預言的ワーシップ(1.)   ローレン・サンフォード   4月4日

預言的ワーシップ(1.)

ローレン・サンフォード

ワーシップはただ歌を歌えばいいというものでは決してありません。ワーシップとは、神と人間との間で行われる大きな取引とも言うべきもので、愛し合う両者の間で情熱的に愛と力を受け取ったり渡したりする(ギブ&テイクする)素晴らしい交歓です。今日のキリストのからだである教会の多くが、ワーシップをただ説教を聞くためのウォーム・アップに過ぎないかのように取り扱っているのはなんという悲劇でしょうか! 多くの教会が、全体の礼拝を一時間以内におさめたいので、長い説教の前に2つくらい歌を歌うだけでワーシップをしたことにしてしまっています。なんと勿体ないことでしょうか!

本来、ワーシップとは神の御前で個人的に主と交わるものであり、それだけで十分完全なものであり、そこにずっととどまり続け、味わいひたるものなのです。私は自分の説教の価値を低いとみなしたり、それをおろそかにすることは決してありませんが、実際に教会の中でワーシップがしめる位置は、少なくとも御ことばの説教と同じだけの重要さがあると信じます。事実、ワーシップは説教と同じほど考え方や思想を伝える力を持っているのです。

ワーシップには少なくとも二つのレベルがあります。一つのレベルは、神との親密な交わりの時であり、自分を捧げ主を崇めるものです。もう一つのワーシップのレベルは、力強い預言的なもので、人々の人生を変える力を持っているものです。実際のところ、私たちが今生きている時代は預言的な要素のあるワーシップを求めていると思います。本当の預言的ワーシップが教会に起こり、周りの社会にも強い影響を及ぼすスタイルで力あるワーシップがなされなければ、今のままでは社会を変革していくリバイバルは起こらないのではないかと思います。

第一歴代誌25:1「ダビデと将軍たちは、アサフとヘマンとエドトンの子らを奉仕のために取り分け、立琴と十弦の琴とシンバルをもって預言する者とした。…」

 ダビデと軍隊の将軍たちは、預言的ワーシップをさせるために、その能力のある人々を選び任務につかせました。 祭司ではなく、ダビデと軍隊の将軍たちが音楽に合わせて預言をする音楽家を任命したのです。軍隊の将軍たちが、何故ワーシップのための組織つくりに関与するのか、いぶかしく思われるのではないでしょうか。しかし彼らの考えていたワーシップは普通のものとは全く違いました。それは預言的ワーシップだったのです。
将軍たちがワーシップのために音楽家たちを任命したのは、明らかにそれを軍の戦略的行動として捕らえていたからです。それは戦争に勝利するためには不可欠なものでした。彼らは、肉の目で見える戦いと、霊的領域での目に見えない戦いとは実に同一の戦いであり、一つの戦いの両面であると考えていました。目に見える戦い、戦闘、攻撃は、単に霊的領域での真の戦いの反映に過ぎないと、彼らは信じていたに違いないのです。

もしこれが本当ならば、私たちも目に見える世界で戦いに勝つためには、まず霊の戦いを絶対にしなければならないことを理解する必要があります。戦いがどこでなされようとも、また、それが何のための戦いであろうとも、これが真理であるはずです。目に見える世界で何かを達成しようと思うならば、まず、それは霊の領域で祈りによって達成されねばならないのです。ダビデは敵を克服するためには、まず、霊的に敵を打ち負かす必要があることを知っており、そのために預言的ワーシップをする者たちを任命したのです。

もしあなたが主の用意してくださった新しい仕事を見つけたいならば、どうぞ探してください。しかし、それはすでに達成されたと霊で感じるまでワーシップをし、祈り通してからでなければなりません。主があなたに与えてくださる結婚相手をどうぞ見つけに出かけてください。しかし、実際に探し始めるのは、ワーシップと祈りによって霊で事を成し遂げ、あなたの行く道に邪魔物がなくなってからでなければなりません。神がすでに何かを成し遂げてくださったという平安をまず見つけて、それから神がしてくださったことを自分のものとするために出かけて行きなさい。

あなたは不正な雇い主と談判をする必要があるかもしれません。しかし、まず、霊的に何かがすでに達成されたとか、何かが動き始めたと感じて平安を得るまではワーシップし祈り通してください。あなたは神の御前で正しい安息の場所に行き着くでしょう。その安息と勝利の場所に行き着くことは、預言的ワーシップの一つの働きであり、 物事を霊の世界でリアルなものとし、目に見える世界でそれが実現するようにするのです。

