世の終わりに良い麦と毒麦が分けられる 坂 達也 2月24日

世の終わりに良い麦と毒麦が分けられる


1コリント4:5「だから、主がこられるまでは、何事についても、先走りをしてさばいてはいけない。主は暗い中に隠れていることを明るみに出し、心の中で企てられていることを、あらわにされるであろう。その時には、神からそれぞれほまれを受けるであろう。」

 最近、私の最初の本である「主を見つめて待つ」の在庫がいよいよ底をついたので、この本の増版を準備することを思わされております。その際に本文で何か変更する部分があるかどうかを調べる意味もあって、もう一度久し振りに読み返してみました。

 そして、一つだけ気になったことがありました。それは三章の「天の御国」で、マタイ13:3-9に出てくる「種蒔きの話」を引用し、「神を信じると告白した人には四つのタイプがあること」を紹介しました。それに続いて、次の「良い麦と毒麦」という副題の中で、別のたとえ話である毒麦(マタイ13:25-30)のたとえにおいて、上記の四つのタイプのうちどれが当てはまるのかを考えてみました。そして最初の三つ、すなわち、「道端に蒔かれる=一旦は信じるが、直ぐ悪魔が来てその種が取り去られる人」「岩地に落ちた=聞いてすぐ信じ喜ぶが、困難や迫害が起るとつまずく人」「いばらの中に落ちた=確かに信じるがこの世のことや富に気を取られ、真の霊の実が結ばない人」がそれに相当する毒麦ではないかという疑問を投げ掛け、とどのつまり、良い麦とは四番目のタイプの人「良い地に落ちた=信じて霊的に悟り、三十、六十、百倍に霊的成長の実を得る人」だけであるという提案をしました。

 今回読み返してみて、私は、これは少々言い過ぎであったかもしれないという疑念に駆られたのです。そして、言い方をやわらかくする、つまりもっと“あいまい”にした方が良い、そのためにはどのように変えるか、その下書きまで書いてみたのですが、同時にこの本は私が書いた本であっても私が書いた本ではない、聖霊様が私を通して書かれたのである以上、聖霊様に聞く必要があることに気がつかされました。そして祈りました。

 その結果、約二週間後に主は次のような答えをクリスティーン・ビーズウォースという方のメッセージを通して下さったので、それをお分かちさせていただきたいと思います。

 ビーズウォースさんは、これから終末に向かって毒麦が良麦から分けられると同じように、闇が光から、偽物が本物から分けられる時代に入っていると言います。これは聖書を通しての神のご計画であり、その型は旧約聖書に見ることができると指摘します。
 
その一つはルツ記に出てくるモアブの女ルツとオルパという二人の嫁の対比です。夫と共にききんのためベツレヘムからモアブに移って来たナオミは、夫に死に別れた後に二人の息子がそれぞれモアブ人の娘を嫁に迎え10年を過ごしましたが、やがてその二人の息子も死んで、未亡人が三人残されました。そこでナオミはユダの地に帰る決心をし、二人の嫁にモアブの母親のところに戻るように強く勧めたところ、オルパはやっと泣き泣きナオミの言うことに同意して去って行きました。しかし、ルツはどうしても姑の後をついて行くといって聞きません。その時ナオミはルツに「ご覧なさい。あなたの弟嫁は、自分の民とその神のところへ帰って行きました。あなたも弟嫁にならって帰りなさい。」(ルツ記1:15)

 これに対してルツは「あなたを捨て、あなたから別れて帰るように、私にしむけないでください。あなたの行かれる所へ私も行き、あなたの住まれる所に私も住みます。あなたの民は私の民、あなたの神は私の神です。あなたの死なれる所で私は死に、そこに葬られたいのです。もし死によっても私があなたから離れるようなことがあったら、主が幾重にも私を罰してくださるように。」(16,17節)と答えました。

 なるほど、この異邦人の女である二人はユダヤ人と結婚して10年間本当の神を知り、言ってみればクリスチャンになったと言う事が出来ます。(私たちの立場と似ています。)しかし、事変が起きた時に、真の神を信じる者としてその神のいる国(御国)に留まるか、元の異邦人(この世)の神に戻るか、この二人はそれぞれ10年間の信仰の試練を受けた後に、その真の本心があらわにされたのでした。神は秘めた心の奥を見ておられ、神に懸命にしがみつく人のみが最後に御国に入ることが暗示されています。

 主は十二人の弟子たちにも聞かれました。「あなたがたも離れて行きたいか」 シモン・ペトロがそれに答えて「主よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。あなたこそ神の聖者であると、わたしたちは信じ、また知っています。」と言ったことが思い起こされます。(ヨハネ6:67-69)
 
しかし、毒麦と良麦を分けることに関して、旧約聖書にはもっと厳粛な教訓を見ることが出来ます。その代表的なものはヨシュア記です。

ヨシュアに率いられたイスラエルの民は、ヨルダン川を渡って約束の地に入ることをゆるされた精鋭のクリスチャンばかりであったはずです。その約束の地にはカナン人、ヘテ人、ヒビ人等七つの屈強な異邦人が生存していました。彼らはその強敵を駆逐して自分の相続地を確立せねばなりませんでした。
 彼らが最初に勝ち取ったのはエリコでしたが、その時神は、この(異邦人の)町とその町の中のすべてのものを主のために聖絶するように命じ、イスラエルの民は聖絶のものに手を出すなと念を押しました。しかし、アカンが聖絶のものに手を出すという罪(この世に対する執着)を犯した結果、次の町アイで早くもイスラエル軍は敵に背を向けて逃亡するという屈辱を味わいました。
 そのアカンに制裁を加え、彼が盗んだものすべてを火で焼くことによって神の怒りは収まり、その後はイスラエルの民の前に主ご自身が闘われることによって異邦人を聖絶する作業は進められました。そしてイスラエルの部族にはそれぞれに安住の相続地が与えられました。

