リック・ジョイナー師の幻とデイビッド・ウイルカソン師のメッセージ 坂 達也 4月1日

リック・ジョイナー師が見た幻とデビッド・ウイルカーソン師のメッセージ

 私はつい最近、アメリカの代表的クリスチャンリーダーとして預言的な働きをされている著名な二人のメッセージに接することが出来ましたので、ご報告したいと思います。
 二人のメッセージに共通した点は、どちらも教会に対して迫り来る終末への警告と、教会が今なすべきことは何かと言う本質論に触れていることです。最初に、リック・ジョイナー師の記事をご紹介します。

最新号のモーニングスター・プロフェティック・ブルティンに、リック・ジョイナー師が最近見た幻について書いていますので、それを手短に要約します。

彼が幻の中で一つの道が二つに分かれる分岐点に立っていると、そこにトーチを掲げ生きた「自由の女神」のような人がいることが分かりました。しかしその灯は弱々しく、顔は困惑と混迷に満ち、歩いている足はほとんど前に進んでいませんでした。彼女は分岐点からどちらの道に進めばよいかで迷っておりました。道の傍らに標識があり、それには「一方の道を進めば国は益々弱まりやがて破局を迎えるが、もう一方の道を選べば国は強くなり、前よりももっと輝く将来がある」と書かれていました。問題はどちらの道がそうなのかが書かれていないことでした。その標識には又、「この分岐点に長く立ち止まって迷えば迷う程、間違った道を選ぶ可能性が強まり、その道が強いられる」とも警告されていました。そしてこの自由の女神のような人は今にも間違った道を選ぼうとしていることが明らかでした。

よくよく見ると自由の女神がそこまでたどり着いた道には多くの過去の偉大な国とか帝国が歩いた足跡があり、この分岐点で皆立ち止まり、そして皆が間違った方向に進んで行った足跡が見えました。しかし、もう一方のもっと繁栄すると言われる道には誰の足跡を見ることが出来ませんでした。そこで間違った道の方をよく見ると、その道には次の曲がり角までは道がよく見えるように街灯がつけられていて、この道こそが正しい道のように思えて来るのでした。それに反し片方の道は暗くて狭く険しい道のように見えました。

迷っている自由の女神のような人は、弱り切った手に持ったトーチが重そうで、今にも掲げているその手を下ろしそうでした。そしてかろうじて掲げているそのトーチの光は非常に弱々しいものでしたから、明るい街灯がついている道を選んでしまう誘惑に勝てそうもありませんでした。それを見てたまりかねた私は、彼女の側に駆け寄り、今にも落としそうなトーチを掲げている手を握りしめ、もっと真っ直ぐ上に掲げるのを助けました。すると弱々しかった光が輝きを取り戻し、暗い道に光が当り始めました。

私は次に彼女がもう一方の手に抱えてはいるが今にも落としそうな書き板(タブレット)をしっかり持ちなさいと励ましました。今の彼女に必要なものは確かなビジョンと自信と決意(やる気)であることが私にはよく分かりました。

私は彼女がここまで到達するために過去にやってきた業績を称え、これからも道を間違えなければ、今までどの国もどの帝国も成し遂げたことのない輝かしい将来に進むことが出来ると言って彼女を励ましました。彼女はそれを聞くと顔を明るく輝かせました。しかし、彼女はどちらの道に進むかの決断を躊躇しており、それが間違った道への選択に彼女を追いやらんとしていることが明らかでした。

この幻の解き明かしとして、ジョイナー師は自分が見た幻は明らかにアメリカを指し、アメリカは今、国の興亡に係わる重要な分岐点に立っていると言います。そして幻に現われた彼自身は、現在の教会を代表しているような気がすると言っています。以下はジョイナー師の文章の要約です。

「それはちょうどアロンとフルがアマレクに勝つためにモーセの挙げている手を支えた(出エジプト17:12)のに似ていて、今のアメリカに必要なのは教会が国家のためにもっと祈りとりなしをすることです。又、この国が今必要なのは預言であり、それによってアメリカが将来に対する確固たるビジョンを得ることです。それによって、険しくて孤独ではあっても勇気をもって正しい道を選ぶことが出来るからです。そのために自由のトーチを掲げているのであって、今こそそのトーチを高く掲げなければならない時です。

アメリカは神の御国ではありません。又神との特別な約束(契約)の関係にある国でもないので、国が滅びないという保証はありません。神が特別の契約をしている国はイスラエルと教会(ホーリー・ネイション、神の御国)の二つしかないのです。

