鳥インフルエンザについて  坂 達也  2008年1月12日

鳥インフルエンザについて

 昨年12月27日に「アメリカの使徒的・預言的な人たちからのメッセージ」で紹介したリック・ジョイナー師の「備えなさい」というメッセージは、元々「The Judge is comingさばき主がやって来る」という題名の文章の後半だけを訳したものでした。なぜそうしたかと言いますと、前半は主にアメリカに関する内容であったからです。

それは主に昨年秋、アメリカの東南部を襲った旱魃に関するものでしたが、この災害はそれ以前に大きな被害をもたらしたカタリーナ台風(ハリケーン)と同じ地域に起りました。カタリーナ以後、人々はもっぱら水害への対策をしていたところに予想に反して逆の気象現象である「パーフェクトな美しい天気」によって旱魃が襲ったのです。そればかりではなく、アメリカはこの数年来、水害、旱害、竜巻という気象異常による天災と共に各地に地震、山火事による大きな被害が起っていることをジョイナー師は指摘し、その意味について言及したものでありました。師は、この一連の異常気象がもたらした被害はアメリカに対する主からの重要な警告を意味するものであり、アメリカに対して主は「罪に目覚めて悔い改める」ことを要求していると言われます。みことばによれば、洪水以外の雨は主からの祝福であり、旱魃こそがのろいであると師は指摘します。

今のアメリカの教会はちょうどヨナのようであると言います。「神はアメリカの教会に対して明らかになすべき仕事を指示しておられるにもかかわらず、アメリカのクリスチャンは主の言われることを行おうとせず、自分のしたいことをしている。嵐はアメリカと言う船を異教徒(未信者の意味で)が多いから襲おうとしているのではなく、その船にいる預言者の目を覚まそうとしているのである。実際に異教徒たちが、嵐の中で寝ているヨナを起してあなたの神に祈れと懇願したように、間もなくアメリカの異教徒たちが教会にもっと祈って何とかせよと言う時が来る。ヨナの話の最後でいやいや連れて来られたヨナが伝えた神のメッセージによってニネべの最も悪い異教徒たちが悔い改めたように、アメリカの教会こそが目を覚まして真の神からのメッセージを伝えるときに、それまでどうしても聞く耳のなかった未信者たちが神に立ち返るであろう。…誰もトラブルが起きると言うネガティブな預言をすることを好まない。しかし、神が警告を発しているときに霊の目と霊の耳をもってそれに呼応し準備する人だけが災害を免れることが出来るのである。」と師は述べています。

そして師は、へブル12:5-7「そして、あなたがたに向かって子どもに対するように語られたこの勧めを忘れています。『わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。主に責められて弱り果ててはならない。 主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。』 訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。」を引用して、主が災害と言う形で「さばき」の警告を与えるのは、子を愛しているからであり、滅ぼそうとしているのではないことを強調しています。


さて、私たち夫婦はこのジョイナー師が「Y2Kに関して私の予測は正しかったですし、今回のこと(鳥インフルエンザに対する予測)も私は正しいのです。」(師の12月27日のメッセージの最後の方で言われた)とはっきり言い切る「警告の預言」を100%信仰で受け取りました。そして今、家内は少なくとも三ヶ月分の食料を備蓄する買い物を始めております。
私も実は、今書いているメッセージを正月早々に載せる積りで用意し始めていたのですが、まさか新春早々からこのようなメッセージをお伝えすることに気が引けましたので1-2週間待つ考えでおりました。しかし私が危ぶんだような事態が既に起っていることをお伝えせざるを得ない状態になりましたので、もうお気付きの方も多いと思いますが下記の日本の新聞のニュースを念のためお伝えしたいと思います。

XXXXXXXXXXXXX

鳥インフルエンザ、日本で64万人死亡(の可能性)も 
中国で人に感染

(1月11日21時35分配信 産経新聞)

