信仰を持ちなさい  ポール・キース・デービス   3月9日


信仰を持ちなさい。神に不可能はない。

ボブ・ジョーンズ師との会話

ポール・キース・デイビス



最近私はボブ・ジョーンズ師から、主が彼に与えられた啓示について聞くことができました。それは、西洋の教会ではどうして奇跡が起こらないのか、という問題に関してでした。彼に与えられた啓示はこうでした。「西洋の私達は、神はすべてのことが可能であるということは確かに信じている。しかし、問題なのは私たちの心にある『疑い』である。」

正直なところ、これを聞いた私は戸惑いを感じましたが、しばらくして私が十分理解できるようにと主は助けてくださいました。というのは、最初私にはこの啓示の内容は矛盾しているように思えたのです。なぜならば、神は偉大な神でありすべてのことが可能な方であることを信じるのは、信仰の最も基本的な土台ですから、なぜ信仰を持つ私たちがそれに関して疑いを同時に持つことがあるのでしょうか?


私の疑問への答えはマルコ11:22-23に見出すことができました。

そこで、イエスは言われた。「神を信じなさい。 はっきり言っておく。だれでもこの山に向かい、『立ち上がって、海に飛び込め』と言い、少しも疑わず、自分の言うとおりになると信じるならば、そのとおりになる。」


この箇所を丁寧に調べてみますと、主イエスは私たちの心の2つの領域を取り扱っておられることがわかります。:第一の領域は、神にとって不可能なことはない、と信じる信仰の領域であり、第二は、しかし神は私個人の祈りに応えて奇跡を起こしてくださるのだろうか、と疑う領域です。

信じて疑ってはならない

主がお弟子たちや私たちに教えておられることは、信仰という超自然的な領域のことであり、山をも動かすほどに偉大な信仰の領域のことです。ここでいう山とは、妨害の山かもしれませんし、実際の土と岩で出来ている山かもしれません。


主は私たちにむかって「神を信じなさい。」と宣言されました。そして次にこの原則を私達個人に適応して、「あなたがたに言います。」といわれました。主は私たちを個人的にとり扱われ、私たち一人ひとりがどのような信仰を持っているかを問われるのです。私たちのうちの誰であっても、山にむかって「動け」と言い、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになるのです。


主のお言葉の中に私たちは二つの次元を見ることができます。:信じなさいという信仰の次元と自分の中の疑いを取り去るという次元の二つです。主はこの原則について私に教えてくださったのですが、そのときに、西洋の教会の多くの人は神が全能の方であることを信じていることをも私に理解させてくださいました。過去において死人をよみがえらせた神ならば、又いつでも神は死人をよみがえらせるであろう、と私たちは信じているのです。


神は奇跡の神であり、何回でもしてくださる神であることを私たちは信じています。しかしながら、神が奇跡をなさる方であることは信じていても、神が実際に私たちを通して奇跡をなさるかどうかを私たちは疑っているのです。

神が誰か偉大な癒し手や伝道者を通して癒しや解放をされるのは信じるのですが、自分、即ち「私のような小さな者」を通して神が奇跡を起こされることには疑いを持ってしまうのです。多くの西洋のクリスチャンは、神は今も偉大な業をされることを信じています。しかし、神が彼らを個人的に用いられて偉大な業をされることはどうしても疑ってしまうのです。ですから、神の超自然的な大きな業の中に私たちが参与させていただけることを私たちが悟るには、神からの啓示によって知らされることがどうしても必要なのです。


どうして西洋では奇跡がおこらないか?


発展途上国で奇跡が起こるのを多く体験してきたミニストリーに携わる人たちにインタビューをした結果、とても興味深いことが分かりました。そのような国々の人々には疑いというものが全くないと彼らは言うのです。イエス・キリストが生ける神の子であると一度確信するや、彼らはすぐに奇跡を経験し始めるのです。なぜならば、彼らは我々西洋人のような疑う心を持っていないからなのです。


彼らは霊的に物事を見ることができる人たちです。それは確かに今までは偶像という間違った対象のために使われていましたが、一たび彼らの信仰が主イエスに正しく向けられたときには、奇跡がどんどんと起こり始めるのです。彼らは主を信じると、神は宣教師たちが言っていたことを必ず彼らのためにしてくださると、一つも疑わないで心から信じるのです。


エレミヤは次のように言っています。

エレミヤ32:17「『ああ主なる神よ、あなたは大いなる力と、伸べた腕をもって天と地をお造りになったのです。あなたのできないことは、ひとつもありません。』

私たちも今こそ、神が私たち一人ひとりに対して個人的に偉大な業をしたいと願っておられることを疑わず、このすばらしい現実に自分の信仰を目覚めさせようではありませんか。

ヤコブは次のように言っています。

ヤコブ1:5-6「あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。 ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。」(終わり)
>

トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-03-09 17:39 | アメリカからのメッセージ
<< シンシア先生のハワイ訪問   ... この木なんの木    坂 柚実... >>