備えなさい!  リック・ジョイナー   2007年12月27日

備えなさい!

リック・ジョイナー

Y2K(2000年問題)を覚えておられますか? ほとんどの人は忘れてしまいたいと思っているでしょうし、それも無理からぬことです。多くのクリスチャンや預言者の友人たちは、世界の終わりかと思われるような事態が発生すると予測しましたが、実際は何事も起こりませんでした。他の人たちが予測したような災難は起こらないと言っていたのは、しばらくの間は私だけでした。

非常に興味のあることには、私が何か間違ったことをしたときよりもY2Kに関して正しかったときのほうが、私に対する批判は激しかったのです。私がその時に他のことも言ったのですが、そのことに関しても私は正しかったのです。それは、Y2Kのための備えはY2Kのためには必要ではないけれども、これからやってくる災難のためにそれらの物資を蓄えて置きなさい、と私が言ったことです。

鳥インフルエンザのことを覚えていますか? 多くの人はそれはもう去ってしまったことだと思っています。しかし、実はその反対なのです。予測されたとおりに、鳥インフルエンザは世界的疫病として今も容赦なく進行しています。各国の政府は、あまり早く警告を発しないようにと慎重な態度をとっています。というのは、何かに対する警告を出してもそれがすぐには起こらないと、人々はだれてしまうのです。ですから政府は警告を発するタイミングを見計らっているのであり、それは確かに正しい判断です。しかしながら、警告が発せられるときには、すべてのことを準備をするには遅すぎるかも知れません。

霊的権威を勝ち取ったすべての場所でこの疫病を止める霊的権威をクリスチャンが持っているのは確かに本当です。しかしながら、私たちがどれだけ王なる主に服従し、主につながっているかという度合いによって、私たちの真の霊的権威は決まります。そしてその点において十分だというクリスチャンはあまりいません。世界の科学者たちは、今度の鳥インフルエンザは黙示録に書かれている人類の三分の一がそれによって滅びる疫病のようであると言っています。もしこの疫病が聖書に書かれているものならば、私たちがそれを止めることは不可能ですが、自分や自分の子供たちをその死から守ることはできます。もし神の民が曲がったことを捨て主に立ち返るならば、この疫病が自分たちの家の近くに来るのを阻止することができますし、神を信じない近所の人たちをも多分守ることができるかもしれません。それによって彼らは死から救われるとともに、魂の救いも得ることになるでしょう。

急げ、そして待て!

事に備えての実際的な準備がありますが、まず最初にどうしてこんなにも一見矛盾したことが多く起こっているのかを考えて見たいと思います。
ブートキャンプや歩兵訓練の中で、ある命令を受けたあとすぐにそれとは正反対の矛盾する命令を出されるということがよくあります。それは命令を受けたときは何も質問をしないで言われたとおりに従うことを、私たちが学ぶためです。というのは、自分の命だけでなく同じ隊にいる人々の命は、自分が命令に瞬時に従うかどうかに左右されることが往々にしてあるからです。状況が危機的であればあるほど、リーダーがその命令の説明をする時間はほとんどありません。私
たちはこれと同じ訓練を受けているのであって、それはいのちを救うためなのです。

アメリカ南部が巨大な嵐によって叩きのめされたあと、私たちは次の嵐のための備えをしました。すると旱魃がきました。嵐のために準備したもので旱魃のために使えるものは多くはありませんでしたが、いくらかは役に立ちました。ですから、ハリケーンや旱魃の救援の時に私たちが学んだことを無視するのは間違いでしょう。

同じように、西海岸の山火事や土砂崩れから私たちが学べることは、すべて学ばねばなりません。土砂崩れは山火事とは反対の問題のように見えますが、実はそれは山火事の結果なのです。木は地面に根をはって、雨が降っても地面が崩れないようにしているのですが、山火事によってその木が燃やされてしまい、土砂崩れの恐れがでてきます。ですから、この二つの災害は関係があるのです。

最大の収穫?

