ダビデとエリアブ   ビクトリア・ボイセン  10月20日


ダビデとエリアブ

                                  ビクトリア・ボイソン

ダビデは兄たちのいる戦場に行ったとき、ゴリアテがイスラエルを嘲笑している言葉に憤りを覚え、その事態を何とかしたいと願いました。しかし、ダビデは巨人と戦う前に、自分の兄であるエリアブからの攻撃に打ち勝たねばなりませんでした。
.
Iサムエル17:28-30 をお読みください。

私は息子のコールとこの聖書の箇所を読んでいたのですが、私が「ダビデとエリアブ」というタイトルを読むやいやな、彼は「違うよ、お母さん、ダビデとゴリアテだよ!」と直してくれました。確かに私たちはみんなダビデが巨人ゴリアテを倒した話を聞いてきましたが、その少し前に、兄エリアブがダビデを言葉で攻撃してきたのです。 ですから、ダビデはゴリアテと戦う前にエリアブの激しい叱責に打ち勝つ必要があったのです。

ダビデは神の力を信じていました。しかし、エリアブはそうではありませんでした。彼はダビデの言動の動機を疑ってダビデを諌めるのは、自分に知恵があるからだと思ったのです。自分の心におこったダビデにたいする非難の思いは、ダビデの人生を洞察することができる自分の賜物だと勘違いしました。自分は弟が分かっている、と思ったのです。ダビデが生まれてからずっと一緒に暮らしてきました。面倒もみてきたことでしょう。しかし彼はダビデの心を本当には悟ることができなかったのです。

エリアブは、ダビデの神への信頼を傲慢、うぬぼれと誤解してしまいました。ダビデがみんなの前でただ大口をたたいているだけだと思い、怒ったのです。ずっとダビデと一緒に暮らしては来ましたが、父の牧場で羊を飼うしか能のない弟としてしか彼を見ることは出来なかったのです。ダビデが羊を飼っているときに巨人をも倒すことができる勇士として神が彼を訓練しておられたことを、エリアブは知らなかったのです。

Iサムエル17:34-37をお読みください。

誰も知らないうちに神はダビデを信仰の勇者として訓練しておられました。信仰の勇者とは自分の力や知恵に頼るのではなく、神の力と知恵に頼る者です。神はダビデに人間のやり方ではなく、神のやり方で戦う方法を教えました。 神は彼に信仰と石投げを使うようにと教えられました。 人々からよろいや剣をすすめられましたが、ダビデはそれらに慣れていませんでした。(Iサムエル17:39参照)


神による訓練

私たちが望みさえすれば、神ご自身が私たちを訓練し神のやり方で生きる方法を教えてくださいます。神は他の人たちの経験を使って私たちを訓練されることも多々ありますが、神が私たちと一対一になって教えたいと願われる特別のときがあるのです。(ヨハネ16:13参照) 私たちが試練の中を通っているときに、ご自身で一歩一歩導きたいと願われます。主から教えを受ければ受けるほどもっとそれを受けとる力が与えられます。

エリアブは時代にふさわしい勇士になりたいと願ったでしょうし、確かに人々の目にエリアブは立派な勇士と映ったと思います。彼は自分こそ戦いに必要な腕を持っているという自信があり、ダビデでは駄目だと思ったのです。サムエルさえ、エリアブこそイスラエルの次の王として神が選ばれたものだと思ったほどでした 。しかし、神はサムエルに「エリアブの容貌や背の高さを見てはならない。わたしは彼を退けている。」といわれました。「主は人が見るようには見ないからだ。人はうわべをみるが、主は心を見る。」(Iサムエル16:7)

エリアブは羊飼いにすぎないダビデが、巨人ゴリアテと戦うことが出来ると思ったということだけでも猛烈に腹が立ちました。ダビデが強い信仰をもって語るのはうぬぼれだと思ったのです。兄弟の中で一番年長で背も高い自分でさえゴリアテと戦うなどとは考えもしないのに、一番チビの弟がそんなことを考えるとは、何というあつかましさであろうと思ったのです。ダビデの話はうぬぼれにすぎず、その動機も絶対に悪いものであるに違いないと決めつけました。エリアブはゴリアテに焦点をあて、ゴリアテにかなうものはいないと決論づけました。しかしダビデの焦点は神に当てられていたのです。エリアブはダビデが自分自身を高く評価しすぎていると思いましたが、実際のところは、エリアブこそ主をあまりにも小さく考えていたのでした。