しかしながら、アメリカは建国の時に建国の父たちによって主に捧げられた国であることにおいて、他の多くの国と違います。神に捧げられたものは総て聖いので、アメリカが神の名を冒涜するような国になるのであれば、神はそうなる前にアメリカを滅ぼされるでしょう。又、神に捧げられた聖い国であるがゆえに、他の国がそれをしても神の怒りを逃れられることでも、アメリカがすれば許されない場合が多いのです。

神はアメリカを神に捧げられた「聖い国」として扱われるので、それだけ厳しい懲らしめを受けねばなりません。しかし、そのことはむしろ喜ぶべきことであって、神が懲らしめるのは神に見捨てられていない証拠です。

そのことがヘブル12:7-13に書かれています。『訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。もしあなたがたが、だれでも受ける懲らしめを受けていないとすれば、私生子であって、ほんとうの子ではないのです。さらにまた、私たちには肉の父がいて、私たちを懲らしめたのですが、しかも私たちは彼らを敬ったのであれば、なおさらのこと、私たちはすべての霊の父に服従して生きるべきではないでしょうか。なぜなら、肉の父親は、短い期間、自分が良いと思うままに私たちを懲らしめるのですが、霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。
11 すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。ですから、弱った手と衰えたひざとを、まっすぐにしなさい。また、あなたがたの足のためには、まっすぐな道を作りなさい。足なえの人も関節をはずすことのないため、いやむしろ、いやされるためです。』

主はこれから益々アメリカを厳しく懲らしめるでしょうが、それは見放すためではなくむしろ救うためです。又、とりなしと悔い改めがその厳しさを和らげるでしょうが、それだけが目的ではなく、むしろ完全に国として悔い改めることによって、神の懲らしめから開放され神の栄光を現わす国になることが目的です。

大宣教命令(マタイ28章)とは弟子を造ることであって、単に未信者を信者にすることではありません。又、単に個人を弟子訓練するだけではなく、国を弟子化しなければなりません。その意味でアメリカは弟子訓練を受けている国であり、総てにおいて神の御言葉が基準とされなければならないのです。私の見た幻の中で、自由の女神が今にも手に持った書き板(タブレット)を落とさんばかりの状態にあったと言ったのは、タブレットとは神の御言葉を表しており、アメリカが御言葉から離れてしまいつつあることを意味していると解釈します。アメリカは御言葉が総ての基準となる国でなければならないのです。そうして世界の塩となり光の国となるべく、自由の光のトーチを高く掲げ、囚われた人々と囚われた国の上に光を放つ国とならねばならないのです。」

以上がジョイナー師のメッセージですが、次にデビッド・ウイルカーソン師の2007年2月25日のメッセージ・テープ(タイトル"That Dreadful Day No One Wants to Talk About")を http://www.worldchallenge.org/を通して聴きましたのでそれをご紹介します。

ウイルカーソン師は2ペテロ3:10と12を引用し、ペテロが言っている「主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。……その日が来れば、そのために、天は燃えてくずれ、天の万象は焼け溶けてしまいます。」とは、核爆発を形容しているとしか思えず、その日が来るのが間近に迫っていることを警告しております。

ウイルカーソン師は昔から「世の終わり」のメッセージを説く、言ってみれば現代のエレミヤ、あるいはエゼキエルのような預言者であると私は思って来ましたが、今回のメッセージは特に迫力がありました。彼は、既にアメリカが世界のスーパーパワーである時代は過ぎ、今世界のスーパーパワーは中国に移行していると言う事実、又、既に核を保有するイランの大統領をヒトラーに匹敵する気が狂った男(マッド・マン)としてとらえ、彼が世界を大混乱に陥れることを一大使命として、今着々とその準備を進めていることを指摘しております。

又、しばらく前サダム・フセインがイラクの大統領であった当時、彼は98機の爆撃機に化学爆弾等の爆薬を装てんし、当時のイスラエルの主要都市(但し回教徒のドームがあるのでエルサレムを除く)を爆撃する許可を発していたことを最近明らかにした本を引用し、これを寸前にアメリカ軍がその飛行場と飛行機を全滅させて未然に防いだことは神の介入であったと説明しております。

ウイルカーソン師は大災害が起こることは時間の問題であり、今こそクリスチャンは聖書に書かれている艱難の時が迫っていることをはっきりと認識しなければならないと説きます。そしてペテロが「主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。そのようにして、神の日の来るのを待ち望み、その日の来るのを早めなければなりません。その日が来れば、そのために、天は燃えてくずれ、天の万象は焼け溶けてしまいます。しかし、私たちは、神の約束に従って、正義の住む新しい天と新しい地を待ち望んでいます。そういうわけで、愛する人たち。このようなことを待ち望んでいるあなたがたですから、しみも傷もない者として、平安をもって御前に出られるように、励みなさい。」(2ペテロ3:10-14)と言うように、今私たちがすべきことは「聖い生き方をする敬虔な人」になることであり、それはキリストに似た者になることを意味し、「私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識において成長」(18節)することであることを熱心に訴えます。