これからの最大の宣教活動の一つは、災害救助でしょう。ハリケーン・カテリーナの大災害が起こったときの教会の援助態勢はすばらしいものでした。政府や報道機関はすべて、このときの教会の対応や援助が非常に円滑に行われたことを報道しました。私たちは政府よりうまくやれるのです。私たちは暗闇の中の光となるためにこの地上にいるのです。神を愛することが第一ですが、その次には隣人を愛することがクリスチャンの主な仕事内容なのです。災害にあって苦しんでいる隣人を助けることは、その愛を示すべき機会の最たるものです。

私たちは聖霊に満たされていると言いますが、その聖霊は助け主です。助け手としての仕事は、教会の芝生を刈ったり食事会のあとでお皿を洗ったりするだけではなく、溺れている人が「助けて!」と叫んでいるときに駆けつけるということです。このミニストリーは基本的なものであり、すべてのクリスチャンが召されているミニストリーです。私たちの内に聖霊という助け主をいただいている理由の一つはそれなのです。

最近私たちは災害に対処するための訓練のクラスを開きました。訓練の一つは、災害が起こったときに、どのように避難所を設置するかというもので、必需品(食料、医薬品、排泄物の処理施設、ベッド)をどのように調達するかという学びも組み込まれていました。学びのあと、クラスの人たちはいくつかのチームに分けられ、それぞれが避難所を計画、設置しました。これはチームの団結に役立ち、とても楽しい作業でした。次にいろいろな特殊な状況が設定され、それぞれのチームに課題として与えられました。チームはそれにどのように対応するかを決定せねばなりませんでしたが、それは大変難しいことでした。

課題を与えられたら、すばやく対処の方法を考え出さねばならないのです。例えば、長い刃物を持った男が入ってきた、麻薬を売りに来た者がいる、性的犯罪者が入ってきた、停電になった、トイレがあふれた、英語の分からない家族が来た、盲導犬を亡くした盲人が来た、耳の不自由な人が来た、というような課題でした。そして最後にもっと大変な課題が与えられました!それは、鳥インフルエンザが避難所の中で発生したらどうするか、というものでした!

大切なことは、すべての人が頭を使い、すばやく応答し、良いアイディアを考え、いろいろな問題に面したときに率先して対応するということです。避難所においてそのような人が采配を振るわないと、その避難所はハリケーン・カテリーナの時に避難所となったスーパードームのように、大混乱に陥ってしまいます。

「自分は聖霊をいただいているから、どんな災害があっても聖霊がすべて必要なものを与えてくださるから大丈夫」と思っているクリスチャンが多くいます。聖霊を信じることは良いことであり、大切なことです。しかし、このような態度をとっている人の中で、日々の生活で聖霊に十分従っている人はあまりいませんし、災害の最中の混乱と騒乱の中でそれができるとは思えません。これに関して聖書に書かれています。 詩篇32:6です。「あなたの慈しみに生きる人は皆/あなたを見いだしうる間にあなたに祈ります。大水が溢れ流れるときにも/その人に及ぶことは決してありません。」(詩篇32:6、新共同訳)

要するに、嵐が来たら家を岩の上に建てようと考えて待っていてはいけないということです。それでは遅すぎるのです。災害のためのこの実際的な訓練をするようにと、聖霊が私たちに語られた理由はそこにあります。
私もこの訓練のクラスにできる限り出席しましたが、この訓練はすべての牧師だけではなく、すべてのクリスチャンが受けるべきだと強く感じました。

以上のことは事実なのですが、しかし、よく訓練を受けた人も聖霊に聞き従うことが必要です。そして奇跡が必要です。実際的な訓練を受けることと聖霊に従うことは、相容れないことではなく、両方とも必要不可欠なことです。訓練を受けた者こそが、落ち着いて聖霊に聞くことができる者になるでしょう。カテリーナの災害援助活動の中で、私たちモーニングスター・ミニストリーが犯した最大の間違いは、あまりにも人々の実質的な必要を満たすことに心を奪われて、彼らの霊的な必要の多くを無視してしまったことです。確かに、多くの人が主に出会い、多くが癒され、多くが霊的助けを得ましたが、本来はそれよりもっと多くそのようなことが起こるべきだったのです。私たちは二度とそのような間違いを犯さないようにと心に決めました。ですから、今私たちが実際的な面の準備ばかりをしているのではないか、と不審に思っている人たちの気持ちもわかるのです。しかしながら、私たちはこのような災害の現場を何度か経験したので、物質的、実際的な準備はしてもしすぎるということはないと思うのです。ただ、霊的な準備とミニストリーに今までより重きを置く必要があるということです。

災害対策の訓練目的は、災害の場にどのようにして秩序をもたらすかということですが、実際には、秩序のない混乱状態の中でどのように対処するか、ということが求められるのであり、そこでは聖霊がもっともその御力を発揮されるのです。聖霊がはじめに地の面を動いていたとき、そこは混沌としていました。そこに何というすばらしい創造がもたらされたことでしょうか! これから様々な災害が来て混沌が起こるときに、私たちは聖霊のもっとも輝かしい御業を見ることになるでしょう。災害の時を私たちが通らねばならない、というのではなく、通ることができるのです!