告発者から遠ざかれ

ダビデのような立場に立たされことがありますか? あなたの意図したことは良いことであり、動機も正しかったのに、周りの人があなたの言動を誤解するというようなことです。あなたが神に全幅の信頼を寄せているのを、「それはプライドだ。」といい、あなたに自分の分をわきまえるように忠告しなければならないと彼らは思うのです。 エリアブがダビデにおまえはただの羊飼いにすぎない、と言ったようにです。「荒野にいるあのわずかな羊を、だれに預けて来たのか。」(Iサムエル17:28)


エリアブのような人は、自分の口に疑いや不信仰を語らせてしまいます。「神からの召命をあなたは決して成就することはできない。」と、様々な理由を駆使してあなたに伝えようとします。「神が約束されたものをあなたは決して手に入れることはない。」と、彼らは自信をもって言うのです。エリアブは自分はダビデを熟知していて、彼に何か特別な才能などない、と信じ込んでいました。しかし、ダビデが野原で羊の番をしていたときに神がダビデの心を主のこころにかなうように形作り、彼の信仰を建て上げていたのですが、エリアブはその場にはいなかったのです。


ダビデが人生の中でもっとも重要な決断の一つをしたのはこの時でした。彼はエリアブに背をむけて他の人に話しかけたのです。


敵は、私たちはミニストリーをする力もなく適してもいないと考える人たちを私たちの回りに探して、彼らを使って私たちの人生の目標を台無しにする言葉を話させます。彼らを使って私たちがどれほど力不足であるかを指摘させ、大したことは絶対できないという理由の数々を述べ立てさせるのです。

しかし、神もまた声をもっておられるのです。主は私たちの将来や心の動機を見通すことができます。私たちは耳を主に向けねばなりません。そうすれば主からのすべての命令に聞き従う勇気を主は私たちにくださいます。 今まで私たちが一緒にいた人から離れて自由になり、神の与えてくださった使命の中を私たちが歩きだすのを主は待っておられます。


あなたは巨人を倒せる

愛する皆さん、神はあなたを巨人を倒す勇者として見ておられます。 主はあなたを勝利者だと見ています。主はあなたにやってみなさいと薦めておられます。敵の偽りには耳をふさいで、主があなたを見ているように自分を見てください。主はあなたのユニークさをキリストの身体を立てあげるために用いたいと思っておられるのです。


神はあなたの人生の目標は非常に偉大であることをあなたが確信するようにとずっと働きかけてこられました。しかしそれと同時にあなたの周りの人たちはあなたは大した器ではないとみなしていたのです。彼らはたしかにあなたには油注ぎがあることは認めても、神があなたのために立てている大きな計画を想像することはとてもできないのです。彼らにあなたの人生のゴールは絶対に見えないのです。ですから彼らにわかってもらおうとするのはやめなさい。それはあなたと神との間のことなのですから。主は御計画が実現してくるまでは人には秘密にしておきたいのです。


もしダビデがエリアブの言うことを聞いていたならば、ゴリアテを倒してはいなかったでしょうし、王にもなっていなかったでしょう。私たちの人生目標がうまれ出るのを待っている間、人の意見に背を向けて神の声を聞かねばなりません。神はダビデにイスラエルの王座をすでに約束されていましたが、ゴリアテを倒すまではダビデは人々にほとんど知られていませんでした。ダビデが信仰でこのように一歩踏み出したことにより、神は彼の名を広めました。やがて王になるための基盤を神が与えたのです。信仰と主に従順なる行動の一歩一歩が主によって与えられた目標へと私たちを近づけるのです。ここでデビデが一歩を踏み出していなかったならば、イスラエルの王座には着かなかったかもしれないのです。

今あなたの人生の中でのゴリアテは何でしょうか。神はあなたに何をせよといわれていますか。それが何であれ必ずや「おまえには出来るはずがない」、と責め立てる敵の声が聞こえてくるでしょう。 敵は主が備えられたあなたの人生の目標を壊したいのです。負けてはいけません。敵があなたを落胆させようとしたならば、かえってそれによって勇気づけられなさい。敵はあなたがその目標を達成することが出来ると思うからこそ、わざわざ時間をかけてあなたを失望させようと攻撃してくるのですから。

次のように祈りましょう。

愛するお父様、敵の声ではなくあなたの声が聞けるように助けてください。私のヴィジョンを変えてください。あなたが見てくださるように自分を見ることができますように。他の人たちをあなたの恵みの光の中で見ることができますように。私のまわりのすべての人の中にあなたのご計画を見ることができますように。(終わり)

トップページへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2006-10-20 22:23 | アメリカからのメッセージ
<< 後悔からの開放    チュック... 主のみ言葉を信じる    JP... >>