夢と計画が実現する年ー2007年 ボブ・ホッチキン 2月7日

2007年―夢と計画が実現するように
ボブ・ホッチキン


2006年―自分の考えが死なねばならなかった年

最近私は、主が2007年に何を計画されているのかを尋ね祈っていました。そして主が、今年は「夢と計画が実現する年である」と言われたように感じました。
2006年には、多くのクリスチャンは、主が私たちの心に与えられたことを祈りに祈り、宣言に宣言をし、信じに信じてきました。しかし、多くの者にとっては期待したように物事が起こらず、その経験は様々な疑問や苦しみをもたらす結果となりました。 彼らが、きっとこのようになるだろう、と想像し期待したようなことは起こらなかったのです。

けれども、落胆してはいけません。神は私たちを無視されたのではありません。私たちを忘れたのでもありません。私たちを捨てたのでもありません。主はご自分がどのような方であるかを示す、より大きな啓示を受けられるように私たちを整えておられたのに過ぎないのです。もっと大きくて素晴らしいものを受けられるように、私たちを準備しておられたのです。

2006年は、私たちが「神はこのようにされるであろう」と考えていた自分勝手な思いが死ぬのを、神が許された年だったのです。
私たちが信じるように主が与えてくださった夢や計画が死んでしまったのではなく、ただ、主はこのような方法でこのようにしてくださるだろう思い描いていた「自分の考え」が死んだのです。それは主がもっと大きくて素晴らしいことをなされるためです!

しばしば、自分の計画や約束が実現しないとき、その約束は反故になってしまったと私たちは思ってしまいます。そうではありません。それは、私たちが神をもっと偉大な方として見ることができるようにと、神がそのように事を動かしておられるのです。神は私にいつももっと大きな規模で神は事をなすことを期待するようにといわれますが、それが「どのような方法で」、「どのように実現するか」を自分で決めてそれを期待してはならないといわれます。とかく私たちは、神はこのようにすべきだとか、いつそれをすべきだ、とか知っているように感じてしまうのです。

「神はこういう方である。」、と私たちが決めてしまって自分自身を閉じ込めてしまっている箱の中から、私たちを解放して、主はとてつもなくすごい方であり、無限な方であることを、主は私たちにもう一度知らせたいのです。なぜならば、ただ単に神の約束が実現することではなくて、神が約束を実現してくださるとき、それによって神ご自身がどれほど偉大な神であるかを知ることが、私たちの心の奥からの真の願いであると、主は知っておられるからです。

主は私たちを驚かすのが好きなのです。主は約束されたことを、ご自分がどのような方であるかをもっともよく表す方法で実行したいと思っておられます。私たちが「主の道は我々の道より高い」ことを知って信仰にとどまり、祈りと賛美をもって神を敬い続けるならば、2007年こそ「夢と計画よ、出て来なさい!」と主が叫ばれるのを聞く年となるのです。そしてその現われ方は、神の素晴らしい新しい一面を私たちに示すものであり、それによって私たちは以前にも増して、主を称え、愛するようになるでしょう!

ラザロの復活

ヨハネ11章にラザロの復活の話があります。ラザロとその姉妹マルタとマリヤはイエスの親しい友でした。主は何回も彼らを訪れています。マルタはイエスのために料理をしました。マリヤはイエスの足元で主をあがめて座っていたり、また、香油をイエスに注いで自分の涙と髪の毛で主の足を拭いこともありました。この家族は心から主を愛していたのです。そして彼らは主から愛されていることも知っていました。実際、ラザロが病気になったときイエスのもとに遣わされたものは、「あなたが愛しておられる者が病気です。」といいました。(ヨハネ11:3)

彼らは、主を愛していたばかりではなく、主をよく知っていました。彼らは主がメサイヤであることを知っていました。主が神であることを知っていました。そして、彼らに助けが必要なときには、主は必ず来てくださることを知っていました。ですからラザロが病気になったとき、マルタとマリヤは、私たちと同じことをしました。祈ったのです。つまり、主に言葉を送ったのです。彼らはイエスが自分たちを愛しておられること、主が癒し主であること、主がよい方であり神であることを知っていたので、マルタとマリヤは主がすぐに来られて助けてくださると期待しました。

