魂の静かな刈入れ  フランシス・フランジペン  2月22日

魂の静かな刈入れ

フランシス・フランジペイン


死に面している人の夢を見た

数年前に、私は今にも死ぬという男の人の心の中に自分がいるという夢を見ました。その人はもうかなり昏睡状態が続いていました。彼の家族はずっと彼の救いのために祈ってきたのですが、彼がキリストを受け入れたのかどうかは分かりませんでした。彼らに分っていたのは、キリストを信じるようにと語る家族の説得に、彼が生涯抵抗し続けて来たということだけでした。

夢の中で、私は彼の心の状態がはっきりと分かりました。彼の考え、感情、葛藤があたかも自分のことのように感じられたのです。彼の目はほんのわずかしか開いておらず、回りをぼんやりとしか見ることは出来なかったのですが、彼の愛する人々がベッドの傍らにいるのは見えました。彼は愛する家族の方に手を伸べようとするのですが、彼の腕は全く動きませんでした。

彼は彼らの名前を呼ぶのですが、彼の唇からは何のささやきも出て来ませんでした。 彼の手をとっていた人が「もし、私の声が聞こえるなら手を握ってちょうだい。」と言いました。彼にそれは聞こえたので、自分の指でその人の手を握ろうとしましたが、実際にはその指を少しも動かすことはできませんでした。彼の手はぐったりとして力の入らないままだったのです。彼に意識はありました。彼らの祈りを聞くこともできましたし、彼らが彼の顔に接吻するのを感じることもできました。しかし、それに対してなんらかの応答を身体で示すことは彼には出来なかったのです。

今までの生涯の間心をかたくなにしていたプライドと防衛心は彼からもはや消え去っていました。肉体の破局が彼を圧倒していました。死が近づき、自分が永遠という時間に直面する用意が出来ていないことを、彼は悟りました。外面的には冷静に見えましたが、内面では彼の魂の激しい争奪戦が起こっていたのです。そしてその戦いは主の勝利に終わりました。神の執拗なまでの愛に征服されて、彼はついに平安を得たのです。彼は入院してから、キリストを自分の救い主として受け入れる祈りを静かにしたのです。彼の身体からいのちが無くなろうとするとき、彼が自分は救われたことを何とかして愛する人たちに伝えようとするのを、私は見ていました。

突然、計器の音が部屋の静寂を破って響きました。彼の心臓が最後の鼓動を打ったとき、私は死んだ男の身体を上から見下ろしていました。病室では看護婦が忙しく立ち働き、家族は部屋の隅で抱き合いながら悲しみ嘆いていました。愛する者がキリストを受け入れないで死を迎えたということが、死そのものよりももっと彼らにとっては辛く耐え難いことでした。私の心は動かされ、そのときに夢から覚めました。しかし目覚める直前に主が、「彼はわたしと共にいると、彼を愛する者たちに伝えなさい。」と私の心に語られたのです。

神は慈しみ深い方

私がこの夢を見てからもう数年が経ちましたが、愛する人がキリストを受け入れないまま死んでしまった、という深い心の痛みを持ち続けているクリスチャンが大勢いるという事実に、私はますます気がつくようになりました。勿論私の見た夢がすべての人に当てはまるわけではありませんが、この夢を通して神が語りかけておられる人々がいるのです。そのような人の心には聖霊がその確証を与えてくださるという保証を私は受けたので、この夢を皆さんにお伝えしています。

そして、この夢を人々に早く伝えなければならないという思いに私は駆られています。主はあなた方に重要な仕事をしてもらいたいと願っておられるのです。しかしながら、あなたの愛する人が救われないで死んだということを敵が使って、あなたの魂に疑いの種を蒔いたのです。あなたは愛する人の死を悩むばかりではなく、神の愛や祈りの力に関しても疑いを持ってしまったのです。その結果、神に対する確信が弱くなってしまっています。しかし家族のほかのメンバーのためにも、今こそあなたが確信をもってしっかりと立たねばならない時です。

愛する皆さん、人生には分からないことが沢山ありますが、分からないことによって分かっていることまで曇らせてしまってはいけません。神は慈しみ深い方です。神は私たちの罪のためにひとり子をこの世に送ってくださった程に私たちを愛してくださっている方です。イエス様は「わたしを見たものは父を見たのである。(ヨハネ14:9)」と言われました。私たちがキリストを見るとき神を見るのであり、神は私たちを愛してくださる慈しみ深い方であることを知るのです。

又、私たちは愛する人を事故などで突然失うことがあり、そういう場合は悔い改めたり神に立ち返ったりする時間は彼らにはないように思えます。しかし、臨死体験をした人たちのことを思い出してください。彼らは、目のまえに自分の人生がすべて映し出されるのを見たといっています。その時には、時間が止まってしまうかのようなのです。突然の死と思われるようなときにさえ、時間は非常にゆっくりと進むのだと私は思います。この特別な状況の中では、自分の人生をじっくりと顧み、決心し、主の名を呼び求める時間さえも与えられることが確かにあるようなのです。

人生には私たちには分からないことがありますが、一つのことは永遠に真実です。それは、神は私たちを愛してくださる父であるということです。神は人が一人でも滅びることを望まず、私たちの救いのために、私たちの死に瞬間まで戦ってくださいます。ですから、重荷を主に委ねましょう。主は心から私たちのことを思ってくださっているのですから。そして私たちの前に備えられたレースを忍耐をもって再び走ろうではありませんか。なぜならば、「暗やみの中にすわっていた民は偉大な光を見、死の地と死の陰にすわっていた人々に、光が上った。(マタイ4:16)」と主は約束されているからです。

祈りましょう。
「主イエス様、私の罪のために死んでくださって有難うございます。主よ、多くのことが私にはわかりません。しかし、あなたが良き方であることを私は知っております。私に理解できないことはすべてあなたにお委ねいたします。私の人生をあなたにお任せし、私の愛する者たちをあなたの御手に委ねます。」〔終わり〕


トップページへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-02-22 10:35 | アメリカからのメッセージ
<< 心の聖い者  キャシー・ペルト... キリストの思い  フランシス・... >>