主の剣のシーズン―勝利へと前進せよ! ボビー・コナー 2月1日

主の剣の年―勝利へと前進せよ!

ボビー・コナー


過去12年間、贖いの日(the Day of Atonement)に毎年主イエス・キリストが私に現れてくださいました。主とのこの預言的な出会いによって私は世界に起ころうとしている出来事に対する洞察を与えらてきました。

勝利に向かって進む

去年の贖いの日、私は静かに主を待ち望みはじめました。突然、大きなヒュッヒュッという音で静けさが破られました。すばやく私は右肩越しに振り返って見ますと、そこには非常に強烈に輝く光があり、目がくらみました。
真昼の太陽よりも強い光でした。この光の中に主が右手にキラリと光るかみそりのように鋭い抜き身の剣を持って立っておられるのが見えました。主は剣を頭上高く掲げ、主の口から力強いはっきりした命令が放たれました。

「進撃!勝利に向かって前進せよ!」主の声には大変な力があったので、天と地が揺るがされました。

 神の御霊は、私たちが霊的なまどろみから目を覚まして立ち上がり、持ち場について前進するようにと鼓舞しておられます。前進とは、前に進むことです。真理の御霊は私たちが進むべき道をはっきりと示してくださいます。私たちが目指すところは「キリストに似た者となる」ことであることを先ず理解せねばなりません。主のご性質を十分に頂いたとき、初めて私たちは苦しんでいるこの世界を愛することが出来るのです。この愛によってのみ、私たちが主の弟子であることをすべての人たちが知るようになるのです。

ヨハネ13:34-35「あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。 もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」

正義と裁き

真理の御霊は「主の剣」に関する洞察を与えてくださいます。万軍の主を仰ぎ見る備えをしなさい。

ヨシュア5:14「すると彼は言った。『いや、わたしは主の軍の将として、今、来たのだ。」そこで、ヨシュアは顔を地につけて伏し拝み、彼に言った。「わが主は、何をそのしもべに告げられるのですか。」」

又、御霊は神の義、神の裁きについても理解を与えてくださいます。

さて、ヴィジョンの続きをお話しましょう。主が剣を高く上げられているのを見たとき、主が正義と裁きを実行しようとされておられることは明瞭でした。しかし、主の意図されるところが何であるのかは分かりませんでした。私の心臓があまりにもドキドキするので身体中が震えました。一人の人が身体を様々な縄やチェインで縛られているのが見えました。主が彼に近づかれるのを私はじっと見ていました。私は直観的にその人が今の教会を現していることを悟りました。剣を高く上げ、主は今にもその人を打つように見えたので、私は思わず大きな声を出してしまいました。

「おお、主よ、今はあなたの大いなる裁きのときなのですか?」と私が叫ぶと、主は力のこもった確信のある声で、「いや、そうではない。私は剣を抜いて正義をもたらそうとしているのだ。剣は罪の束縛の縄を断ち切り、神の民を解放し、戦場に馳せ参じるようにするのだ。」といわれました。

主の剣と剣の主

私たちは今すでに、主と御霊の剣のシーズンに入っていますので、数年前に私が経験した預言的な出来事をお話したいと思います。この主との出会いを思いだす度に、私の心は、もっと親密に主と歩みたいという願いで掻き立てられます。なぜならば、主が私たちの人生に最高のプランと目的を持っておられるの私は知っているからです。私たちは心からの祈りは、「主の剣と剣の主に関するもっと深い理解を与えてください。」というものであるべきなのです。

カリフォルニア州サン・ジョゼにいた2001年2月22日の未明のことですが、私は鮮明な夢を見ました。それは非常に生生しく強烈だったので、衝撃をうけて私は目を覚ましました。時計を見るとキッチリ2時22分でした。かなり長い間その夢について思いを巡らしていたのですが、やがてまた深い眠りに落ちました。本当に驚いたことには、5時55分にまた、全く同じ夢を見たのです。前にもましてそれは強烈でした。

全く同じ夢を2回見たという事実に私は衝撃をうけました。非常に驚いたので、ノース・キャロライナにいる預言者仲間のボブ・ジョーンズに電話をして、夢の話をしました。ボブは私の電話に少なからず驚いたようでした。そして「信じられないと思うけど、私もほとんど同一の夢を昨夜見たんだよ!」というのです。

神が同じ夢を複数の人に与えられるときは、それに注意を払うことは非常に重要です。神の御霊が同じことを語っておられるからです。聖書には、すべての事実は二人または三人の証人の口によって確認されると言っています。(IIコリント13:1)

