6月23日にレイクランドで行われた記念すべき式典の報告  ピーター・ワグナー 7月6日

タッド・ベントリー師に関する記念すべき式典の報告

ピーター・ワグナー 2008年6月24日


皆様ご存知のように、今まで三週間に起こった様々な状況によって(すべては神の御手によって計画され実行されたことだと信じます)、私はレイクランド・アウトポアリングとそれに関する論争の只中に深く関わることになりました。

私は今フロリダ州レイクランドでこの文章を書いています。6月22日の夜、妻のドリスと私はテントで行われている集会に出席しました。一万人が集まっていましたが、それはテントで集会を始めてからの最大の人数でした。その日はアウトポアリングが始まってから82日目でした。

タッド・ベントリーは、メッセージの時間を使って、彼が2005年から2007年にかけての18ヶ月間に経験した「魂の暗い夜」について、これまでより詳細に語りました。ミニストリーを始めてからの10年間、彼がいかに高慢になっていたか、そして彼のプライドを砕くために神が彼を追いやった荒野の詳しい説明がされましたが、それは非常に正直な心打つ証でした。彼は自分の自制心が欠如していること、感情のコントロールができないこと、神を拒絶したこと、聖書を読むことが嫌いなこと、公衆の面前で泣き崩れること、また、子供のときに愛されずに拒絶されたこと、孤独、性的虐待を受けたこと、離婚寸前のような状態であったこと等々を、隠さずに話しました。彼は当時完全にバーンアウトしていて、21日間毎日4時間泣き続けたといいます。

その期間が終わったとき、神はタッドにすべてを回復してくださいました。スタッフ、結婚、ミニストリー、そして彼の性格も新しくされたのです。それは非常に人々の心を打つ証でした。被害者意識や自己憐憫は少しもありませんでした。それは自分の罪と、自分が不従順であった故に支払った代価の告白でした。ドリスと私はそれを聞いて大変感動し、思いがけずタッドの性格を深く知る機会が与えれたことを神に感謝しました。

神の働きの新しいシーズンの扉を開く

ドリスと私は、今までこれと同じようなアウトポアリング、特に70年代後期と80年代に起こったジョン・ウインバーのしるしと不思議の現象や、80年代、90年代のアルゼンチン・リバイバルに、非常に深く関与してきました。ですから、本物と偽者を見分ける能力を身につけるための経験、苦労は十分してきたと思いますし、この二つのムーブメントをサポートする判断をしたゆえに、厳しく手痛い批判も受けてきたのです。

テントでの集会に参加して観察していると、ウィンバーとアルゼンチンのリバイバルが大変懐かしく思い出されました。タッドとウィンバーとの身体の特徴が似ていることまで気がつきました。タッドの知識の言葉が正確なことは、昔の人としてはジョン・ウィンバーを、現在ではロバート・ヘンダーソンを思い起こさせました。ワーシップは、私たちがコロラドスプリングのフリーダム・チャーチでしているのと同じようでしたが、スケールがもっと大きく生き生きとしたものでした。そして私たちが今まで経験してきた大きなリバイバルの線を逸脱するようなものは何も見ませんでしたし、感じたりもしませんでした。神が起こされるリバイバルは、往々にして混乱があり、人々を宗教的安全圏から追い出す傾向がありますが、同時に神の働きの新しいシーズンへの門戸を開くものだということを、私たちは学んできました。

今まで私たちが通ってきた経験は、すべて昨夜、即ち6月23日のための準備でした。私たちはタッド・ベントレーのための使徒的アラインメント(一致協調することに同意する)の式をしたのです。その文面を下に添付しますが、要旨は、リバイバル・アライアンスを代表するチェ・アン師、ビル・ジョンソン師、ジョン・アーノット師にタッドがアラインされると同時に、彼らはタッドをレイクランド・アルトポアリングを導く伝道者として任命する、というものです。

私たちの中の数人が礼拝が始まる前にタッドと個人的に会見しましたが、彼がすばらしい人物だということがわかりました。ドリスと私は彼と会ったことは今までありませんでした。私は式がどのようなものかを彼に説明し、彼はそれに同意しました。彼が一つだけ変更したいことがあると言い出したときに、私はこれはおもしろいと思いました。というのは、彼がどれほど謙虚であるか、権威に従うことができるか、というテストをこっそりできると思ったからです。これはあくまでもタッドのミニストリーであり、タッドの集会であることを忘れないでください。それにもかかわらず、彼は私を式を執り行うリーダーに指名したのです。私は彼の提案は賢明なものではないと思うと述べ、彼は私の判断をすぐに受け入れました。私たちは一致したのです。実際、私たちはお互いを好ましく感じるようにまでなったのです!