ある人たちは毎日つらい環境で仕事をしています。そこではあまりやさしくない人やあまり正直でない人が権威のある地位についています。また、ある人たちは、結婚生活に問題があり葛藤しています。また、ある人たちは子供たちを非行から守るために毎日戦っています。また、ある人たちは、神が自分の町にリバイバルを起し教会の目を覚まし、人々を救ってくださるようにと願っています。

これらの状況はすべて戦いを意味しています。祈りは戦いに勝利するための一つの武器です。信仰に固く立つこと(エペソ6章)も大事なことの一つです。悪霊を叱責することは多分最も小さな仕事でしょう。しかし、今までで分かった(またこれからもそうだと思いますが)霊的戦いの最も効果的な形は預言的ワーシップなのです。私たちがまことのワーシップの中で主の栄光を称え、主が私たちを御臨在に引き寄せてくださるとき、誰も想像も出来ないほどの計り知れない力が流れ出します。そして、その中には敵は宿ることができません。 いかなる状況の中においても、又、どのような問題に面したとしても、主の民がそのとき主を礼拝し崇めることを心に定めるならば、それは戦いが実際に始まる前に敵の陣地に巡航ミサイルを撃ち込んで敵の力を砕くようなものです。それ故にダビデの軍隊は霊的な戦いに勝つためにワーシップをする礼拝者を任命し、勝利を得たのです。これはまさに戦略的な作戦でした。

私たちの人生に問題が起こり戦いが始まったときに、「教会に出かけてワーシップをするのをやめて家にいよう」と、私たちがまず衝動的に思うのは、考えてみれば当然ではありませんか?しかしそれは敵がささやく声なのです。人々と一緒にワーシップをすることから遠ざかるのは、まんまと敵の手に落ちるということです。なせならば、あなたが敵の声に従ってワーシップをしなくなったとき、敵はすでにあなたに勝利しているからです。

それだけではありません。ダビデと将軍が任命したワーシップは、ただ主を称えることよりも大きな役目がありました。それは預言的なワーシップをすることであり、戦略的なものでした。彼らは音楽に合わせて預言をしたのです。預言的ワーシップは違う領域のなかで、特有な力を持って働くものです。預言的ワーシップでは、私たちは直接的な生き生きとした今の瞬間に語られる主の御ことばを感じ取るのです。御ことばが出て行くとき必ずことを成し遂げます。(イザヤ55:11) 現在の教会のワーシップに預言的なものが欠けることは、今日リバイバルが起こらず、世界が変えられることもない理由の一つだと私は思います。

預言的ワーシップを理解するためには、まず預言そのものの基本的な働きを理解する必要があります。まず第一に、預言は主に「予言」であると定義する先入観をすべて捨ててください。預言は予知、予想よりずっと深いものです。実際多くの場合、預言のミニストリーというのは全く予言的ではありません。ギリシャ語の語源はprophemiですが、これは単に「語る」という意味です。ですから預言は本来神からの直接の御ことばと導きを表すものです。

またもう一つは、現在の預言のミニストリーと呼ばれるものを見て、その中心的な働きは心のうちに隠されている秘密を読み取ることであると、私たちは考えてしまいます。しかし人の心の中で起きている事を読み取るのは、確かにそういう働きをする預言者はいますが、聖書に書かれている預言の働きの中で主要なことではありません。どうか誤解しないでください。確かにそれは預言の正当な働きの一つです。第一コリント14章に心のうちを顕わにするという預言の役目ははっきり書かれています。しかし、預言の働きの中で、予言的なことや人の思いや過去に起こったことを読み取ることは(確かに今の教会ではこの二つを中心にしてはいますが)預言のミニストリーの一番主要な焦点ではないのです。

エレミヤ記1:10には、預言者エレミヤの召しと任命が定義されています。そのなかで、預言的言葉が持つ主な働きと効果が書かれています。それはどのような様式、どのような形であってもすべての預言に当てはまるものです。 教えのミニストリーは私たちを強めるでしょう。説教は私たちを鼓舞するでしょう。しかし、まことの鋭さをもった預言的言葉はそれをもっと超えたものなのです。

「見よ。わたしは、きょう、あなたを諸国の民と王国の上に任命し、あるいは引き抜き、あるいは引き倒し、あるいは滅ぼし、あるいはこわし、あるいは建て、また植えさせる。」 (エレミヤ1:10)

