クリスチャンという名のコイン  坂 達也  10月10日

クリスチャンという名のコイン

 ある朝、主の前に出ていると、通貨であるコインが示されました。そして、主は「わたしがコインの表側は造るが、裏側はあなたたちが造るのです。そのように両面が完成しなければ、そのコインは使いものにならないのです。」と言われました。

そして、直ぐ思いに浮かんだのが「十字架」という名のコインでした。そのコインの表側は、主イエスが先ずご自分を十字架にかけてその御業を完成されましたが、裏面は、そのコインを差し出された私たちが、自分をその十字架につけて歩まなければ完成されません。

 次に、招かれる者と選ばれる者で一枚のコインが造られていることが浮かんできました。マタイ22:14に「招待される者は多いが、選ばれる者は少ないのです。」とあります。招かれるのも選ばれるのも父なる神ですが、真に選ばれた者になるためには、私たちが主を「選んで」「婚礼の礼服を着て」(マタイ22:11)選びにふさわしい者にならなければ裏面が完成されません。

 信仰という名のコインもそうです。表側は、主のすべての「命令」の御言葉で造られていますが、それを聞いて忠実に従って実行しなければ、そのコインは完成されません。
愛というコインも同じですね。表面は「神が先ず私たちを愛してくださる」のですが、裏面で、その愛を受けた私たちが神を愛さなければそのコインも完成されません。

 コインには色々な種類があります。金貨、銀貨、銅貨、ニッケルで出来たものもあります。この世の中でコインさえ持っていれば、どんなに額が大きくても小さくても、総ての支払いが出来ます。
 通貨としての機能から見れば、どのコインも皆必要です。特に、一番小さな一円のニッケル製コインがなければ、多くの場合支払いに支障をきたします。小さな額のコインほど、それがなくては通貨としての用が足せませんから、その重要さに私は気がつかされました。そして、「キリストのからだ」であるクリスチャンも同じではないかということにも気がつかされた次第です。

 その通貨としてのコインはすべて神が造られるものです。しかし、神は裏側の字の彫り込みは私たちに委ねておられます。裏面を私たちが完成させなければ、そのコインは「使いもの」にならないのです。(終わり)


トップページへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-10-11 05:05 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 神の御性質にあずかる特権(2)... 主人の本   坂 柚実子   ... >>