カルメル山で主の御霊が言われたこと キム・クレメント 6月28日

5月12日にカルメル山で主の御霊が言われたこと

キム・クレメント 


「音(サウンド、声)がする:宗教や人間の考え出した教義から出ているのではない音が聞こえる。キリストの音(声)が以前にはなかったほど大きく響いてくる。」と主が言われる。

「音がする。キリストの音(声)であるので、屋上の部屋(アッパー・ルーム)から聞こえる。そしてキリストの音は、バールを信じる政治家たちを再び打ち倒す。キリストの音はバールの政治家たちを打ち倒す。そしてわたしの民は火でバプテスマを受けるであろう。火のバプテスマを。」と主は言われる!

「再び音(声)が起こる。勝利の音だ。:今まで宗教の力がわたしの民を支配してきた。しかし、宗教の力を消滅させ無効にするものが、まもなく地上にやって来る。わたしは多くのダニエル、ダビデ、ルツ、エスターを興す。」と主は言われる。

わたしはイスラエルを除外しない

神は言われた。「かつてこの場所に集まったイスラエルの民が、二つの神の間でふらついていたこの聖なる場所から、わたしは事を始める。預言者エリヤは『あなたがたは、いつまでどっちつかずによろめいているのか?』と言った。」主こそ神である! 主こそ神である!主こそ神である!

「分裂があり様々な意見(教義)があるが、わたしはその壁を打ち破りはじめる。わたしは壁を取り壊す。わたしは再びそれをしてもいいか? 分裂の壁、抑圧の壁。この山に集まっている今も、あの時と同じ火をわたしは送る。何千年も前に送ったのと同じ雨をわたしは送る。」

「そして、わたしはイスラエルを除外しない。わたしの民を除外しない。わたしはイスラエルにも地上の国々にも、火と雨をもたらす。キリストの音(声)はすべての家の中に入っていき、若者や子供が谷間の干からびた骨に向かって「これらの骨は生き返る。」と預言するであろう。

「わたしは今の時代に多くのエゼキエルを興す。預言の油注ぎ、大いなる預言の霊が来ようとしている。エリヤも民全体に「イスラエルよ、私のそばに近寄れ。」と言ったように、今も一致をもたらすのは祭司ではない。国々に一致をもたらすのは預言者たちだ。」と主の御霊が言われる。「なぜならば、崩されたわたしの祭壇は、祭司ではなく預言者たちによって立て直されるのだ。」と万軍の主は言われる。

「イスラエルや諸国の山々にわたしの預言者たちが立ち、『道を備えよ』というとき、神は『わたしが道を備える』と言われる。預言者エリヤが『私のそばに近寄れ。』と言ったとき、建て直さねばならない祭壇がある。その祭壇は人の手で建てられるものではない。」

バールの前に立つ者はいるか?

神は言われた。「エリヤは12の石を取って山頂に置き、『集まれ。これはイスラエルの12部族である』と民に言った。しかし、わたしは12の偉大なキリストの言われること(エキスプレッション)を取る。それは12のキリストのサウンド(音、響き、音声)である。キリストにあるルーベンは見るため。キリストにあるシメオンは聞くため。キリストにあるレビは一つとなり契約を結ぶため。キリストにあるユダは賛美するため。賛美するため。賛美するため。」手を上げて主を賛美せよ!

神が言われた。「わたしはまさにこの場所からわたしの火を送る。わたしは豊かな雨を送る。
わたしは祝福を与える。それは、彼らが終りのとき、終末の艱難と破壊を非常に多く語ってきたからだ。」私の神は雲のように取り巻く証人のいるところで私にこう言われる。「今夜、主の業のあかしを得る者たちがいる。」

じっと見なさい。エリヤは「バールの前に立ち天から火を下せるものがあるか?」と叫んでいる。ダニエルは見つめ、そして言う。「バビロンの王の前に立ち、王の夢を言い当てる者はいるか?」と。ダビデは戦場で「一つの石で主権を倒せる者がいるか?」と立って叫んでいる。その石はキリスト・イエスだ!

