ただ一つのこと=主の顔を見上げる  ライアン・ワイアット 12月6日

ただ一つのこと ― 主の御顔を見上げる
                                  ライアン・ワイアット

かなり前のことですが、私はカンサス市で行われたあるカンファレンスの最中に、初めて本当のトランス(夢見心地)状態を経験しました。その経験は私にとって非常に衝撃的であり、その後の私のミニストリーの方向性を多くの点において決めてしまったほどのものでした。今、神と親密な関係を毎日持つ重要性を書くにあたり、この経験はそれと深い関係があると思いますので、それをまずお話ししたいと思います。

園に住み、園を世に持ち出す

私はそのときワーシップをしていたのですが、突然、私の霊が全く違う場所に移されるのを感じました。そのような経験は初めてだったのですが、それがトランスと呼ばれるものであることが後になってわかりました。カンファレンスには4千人以上が集まっていましたが、まわりにいた人たちはもう私の意識からは消えていました。私はただワーシップ・ティームが歌う預言的な歌だけに耳を傾けていました。

私は今まで見たことがないような美しい園に入っていきました。地面にはバラの花びらが一面に散っていました。丁度そのときにワーシップ・チームは「主よ、あなたの園に連れて行ってください…」と預言的な歌を歌っているのが聞こえました。実に、私が経験することがすべて、すぐそのあとでチームによって歌われるのでした。

私はバラの花びらが敷きつめられた地面にそっと横たわりました。すると突然風が吹いてきて花びらを舞い上げたので、私の身体は花びらで取り囲まれました。それは聖霊が私の上に臨まれたのだ、と私にはわかりました。私は頭の向きを変えて園の外を見ました。そこに見えたものすべては、死と悪とに満ちていました。恐ろしい旱魃と飢饉もありました。爆弾が炸裂し、ありとあらゆる犯罪が行われていました。人々の顔は恐れと絶望の色を濃く表していました。園の外部の世界とはまったく異質な場所に自分だけがいるようでした。

私は地面から立ち上がりました。そして園の中央にむかって歩いていきますと、そこには小さな流れが注ぎこんでいる池がありました。水の中に入ると、私の身体のすべての病が一瞬にして癒されるのを感じました。私は水の中にじっと身を横たえていました。 すると、園の外部から人々が大混乱の世の中を逃れて入ってくるのが見えました。彼らの顔からは恐れや死の影は消えて、晴れやかな表情になっていました。(詩篇34:5)

彼らも、池の中に足をいれましたが、その瞬間に彼らの身体から腫瘍や癌が落ちていくのが見えました。 また、骨が正常な位置に戻される音がし、盲人が見えるようになり、聾者の耳が開きました。たちまちのうちにすべての病が癒されていったのです。

私が水の中にじっと浸っていると、水が私という存在そのものの中へと浸み込みはじめるのを感じました。その水の性質と私の性質とがあたかも一つに溶け合うように感じました。 そして神の御性質をいただいて私の性質は少しづつ変えられていきました。(IIペテロ1:4)私はすっかり元気ずけられリフレッシュされました。それがあまりにも満たされた状態なので外に放出しなければなりませんでした。


私は池から出ました。そしてこの素晴らしい神様の臨在を分け与えるために園の外に出て行きました。私が歩くところはどこも水溜りになりました。私が建物の中に足を入れると、壁からありとあらゆる草花や木が生え出てきました。私が入ると建物はみんなきれいな庭園に変わっていくのでした。私自身が庭園であり、私が行くところはみんな庭園になるのでした。しかも私に触れる人は瞬間的に元気になり、彼らを縛っていたこの世の足かせから自由にされていきました。

万物の頂点

現在私たちは大いなる揺さぶりと混迷の世界の中に置かれています。歴史上今までになかったような悪と混乱の極みの世界が展開しています。これまでの悪が頂点に達して、今という終末の時代に現れています。 今までの悪のすべてが今の時代に集められて最高潮に達しているようです。

しかし、それと同時に主からの油注ぎも最高潮となり、今までの時代の神の業がすべて集められて、この終わりの時代にそそぎ出されるのです。上では天の不思議、地ではしるしが起こり、勝利者たちの上には身体の癒し、奇跡やしるしが大いに与えられるのです。今私たちは歴史的に画期的な時代に生かされています!