X X X X X X X X X

この二人のメッセージを読んで、彼らが現在の世界情勢を的確に認識しているという印象を、私は強く持ちました。そこで、この押し迫る終末の時を迎えた私たち教会が、今何をなすべきなのかを考えてみたいと思います。

ジョイナー師が言う大宣教命令の解釈は、今までの考え方と少し違うという点で興味を惹きます。マタイ28:19で「それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として」(口語訳)とあります。日本語訳ではどちらかと言えば「すべての国の人々」と言う個々人に重点が置かれていますが、英語訳のほとんどは、「すべての国民」を all nations と訳しており、このnations と言う言葉には国民と言う意味が含まれますが、国家を意味するニュアンスがあることも確かです。ジョイナー師は世界中の国の人々だけでなく、「国をも弟子にする」と言う考え方をここで披瀝していますが、折からのトランスフォーメーション・ムーブメントを意識してのことでしょうか。しかし、そのトランスフォーメーションにおいても、私は基本的に個人が先ず変えられ「キリストのようになる」こと、つまり「聖い生き方をする敬虔な人」に変えられることが先決であり、それが特に終末の教会に与えられた最重要な責任であると思います。

ところでnations と言えば、教会をa Holy nation と英語の聖書の1ペテロ2:9あるいは、出エジプト19:6で言っていることにご注目下さい。日本語聖書では皆「国民」「民」と訳されています。私はそれが間違っているのではなく、むしろ「教会」がキリストの王国の民であり、その民は今は世界中の国に散らばって存在している状態ですが、キリストの再臨の際に集められて一つの国、王国になると考えればよく理解出来ると思います。それはちょうどイスラエルの国民が、今のイスラエルの国が再建される前には世界中に散らばって存在していたと言う事実が、その「型」である訳です。

次に、ジョイナー師が言及したヘブル書12:7-13ですが、私たちクリスチャンは皆「神の子」になるための弟子訓練を受けねばならないと言うことを、この御言葉が示しております。それが大宣教命令の趣旨であり、そのための「懲らしめ」と言う訓練は、私たちが考えているよりも遥かに厳しいものであるのです。

それは多くのクリスチャンが聖書で言う艱難を通り、火の中を通って精錬されて始めて「キリストに似た者」になれることを暗示していると思います。それが2ペテロの3章でひしひしと伝わって来ます。ペテロがこの書簡を書いた時はAD67年前後と言われていますが、当時は既にネロ皇帝によるクリスチャン迫害がAD64に行われており、AD70年にはエルサレムが炎上して滅ぼされました。ですから彼は本当に身近に、「火に焼かれる」覚悟をし、「神の日の来るのを待ち望んでいた」ことが分かります。

ヘブル書12:14には「すべての人との平和を追い求め、また、聖められることを追い求めなさい。聖くなければ、だれも主を見ることができません。」と書かれています。そして、その後にモーセとイスラエルの民がシナイ山でのラッパの響き、ことばのとどろき(神の御声の)の恐ろしい光景に触れておりますが、25-29節で「語っておられる方を拒まないように注意しなさい。なぜなら、地上においても、警告を与えた方を拒んだ彼らが処罰を免れることができなかったとすれば、まして天から語っておられる方に背を向ける私たちが、処罰を免れることができないのは当然ではありませんか。あのときは、その声が地を揺り動かしましたが、このたびは約束をもって、こう言われます。『わたしは、もう一度、地だけではなく、天も揺り動かす。』この『もう一度』ということばは、決して揺り動かされることのないものが残るために、すべての造られた、揺り動かされるものが取り除かれることを示しています。こういうわけで、私たちは揺り動かされない御国を受けているのですから、感謝しようではありませんか。こうして私たちは、慎みと恐れとをもって、神に喜ばれるように奉仕をすることができるのです。私たちの神は焼き尽くす火です。」とヘブル書の筆者もペテロの書簡と同じことを警告しております。

 私は今弟子訓練に関する本を書いていますが、弟子訓練の本質を知るためにも、上記でご紹介したアメリカの代表的預言者二人のメッセージは、大変参考になると信じます。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-04-01 11:45 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 花を咲かせる   パトリシア・... 十字架を抱いて命の木を生きる ... >>