神は私たちが「主は必ず助けてくださる。」、と期待することを望んでおられます。主は信仰に報いてくださる方です。しかししばしば、主の方法とタイミングは私たちにとって初めは理解しがたいときが多いのです。
イエスはこの家族を愛しておられました。主が私やあなたを愛しておられるのと同じように、完全に永遠に、そして熱情をもって愛しておられたのです。ヨハネ11:5には「イエスはマルタとその姉妹とラザロを愛しておられた。」とはっきり書いてあります。 主は彼らを真に愛しておられた故に、彼らが助けを求めたときに(主が彼らの祈りを聞かれたとき)主はすぐには来られなかったのです。(ヨハネ11:6) これはちょっとおかしいのではないでしょうか。私たちにも、マルタやマリヤにとっても不可解なことでした。しかし、神にとっては「全くよいこと」だったのです。


イエスはマルタとマリヤを心から愛していたからこそ、彼らの祈りに対して彼らが予想したような対応をされなかったし、また、彼らがいいと思うタイミングにはされませんでした。主は彼らを愛していたのでラザロがこの病気で死んでしまうまで待っておられたのです。それがマルタとマリヤにとって(勿論ラザロにとっても!)大変な事態であることを主はご存知でした。彼らが予想し期待したのとは全く違う事の展開であることも知っておられました。主のご計画は、彼らが主とはどう言う方であるかを、もっと深く知るための啓示をもたらすことにあったのです。

神は、このように私たちが困難な苦しいときを経験することを許されるのです。主は私の祈りを聞いてくださらなかった、答えてくださらなかった、信じてきた主の約束は死んでしまった、と感じる苦難のときです。それは、主が私たちが想像もしなかった方法で現れてくださり、主が私たちにとってどのような方であり、どのようなことをしてくださるかをもっとよく知らせるためにそうされるのです。

マルタとマリヤは、イエスこそが自分たちの問題に対する答えであることを知っていました。主は助けることが出来る方ということを知っていました。主こそ約束であることを知っていました。しかし、主は彼らがよいと考えた方法やタイミングで行動されなかったので、彼らは混乱し、腹を立て、傷つきました。彼の周りには慰める人たちがいました。(ヨハネ11:19) 多分多くの人が、マルタとマリヤは神のことを信じすぎたのだ、もっと現実的に物を見なくてはならないとか、神が奇跡をする時代はもう終わったのだ、というようなことを言っていたでしょう。彼らがそれに耳を傾けなかったのは幸いでした!

マルタとマリヤのようにあなたの心を注ぎだせ

神があなたが望むときに現れてくださらなかったと失望したり、混乱したり、傷ついたり、あるいは、神に対して腹を立てたりしているとき、人々はあなたをなぐさめたいという親切心から、いくら神様でもそれは無理だ、とか、神はもう癒しや奇跡やしるしはなされないのだとあなたに告げることでしょう。しかし、彼らの声に耳をかたむけてはいけません! ヨハネ11:20でマルタがしたことをするのです! 出かけていってイエスにお会いしなさい!

そしてイエスの前であなたの心を注ぎ出すのです! あなたの気持ちをお話しなさい。自分には分からない、と申し上げるのです。混乱していると。そして怒りがあることも。あなたの心が砕かれたと。主が何をどのようにするべきだということも自分にはわかっています、ということも申し上げなさい。(ヨハネ11:22と24で「私は知っております。」とマルタが言っているのが、そうです。)

あなたが望んで期待していたようにイエスが応えてくださらないとき、主から離れないで、主に近づいてください。マルタもマリヤも自分の痛みと混乱とをもってイエスのもとに行きました。(ヨハネ11:20,29)ですから、私たちもそうすべきなのです。