II歴代誌16:9「主はその御目をもって、あまねく全地を見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力をあらわしてくださるのです。」

今私たちに不可欠のものは、主に捧げきった忠実な心です。愛と忠誠をもって私たちが100%主に心を向けることを妨げるために、敵はあらゆる策略を駆使します。もし二心があるならば、私たちの魂は敵の捕虜になってしまうのです。(ヤコブ1:8) 悪魔はほえたける獅子のように獲物を探して歩きまわっています。私たちは、悪魔につけ入らせる隙を見せてはいけないのです。(Iペテロ5:8、エペソ4:27)

しかし、私たちが主の御顔を仰ぎ見て、主との親密な交わりを楽しむという、ただこの一つのことに励むならば、敵に隙を与えたり惑わされたりすることから自分を守ることができます。

詩篇27:4「私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために。」

私たちの毎日のすべての時において、私たちの存在のありとあらゆる細胞はこの一つのことのために捧げられねばなりません。この邪悪な時代の中では、それだけが私たちの心と思いを清く保ってくれるものです。そのような生き方をするならば、天の父が私たちに目を留めてくださり、神の力が私たちの人生の中に流れてくるのです。エデンの園で人に与えられた元々の命令とは、神との親密な交わりを持て、というものでした。ですから、私たちは今、そこに戻らなければ、天国を地上にもたらして毎日勝利しながら生きることは決してできないのです。

初めに…

初めに、神はアダムとエバのために園を造られました。彼らがそこで生活し、管理するためでした。神はこの園をエデンに造られ、人をその中に置かれました。

創世記2:8 「神である主は、東の方エデンに園を設け、そこに主の形造った人を置かれた。」

「エデン」という言葉は、「喜びと楽しみ」、あるいは、「喜び楽しむ場所」を意味します。ですからエデンの園という喜び楽しむ場所は、人と会うために神が特別に設けられた場所です。言葉をかえていえば、神は「喜びと楽しみ」と呼ばれる園を造られて、そこに男と女を置かれ、その場所を神ご自身が彼らを訪れて交わりを持つ場所として指定された、ということです。(創世記3:8)

創世記2章には、神は見るからに好ましく、食べるのによいすべての木をエデンの園に生えさせた、と書かれています。神はアダムとエバが園の中で豊かに暮らせるようにされたのです。毎日の生活に必要なものが十分備えられていたばかりでなく、すべてのものが見た目にも好ましかったのです。神は二人のためにすべてのものを美しく造られました。


アダムとエバは、喜びと楽しみの園の中で、何不自由なく暮らしていました。それを今の私たちに当てはめれば、「主と共に喜び楽しむ場所に住んでいるならば、神は私たちのすべての必要を満たしてくださる。」ということです。人に与えられた第一の務めは、園の世話と管理をすることでした。それは即ち、「主と喜び楽しむ場所の世話と管理」を任されたのです。

「神である主は、人を取り、エデンの園に置き、そこを耕させ、またそこを守らせた。」(創世記2:15)

アダムとエバが主の命令に従って暮らしていたときには、彼らは全き主の祝福の中にいました。彼らがしなければならなかったのは、与えられたこの祝福をただ維持していくことだけでした。しかし、彼らはこのライフスタイルを捨ててしまいました。そして、主との交わりの中で力を得る道ではなく、自分たちの力ですべてを獲得していこうとしたとき、彼らはのろいの中で暮らさなくてはならなくなったのです。創世記3章には、彼らが次第に神との交わりから離れていき、自力で成功しようとしたために、のろいの中で労苦しながら働かねばならなくなったことが書かれています。

天を思うこころ

自分の立てた計画をすべて捨てて、この一つのこと、即ち、日ごとに主の麗しさを仰ぎ見てキリストの思いと御心を知るために生きる人たちだけが、この地上で神の栄光を完全に表すことができるのです。

「わたしは自分のために、ひとりの忠実な祭司を起す。その人はわたしの心と思いとに従って行うであろう。」(Iサムエル記2:35a)


彼らは自分の名誉のためではなく、ただ主の栄光のためにだけ生きる者たちです。 常に神の御心と天の計画にだけ目を留めます。彼らは絶えず天のことを思い巡らしているので、神が何を考えておられるか、神のご計画は何なのかを理解しています。

コロサイ3:1-2 「こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。」3:2 あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。

永遠の世界から生きる

私は、少し前、一つの食卓にイエスが着いておられるヴィジョンを見ました。そこにはもう一つ椅子が置いてありました。食卓の上にはすばらしいご馳走が並んでいました。主はくつろいで楽しげにご馳走を食べておられました。私が近づいていくと、主は私も椅子にすわってご馳走を一緒に食べるようにと言われました。何よりのご馳走は食べ物ではなく、主のご
臨在の中にいるということでした!主と共にご馳走を食べることほど素晴らしいことはありません!