 中国で10日、鳥インフルエンザの人から人への感染例が初めて確認されたが、このウイルスが人に移りやすく突然変異して「新型インフルエンザ」として上陸したら、どうなるのか。日本では64万人が死亡し、経済的にも損害が約20兆円に達すると未曾有の被害が予想されている。一部企業は極秘で対策を進めているが、欧米系企業と比べ、大半はまだ危機管理の意識が薄いようだ。(津川綾子)
 鳥インフルエンザが人から人に感染し死者が出たのは、これまで東南アジアを中心に数例報じられていた。中国衛生省が10日、南京市の男性が、鳥インフルエンザ(H5N1)に感染・死亡した息子から感染したと発表。専門家の間では鳥インフルエンザが人に感染しやすく変異した「新型」の発生が時間の問題といわれており、日本上陸も現実味を帯びてきている。
 実は、日本でも最悪のケースを想定して、シミュレーションがされている。
 《1人のビジネスマン(東京在住)が海外出張先で鳥インフルエンザの「新型」に感染して帰国。だが、感染に気づかず電車で会社に通勤した場合、帰国から10日目には首都圏で22万4000人が感染。京阪神にも飛び火し、2万4000人が感染する》
 国立感染症研究所はこのように、人に免疫がない「新型」がまたたく間に全国へと広がると予測。厚生労働省は国内で1人の発生から2500万人が感染して病院に行き、約2カ月で64万人が死亡すると推計している。
 外資系企業では、従業員対策として、「住友スリーエム」(東京)が社員約3000人に1人10枚ずつ、高機能なマスクを備蓄、ファイザー(東京)は社内マニュアルで従業員の20%が感染して欠勤した部署は部員全員を休ませるなどの方針を定めるなど、具体的に進めているところが多い。
 これに対し、日本企業は、顧客への対策を含めて、「予期せぬインフルエンザには何もしていない」(在阪の電鉄会社)、「地震などの災害マニュアルでなんとかする」(全国展開の大手スーパー)と危機意識に乏しい例が目立つ。
 「大幸薬品」(大阪)が平成19年11月、社内マニュアルを作成、「新型」の感染者が出たら、来訪者の立ち入り場所を制限し、来客用のマスクを用意するなどを規定しているが、こうしたケースはまだ少数派といえる。
 このように各企業などで対策が不十分だと、経済的に麻痺(まひ)し、「大流行すれば消費が落ち込むなどして約20兆円の損失が生じる」(第一生命経済研究所)という試算もある。
 「流行すれば社員がかかるだけでなく、流通や原料の調達も難しくなる。業務を続け、経済活動を滞らせないためにも、企業は前もって対策を立てることが重要」と国立感染症研究所・感染症情報センター第一室長の谷口清州さんは呼びかけている。

XXXXXXXXXXXXX

さて、以上のニュースの他、参考までに少し古いのですが、「鳥感染症/爆発的拡大に警戒強めよ」と言う記事が2006/03/23の神戸新聞に載っていたものを下記にご紹介したいと思います。


 毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザによる死者が、世界で百人を超えた。
 問題になっている「H5N1型」と呼ばれるタイプのウイルスが最初に見つかったのはアジアだが、昨年夏にロシアに飛び火して以来、欧州、中東へ拡大し、アフリカ大陸に達した。今月に入り、アフリカ初の死者がエジプトで確認された。
 世界保健機関(WHO)によると、死者は八カ国で百三人に上っている。
 鳥から人への感染にとどまり、爆発的な大流行を招く「人から人へ」の感染例は確認されていない。だが、WHOは危険性が高まっているとみており、油断できない。
 WHOが特に注目するのは、アフリカでの感染が急速に広がっている点だ。ナイジェリア、ニジェール、エジプトに続き、カメルーンでも見つかっている。
 アフリカ諸国はエイズやマラリヤなどの感染症対策に苦しみ、検疫や医療体制も十分とはいえない。食糧事情も芳しくない。
 そうした中で、封じ込めの柱となる、ウイルスに感染した鶏の「早期発見と処分」が期待できるのか、大きな不安がある。抗ウイルス薬の備蓄がほとんどないことも、心配される点だ。
 鳥インフルエンザは、渡り鳥の飛来ルートに沿って拡大し続けており、アフリカでは広範囲にウイルスの汚染が進行しているのではないか。そんな懸念も深まる。
 これらが杞(き)憂(ゆう)でないとすれば、鶏や人への感染が確認されて初めて対処するというやり方では、手遅れになりかねない。WHOは先進国と協力し、専門家チームを現地に派遣するなどして鶏の汚染情報の収集や人への感染調査に当たるべきだろう。
 鳥インフルエンザ対策で重要なのは「早期発見と拡大阻止」である。渡り鳥が飛来する、すべての国に当てはまることだ。
 経済協力開発機構(OECD)は世界経済の先行き懸念材料として、テロと鳥インフルエンザの流行を挙げている。鳥インフルエンザは、目に見えないだけ、より厄介な存在といえるだろう。
 早期発見は依然、大きな課題である。発生を早くキャッチする仕組みや発生してからの対応能力強化について、各国は以前にも増して踏み込んだ対策が求められる。
 足元の点検も欠かせない。政府と地方自治体が進める予防薬の備蓄について、費用対効果を疑問視する声もなくはないが、相手は未知のウイルスであり、必要量は確保しておかねばならない。
 「感染爆発」を前提にした対策は、人類共通の課題と認識すべきである。

XXXXXXXXXXXX

 以上、私が申しあげるまでもなく、既にこの事実に気が着かれ、充分にその準備と祈りの体制に入られた方々も多いと思いますが、念のためこの一文を新年の最初のメッセージとして乗せさせていただきます。ぜひお祈り下さい。(終わり)


トップへ戻る


 昨年12月27日に「アメリカの使徒的・預言的な人たちからのメッセージ」で紹介したリック・ジョイナー師の「備えなさい」というメッセージは、元々「The Judge is comingさばき主がやって来る」という題名の文章の後半だけを訳したものでした。なぜそうしたかと言いますと、前半は主にアメリカに関する内容であったからです。
それは主に昨年秋、アメリカの東南部を襲った旱魃に関するものでしたが、この災害はそれ以前に大きな被害をもたらしたカタリーナ台風(ハリケーン)と同じ地域に起りました。カタリーナ以後、人々はもっぱら水害への対策をしていたところに予想に反して逆の気象現象である「パーフェクトな美しい天気」によって旱魃が襲ったのです。そればかりではなく、アメリカはこの数年来、水害、旱害、竜巻という気象異常による天災と共に各地に地震、山火事による大きな被害が起っていることをジョイナー師は指摘し、その意味について言及したものでありました。師は、この一連の異常気象がもたらした被害はアメリカに対する主からの重要な警告を意味するものであり、アメリカに対して主は「罪に目覚めて悔い改める」ことを要求していると言われます。みことばによれば、洪水以外の雨は主からの祝福であり、旱魃こそがのろいであると師は指摘します。

今のアメリカの教会はちょうどヨナのようであると言います。「神はアメリカの教会に対して明らかになすべき仕事を指示しておられるにもかかわらず、アメリカのクリスチャンは主の言われることを行おうとせず、自分のしたいことをしている。嵐はアメリカと言う船を異教徒(未信者の意味で)が多いから襲おうとしているのではなく、その船にいる預言者の目を覚まそうとしているのである。実際に異教徒たちが、嵐の中で寝ているヨナを起してあなたの神に祈れと懇願したように、間もなくアメリカの異教徒たちが教会にもっと祈って何とかせよと言う時が来る。ヨナの話の最後でいやいや連れて来られたヨナが伝えた神のメッセージによってニネべの最も悪い異教徒たちが悔い改めたように、アメリカの教会こそが目を覚まして真の神からのメッセージを伝えるときに、それまでどうしても聞く耳のなかった未信者たちが神に立ち返るであろう。…誰もトラブルが起きると言うネガティブな預言をすることを好まない。しかし、神が警告を発しているときに霊の目と霊の耳をもってそれに呼応し準備する人だけが災害を免れることが出来るのである。」と師は述べています。