 しかし、ヨシュアはイスラエルの民の中に密かに先祖が川向こう、およびエジプトで仕えた神々を捨て切らないでいる者がいることを知っていたので、「もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうにいたあなたがたの先祖たちが仕えた神々でも、今あなたがたが住んでいる地のエモリ人の神々でも、あなたがたが仕えようと思うものを、どれでも、きょう選ぶがよい。私と私の家とは、主に仕える。」(ヨシュア24:15)ときびしく民に言い渡しました。

今、ヨシュアなる主イエスは、イスラエル軍なるクリスチャンの精鋭の中にもアカンのような「毒麦」が混生していることを指摘し、それを完全に聖絶することこそクリスチャンが約束の地を勝ち取るための「最後の戦い」であることを示されたのでした。ここにおいて、クリスチャンの心にいかなる「異物」も「偶像」もない、完全にこの世とその神である悪魔との関わりあいを断ち切らねばならないことが示されております。

しかし同時に、「主を捨ててほかの神々につかえるなど、絶対にそんなことはありません。」(16節)と言い張る民の心が、現在の多くの「誠実なクリスチャン」の心と似ていることに気がつきました。自分では相当立派なクリスチャンであると思っている人の心と生活態度の内面を掘り下げてみると、未だ完全に聖化されていない部分、あるいはこの世的に妥協している部分が多く残っていることを、主は知っておられます。

 そこでヨシュアは、再三に渡ってしつこく民を問い質した上で民に言いました。「あなたがたは主に仕えることはできないであろう。主は聖なる神であり、ねたむ神である。あなたがたのそむきも、罪も赦さないからである。もしあなたがたが主を捨てて、外国の神々に仕えるなら、あなたがたをしあわせにして後も、主はもう一度あなたがたにわざわいを下し、あなたがたを滅ぼし尽くす。」(19-20節)これは大変厳しい言葉です。

 しかし、それでも「いいえ。私たちは主に仕えます。」と民は言い続けました。そして最後に「私たちは私たちの神、主に仕え、主の御声に聞き従います。」(24節)と宣言した民に対してヨシュアは改めて神に忠誠を誓う契約を結んだと書かれています。(25節)

 残念ながらイスラエルの民はその後、ヨシュアが言った通りイスラエルの神にのみ忠誠を尽くし切ることは出来ませんでした。しかし、私たちはこのヨシュア記が終末の教会に向けて書かれた警告と教訓であることに早く気がつき、私たちが今こそ、聖なる良麦として成熟し終え、やがて来る主の「聖別」の時に充分にその実を示すことが出来るようになることを改めて決意することが主からのメッセージであると思いました。

天の御国とは良い麦と毒麦が混生して成長することを、主は敢えてゆるされておりますが、その目的は「わたしが聖であるから、あなたがたも、聖でなければならない。」にあると信じます。

 さて、上記の二つの旧約の御言葉から気がつかされた私は「主を見つめて待つ」の第三章はそのままでよいと言う主からのお言葉を受けたように思いました。確かに私の書き方がもう一つ完全ではないことに気がつかされましたが、書いた内容と趣旨そのものは、間違いなく主からのものであったことを再確認させていただいたように思います。

気がついてみますと、主はそのような未熟な器である私を用いて、不完全ながらも主のメッセージを書き記すように私を起用し、当時(四年前でしたが)この本を一気に一ヶ月で書き終えさせて下さったのは(それは私にとって本当に奇跡です)、総て主がされたことであったことを改めて思い起こさせて下さいました。本当に主から有り余る恵みをいただいていることを思い、心から主に感謝申し上げたいと思います。(終わり)
 
 最後に今朝(翌日)与えられた御言葉を追記します。
  「不信者と、つり合わないくびきを共にするな。義と不義となんの係わりがあるか。光とやみとなんの交わりがあるか。
   キリストとベリアルとなんの調和があるか。信仰と不信仰となんの関係があるか。
   神の宮と偶像となんの一致があるか。わたしたちは、生ける神の宮である。神がこう仰せになっている、/「わたしは彼らの間に住み、/かつ出入りをするであろう。そして、わたしは彼らの神となり、/彼らはわたしの民となるであろう」。
   だから、「彼らの間から出て行き、/彼らと分離せよ、と主は言われる。そして、汚れたものに触れてはならない。触れなければ、わたしはあなたがたを受けいれよう。
   そしてわたしは、あなたがたの父となり、/あなたがたは、/わたしのむすこ、むすめとなるであろう。全能の主が、こう言われる 愛する者たちよ。
   わたしたちは、このような約束を与えられているのだから、肉と霊とのいっさいの汚れから自分をきよめ、神をおそれて全く清くなろうではないか。」b> (2コリント6:14-18、7:1)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-02-24 14:22 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 主はいかに私たちを愛しておられ... 殉教者の祝福  ローレン・カニ... >>