神の見地・・・時間と永遠の合体 キム・クレメント 8月1日

神の見地・・・時間と永遠の合体

キム・クレメント

私たちの自由は状況によって支配されてしまうという思いは、神がひと度語られれば、すっかり取り去られます。しかし、そのためには一つの条件があります。神がそうできるように私たちが神に従順であることです。
最近私は、私たちの「物の見方、見解」 について、そしていかに私たち一人ひとりが「見解」であるかを、考えています。誰もが見解を持っています。私が一つの見解であり、あなたも又、見解です。そう考えると、私たちは自分の信仰体系、教育、霊的理解、個人的歴史(良かれ悪かれ)、そしてとても重要な現在の自分の状況を土台にして物事を見ます。その見解は健全なものであるかもしれませんし、あるいは自分の狭い考えにだけ基づいた見方かもしれません。しかし神が介入してくださると、神の見解で私たちの見方を変えてくださるの

神の見解

神が語られる言葉は神から見た物事の説明であり、その事に対する神特有の見解の完全な説明であり解釈です。なぜ神は物事に関してある特有の見解を持っておられ、どうして私の見解はそれと一致しないのでしょうか。これはよくあることです。神が私たちに語られるときのもう一つの重要な要素は、私たちが主のみ言葉を信じるならば(私たちは時間と空間の中に生きているので、そこから疲れ、病気、圧迫、異なる意見等の制約を受けながらも)、主はそれを実現させることがお出来になるということです。 

あなたは、こう質問されるかもしれません。「神は神であるのだから、なんの制限も受けないのではないですか?」と。その答えは簡単です。神は永遠、つまり時間のないところに生き存在しておられ、人間を時間と空間を司るものとされました。永遠からほとんど助けを借りることなく人間がそれを管理し、時をあがない、空間を占めています。制限のある人間の世界に永遠の力をもたらす助けとなるのは、彼らの信仰だけです。

信仰は山をも動かすことができます。イエスが一本の実のない木に語ったところ、翌日にはそれは枯れていました。主は風や嵐に静まれと命令されました。キリストがされたことは、主の血液の中に存在していた永遠の力を使って主のその時の制約(時と空間)を修正したのです。私たちは主と同じ制約を持っています。しかし、私たちが主と聖霊を受け入れるならば、主と同じ力を持つことが出来、私たちが人生の目標を達成するのを縛る制約は何もないはずなのです。

マタイ16章に書かれているシモン・ペテロの話をご存知でしょう。彼は他の弟子と一緒にいて、イエスの質問に答えようとしていました。「人々は私を誰だと言っていますか?」とイエスは聞かれました。彼らはみんなオウム返しに人々の意見を主に伝えました。「バプテスマのヨハネだと言う人もあり、エリヤだと言う人もあります。またほかの人たちはエレミヤだとか、また預言者のひとりだとも言っています。」するとイエスは、明らかに彼ら自身の見解を知りたいと思われて、次の質問をされました。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」

主は彼らの意見とか人間的な見解を聞いておられるのではなく、永遠の見地からの答えが何かを聞いておられるのです。誰も何も言いませんでしたが、とうとうシモン・ペテロが答えました。「あなたは、生ける神の子キリストです。」これにイエスは心打たれシモン・ペテロに言われました。「あなたにこの事をあらわしたのは、血肉(時間と空間/意見)ではなく、天にいますわたしの父(永遠)である。」また続けていわれました。「シモン・ペテロ、あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、あなたが地上で解くことは天でも解かれるであろう。」

突然私は一つのことがわかりました。「神からの啓示」が私たちの思いと交じり合って言葉となって口から出るとき、天(永遠/制限がない)と地(空間/時間/制限)とのハーモニーが作り出されるのです。シモン・ペテロは「神」からの見解を受けたゆえに、地上のこの世の状況の中に、つないだり解いたりすることによって永遠が入るように命ずることができたのです。

一時的 対 永遠

ここにジレンマがあります。一時的なことと永遠とは相反するものです。制約された空間的見解を捨て去って、永遠の見地の啓示を受けた者が、否定的な制約された意見からくるネガティヴなエネルギーの満ちたこの世の空間に向かって、啓示によって受けたその永遠の見解を宣言し解き放つ、そのような者を神は見つけ出そうとしておられます。
私の祖母がよく言っていました。「人の意見はお尻のようなものだ。誰でも持っていて大抵臭い。」と。 でも少し皆さんを慰めたいと思います。聖書は伝道者の書の3章で、「神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。」とありますね。この「心」とは正確にいうとDNAのことなのです。

ですから、限られた時間と空間にいる私たちが持つ制約を克服できないはずは絶対ないのです。あなたのDNAに永遠があるということは、ほかの永遠に生きる人や永遠の物と接触したいという思いにあなたを駆り立てます。そしてもし見つからないと、一時的なものを見つけてその人や物を永遠のものにしようとするのです。

奇妙に聞こえますか? では、このことを考えてみてください。モーセはイスラエル人をエジプトの圧政者から助け出しましたが、400年間圧政のもとにあった何百万人かのイスラエル人の不信、恐れ、怒り、侮辱に取り囲まれていました。彼らの思いは、400年間の奴隷生活、抑圧、苦痛の歴史によって支配されていたのです。

彼らの前に突然ある一人の人が現れて、いくつかの奇跡をして見せ、ついには彼らを自由へと旅立たせました。彼らの信仰や期待感は低かったので、モーセが奇跡を行うことは困難だったといえます。しかし、モーセは神からみ言葉を受けていました。それは即ち、自分の中に永遠の命令は持っていたということです。
神の言葉は一時的ではなく、永遠で、決して死ぬことはありません。モーセは民の中に永遠なるものを見つけようとしましたが、そこには人間的な制約された見方しかありませんでした。あるとき何百万というイスラエル人は旅の途中水が無くなり、神に話して何とかせよ、とモーセに怒って迫りました。神はモーセのそばにあった大岩の中に水があると告げます。これはとんでもないことです。岩の中に水はありません。時間と空間という制約の中においてはありえないことですが、神の見地から見ればあるのです!

