春の日本旅行から帰って  坂 達也   6月3日2008年

春の日本旅行から帰って

今は日本においても「なまぬるい」「通常の」「平穏無事」という時代が終わりつつあることを強く感じました。力のない時代、2テモテ3:5でパウロが言っているような「形だけ敬虔(神のようであること)を装いながら、その実、力がない」時代はいよいよ終わらんとしております。

世の中はますます悪くなって来ました。悪魔があがき始めていることがよく分かります。しかし、「罪が増したところには、恵みはなおいっそう満ちあふれました。」(ロマ5:20)とあるように、一方で聖霊がますます顕著に働き始めておられます。

これからは取り残される人、悪魔につかまる人が多く出てくる中で、主を激しく求め、激しく神を愛する者だけが、主を見つけ、主と共に前進する時代が来ております。

聖霊にプロボーク(挑発・刺激)され、聖霊の力によってのみ働く「力の時代」に入る兆候を見ました。クリスチャンが輝き始めたのです。今、見るだけでノン・クリスチャンとはっきり違うことがわかるクリスチャンが出て来ています。

主は今日本に大きく働かれ始めておられることを、各地でひしひしと感じました。多くの方に神が「個人的に」「深く」触れられておられ、神がいかにパーソナルな愛の方であるかがよくわかります。そのような主に今、個人的に飢え乾き、ただただ、ひたすらに主を求める大勢の人たちと今回遭遇しました。これ程励まされたことはありません。

 ある教会をお訪ねすると、教会全体に「赦し、和解、一致」という聖霊の働きが充満しておりました。牧師ご夫妻自らが、先ず夫婦間においてこれを実行し、教会にその模範を示されました。それから端を発し、今は教会全体が輝いて聖霊に満たされていました。主が本当に喜ばれていることが分かりました。真の「へりくだり」がその町にリバイバルを呼び起こしつつあることを見ました。

又、ある教会では二年前に始めたチャーチ・スクールでどうしようもなく悪い子どもであった生徒が二年後に見事に変えられていました。教会のお母様方の愛の奉仕が子どもたちを変えたのです。そして、その変えられて行く子どもたちを見て、教会全体が励まされ、生き生きとした姿に変えられて行くのを今回目の当たりに見て感動しました。

授業後の学童保育をしておられるある教会では、小学生の子どもたちが、思い切って厳しくしつけられ、徹底してマナーを教えられていました。しかし子どもたちは驚くほど素直に言うことを聞くのです。そして満足し、はつらつとしていました。子どもは愛のない家庭で自由に野放しにされたら、どうしていいのか分からないことがこれでよく理解できます。
子どもは愛をもって厳しくしつけるのが本来の聖書的なやり方であることを再認識出来て、本当に恵まれました。今、日本中の子どもたちは真の愛に飢えています。教会にとっては又とないチャンスです。又、増え続ける老人たちを霊的な「姥捨て山」状態に放置してはならないと強く思わされました。

さて、こちらに帰ってからの祈りの中で、これからは、今まで無かったことがどんどん起ることが示されております。異常気象、地震、災害。日本にも大きな地震が起きるでしょう。鳥インフルエンザも近づいて来ました。

私たちは「終末」の敷居をまたぎ、いよいよその「予定表」のうちに入ったのです。ポイント・オブ・ノーリターンの時点が近づいて来ています。
しかし、このような災害の時こそ、主の恵みが大きく現われる時であり、クリスチャンが働くかけがえのないチャンスです。待ちに待った、クリスチャンが光り輝く時が来ました。日本の教会に期待します。お祈りしております。(終わり) 
     

 トップに戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-06-03 14:22 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< フロリダ州レイクランドでのタッ... 特報: フロリダ州レイクランド... >>