モーセは雲のような多くの証人と共に立ち、今も人々に聖霊を通して語っている。彼の言葉はこうだ。「パロの前に立ち『民を去らせよ!』と宣告できる者がいるか?岩を打って水を出せる者はいるか?」
シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴも「火の中に四番目の人を見つけられる人がいるか?」といって見ている。


わたしは旗印を上げる


神の御霊が言われる。「この場所から、地上全域にわたって、わたしはダニエル、ダビデ、エスターの世代を起す。」
あなたに子供があるか? 孫がいるか? その子を主に捧げよ。あなたの家にサムエルはいるか? 神は言われる。「この場所から、地上の国々を通して、今夜わたしは石(stones)を取り、わたしの教会(My Church)を取る。そして、ダビデ、ダニエル、ルツ、エスター、マリヤ、モーセの旗印を上げる。わたしは上げる。」


彼らは再びキリストにあって巨人を倒すであろう。キリストにあって彼らは国々を勝利に導くであろう。「わたしはヨセフを興して東方の王たちに預言を与える。
中東よ、あなたたちにはもう選択の余地がない。わたしはあなたたちをわたしの火、わたしの声としてすでに選んだのだから。」と主が言われる!

神の御霊が言われる。「今夜あなたたちが祈れば、わたしはこの領域に誉れを与える。わたしはこの全領域に誉れを与え、かつて祭壇に下した火を全地に送る。滅ぼすものを滅ぼし、あなたたちの家族にいのちをもたらすために必要な火を、わたしは再び送る。

神が言われる。「あなたたちが祈ると、今まであなたたちの子供をとどめ、ビジネスをとどめ、ミニストリーをとどめていた敵の上に焼き尽くす火が下るであろう。」
神の御霊が言われる。「あなたたちが祈るとき、わたしは回復をもたらす。希望のリバイバル、期待のリバイバル、御霊の息吹きのリバイバルが起こる。
「あなたたちの子供は言うであろう。『生ける神の家に私たちは行きたい。生ける神の家に行きたい。行きたい。』と。」

主の御霊が言われる。「今夜、あなたたちの預言者の言うことを聞け。わたしは地上の国々の家庭に希望と期待を回復させる。これから除外される者はいない。子供たちはわたしの臨在の中に来たいと願うであろう。なぜならば、わたしの家、あなたたちの家庭、子供、家族の中にわたしの聖なる臨在が回復されるからだ。」

死人を甦らせる御霊の啓示をわたしは回復する

「今まで隔離されていたものをわたしは再び送りこむ。御霊の啓示が隔離されていた。しかし今、死人を甦らせる(ような)啓示をわたしは回復する。」と神の御霊が言われる。「そして、わたしはリバイバルが起きていると人々がいう場所の向きを一転する。わたしは死人を甦らせる。あなたたちがわたしに頼みさえすれば、わたしは並外れた奇跡を行う。」と主が言われる。「今夜、わたしはあなたたちとその家族からそれを始めるからだ。」と主が言われる。

神が言われた。「確かに今夜、神の火があなたたちの敵を焼き尽くし、わたしは屋上の部屋(アパールーム)の炎をあなたたちに与える。」
神が繰り返し言われるのが私には聞こえる。「人々はわたしの臨在をすでに得ていると思った。しかし、わたしの臨在はこれから水が海を覆うようにこの地を包み、その不思議な力はお前の網に魚を引き寄せ、網が破れるほどになる。」

すべての国には、干からびた骨の谷がある。しかし、今夜私たちは「骨よ、お前たちはもう死んだものではない。お前は軍隊だ。」と預言(宣言)する。私たちは子供に向かって「お前たちは死んだ骨ではない。軍隊だ。」と預言をする。私たちは家族にむかって預言する。「お前たちは死んだ骨ではない。力強い(神の)軍隊だ。」と。この地から国々に預言する「火だ、火だ、火だ、火よこい!」と。

私には神の御霊の声が聞こえる。「わたしは人々がカルメル山から祈る祈りを聞きたい。わたしはイスラエルで人々が祈る祈りを聞きたい。わたしはすべての地で人々が祈る祈りを聞きたい。」(おわり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-06-28 06:23 | アメリカからのメッセージ
<< ホノルルに祈りのタワー誕生  ... ジュデイス夫人はほとんどノーマ... >>