その他たくさんの例があります。もし目に見えない原子未満のレベルで何が起こっているのかを調べてみるならば、私たちの発する言葉や音は、まわりの空間にエネルギーを放っていて、すべてのものに影響を与えているのです。明らかに聖書は神と被創造物との間の交流を隠喩で表しています。

霊的領域を見たり嗅いだりせよ

 私は霊的な分野では教会の父的存在であるネビル・ジョンソン師が語ってくれたことを思いだしました。 彼はあるとき数ヶ月間にわたって、霊的領域―特に感情の領域だったそうですが―で起こっていることを見たり、嗅いだりできるように主がしてくれたそうです。彼はある感情を抱いている人から発せられる色や臭いを嗅ぐことができました。
 たとえば、ある人が怒っていると、ジョンソン師には赤い色が見え、それと共に悪臭がするのが分かりました。嫉妬を抱いている人からは緑灰色が見え、それ特有の悪臭がしました。中でも一番悪臭を放つのは自己憐憫に陥っている人からでした。悪霊どもはそれらの色を見、臭いを嗅いで、それを発している人に集まってきてそのマイナスの感情をもっと煽るのです。 

 好ましい感情もまたそれ特有の色を持ち、よい香りを放ち、天使たちがそれに集まってきます。ですから、私の言わんとするポイントは、本当に私たちは見えない世界で起こっていることのほんの一部分しかわかってはいないと言うことです。
 事実、ジョンソン師は、感情を見たり嗅いだりできるこの能力を取り去ってください、と神様に嘆願しました。というのは、絶えず人々の感情が分かると気が狂いそうになったからです。神様にはすべての人の感情が絶えずわかっているばかりでなく、すべての創造されたものに関することが全部わかっているのです。

ジョン・ポール・ジャクソンが天国に行ったときのこと

 ジョン・ポール・ジャクソン師が天国を訪れたときの話を思いだします。 彼は自分の存在のすべての組織が、まるで生きているようにきらきらと光り、からだのすべての部分がどのようにつなぎ合わされているかがわかったというのです。それはまだ科学や医学の世界では知られてないようなこともありました。

 神は天国のことは勿論のこと、すべての創造物のすべての部分、即ち草の葉の一枚一枚、分子を構成している部分、すべての動物、すべての人間に関しても、常に全部わかっておられるのだということが、そのときジャクソン師に理解できたのでした。 私たちが言うことなすことはすべて、神に知られないですむことは決してないのです。 心の思い、すべての行動、すべての言葉、すべての歌は、言ってみれば、神によって「吸い込まれている」のです。
 ジャクソン師は、天国で一つの言葉が放たれると、その言葉に伴って、音楽、香り、光の色、その言葉に与えられた数学的方程式が現れるというのです。これを聞いて私は本当に驚きました。というのは、私は物理、光、音、色に関して2年ほども学んでいたのですが、その理由がそれを聞くまで自分でも分からなかったからなのです。
 
 私は本屋に行くと、いつの間にか科学の本が並べてある場所に行っているのです。そして、神にむかって「私はここで何をしているのですか?」と聞くのでした。それから、たくさんの本の中で2つくらい私の目に留まるタイトルの本を見つけて買い、帰宅して読み始めるのでした。ジャクソン師が一つ一つの言葉にある数が与えられているということを話し始めたときには、私は感動のあまり泣き始めました。 物理とはまさに数学的方程式だからです。

 「主よ、あなただったのですね。 すべて、あなたがしておられた事なのですね!」と私の心はほっと安堵しました。皆さんの中にもそういう経験があるでしょう。「私は気が変になったのではなかったのだ。やはり本当に私は神からの声を聞いていたんだ。」というように。これと同じ言葉をこの数年、私は数え切れないほど多くの人たちから聞かされました。神は今、何かをされようとしているのです!

霊から霊へ

 霊の世界で今何かが起ころうとしています。そして、主は私たちに「霊から霊へ」という方法でしか伝達できない理解を与えようとされています。 これはすごい勢いでエスカレートしており、今もそのスピードは神のご計画のもとに加速されています。それは地震に似ていると私は思います。 終わりのときが地震の震源地とするならば、そこに近づくにつれて私たちを引き寄せる波はより強くより早くなるのです。
 
 神は今、私たちがもっと早く理解できるようにとスピード・アップしておられます。私たちはもっと目に見えない世界のことがわかるようになり、自分の放つ言葉や行動によって何が起きていくかをもっと感じとることができるようになる、と私は思います。 私たちが霊に関することや目に見えない世界のことをもっと知るようになり、私たちの言動に対する神の反応や天の反応をもっと明瞭に見たり聞いたりできるようになるのです。

 私は今、私たちの言動やワーシップが見えない世界にどのように影響を与えているかを説明することができるようなことをはじめたいと思っています。 世の初めから神を信じる者のために用意されていたものを、教会はやっと捜し求めはじめました。 いままでの歴史を振り返ると、人間の考えやギリシャ哲学に基礎をおいた伝統的なやり方ばかりに重きを置いてきた結果として、私たちは神の方法を理解する力を失ってしまいました。

 私たちは今、神の素晴らしさがすべて私たちの霊の中に解き放たれ、地上にいるときから主と共に歩く方法が分かるようにと、祈り始めなればなりません。主は霊とまことによって礼拝するもが起こされるといわれました。

ワーシップがその鍵となる

 地平線上に、それももうかなり近い将来に、何か素晴らしいことが待っています。これを解き放つ鍵はワーシップです。 ワーシップは闇をつらぬいて霊的環境を変えていく光の武器として使われ、闇はそれに打ち勝つことはできないのです。
 主の名があがめられるとき、主は多くのものをご自分のところに引き寄せられます。神は多くの奥義の扉を開いて、今まで理解できなかったことを私たちにのぞかせてくださるでしょう。
主から私が与えられた歌の一節に「音をさえぎる壁を打ち破れ、天と地との間の音をさえぎる壁を打ち破れ」という言葉があります。口に出す言葉だけでなく心に抱く思いさえ大きな影響力を持っていることを、私たちはしっかり理解しなければなりません。私たちがますます「天の音」に心を合わせるとき、地のうえでも天と同じことが起こり始めるのです。(終わり)


トップページへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2006-07-27 15:57 | アメリカからのメッセージ
<< トランスフォーメーションとリバ... オレゴンへの里帰り      ... >>