第一列王記18章では、エリヤが山上で450人のバールの預言者に対抗して、いけにえと共にワーシップ、即ち預言的ワーシップ、を捧げました。 エリヤは集まっていたイスラエルの民の前で圧倒的な勝利をあげました。天から火が祭壇にくだり、いけにえもみぞの水も石さえも焼き尽くしました。そして450人のバールの預言者たちを一人で殺したのです。預言的いけにえ、預言的ワーシップが、彼ら全員を滅ぼす力を解き放ち、人々を偽りの神、バールに縛りつけていた縄目を打ち砕いたのです。それは偶像礼拝から人々を引き抜き、まことの信仰に植えて確立させました。預言的ワーシップは敵の要塞を打ち砕き、人々を暗闇からまことの神に引き返させたのです。ダビデの将軍たちは単なる崇拝のワーシップではなく、預言的ワーシップを必要としました。それは戦いの中で戦略的目的を果たすためでした。

イザヤ55:10-13 「雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。 まことに、あなたは喜びをもって出て行き、安らかに導かれて行く。山と丘は、あなたがたの前で喜びの歌声をあげ、野の木々もみな、手を打ち鳴らす。いばらの代わりにもみの木が生え、おどろの代わりにミルトスが生える。これは主の記念となり、絶えることのない永遠のしるしとなる。」

純粋な預言の言葉は事を成し遂げます。それは引き抜き、引き倒し、滅ぼし、こわし、建て、植えるのです。その結果、神の民は、喜びと平安と勝利を心にいだきながら人生に立ち向かうことができるのです。

預言的ワーシップも実際にリアルな事を実現させます。しかもそれは音楽ですから、語られる預言よりももっと深く御ことばのつるぎを私たちの中に差し込むことができます。音楽は、語られる言葉よりもっと心の奥深くまでとどき、魂を奮起させ、私たちの霊を感動させ捉えます。
ですから、預言的ワーシップは私たちを変え、整え、私たちの敵であるサタンの業をも打ち壊すことさえ出来るのです。預言的ワーシップによって私たちは聖なるものに特別の方法で触れることができます。その中で、またそれを通して、神は私たちに深く語られます。私たちはただそれを享受するだけではありません。それによって変えられるのです。 ワーシップにそのような油注ぎがあると、震える人や、泣く人、また倒れる人が出てくるのは、それが理由であると思います。預言的ワーシップでは、神は私たちの心の奥深いところを引き抜き、引き倒し、滅ぼし、こわし、建て、また植えさせるのです。

実際に預言的ワーシップをする前よりもした後のほうが、ある種の罪を抑えるのに困難を覚えることにあなたは気づくかもしれません。奇妙に聞こえますか?例えば、素晴らしいワーシップをして家に帰る途中で、あなたの夫(妻)とけんかをしてしまい、どうしてそうなったのかわからないようなことがあります。あのように聖なる時を過ごしたのに、こうもすぐに罪を犯してしまうとはどうしたことかと、あなたは混乱してしまうかもしれません。預言的ワーシップを経験したあと、ずっと忘れていた悪いことを考えている自分に気づくかもしれません。もう処理をしたと信じていた古い不安がまた頭をもたげてくるかもしれません。もう長い間顔を見せなかった好色な思いと戦っている自分を見つけるかもしれません。あなたはそのような思いがどこから来たのかといぶかしく思い、これはサタンに違いないと思うでしょうが、そうではないのです。

もしサタンでないのなら、一体何なのでしょう? それは確かに悪霊の仕業ではなく、また、ワーシップに何か間違ったところがあったのでもなく、ミニストリーの時に悪霊に憑かれた人があなたに触れたからでもなく、その他様々な理由で私たちを恐れさせるインチキな理由のためではないのです。

私たちが聖いものに触れたときに、古い罪が表面化することがあるのです。それは預言のことばの剣と主へのワーシップが私たちの心を奥深くまで刺し通し、そこに隠されていたり、仮死状態だったものを明らかにするからです。あなたの中の罪が、ただ抑制されていたりコントロールされているだけよりも、はっきりその罪があらわされ清められるほうが良いのではないでしょうか? 預言的ワーシップをした後、度々罪は表面化します。それは「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。」とあるとおりです。(ヘブル4:12)

神は預言的ワーシップの中で働かれ、私たちの中にかき乱すべきものがあればそれをかき乱し、私たちがそれから完全に解放されるようにされます。神は古い罪を掘り起こして滅ぼされます。そしてイエスの性格を映し出す新しい性格と聖さを私たちの中に植えて建て上げてくださるのです。宗教の霊は罪を抑圧しコントロールするだけです。しかし、イエスの御霊は罪を明らかに示し、罪を清めるイエスの血潮と御ことばの働きによって罪の力を滅ぼします。(続く)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-04-04 17:04 | アメリカからのメッセージ
<< ココ・クレーターの植物園   ... 坂 達也・柚実子 2008年 ... >>