私と一緒に次の祈りをしてください。
「神よ、御霊が教会に言っていることを聞く耳をください。そしてあなたの召しに喜んで応える心をください。」

夢の内容

私は大勢の人の中に立っていました。それは空港の中の通路のような広い通路でした。人々はお互い同士挨拶をしたりお喋りをしたりしていました。そこにいるだけで十分満足している様子で、そこからどこかに行くことは頭にないようでした。
突然、13メートルほど向こうにイエス・キリストが現れました。人々は主が近づいてこられるのに全く気づかず、無関心で、くだらないお喋りを続けていました。主は決意に満ちた様子で、大きな輝く栄光の剣を右手にもって私のほうに歩いてこられました。剣は真っ赤に燃えるように輝き、かみそりのように鋭いものでした。主は私の真ん前まできて止まりました。剣を頭上高く振り上げて「剣に口づけをするときだ!」とはっきりと言われました。
これは強い指令であり命令でした。こう言いながら主は剣を顔の高さまで下ろし、ご自分の唇につけられました。

そして、「剣に口づけしなさい!」と命令されました。私は顔を近づけて、剣に口づけする用意をしました。剣はイエスの唇に平らにつけられていました。私が前かがみになって剣にキスしようとしたとき、主は剣の向きを変えられて非常に鋭利な刃が主と私の唇に当たるようにされました。私はその鋭い剣の刃に唇を近づけるのをためらいました。主は私のためらいを察して、「わたしの恵みはあなたに十分である。あなたに代わって私が痛みを負った。」と言われました。

主の言葉は私の魂の深みに触れ、私の心に強い確信と安心感を呼び起こし、鋭い刃に唇を強く押し当てる勇気を与えてくれました。しかし、主から痛みはないと保証されていたにもかかわらず、私は自分の思いと格闘せねばなりませんでした。私には、決して傷は負わないという確信はなく、また、耐えられないような痛みがあるのではないかという思いがあったのです。

しかしながら、剣が唇の中に入り始めると、私は痛みではなく喜びだけを感じました。それで、私はもっと強く押し付けました。主の唇と出会うのが深い願望だったからです。私の心は雅歌にある嘆願で満ちました。「あの方が私に口づけしてくださったらよいのに。あの方はすべてがいとしい。」と。

私は唇から滴り出る暖かい流れを感じました。それは私の唇から出て私の顎を伝い、胸にまで流れている血潮だということははっきり分かりました。その暖かさを感じ、また足や床にポトポトと滴る音も聞こえました。大量の出血をしているに違いないと本当に驚きました。

しかしながら、私は全く痛みを感じず、深い言いようのない喜びに満たされ、すばらしい平安に包まれました。下を向いて胸や足に流れていったのを見ると、それは血ではなく、輝く液体の黄金の流れでした。
主が言われました。「これは私の栄光です。それは、真理の御霊を抱くことによって解き放たれるのです。」

箴言22:11「心のきよさを愛し、優しく話をする者は、王がその友となる。」

目を覚ませ!眠りの霊は神の炎によって駆逐される

万軍の主は地を揺り動かされます。これからの揺さぶりによって世俗的な眠りの霊は、キリストの身体から振り落とされます。今こそ目を覚ますときです。

ローマ13:11-14「あなたがたは、今がどのような時か知っているのですから、このように行ないなさい。あなたがたが眠りからさめるべき時刻がもう来ています。というのは、私たちが信じたころよりも、今は救いが私たちにもっと近づいているからです。 夜はふけて、昼が近づきました。ですから、私たちは、やみのわざを打ち捨てて、光の武具を着けようではありませんか。 遊興、酩酊、淫乱、好色、争い、ねたみの生活ではなく、昼間らしい、正しい生き方をしようではありませんか。主イエス・キリストを着なさい。肉の欲のために心を用いてはいけません。」
あなたに準備が出来ていようといまいと、神の息が炎のようにやってきます。神の火は無気力な霊を追い出します。同じように神の清めの火は私たちの業が木か、藁か、草で出来ているか、それとも真に御国の働きをしたかを明らかにします。パウロは次にように書いています。

Iコリント3:10-15「与えられた神の恵みによって、私は賢い建築家のように、土台を据えました。そして、ほかの人がその上に家を建てています。しかし、どのように建てるかについてはそれぞれが注意しなければなりません。
というのは、だれも、すでに据えられている土台のほかに、ほかの物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、 各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。というのは、その日は火とともに現われ、この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。 もしだれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。もしだれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、自分自身は、火の中をくぐるようにして助かります。」