ここは永遠の領域であり、私の人生やミニストリーに必要なもののすべては、ここから調達されるのだ、と主は説明してくださいました。先ず第一の私の務めは、主と共にご馳走を食べることを学ぶことであり、たとえ敵にとり囲まれたときでもそうしなければならないことを、主は教えてくださいました。ここは回復と安息の場であり、私の地上でのすべての問題や必要に対して、神が回答と満足を与えてくださる場所なのでした。

キリストの身体である教会は、神の祝福をいただき、大いなる実を結ぶために労苦を惜しんでいないのですが、残念ながら神が望んでおられることではないことにばかり力を費やしてしまっている、ということが大きな問題点です。聖書には次のように書かれています。

箴言10:22 「主の祝福そのものが人を富ませ、人の苦労は何もそれに加えない。」

多くのクリスチャンが祝福を求めていますが、それらの祝福は唯一つの真の祝福の結果としてもたらされるものです。私たちは神の真の祝福を求めるべきであって、その結果である恩恵だけを求めてはいけません。真の神の祝福とは何であるか、ご存知ですか?それは、神の御顔を仰ぎ見ることなのです! ただ神の御顔を仰ぎ見ることだけに毎日力を尽くすならば、私たちは素晴らしい祝福の中を歩み、その結果としての多くの祝福が私たちの後を追いかけてくることでしょう!

民数記6:24-26 「『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。 主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』」

正しい位置に立つ努力

クリスチャン生活は、自分をどこに位置するかによって決まります。 確かにみ言葉は、私たちは安息に入るべきであることや、主のくびきは負い易く荷は軽いといっています。しかし、主の安息に入り御臨在の中でご馳走を食べるためには、毎日それを求めて訓練される必要があるのです。ヨハネ15章には、ぶどうの木につながるときにだけ実がなるという真理が書かれています。クリスチャンとしての第一の務めは、横の関係である人々へのミニストリーではなく、縦の関係である主へのミニストリーです。 私たちがぶどうの木につながっていさえすれば、主の「樹液」である御臨在をいただいて、私たちは豊かに実を結び祝福を受けるのです。

私たちは仕事の忙しさや、日常生活の煩雑さに気をとられ、ともすれば主と離れてしまい、御臨在の中にとどまることができない困難さを覚えるときがよくあります。しかし、真の勝利者になるためには、敵に囲まれているときでさえ、主と食事をすることを習得することが必要なのです。(詩篇23:5) 敵は往々にしてぶどう畑を荒らす子狐のようなものです。忙しくて時間がないとか、スケジュールや仕事、家族などのちょっとしたことが主との時間を邪魔するのです。一番にしなければならないことを一番にし続けることは確かに多くの場合最も難しいのですが、それが絶対に最も必要なことであるのです。

日々の主との親密な交わりから私たちが離れると、この世のわずらいが心を侵し、心配や不安が私たちの心を支配するようになります。

マタイ6:33 「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」

主を楽しむ

ほとんどのクリスチャンは、自分は死んで天国にいったときに神の御国に入るのであって、この世で御国を経験することができない、と考えて信仰生活を送っています。しかし、今、神は、御国がどのように地上であらわされていくかに関するみ言葉を、新しい啓示と洞察で私たちに示していてくださいます。聖書の中には、天国を今この地上で経験することは勿論のこと、文字通り天国を地上にもたらすことに関する言葉がたくさん書かれているのです。 そのためには、主との親密な交わりが要求されます。

天国を今手に入れる道を会得し、主との深い交わりを真に喜び楽しむことを知っている人たちによらなければ、この任務は達成されません。このような深いレベルの主との関係は、主を激しく求める、その聖なる略奪によってのみ手に入れることが可能であり、それには毎日闘い取ってゆくたゆまぬ努力が必要なのです。

ヨハネ6:27 「なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい。それこそ、人の子があなたがたに与えるものです。この人の子を父すなわち神が認証されたからです。」

ヨハネ6:35「イエスは言われた。『わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。』」

ヨハネ6:57 「生ける父がわたしを遣わし、わたしが父によって生きているように、わたしを食べる者も、わたしによって生きるのです。」

アダムとエバはエデンの園から追放され、再び入ることは許されませんでした。彼らが命の木から食べる道は閉ざされてしまったのです。しかし、イエス・キリストは、新しい生ける道を切り開かれ、命の木である主ご自身を喜び楽しみ食べるようにと私たちを招いていてくださいます。今の終末のときには、主を食べることを学ぶことなしには、決して勝利あるクリスチャン生活はおくれません。主こそ力、また高きやぐらですから、私たちは毎日、いと高き方の秘密の隠れ場に行き、そこのとどまる努力をせねばなりません。

黙示録2:7 「『耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。』」 (終わり)


トップページへもどる
[PR]
by walkwithgod | 2006-12-06 19:03 | アメリカからのメッセージ
<< アルゼンチンの集会に参加した人... 魂の闇夜  ポール・キース・デ... >>