レイクランド・アウトポアリングにおけるタッド・ベントリー師の任命

式のシナリオは:私がまず講壇に立ち、タッド・ベントリー師、チェ・アン師、ビル・ジョンソン師、並びにジョン・アーノット師を回りに呼び寄せる。次に幾人かのサポートをしてくれる使徒たちを壇上に呼ぶ。フロリダ州レイクランドのスティーブン・ストレイダー及びカール・ストレイダー、オーストラリア・シドニーのジェフ・ビーチャム、サウスキャロライナ州フォートミルのリック・ジョイナー、コロラド州コロラドスプリングのドリス・ワーグナー、イギリス・バートンのシャロン・ストーン、スペイン・チクラナのパコ・ガーシア、ルイジアナ州モンローのクラリス・フルット、アリゾナ州スコットデイルのリチャード・メイデン、アリゾナ州フィニックスのマイケル・メイデン、フロリダ州オーランドのジョシュア・フォウラー、カナダ・オッタワのバリー・ボウチャー、カナダ・ブリティッシュコロンビア・ケローナのウェスレー・キャンベル。残念ながら、ビショップ・ビル・ハモン師は旅行の問題でキャンセルされました。次に私が下に添付したものを読み上げ、私が冗談をいうのを望んだ人もあったようですが、それはぐっと思いとどまりました。式を終えて私はチェ・アン師にマイクを渡し、彼がその後を引き継ぎました。

チェ・アン師、ビル・ジョンソン師、ジョン・アーノット師の三人が、タッド・ベントリーの上に手を置き、チャック・ピアス師(彼はアフリカにいました)からこの日のために送られてきた特別の新しい「リバイブされよ」というオイルを注ぎました。タッドは聖霊の力をうけて倒れ、三人は彼に預言し、彼をレイクランド・アウトポアリングを導く伝道者として任命しました。次に後ろに立っていた使徒たちの多くが祈り、また預言しました。この式に注がれた聖霊の力は非常に濃厚で、ナイフで切ることができると感じられるほどの臨在がありました。

その場にいた人たちは、この出来事が非常に画期的なものだということをはっきりと感じました。著名なリーダーたちのレイクランド・アウトポアリングに関する心配は、キリストのからだの中でだんだん大きくなり、深刻な問題となってきていました。教会の「分裂」さえ、頻繁に人々の口にのぼるようになっていました。GOD・TVによってこれが常に世界中に中継されているので、これは私的なことだとか、小さなこととして済ますわけにはいかなくなっていました。秩序を正すために何かをする必要がありました。そしてそれは使徒の役目として定められていることなのです。
私たちは今、使徒たちが一致して公にアラインメントをもたらすという第二の使徒時代を迎えていると思います。この式典には17人の使徒が参加しましたが、彼らは三つの使徒的流れを代表しております。即ち、ICA(10人はICAのメンバーです)、リバイバル・アライアンス、そしてモーニングスターです。私たちは正式にはネットワークを作っていませんが、今回のような危機的状況が起きた場合には、サポートしあい、共に立つことを信じています。間違っているかもしれませんが、このような出来事は教会の近年の歴史の中ではなかったように思います。

任命式に関しての預言

この出来事に付随して、注目すべき預言がありました。一ヶ月ほど前にボブ・ジョーンズが、6月22日に聖霊のアウトポアリングが非常に増し加わるので、リバイバルがそのときから実際に始まるように見えると預言しました。もちろん、6月22日の次の日である23日がタッドの使徒的アラインメントの日となり、それが霊的力の増大が開放されるものになりえることは、だれも知りませんでした。ちなみに6月22日と23日の両日とも、一万人収容のテントの入場者数は新記録を更新しました。

まだ申し上げたいことはたくさんありますが、今はこのくらいにしておきます。下に添付する「レイクランド・アウトポアリング使徒的アラインメント」をお読みいただけば、詳しいことがわかると思います。タッドのアラインメントと任命の報告を受け取るべき方にもこれをお送りいたします。
祝福がありますように。




レイクランド・アウトポアリングに対する使徒的アラインメント(一致協調への同意)

ピーター・ワグナー 2008年6月23日

このテント集会に来ておられる方、また、GOD・TVを見ておられる方を心から歓迎いたします。今から私たちが行おうとしていることは、このレイクランド・アウトポアリングだけではなく、アメリカや世界の多くの国々においても、歴史的に重要な意味を持つ出来事であると思います。皆様はその証人となられるのです。多くの預言者たちが、間もなく神がしるしと不思議を伴う驚くべき霊的覚醒を起こされることを何年にもわたって預言してきました。そしてこの2ヶ月間、その預言がまさに成就した著しい一つの出来事を、タッド・ベントレーは導いてきました。今この会場にいることは本当にすばらしいことです。

私はピーター・ワグナーと申します。コロラド州コロラドスプリングにあるグローバル・ハーベスト・ミニストリーズの責任者ですが、キリストのからだの中で使徒的な働きを通して長年仕えさせていただいています。現在は、使徒として承認された500人が所属する国際使徒連合(International Coalition of Apostles)の議長をしております。今日、極めて重大な式の司会をするという光栄に預かり、私は謙遜と畏敬の思いでこの任務に当たりたいと思っております。聖霊様、あなたの臨在、力、導きをお願いいたします。

