イラク戦争は神の御心であったのか 坂 達也  11月17日

イラク戦争は神の御心であったのか

 今回のアメリカの中間選挙では、民主党が共和党を抑えて圧勝し、両院とも過半数を勝ち得ました。今回の選挙はブッシュ大統領に対する、ひいてはイラク戦争に対する国民の判決が下ったと言うのがメデイヤ一般の見方です。

ブッシュ政権がイラク戦争に踏み切ったことは、国益に反して間違いであった、という判断をアメリカ国民が下したことは、それなりに理解できます。しかし、それでは「イラク戦争は神の意思には反した行為であったのかどうか」ということを、この際私たちクリスチャンは改めて問う必要があると思います。皆さんはクリスチャンとしてどう思われますか。

創世記を読みますと、イラクを含むアラブ諸国がどのようにして生まれたかが書かれています。アブラハムには二人の子どもがおりました。最初の子は、主の約束が待ちきれなくて、人間的な判断と方法でサラの女奴隷ハガルに産ませた子どもであるイシュマエルです。そのいきさつは創世記16章に書いてあります。その14年後に、主は約束通りにサラから奇跡の子イサクを生まれさせました。

勿論アブラハムは父としてどちらの子どもも愛しておりました。神の愛の偉大さはここにあります。神は、アブラハムとサラの信仰の至らなさのゆえに神の御心ではなく生まれて来たイシュマエルに対しても、同じように愛と憐れみを持たれたのです。神はアブラハムに忠実な方であられたので、イシュマエルの子孫も大いなる国民にすると約束されました。(創世記17:20,それに21:12,13、18)
勿論総てのことに神は最初からご計画を持っておられますから、アブラハムとサラが待ちきれないで人間的な子どもを先に生むことは当然知っておられました。このアブラハムの子、イシュマエルは主の御使いによって次のように預言されました。
「彼は野生のろばのような人となり、その手は、すべての人に逆らい、すべての人の手も、彼に逆らう。彼はすべての兄弟に敵対して住もう。」(創世記16:12)
この預言はイシュマエルに対して与えられましたが、それは彼の子孫に受け継がれて行きました。これによってアラブとイスラエルが後にお互いに相容れない怨念の仲となっていることは皆さんよくご存知のことです。この宿命的確執は初めから神のご計画であり、今までの歴史ではその通りになっています。

しかし、人間として生まれてくる者がみな救われることを神様は望んでおられ、イエス様は総ての人間の罪を赦すために十字架にかかられました。それにはアラブ人も含まれ、神は彼らが悔い改めるのを待っておられます。
そうであれば神は、彼らに西洋諸国と同じようにその悔い改めのための福音を聞く機会を与えたいと計画しておられても当然であると思います。
しかしながら歴史的に見て、今まではそのような機会があまり与えられてはいないように見受けられます。とすれば、この終末の時が押し迫る現在において、今こそアラブ諸国に大々的なリバイバルの機会が与えられなければおかしいと言う気がするのです。つまり、アラブ諸国にも他の国と同じようにリバイバルが来ないままで世の終わりが来るとはとても考えられません。

その意味において神は、その福音の使者としてアメリカを、特にブッシュ大統領を先駆けとして起用されたと私は信じております。イラクはフセイン大統領と言う悪魔的な暴虐専制君主によって長い間抑圧されておりました。この専制弾圧政治から国民を解放することが歴史的に見てどれ程重要なことであったかは、これからの歴史が証明すると私は確信します。それは単に大量破壊兵器が発見されたとか、されなかったからと言うような議論のレベルの問題ではないと思います。 

ところが解放後のイラクは、今内乱によってその民主化安定政権の誕生は一見絶望的に見えますが、実際は報道陣の報道以上に民主化は進んでいると言われています。少なくともイラク国民がどれ程デモクラシーを望んでいるかは、選挙の投票に多くの民が命の危険を犯して参加したことからもはっきり見えたと言われます。又、あまり報道はされませんが、福音が一般市民の間で伝えられ始めております。
安定政権樹立の道は決してなまやさしいものではないにしても、世界が忍耐を持って支援をし続けるならば、かならずイラクの民主化は成功すると言う信念を持つブッシュ大統領の政策は、神のご計画にそって行われていると信じるクリスチャンも少なからずおります。その一人がリック・ジョイナー師です。

彼は神の御心についてイザヤ書19:19-25を挙げています。この預言は歴史的に未だ実現していないと師は言われますが、多くの聖書学者も同意見です。
「その日、エジプトの国の真中に、主のために、一つの祭壇が建てられ、その国境のそばには、主のために一つの石の柱が立てられ、それがエジプトの国で、万軍の主のしるしとなり、あかしとなる。彼らがしいたげられて主に叫ぶとき、主は、彼らのために戦って彼らを救い出す救い主を送られる。 そのようにして主はエジプト人にご自身を示し、その日、エジプト人は主を知り、いけにえとささげ物をもって仕え、主に誓願を立ててこれを果たす。 主はエジプト人を打ち、打って彼らをいやされる。彼らが主に立ち返れば、彼らの願いを聞き入れ、彼らをいやされる。
23(節) その日、エジプトからアッシリヤへの大路ができ、アッシリヤ人はエジプトに、エジプト人はアッシリヤに行き、エジプト人はアッシリヤ人とともに主に仕える。その日、イスラエルはエジプトとアッシリヤと並んで、第三のものとなり、大地の真中で祝福を受ける。 万軍の主は祝福して言われる。「わたしの民エジプト、わたしの手でつくったアッシリヤ、わたしのものである民イスラエルに祝福があるように。」


