霊的な橋  ビル・ヨント   9月29日

霊的な橋

ビル・ヨント


天使がキリストのからだの中に架けられた霊の橋を点検中、天の父は「わたしの栄光の重さにこれらの橋は耐えうるだろうか?」とつぶやかれた

辞書によれば、橋とは「河川などの障害物の上に通路として作られる構造」と説明されています。
あなたは、神から「行きなさい。」と命じられたところに行くための道が、障害物でふさがれているように感じていますか?
人々はそれぞれ人生の道をたどっていますが、その途中の橋が壊れてしまっていて、立ち往生している大勢の人がいるのを、私は感じます。

戦時には、敵が相手の国を麻痺させたいなら、その国の人々をつなげている橋を破壊します。人々はお互いに連絡がとれなくなると、敵の激しい攻撃に対してほとんど力がなくなるからです。


崩れそうな橋

私は幻で、キリストのからだを結びつけている関係のかけ橋が、長年修理を怠っていたため、今にも崩れそうになっているのを見ました。この橋がもし崩れてしまったならば、人々は立ち往生してしまうのです。いろいろな人間関係が新たにされ、回復され、強められなければ、多くのクリスチャンは、御国を築くための目的やゴールにたどりつけないのです。

私たちが「その橋(ある人との人間関係)はなくても、目的地には行けるから大丈夫だ。」、と高をくくっていたものが、それが約束の地に辿り着くことができる唯一の橋であることがわかってきたのです! 私はそれを幻の中で見たとき、一つのことわざを思いだしました。それは、「あなたなしでは私はどこにも行けません。 あなたも、私なしにはどこにも行けません。」というものです。そして、お互いが好きであろうと嫌いであろうと、「これらの橋はどうしても修理し新しくせねばならないのだ!」というはっきりしたリベレーションをいただいて、私たちのお互いへの反発は薄れはじめました。

橋の点検中は、夢、ヴィジョン、ミニストリー、そして神の栄光さえ遅らされる

霊的なかけ橋である人間関係が崩れて、そのとき怪我をしたり傷を負ったりした人の叫びが大きくなり、天の門にまで届いたのです! 天使たちが「橋の点検者」として任命され、人間関係という多くの橋の基礎構造を注意深く点検し、橋が、栄光にむかってこの橋を渡ろうとしている多くの人たちの重さに耐えられるだけの強度があるかどうかを、調べるように遣わされました。

多くのクリスチャンが、一見、お互いを赦しあっているような格好をしていましたが、本当には和解してはいませんでした。多くのものは遠く離れたところからは愛しあっていましたが、神が建てあげるようにといわれた橋の工事に、積極的に参加するためにお互い同士近づくことは避けたいようでした。

あなたの後ろの橋を燃やすな!

主が、私たちみんなに「あなたの後ろの、どの橋も燃やすな。」といっておられるのを感じました。「私の人生に、もうこの人は不用だ。」と考えて、その人をあなたの人生から抹消してしまってはいけません。2年ほど前のことですが、別のミニストリーをしているある人に私は腹を立て、彼も彼のミニストリーも、もう私には不用であるから切捨ててもいい、と考えていました。彼との関係を打ち切ろうとしたとき、主が語られました。「あなたはこれから5年後に、あなたの目的を達成するために、彼と彼のミニストリーを必要とするであろう!」と。

奇跡の橋が作られている!

愛する者たちと、あるいは、敵とさえ和解しようと努力してきた人たちは、神がその舞台裏でずっと忠実に働いていてくださったことがもうすぐわかるでしょう。愛しがたい者を愛してきた人に、主は誉れをあたえます。修復するのは不可能だと思われた崩れた橋が奇跡的に修復されるのを、忠実な者たちは見るようになるでしょう。関係が修復されることを信じて、望みえないときに望みをいだき続けた忠実な者たちは、その奇跡を目の当たりにして、神の愛は橋を作る力を持っていることを、改めて知るでしょう!

人に踏まれるための橋もある!

2本の木と3本の釘で、イエスは私たちのために橋を作られた!

多くの壊れて崩れた橋の修復現場に十字架が取り戻されるのを私は感じます。自分に死ぬことが、これらの橋を強化し支える力となるでしょう。私たちは、へりくだって他の人を尊び、彼らのミニストリーや夢を自分のものより上に評価しなければなりません。これらの橋を建てるために、十字架と釘がいつも使われるようになり、やがてこの橋は神の栄光の重さにも耐えられるようになるでしょう。
橋を架ける人たちを歓迎いたします。どうか、釘3本と木を2本持ってくるのを忘れないでくださいね。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-09-29 07:51 | アメリカからのメッセージ
<< 神の御性質にあずかる特権 ポ... とんだ伏兵   坂 柚実子  ... >>