そして師は、へブル12:5-7「そして、あなたがたに向かって子どもに対するように語られたこの勧めを忘れています。『わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。主に責められて弱り果ててはならない。 主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。』 訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。」を引用して、主が災害と言う形で「さばき」の警告を与えるのは、子を愛しているからであり、滅ぼそうとしているのではないことを強調しています。


さて、私たち夫婦はこのジョイナー師が「Y2Kに関して私の予測は正しかったですし、今回のこと(鳥インフルエンザに対する予測)も私は正しいのです。」(師の12月27日のメッセージの最後の方で言われた)とはっきり言い切る「警告の預言」を100%信仰で受け取りました。そして今、家内は少なくとも三ヶ月分の食料を備蓄する買い物を始めております。
私も実は、今書いているメッセージを正月早々に載せる積りで用意し始めていたのですが、まさか新春早々からこのようなメッセージをお伝えすることに気が引けましたので1-2週間待つ考えでおりました。しかし私が危ぶんだような事態が既に起っていることをお伝えせざるを得ない状態になりましたので、もうお気付きの方も多いと思いますが下記の日本の新聞のニュースを念のためお伝えしたいと思います。

XXXXXXXXXXXXX

鳥インフルエンザ、日本で64万人死亡(の可能性)も 
中国で人に感染
(1月11日21時35分配信 産経新聞)

 中国で10日、鳥インフルエンザの人から人への感染例が初めて確認されたが、このウイルスが人に移りやすく突然変異して「新型インフルエンザ」として上陸したら、どうなるのか。日本では64万人が死亡し、経済的にも損害が約20兆円に達すると未曾有の被害が予想されている。一部企業は極秘で対策を進めているが、欧米系企業と比べ、大半はまだ危機管理の意識が薄いようだ。(津川綾子)
 鳥インフルエンザが人から人に感染し死者が出たのは、これまで東南アジアを中心に数例報じられていた。中国衛生省が10日、南京市の男性が、鳥インフルエンザ(H5N1)に感染・死亡した息子から感染したと発表。専門家の間では鳥インフルエンザが人に感染しやすく変異した「新型」の発生が時間の問題といわれており、日本上陸も現実味を帯びてきている。
 実は、日本でも最悪のケースを想定して、シミュレーションがされている。
 《1人のビジネスマン(東京在住)が海外出張先で鳥インフルエンザの「新型」に感染して帰国。だが、感染に気づかず電車で会社に通勤した場合、帰国から10日目には首都圏で22万4000人が感染。京阪神にも飛び火し、2万4000人が感染する》
 国立感染症研究所はこのように、人に免疫がない「新型」がまたたく間に全国へと広がると予測。厚生労働省は国内で1人の発生から2500万人が感染して病院に行き、約2カ月で64万人が死亡すると推計している。
 外資系企業では、従業員対策として、「住友スリーエム」(東京)が社員約3000人に1人10枚ずつ、高機能なマスクを備蓄、ファイザー(東京)は社内マニュアルで従業員の20%が感染して欠勤した部署は部員全員を休ませるなどの方針を定めるなど、具体的に進めているところが多い。
 これに対し、日本企業は、顧客への対策を含めて、「予期せぬインフルエンザには何もしていない」(在阪の電鉄会社)、「地震などの災害マニュアルでなんとかする」(全国展開の大手スーパー)と危機意識に乏しい例が目立つ。
 「大幸薬品」(大阪)が平成19年11月、社内マニュアルを作成、「新型」の感染者が出たら、来訪者の立ち入り場所を制限し、来客用のマスクを用意するなどを規定しているが、こうしたケースはまだ少数派といえる。
 このように各企業などで対策が不十分だと、経済的に麻痺(まひ)し、「大流行すれば消費が落ち込むなどして約20兆円の損失が生じる」(第一生命経済研究所)という試算もある。
 「流行すれば社員がかかるだけでなく、流通や原料の調達も難しくなる。業務を続け、経済活動を滞らせないためにも、企業は前もって対策を立てることが重要」と国立感染症研究所・感染症情報センター第一室長の谷口清州さんは呼びかけている。