この暗い時代に立ち上がって明るく輝くのは、この目覚めた花嫁なのです。

イザヤ60 「起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現われる。 国々はあなたの光のうちに歩み、王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。
目を上げて、あたりを見よ。彼らはみな集まって、あなたのもとに来る。あなたの息子たちは遠くから来、娘たちはわきに抱かれて来る。そのとき、あなたはこれを見て、晴れやかになり、心は震えて、喜ぶ。海の富はあなたのところに移され、国々の財宝はあなたのものとなるからだ。
らくだの大群、ミデヤンとエファの若いらくだが、あなたのところに押し寄せる。これらシェバから来るものはみな、金と乳香を携えて来て、主の奇しいみわざを宣べ伝える。 ケダルの羊の群れもみな、あなたのところに集まり、ネバヨテの雄羊は、あなたに仕え、これらは受け入れられるいけにえとして、わたしの祭壇にささげられる。わたしは、わたしの美しい家を輝かす。雲のように飛び、巣に帰る鳩のように飛んでくる者は、だれか。
まことに、島々はわたしを待ち望み、タルシシュの船は真先に、あなたの子らを遠くから来させ、彼らの金銀もいっしょに、あなたの神、主の名のために、イスラエルの聖なる者のために運んでくる。主があなたを輝かされたからである。 外国人もあなたの城壁を建て直し、その王たちもあなたに仕える。実に、わたしは怒って、あなたを打ったが、恵みをもって、あなたをあわれんだ。
あなたの門はいつも開かれ、昼も夜も閉じられない。国々の財宝があなたのところに運ばれ、その王たちが導かれて来るためである。 あなたに仕えない国民や王国は滅び、これらの国々は荒廃する。
レバノンの栄光は、もみの木、すずかけ、桧も、共に、あなたのもとに来て、わたしの聖所を美しくする。わたしは、わたしの足台を尊くする。
あなたを苦しめた者たちの子らは、身をかがめてあなたのところに来、あなたを侮った者どもはみな、あなたの足もとにひれ伏し、あなたを、主の町、イスラエルの聖なる方のシオン、と呼ぶ。 あなたは捨てられ、憎まれ、通り過ぎる人もなかったが、わたしはあなたを永遠の誇り、代々の喜びの町に変える。 あなたは国々の乳を吸い、王たちの乳房を吸う。あなたは、わたしが、あなたを救う主、あなたを贖うヤコブの全能者であることを知る。
わたしは青銅の代わりに金を運び入れ、鉄の代わりに銀、木の代わりに青銅、石の代わりに鉄を運び入れ、平和をあなたの管理者とし、義をあなたの監督者とする。 あなたの国の中の暴虐、あなたの領土のうちの破壊と破滅は、もう聞かれない。あなたは、あなたの城壁を救いと呼び、あなたの門を賛美と呼ぼう。太陽がもうあなたの昼の光とはならず、月の輝きもあなたを照らさず、主があなたの永遠の光となり、あなたの神があなたの光栄となる。 あなたの太陽はもう沈まず、あなたの月はかげることがない。主があなたの永遠の光となり、あなたの嘆き悲しむ日が終わるからである。あなたの民はみな正しくなり、とこしえにその地を所有しよう。彼らはわたしの栄光を現わす、わたしの植えた枝。わたしの手で造ったもの。最も小さい者も氏族となり、最も弱い者も強国となる。時が来れば、わたし、主が、すみやかにそれをする。


清い人々は、計り知れない力の中を歩む

神は、隠れた野心が全くない心の清い人々を探しておられます。主はそのような人々を見つけられると、主の大いなる油注ぎを与え、彼らを通してご自身の力、能力を表されます。(II歴代誌16:9参照)私たちは大いなる力と権威をもって働き、御国の中で神を王として打ち立てるようにと召されているのです。このことが現実となるためには、私たちは神の御国と御国の神についてもっと知る必要があります。(ダニエル11:32参照)
神という方を真に知り、又、自分を真に知るときにのみ、私たちはこの戦いを勇敢に確信をもって戦っていけるのです。そして、神の御国を建て上げるために大いなる功績をあげることができるのです。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-02-01 13:44 | アメリカからのメッセージ
<< 愛の道具   坂 柚実子  2月3日 2007年への多くの預言をどの... >>