霊を見分ける賜物の必要性 ジヨン・マーク・プール 11月30日

霊を見分ける賜物の必要性

ジヨン・マーク・プール

今日、「キリストのからだ」において、特に預言の働きに関して、最も必要とされている賜物は何かといえば、それは霊を見分ける力です。
ヘブル5:12-14「 実際、あなたがたは今ではもう教師となっているはずなのに、再びだれかに神の言葉の初歩を教えてもらわねばならず、また、固い食物の代わりに、乳を必要とする始末だからです。 乳を飲んでいる者はだれでも、幼子ですから、義の言葉を理解できません。 固い食物は、善悪を見分ける感覚を経験によって訓練された、一人前の大人のためのものです。」

見分けとは何でしょうか

サンディー・ワーナー師は見分けの力を次のように説明しています。
「見分けるとは、ギリシャ語で、法的判断、識別、論争することです。それは、完全に分ける、撤退する、反対する、分け隔てる、決断する、躊躇する、抗争する、違う意見を言う、疑う、判断する、偏り見る、ためらう、動揺する等を意味する単語から派生しています。

ですから、もしあなたが何かを識別しようとするとき、ためらったり動揺するとすれば、それは当然です。この言葉が表しているのは、見分けの賜物を使う人が通るプロセスをあらわしているのです! 実際は悪いものであるにもかかわらず外見が良いと、そのことは識別する人の霊を困惑させます。彼は肉の目ではそれは良いものであるという外的サインを受け取るのですが、彼の霊はその外見に対して疑問を持ち、反発し、躊躇し、相争い、相違し、迷っているのです。物事を霊的に見分けるということは、その人が肉的に見るものと、霊的に識別するもととの間に内面的な戦いを引き起こすものなのです。

神の御国であなたが、欲しい時にはいつでも飲みやすいミルクが哺乳瓶一杯に満たされて出てくるのを、ただ待てばよいというミルク飲みの幼児であるならば、信仰生活の中で霊の見分けの賜物をいただけるなどとは決して思わないほうがいいでしょう。私たちは子供のときは、子供のように振る舞い、子供のように話しました。でももう御国の子供時代を終えて霊的大人にならねばならないのです。つまり、子供だったときは子供のように考えましたが、大人になったら、子供っぽいことはもうしてはならないのです。

一コリント13:12-13「わたしたちは、今は、鏡に映して見るようにおぼろげに見ている。しかしその時には、顔と顔とを合わせて、見るであろう。わたしの知るところは、今は一部分にすぎない。しかしその時には、わたしが完全に知られているように、完全に知るであろう。このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。」

愛をもって父は必要な訓練をされる

父なる神は愛する故に私たちを訓練してくださいます。その訓練によって私たちは御言葉の硬い食べ物を食べることができるようになり、霊を見分ける力を持つようにされ、預言者にどのように生き、どのように動けばいいのかをいつも聞かなくても自分でわかるようになります。

私たちが生き生きとするのは、キリストが満ち満ちておられるからであって、預言者から与えられた言葉で満たされているからではないのです! 確かに預言は必要であり、預言の賜物も預言者という役目もあります。しかし、私たちは、自分で主の導きを聞いて、それに従っていくことができる大人のクリスチャンにならねばならないのです。預言者はあなたのそばに常にいて毎日あなたに語ってはくれません。でも安心してください。イエス・キリストという大預言者が、いつもそばにいて適切な御言葉をくださいますから!

ヘブル12:6-8には、主が愛するものを懲らしめることが、はっきりと書かれています。「主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。」 訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。もしあなたがたが、だれでも受ける懲らしめを受けていないとすれば、私生子であって、ほんとうの子ではないのです。」

赤ちゃんは神の御言葉の硬い食べ物を見分けることができない

ヘブル4:12-13「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。 造られたもので、神の前で隠れおおせるものは何一つなく、神の目には、すべてが裸であり、さらけ出されています。私たちはこの神に対して弁明をするのです。」

霊の見分けに関する真理を本当に把握するためには、私たちは、まず「心の一新」をすることによって変革される必要があります。ミルクを今までふんだんに与えられていた幼児や若者から急に哺乳瓶を取り上げて、彼らの口に硬い肉の塊を押し付けることが好ましいことでしょうか。そんなことをしたら、彼らは硬い肉を咀嚼する力がなくて、喉に詰まらせて死んでしまうことでしょう。硬い肉を食べることは、キリストのからだが「見分ける力を持つ」ために、序々に慣れていかねばならないプロセスです。

このプロセスが完了したならば、(そのためには、従順、自分に死ぬこと、今までの肉の習慣を断ち切ることが必要)、私たちは霊の見分けの訓練の本番に入ることができます。あなたの中で「見分ける力」はしっかりと根をはり、あなたの心を神の深みに向けて開かせるでしょう。この「霊を見分ける力」はあなたに対して誰かがどう思っているかを知るというような低級なものではありません。見分けをオカルトの世界の魔術と混同してはいけません。彼らは誰かの秘密を知ってその人を自分の支配下に入れようとするのです。「霊を見分ける力」は聖霊の重要な賜物であり、キリストのからだのすべての分野において必要なものですが、預言の賜物を持っている人、また、預言者として今働いている人たちにとって特に重要です。

第一コリント12:10「ある人には奇蹟を行なう力、ある人には預言、ある人には霊を見分ける力、ある人には異言、ある人には異言を解き明かす力が与えられています。」

「霊を見分ける力」は聖霊が下さる賜物ですが、神の御言葉という硬い肉をよく噛んで御言葉の基礎を築くことなしにこの賜物をいただくことはできません。また、この賜物を適切に使う力を持つためには、正しい訓練や指導をうけて、人間として霊的に成長しなければなりません。賜物は神が与えられるものですが、賜物を正しく使うことができる人格をもつためには、神からの召命を受けてからそれにふさわしい訓練の時を経験することが必要です。どのような霊が語っているのかを見分けるために賜物を使うのですから、その人がどのような動機で見分けをしているかは非常に重要なポイントなのです!キリストの満ち満ちたさまにまで成長するには時間が必要です!

エペソ4:13-16「ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。それは、私たちがもはや、子どもではなくて、人の悪巧みや、人を欺く悪賢い策略により、教えの風に吹き回されたり、波にもてあそばれたりすることがなく、 むしろ、愛をもって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達することができるためなのです。 キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」

預言の賜物のある人が、教会全体や、あるいはキリストのからだ全体に対して預言し、それによって啓発、励まし、慰めを与えることが出来るならば、その人はミルク以上の神の御言葉を食べていることがはっきりわかります。この賜物は、一人一人がキリストのからだの中で果たすようにと神から与えられた召しを完成させるために、今こそ非常に必要とされているものであることを知ってください。私たちは成熟してゆき、御言葉を味わう時間を多く持ち、祈りと断食の祭壇を築き、キリストにあって成長することを求めていこうではありませんか。

預言の賜物のためには特に見分ける力が必要であることを忘れないでください! 常に主からの声になるために。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-11-30 19:16 | アメリカからのメッセージ
<< 恵みを受けた者の軍隊 ダニー... これからの時代にもっとも価値あ... >>