XXXXXXXXXXXXX

さて、以上のニュースの他、参考までに少し古いのですが、「鳥感染症/爆発的拡大に警戒強めよ」と言う記事が2006/03/23の神戸新聞に載っていたものを下記にご紹介したいと思います。

 毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザによる死者が、世界で百人を超えた。
 問題になっている「H5N1型」と呼ばれるタイプのウイルスが最初に見つかったのはアジアだが、昨年夏にロシアに飛び火して以来、欧州、中東へ拡大し、アフリカ大陸に達した。今月に入り、アフリカ初の死者がエジプトで確認された。
 世界保健機関(WHO)によると、死者は八カ国で百三人に上っている。
 鳥から人への感染にとどまり、爆発的な大流行を招く「人から人へ」の感染例は確認されていない。だが、WHOは危険性が高まっているとみており、油断できない。
 WHOが特に注目するのは、アフリカでの感染が急速に広がっている点だ。ナイジェリア、ニジェール、エジプトに続き、カメルーンでも見つかっている。
 アフリカ諸国はエイズやマラリヤなどの感染症対策に苦しみ、検疫や医療体制も十分とはいえない。食糧事情も芳しくない。
 そうした中で、封じ込めの柱となる、ウイルスに感染した鶏の「早期発見と処分」が期待できるのか、大きな不安がある。抗ウイルス薬の備蓄がほとんどないことも、心配される点だ。
 鳥インフルエンザは、渡り鳥の飛来ルートに沿って拡大し続けており、アフリカでは広範囲にウイルスの汚染が進行しているのではないか。そんな懸念も深まる。
 これらが杞(き)憂(ゆう)でないとすれば、鶏や人への感染が確認されて初めて対処するというやり方では、手遅れになりかねない。WHOは先進国と協力し、専門家チームを現地に派遣するなどして鶏の汚染情報の収集や人への感染調査に当たるべきだろう。
 鳥インフルエンザ対策で重要なのは「早期発見と拡大阻止」である。渡り鳥が飛来する、すべての国に当てはまることだ。
 経済協力開発機構(OECD)は世界経済の先行き懸念材料として、テロと鳥インフルエンザの流行を挙げている。鳥インフルエンザは、目に見えないだけ、より厄介な存在といえるだろう。
 早期発見は依然、大きな課題である。発生を早くキャッチする仕組みや発生してからの対応能力強化について、各国は以前にも増して踏み込んだ対策が求められる。
 足元の点検も欠かせない。政府と地方自治体が進める予防薬の備蓄について、費用対効果を疑問視する声もなくはないが、相手は未知のウイルスであり、必要量は確保しておかねばならない。
 「感染爆発」を前提にした対策は、人類共通の課題と認識すべきである。

XXXXXXXXXXXX

 以上、私が申しあげるまでもなく、既にこの事実に気が着かれ、充分にその準備と祈りの体制に入られた方々も多いと思いますが、念のためこの一文を新年の最初のメッセージとして乗せさせていただきます。ぜひお祈り下さい。(終わり)
[PR]
by walkwithgod | 2008-01-12 08:00 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 2008年は信仰の門に入る年 ... 居心地の良さを求める権利を放棄... >>