ジュディス夫人はアフリカに向け今朝出発しました。7月9日

ジュディス夫人はアフリカに向け今朝出発しました。お祈り下さい。

ジュディス・グルーバー夫人はポートランドを予定通り7月5日に発ち、クリーブランドにてローランド&ハイディ・ベーカー師のアイリス・ミニストリーの人たちと落ち合った後、同行の人たちと共に、今朝早くアフリカのモザンビークに向けて出発しました。7月24日までモザンビークの孤児院でミニストリーをする予定です。

 既報の通り、夫人はヘンリー師とオレゴンに向かって車でアイオアの自宅を出発しましたが、ロッキー山脈を越える直前に非常に息苦しくなり、身体が再び膨れ上がって瀕死の状態に陥りました。しかしそれはテストであったとヘンリー師は言います。家に引き返すことを提唱したヘンリー師に対して、モザンビークに行くことが神の御心であることを堅く信じている夫人は、主の御心であるならロッキーが越えられない訳が無いと主張し、二人は死を覚悟してロッキーを越えることに夫婦で一致しました。その結果、車が山頂の5千フィートに達した時には逆に夫人は力を得て息がし易くなったそうです。ハレルヤ!そして二人は旅を続けましたが、ポートランドに着く頃には再び夫人の身体は息も絶え絶えの状態となり、本当に死んだような状態でいつも逗留する友人の家に着きました。しかし一晩休むと夫人は回復しました。

結局ジュディス夫人はポートランドに10日近く滞在しましたが、その間も体調は悪くなったり良くなったりを繰り返し、誰が見てもアフリカまでの長時間飛行に耐えられる身体ではないことは明らかでしたが、彼女は予定通り出発しました。
 壮絶な死との戦いを潜り抜けて生き返った経験のある信仰者ヘンリー師自身が、「このような経験はしたことがない、ただただひざまずいておののきながら神に泣きすがるしかなかった。」と述懐しているほど夫人の信仰は固いものでした。そしてこれも総て神の御業であることを感謝しております。

 ヘンリー師は皆様のご心配とお祈りを心から感謝しております。そしてこれからも引き続きお祈りいただけることを心から願っておられます。ぜひともお祈りいただけますようお願い致します。 
                                坂 達也

トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-07-09 06:08 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 何故イスラエルを気にかけるのか... 遅ればせの帰国報告    坂 ... >>