これは、タッド・ベントリーのための正式な使徒的アラインメントを祝う式です。まず最初に、今から執り行うことの基礎となる聖書的裏づけを確立させたいと思います。

使徒的アラインメントとは何か

現代の使徒的預言的ムーブメントの流れにいる者たちが、中核としている聖書箇所からはじめたいと思います。
エペソ4:11-12 「こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。 それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり、」

「(聖徒たちを)整えて equipping」という言葉は、ギリシャ語のkatartizoの訳で、実際には「調整して一致させる aligning」という意味であり、折れた骨をもとの位置に戻すとか整骨を指します。からだがもともと造られ意図通りに動くように、すべてのものをあるべき秩序、場所に戻すということです。これは使徒の任務の一つであり、そのために私たち使徒が今晩ここに集まっているのです。一例として、パウロはテトスに次のように書いております。「私があなたをクレテに残したのは、あなたが残っている仕事の整理(秩序あるものにもどす)をし、、、」(テトス1:5)

聖書の中の使徒的アラインメント関係

パウロとテトスとの関係を見てみますと、それは使徒的アラインメントの聖書的原型であるといえます。同じことがパウロとテモテの関係にも言えるでしょう。テモテとテトスがパウロから受けた使徒的アラインメントは、二人が人生の目標を達成するために一番重要なことでした。神は二人の人生のためにすばらしいゴール、目標を備えられ、彼らを成長させそれを達成させるためにパウロによるアラインメントを用いられたのです。

しかし、パウロ自身もまた、使徒的アラインメントを受けたのでした。彼は異邦人のために教会を立てるという働き(当時としては問題となった働きでした)に参加するために、アンテオケのバルナバたちのところにいきました。それからすぐにエルサレムまで飢饉の援助を持っていき、その機会に数人の使徒たちと会いアライン(一致するために調整する)したのでした。今夜、タッド・ベントリーのアラインメントと任命にあたり、私はパウロのこの経験をこの式のプロトコールのお手本として使いたいと思います。

「そして、私に与えられたこの恵みを認め、柱として重んじられているヤコブとケパとヨハネが、私とバルナバに交わりのしるしとして右手を差し伸べました。それは、私たちが異邦人のところへ行き、彼らが割礼を受けた人々のところへ行くためです。」(ガラテヤ2:9)

現在の教会の柱である三人の方をタッドがこの壇上に招いたのは、パウロのお手本に従ったことなのです。カリフォルニヤ州パサディナのチェ・アン師、カリフォルニヤ州レディングのビル・ジョンソン師、カナダ・トロントのジョン・アーノット師です。カナダはタッドの国でもあります。この三人はリバイバル・アライアンスという使徒的ネットワークを代表しています。

エルサレムの使徒たちが「パウロに与えられた恵みを認めた」ことに注目してください。恵みという言葉のギリシャ語はカリス(charis)で、カリスマという言葉の語根であり、「霊的賜物(単数及び複数)」という意味です。パウロの場合、それは福音を異邦人にもたらすために必要な恵みのセットでした。タッドにはレイクランド・アウトポアリングを導くための恵みのセットです。

使徒の三人の方に質問します。「タッド・ベントリーは伝道者としてレイクランド・アウトポアリングを導いていくのに必要な恵みを神から与えられていると、あなたは認めますか?」(三人が「はい。」と答える)

タッド・ベントリー師に質問します。「あなたの人生とミニストリーの上にこの三人の使徒的権威を認めますか? あなたは彼ら及びリバイバル・アライアンスとの間に使徒的アラインメントを確立したいと願いますか?」(ベントリー師が「はい。」と答える。)

この確認をもって、私たちは正式な任命(それはエルサレムで三人の使徒がパウロに「交わりのしるしとして右手を差し伸べる」ことに相当しますが)に移りたいと思います。

この任命はパワフルな霊的授与が目に見えない領域で起こることを象徴しています。それを覚えつつ、神が私に与えられた権威によって、私はタッド・ベントリーに宣言します。

あなたの力は増し加わる
あなたの権威は増し加わる
あなたのめぐみは増し加わる
あなたの影響力は増し加わる
あなたの啓示は増し加わる

また、つぎのことを宣言する
新しい超自然的力がこのミニストリーに流れる
新しい命の力がこの神の動きをつらぬく
物事の秩序を保つための組織が作られる

神は間違いと真実を見分けるための更に高いレベルの霊的識別力を注がれるであろう。
新しい関係が築かれ将来のために門戸が開かれるであろう。(終わり)


トップに戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-07-06 18:55 | アメリカからのメッセージ
<< 遅ればせの帰国報告    坂 ... ホノルルに祈りのタワー誕生  ... >>