恵みを受けた者の軍隊 ダニー・ステイン 2007年12月6日

恵みを受けた者の軍隊

ダニー・ステイン


「ダニーさん、『堕落した者の回復』に関する主からのメッセージを心から感謝いたします。私はそれを読んで本当に祝福され、あなたが私のために扉を開いてくれたことを大変うれしく存じます。」――という言葉がいろんな人から私に届きました。
しかし、それはまだ自分の罪を悔い改めないまま、罪に捕えらえられていた人々からだったのです。私はすぐに彼らに「あのメッセージはあなたのためではありませんでした。」と返事をしました。なぜならば、神が罪人を回復するためには、その人が悔い改めをすることが必要だからです。

愛は赦す

何年も前に、私はある貴重な学びをしました。私は「愛は多くの罪をおおう」(第一ペテロ4:8)という聖句を信じ、また実践していました。私の周りには罪を犯し続ける人たちがいましたので、私は「彼らの罪をおおう」必要を感じました。なぜならば「愛はおおう」と私は信じていたからです! 
しかし、私は、愛がおおうのは「告白した罪」だけだということを学んだのです。 神は人を罪から回復させるために、まだ告白されていない罪は、明らかにされたいのです。

私が人々の罪を明らかにせず「おおって」いたことは、彼らに罪を犯し続けさせるという結果を招いていたのです。イエスは姦淫の場で捕えられた女に「行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」(ヨハネ8:11)と言われました。人々に罪を犯すのをやめなさいというのは、律法的なことではないのです!

もし、人々に真実を語ることを怠るならば、私たちは彼らに道を誤らせてしまいます。十字架のイエスの贖いの力は、人々が自分の罪を認めて赦しを受け取るときにのみ発揮されます。もし、不従順のうちを故意に歩み続けるならば、私たちは主に赦されて歩んでいるという確信を持つことはできません。「もし私たちが、真理の知識を受けて後、ことさらに罪を犯し続けるならば、罪のためにいけにえは、もはや残されていません。」(ヘブル10:26)

回復は悔い改めを土台としています。そして悔い改めには実があるのです。パリサイ人は自分たちの教義や考えに合うように、真理をたくみに曲げる方法を知っていました。自分たちはいつも正しいと自認していたパリサイ人に対して、バプテスマのヨハネは次のような言葉を投げかけました。彼の言葉は剣のように鋭いものでした。「悔い改めにふさわしい実を結びなさい。」(マタイ3:8) 恵みがあるから聖い生活をしなくてよい、ということはありません。恵みとは、私たちが自分の正しくない行いを告白したときに、キリストが愛の赦しでそれをおおってくださることなのです。

しかし、それと同時に、悔い改めはクリスチャンが互いを責めることによって起こるのでもありません。正義と報復を振りかざすことによって起こるのでもありません。それは裁きを通して起こるものではないのです! 人々を悔い改めに導くのは裁きではなく神の慈愛です

「それとも、神の慈愛があなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と忍耐と寛容とを軽んじているのですか。」
(ローマ2:4)

私たちが聖霊を消したり悲しませたりできるのと同じように、神が神の子どもたちを取り扱われるときに、私たちはそれを見てそのなさり方を馬鹿にしてしまうことがあるのです。神は慈愛と忍耐と寛容をもって人々に豊かな恵みを注いでくださるのですが、もし私たちがその場に介入して過酷な主人のように振る舞い、神の恵みの域を超えた裁きを下すならば、私たちは天の父とは全く異なる心を持っていることを暴露することになります。

私は「罪を犯し続けている人」でも回復されると信じているわけでは決してありません。
「それでは、どういうことになりますか。恵みが増し加わるために、私たちは罪の中にとどまるべきでしょうか。絶対そんなことはありません。罪に対して死んだ私たちが、どうして、なおもその中に生きていられるでしょう。」(ローマ6:1-2)
「だれでも神から生まれた者は、罪のうちを歩みません。なぜなら、神の種がその人のうちにとどまっているからです。その人は神から生まれたので、罪のうちを歩むことができないのです。」(第一ヨハネ3:9)

しかし、人にたとえ罪があっても、私たちは神の子として、その人を赦し、彼らが召された務めへと解放せねばなりません。恵みが人の人生を変えます。そして、人々は変わることができるのです。すべてのことは新しくなります! もし私たちがこのことを信じないならば、福音の力を本当には信じてはいず、私たちを贖ってくださった方を本当には理解しないまま、ただ頭に叩き込んだ教義によって生きているだけと言えましょう。

私もこれまで周りからさまざまな攻撃を受けてきた者の一人です。それは私自身に対するものや、あるいは、妻や娘、息子という家族に対するものでした。けれどもつまるところ、イエスの贖いのいけにえは、私を傷つけた人々を主が赦されるに十分であるばかりか、私が彼らを赦すためにも十分であると、主は信じておられるのです。

恵みを受けた者の軍隊

聖書に書かれているのは、神が不完全な人々を恵みによって変えられ、用いられていくという話です! 人々が悔い改めたならば、私たちは彼らを神が与えた当初の召しへと呼び戻さねばなりません。そして、彼らが実を結ぶことによって、恵みによって彼らがどのように変えられたかが証されます。

「人を罰し恥を与えること」と、「懲らしめ矯正すること」とは全く別なことです。一方は死をもたらす律法の文字によって執行されますが、もう一方はいのちを与える聖霊によって執行されます。イエスは、姦淫の場で捕えられた女に対して「律法が要求すること」を「恵み」によって圧倒できることを示し、この真理をよくあらわされました。
「イエスは身を起して、その女に言われた。『婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。』 彼女は言った。『だれもいません。』そこで、イエスは言われた。『わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。』」(ヨハネ8:10-11)

畑は色づいています。2日ほど前に主が私に、もっと働き人が必要だと言われました。主との会話を通して私は、主がもうじき大変重要な預言的な召集を主の軍隊からの脱走兵にむかってかけようとしておられるのを知りました。退場させられて洞穴に隠れていたような者を主が呼び出されようとしているのがわかりました。ひどい間違いを犯しが者を主が召集されようとしておられるのがわかりました。彼らはパウロが第一テモテ1:15-16で言っているのに負けずとも劣らない人たちです。

「『キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。』ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。しかし、そのような私があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠のいのちを得ようとしている人々の見本にしようと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったからです。」(
1テモテ1:15-16)

ひどい失敗を犯した者もあります。しかし多くの者たちは今までよりもっと主の栄光に輝くものとなるのです。
主の恵みを証しするのは、神が一人の人を救い贖うことができるということです。今までは重い荷物ばかり引きずってきた人生を、実が沢山なる人生に神は変えることができます。最も偉大な方の愛によって最悪なものを克服し、神の驚くべき慈愛をこの世に示すことができるのです。私はその軍隊を探しています! 神もそのような軍隊を探しておられるのです! 砕かれた、しかし恵みによっておおわれた軍隊です!

世界はこの恵みを受けた者の軍隊を待っています。あなたは何をぐずぐず待っているのですか? 休んでいたベンチから立ち上りなさい。主の恵みはすべての恥より大きいのです。主の恵みはあなたのすべての失敗より大きいのです。あなた自身の誉れではなく、主の誉れがあなたの人生を通して現れるために、主の恵みは十分なのです!
私たちは恵みにより救われ、慈愛に圧倒され、愛によって魅了されました!
イエス様、感謝いたします!(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-12-06 12:24 | アメリカからのメッセージ
<< ヘンリー・グルーバー師の天国の... 霊を見分ける賜物の必要性 ジヨ... >>