マリヤがイエスの足元にひれ伏して(彼女は以前にもそうしたのですが)心を注ぎ出し痛みと混乱を話したとき(ヨハネ11:32)主は気を悪くされませんでした。私たちが悩んでいるとき、神は顔をそむけられません。それが神に対する疑問や悩みであってもです。 いいえ、その反対です。主は私たちが苦しむときには大胆に主の前に行くようにと励ましておられます。(ヘブル4:16) そのことは主を深く感動させるのです。(ヨハネ11:33,35)

マルタとマリヤが主の前に行き、苦しみを伝えたときに、主も大きく心を揺さぶられたことを彼女たちは見ました。そのときに彼女たちの心の中には大きな感動があったと私は思います。イエスは神であられ、彼らを愛しておられ、彼らに一番よいことだけを望んでおられる方であることを彼らの心の中に思い出させたのです。神は彼らに対して心をかたくなにされたのではないとわかったとき、彼らの混乱した硬い心は消え去りました。

このことは、イエスがラザロの墓で「その石を取りのけなさい!(ヨハネ11:39)」といわれた言葉の中に預言的に見ることができます。石は墓の入り口をふさいでいるものです。それは死を受け入れたしるしです。神の約束をあきらめて、自分の心がかたくなるのを許してしまうしるしなのです。

神の約束は死んではいない

イエスは死の場所である墓の前に立たれました。本当に死んでしまった唯一のものは、マルタとマリヤが以前持っていた主への全き信頼であることを主は知っておられました。主の約束は死んでいませんでした。主が今まで想像もできなかったほどもっと偉大で素晴らしく真実な神であることをマルタとマリヤが間もなく発見することを主は知っておられましたから、主の心は喜びでわくわくしていたと私は思います。

イエスはマリヤにむかって「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る、とわたしは言ったではありませんか。(ヨハネ11:43)」と言われました。次にイエスは、神はいつも私たちの祈りを聞いてくださることを知っておられることを宣言し(ヨハネ11:41)、確信をもって「ラザロよ、出て来なさい。」と叫ばれました(11:43)。そしてラザロが墓から出てくることにより、イエスがどのような方であるかを人々はもっと理解し、どんなことでも可能であることが示されたのです。

以前マルタとマリヤとラザロは、イエスを友、主、救い主、神、癒し主として知っていましたが、今は「死や敵のどのような業にも打ち勝つことができるチャンピオン」として主を知るようになったのです。さらに神は彼らが望んでいる方法ではなく神の方法で事をされたので、彼らは主に対するもっと偉大な啓示を受けることになり、町中がその啓示を受けることになったのです。その町にリバイバルが起こり、イエスが主であることを多くの者が知ることとなったのです。(ヨハネ11:45) 

去年あなたが期待したように起こらなかったことばかりを振り返っていてはいけません。イエスのほうを向いて、「主の道は私の道より高い。」と主を褒め称えなさい。あなたの心を主に注ぎ出しなさい。主は私たちの祈りを全部聞いてくださることを信じなさい。私たちがその信仰に立つならば、主の栄光を見ることになるのです。そして神の約束が実現するのを見るだけではなく、マルタやマリヤやラザロと同じように、私たちはイエスのもっと偉大な啓示を受けるようになります。そしてそれは、彼らの町に起こったように、あなたの町にリバイバルを起こす引き金になるかもしません。

ですから、信仰に立ってください。落胆してはいけません。神が思いもかけない方法で現れ、以前は知らなかった神の啓示をあながた受けるようになることを信じてください。神は「神の完全な方法」でそれをなしてくださり、あなたが願うところ、思うところのすべてをはるかに超えてなしてくださることを信じて、期待に胸を膨らませてください。(エペソ3:20)

2007年には、2006年にもう死んでしまったとあなたが感じたことが、主の栄光のためにもっと大きくよりよい方法で復活しますように。今年が「夢と計画よ、出て来い!」と主があなたにむかって叫ばれる年となりますように。  (終わり)


トップページへもどる
[PR]
by walkwithgod | 2007-02-07 08:49 | アメリカからのメッセージ
<< 鈴木さんと乙武さん  坂 柚実... 愛の道具   坂 柚実子  2月3日 >>