ヘンリー・グルーバー師の天国の話  坂 柚実子   12月9日

ヘンリー・グルーバー師の天国の話

以下はヘンリー・グルーバー師が天国へ行ったときの証です。

「1988年に、オレゴン州ポートランドで、私は私のためにとりなしをしてくださる人たちと共に祈り会をしていました。それは私がヨーロッパでの祈りの歩行の旅を終えたときで、その報告と感謝をするために皆さんに集まっていただいたのでした。妻のジュディスが、賛美を導いていました。彼女は、私の留守中に主から与えられた賛美の歌を歌っていたのですが、その時、私は天井から黄金の雲が降りてくるのを見ました。それが主の臨在であることがすぐにわかりました。

私は主を畏れて床にひれ伏そうとしました。 私の膝が床に着いたと思った瞬間、私は自分が黄金の道の上に立っているのを発見しました。黄金の道は透き通っていて、ほんのうっすらと赤みをおびていました。黙示録21:21に「都の大通りは、透き通ったガラスのような純金であった。」とあります。自分の足が透明な道の中に沈むのではないかと、思わず一歩足を後ろに引っ込めました。でももう一方の足が沈まないのを見て大丈夫なことがわかり、私はその道を歩きはじめました。

すると、右側からよい香りがするので、見るときれいな花が咲いていました。私は口には出さずただ心の中で、「なんてきれいな花なんだろう。」と思ったとき、花たちは一斉に葉っぱを合わせて手をたたき、「すべての栄光、誉、力が主にあるように。贖われたものに仕えるためにふさわしいものとして私たちを創ってくださったことを主に感謝します。」と歌いはじめたのです。その歌声は目に見える虹色の波となり、山の向うにある主の御座の方へと流れていきました。 向う側に主の御座があることが私には分かりました。その歌にはビートはありませんでしたが、それは天国には時がないからでした。

私がうっとりと聞きほれていますと、同じような歌声が私の前方からも起こりましたのでそちらを見ますと、前を歩いていた白い衣を着た男の人が、黄金の道からそれて、草の上を歩いていきます。一本一本の草の葉は彼の足に踏まれて、また起き上がってくるときにこの歌を歌っていたのです。私はそれまで、彼はもしかしてイエス様かと思っていたのですが、草が「贖われたものに仕えるにふさわしく創られたことを感謝します。」と歌うので、彼が「贖われたもの」、すなわち、クリスチャンであることがわかりました。男の人が歩を進めるたびに歌声はどんどん増えていき、あたり一面に主への賛美の歌が広がり、それは虹色の光の波となって山の向うの御座の方へと流れていきました。

男の人は一本の木に近づきました。その木にはいろんな果物がなっていましたが、彼は一つの果物の下にそっと手をさしのべました。すると木はその手の中にポトリと果物を落として、「すべての栄光、誉、力は主にあるように。贖われたものに仕えるのにふさわしく私たちを創ってくださったことを感謝します。」と葉と葉を合わせて打ち鳴らしながら歌いはじめました。彼はまた黄金の道に戻ってきました。果物を半分食べて、それを捨てました。私ははっとしましたが、食べかけの果物は地面に落ちるや否や蒸発してしまいました。天国には腐敗も死もないからでした。

私はその人に近づいていきました。私の目は彼の衣に吸い寄せられました。その衣は見たことがないほど白く輝き、まるで生きているようでした。そして織られている糸が私に語りかけてくるのです。私が彼の衣の右肩のあたりに注意をむけると、そこにはその人が地上で生活をしていたときに、ある悲しそうな顔をしている人とすれ違い、その人にむかってにっこり微笑んだ、ということが記録されていました。これは後になって黙示録19:8に「花嫁は、光り輝く、きよい麻布の衣を着ることを許された。その麻布とは、聖徒たちの正しい行いである。」とあるのを読んで理解ができました。彼の衣には彼が地上で行った正しい行いが織り込まれていたのです。

次に気がついたとき、私はもとの祈り会の部屋にいました。
天国は主への賛美で満ち溢れ、愛で満ちあふれていました。天国を一言で表すと、すべてのものは仕えることを愛し、愛するゆえに仕えていたということです。(love to serve and serve to love) それ以外の動機でなすことは、天国ではまった価値がないことを私は感じました。この経験を通して、私のミニストリーの仕方が変えられました。何が主に喜ばれることであるか、何が永遠の世界で価値があるのかが、分かったからです。」終わり


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-12-09 10:37 | 柚実子からのハワイ便り
<< 「私に心を合わせて私の臨在を待... 恵みを受けた者の軍隊 ダニー... >>