私たちが一生懸命準備をしても、訓練によってできることには限りがあることを私たちは十分承知しています。そうではあっても、あまり訓練を受けていない人が誠意をもって助けにきても、十分の訓練、準備の出来た人のただ重荷になってしまうことも私たちは学んだのです。ですから私たちは、示された出来るだけの訓練を受け、あとは主に信頼するのです。この二つは両方とも大切であり両立します。

それでは何をすればいいのか?

すべてのクリスチャンは3ヶ月から半年分の食料、水、医薬品を常に蓄えるべきです。それを順に使い、新しいものを補充します。鳥インフルエンザが発生すれば、すべての交通機関がたちまち停止することが予想されます。食料品マーケットは普通、顧客のために3日間分の食料を蓄えているだけです。いざとなると人々が店に押しかけ、数時間でなくなるでしょう。ですから今準備をしてください。そしていつも備えていてください。この事態は今すぐにでも起こりうるものであり、あまり予告なしにやって来ます。もし起こったら、ではなく、いつ起こるか、ということなのです。

ほとんどのクリスチャンはすでに悪の道を離れて主に戻ったと思いますので、自分の家族や隣人をしっかりと立って守ることができるでしょう。モーセがアロンに、陣営の中に入って香炉で疫病を止めるようにと言ったとすれば、祈りととりなしによって(香はその型です)疫病を勿論止められるはずです。これこそ私たちが「更にまさった契約」を持っている理由です。私たちはただの型や影ではなく、実際のものを持っているのです。

あなたが実質的な備え、食料や水、医薬品その他を備蓄するときに、それと同時にそれぞれに呼応する霊的なものの備えも考えてください。まず出来るだけ主の御言葉を心に蓄えねばなりません。しかし、この世界的疫病が起こるときは、人々は家から出ないようにといわれます。夜間外出禁止令が布かれ、それは武力ももって強行されるでしょう。テレビの放送も多分なくなるでしょうし、音楽を聴くにも停電になってしまうでしょう。ですから、読書をする時間が沢山できます。3ヶ月ほど家族や主だけと共に過ごしたならば、私たちは地上で一番強いクリスチャンとなり、強い絆で結ばれた家族となってこの世に現れるというヴィジョンを持ってもいいのではないでしょうか!

3ヶ月分の備蓄があれば、余るくらいだと思います。しかし、すべての社会機構がもとに戻るには時間がかかるでしょう。ですから、用意をしなかった人たちにも分け与えることができるように、6ヶ月分を備蓄するようにとお勧めします。また、隣人にあげるための聖書やよいキリスト教の本を用意しようと私は考えています。

多分あなたは今とても心地のよい暖かい家でこれを読んでおられると思いますし、このような事態が起こることなど、全く現実的ではないと思われるかもしれません。しかし、世界規模の疫病は以前にもありましたし、これからも起こるのです。今年ではないかもしれません。私は今まで何年も、主のからだなる教会が備えをする時間をください、と主に祈ってきました。しかし、その時はやがてやってきますし、そしてあまり遠いことではないのです。ちょっと考えてみてください。もしあなたが備えをしたのにそれが起こらなかったら、どのくらい損をしますか?時間をすこしだけ損したかもしれません。でももしあなたが備えをしていないのにそれが起こったら、あなたは自分や愛する者たちの命を失うことになるかもしれません。

Y2Kに関して私の予測は正しかったですし、今回のことも私は正しいのです。現在毎週のように私たちを襲ってきている自然災害は、私たちを目覚めさせ備えさせるための主からの恵みです。一番重要な備えは、主に立ち返り、悪の道から離れることです。もしそうするならば、すべてはずっとたやすくなるでしょう。

第一テサロニケ5:4-9「しかし、兄弟たち、あなたがたは暗闇の中にいるのではありません。ですから、主の日が、盗人のように突然あなたがたを襲うことはないのです。 あなたがたはすべて光の子、昼の子だからです。わたしたちは、夜にも暗闇にも属していません。従って、ほかの人々のように眠っていないで、目を覚まし、身を慎んでいましょう。 眠る者は夜眠り、酒に酔う者は夜酔います。しかし、わたしたちは昼に属していますから、信仰と愛を胸当てとして着け、救いの希望を兜としてかぶり、身を慎んでいましょう。神は、わたしたちを怒りに定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによる救いにあずからせるように定められたのです。」(新共同訳)(終わり)


トップに戻る
[PR]
by walkwithgod | 2007-12-27 05:46 | アメリカからのメッセージ
<< 2008年は光の年  パトリシ... クリスマスに際して   坂 達... >>