先ずエジプトについての預言がなされ、最後の23-25節ではエジプトとイラクがハイウエイで結ばれ、真ん中のイスラエルと共にこの三国が主の御名を共に称える時が来ることが預言されています。ここに出てくるアッシリアとは現在のイラクです。しかも歴史的に見てイラクこそ文明の発祥地であることも注目に値すると思います。
ここにおいて、神がアブラハムに約束された「地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」(創世記12:3)が実現されるのではないでしょうか。
この預言が実現するためには、今こそイラクの民を独裁政治から解放することが神のご計画であると言っても、それは充分納得できるように思えます。

世界、特にアメリカ国民は最近の近代的戦争で電撃的に短期で戦争に勝つことに慣れてしまい、その戦争による開放後の「国を造り上げる」ことに時間が掛かることに忍耐がなくなってしまっているとリック・ジョイナー師は厳しく指摘しています。特にイラクのような国家を民主国家に造り変えることは並大抵なことではありません。しかし民主化の途上で国が苦しみを通れば通るほど、民主化された後のイラクは強くなる可能性があるとジョイナー師は希望を捨てません。

ここで触れさせていただきたいことは、トランスフォーメーションの原語Metamorphosisについてです。この言葉は、ちょうど青虫がさなぎに変り、それが蝶に変質する時に起こる「内部変質・変形する」を意味する言葉だそうですが、蝶としてさなぎから羽ばたき出る時は非常に苦しむそうです。しかしその苦しみを通らなければ、蝶になってもしっかり羽ばたく力が出ないと言われます。それがちょうど今のイラクの状態に似ているのかも分かりません。イラクは国の体質そのものが変革する必要があるのです。

天の父なる神は、往々にして、私たち人間が考えることとは全く違ったお考えと、計画を持っておられます。アメリカは神に忠実であろうとする数少ない国の一つであると言っても差し支えないと思いますが、そのアメリカを用いて神は神ご自身のご計画を今実行しておられると信じます。
勿論この戦争でアメリカは多くの犠牲者を出し、世界の警察官という全く損な立場だと思う人も多いと思いますが、神のなさることはそれほど単純にアメリカに犠牲を強いたと判断することは出来ないと思います。
その一つの例は、9・11以降にテロがアメリカ本土では起きていないと言う事実です。テロに対してはその後もアメリカ国内は無防備状態に等しいと言われていますから、その後何も起こっていないことは奇跡であると言へます。
それは神がアメリカをしっかり守っておられることを証明していると言う見方があります。もう一度9・11と同規模のテロが起これば、いっぺんに数千人の死者が出るのですからイラクでの戦死者数を越える可能性があります。

神に忠実である限り、神はアメリカを見捨てない、アメリカはこれからももっと祝福されると預言する預言的リーダーも少なくありません。(私の「アメリカに対する預言」4月26日の最初の部分をご覧下さい。)

 そこで一つの疑問が起きます。それは、もし神がブッシュ政権と共和党をご自身の御心を行っている者として二年前の大統領選挙で再選させ(イラク戦争に積極的に参加したもう一人の立役者イギリスのブレア首相も予想に反して再選されています。)共和党が両院を支配することを許されたとするならば、今回はなぜその同じ共和党が大敗を喫することを神は許されたのでしょうか。

これについて考えられることは、先ず、神は今まで良いとされて来たアメリカの二大政党政治により、今回イラク戦争が原因でこれほどまでに深く国を二分する溝を作ってしまっている事実を大変憂いておられると言うことです。今のアメリカほど国民が政治面で感情的に対立している姿は私の44年のアメリカ生活では見たことがありません。神は不一致を決して喜ばれません。
そこで神は今回、逆に民主党に政権を取らせ、彼らにもやらせてみよう、そして、彼らに責任ある立場から同じ苦労をさせ、それによって両党が互いに理解し合い、歩みより、協力し合う機会を与えようとされているのではないかと言う見方です。私はこの見方に賛同します。そして、今アメリカ国民、特にクリスチャンこそがこれからイラク政策に直接介入する民主党のために祈るべきであると思います。

アメリカに住むクリスチャンとして私は、今神がアメリカの政治に直接大きく介入されておられることを肌で感じることが出来ます。それはアメリカのクリスチャンが祈りを通して直接アメリカの政治に深く介入して来たからです。その意味でトランスフォーメーションの大きな目標の一つである「クリスチャンが政治に参入」し「国を変える」ことの一例として、アメリカが今大きな試金石となっており、又、正念場を迎えていることは、世界中のクリスチャンが注目すべきことであると信じます。
アメリカはイラク戦争以外にも今、堕胎とか同性結婚を法的に許すかどうかと言う聖書的に大変大きな問題に直面しております。これらの政治的案件はアメリカが真にクリスチャン国として存続するかどうかのテストであり、今の状態は、もう一歩も後に引けない剣が峰に立たされていると言っても過言ではありません。今回民主党が過半数を取ったと言う事実は、アメリカが堕胎を認め、同性愛を容認する反キリスト国に転落する可能性を充分に秘めております。
この大きな危機を迎えているアメリカのためにクリスチャンの兄弟姉妹としてこの際、ぜひお祈りいただけますようお願い致します。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2006-11-17 11:59 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 秋の日本旅行で感じたこと   ... 一番良いもの    ラリー・オ... >>