ですからモーセがしなければならなかった事は、神からのみ言葉を受け取り、それが彼のDNAの中にある永遠と結びついて(故に彼の思いの中でそれが可能となる)、命令によって岩の中にみ言葉を置くのです。岩の中に水はありません。モーセが信仰、即ち神から受けた永遠の見地、によって水を岩の中に入れ超自然となった彼の杖をもって岩に命令しなければなりません。
神はモーセに岩を打つように言われました。モーセが打つと水が岩から轟々と流れ出ました。歴史家によると、350万の人が飲んだり、料理したり、水を浴びたり、洗濯するために必要な15万5千ガロンの水が湧き出たのです。

治めよ

神のみこころを地上でなすためには、時間と空間の中にいて神の見地に立つ者が必要とされています。それが神が創世記で万物を創られたときの方法です。神はアダムを創造されたとき、ご自分が地上を治めるのではなく、「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。すべてのものを治めよ。」といわれて、アダムにその力と権威を与えられました。

つまり神はアダムに「おまえは地球、時間、空間を管理せよ。そしてそこで問題が起こったらそれを治めるのはおまえの仕事だ。治めなさい。」と言われたのです。治める、支配するとは「主権とコントロールを持つ」ことです。人間の管轄権は地球上であってそれ以外の場所ではないのです。
創世記11章には、色々な人たちが自分たちが支配したいのは地上ではないと考え、天にまで届く高い神殿を建てようとしたことが書かれています。今日、これは馬鹿げたことに思えますが、実はこれと同じことが様々なやり方で今も起こっています。昔の人々はアダムの堕落によって地上を支配することに失敗してしまったので、その代わりに天を支配しようとしたのです。

彼らの思考は罪によって支配され、物の見方は狭い利己的な心の欲望ばかりになっていました。神が彼らの血の中に与えた「永遠」を、時間と空間という彼らの制約の中で使おうとはせず、むしろ他に住む場所を探したのです。
私はこれと同じ人々の態度を、特に教会の中で見てきました。人々はすばやく天に「あげられる」ことを願い、「私はもう地上の生活に疲れた。もうここから脱出したい!」と言うのです。
彼らはいろいろな教義を作り出して、神は私たちがこの惨めな地球上にとどまることは望んではおられず、地球を全滅させたいと思っておられる、というのです。これでは、神が私たちに与えてくださった大事な地球を必死で救おうとしている環境保護者たちとキリスト教は、対立してしまうことになります。神のアダムに対する最初の命令は「地を満たせ、治めよ、従わせよ。」というものではなかったでしょうか?

DNAの中の永遠

私たちはDNAの中に永遠を持っているのです。それは即ち、私たちが制限されていると思うのは間違いであり、自分の状況は修正することが出来、制限と見えるものは実は絶好のチャンスであり、又最大の武器になるということを証明するものなのです。もしあなたが神について学び、歴史上で神が聖書の人物や他の偉大な人物を用いてどのように働かれたかを調べるならば、ほとんどの人が非常に制約の多い困難な状況におかれて、周りからは猛反対を受けていたことがわかるでしょう。

「永遠の見解」は私たちの思考にトランスフォーメーションを起こし、それによって私たちが使う言葉をも変えます。あなたが自分の状況を変えるために言葉の持つ力で命令すれば、その状況は一時的な難題から永遠の目的を持つものへと変換されます。モーセは燃える柴で神の前に立ち、一体どうやってイスラエル人をエジプトから解放するのかと尋ねました。
当然遭遇するであろう様々な苦労は別としても、モーセの難題は沢山ありました。神はモーセに(彼はエジプトで王子であったときに殺人を犯し、逃亡している身であった)、「わたしはあなたの先祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」と言われました。

神は何百年もの沈黙を破られ、父祖の名前を出されご自分を示されました。このような場面には全く備えができていなかったエジプトの王子モーセは、父祖たちが見せたことのないような恐怖を表しました。「モーセは神を見ることを恐れたので顔を隠した。」(出エジプト3章)
同じく3章で神は再び語られました。「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを、つぶさに見、また奴隷をこき使う者の前で彼らの叫ぶ悲鳴を聞いた。わたしは彼らの苦しみを知っている。わたしは下って(時間と空間の中へ)彼らをエジプトびとの手から救い出し、これをかの地から導き上って、良い広い地、乳と蜜の流れる地に至らせようとしている。・・・さあ、行きなさい。わたしは、あなたをパロにつかわして、わたしの民、イスラエルの人々をエジプトから導き出させよう。」

ちょっと待ってください。イスラエル人を救い出すために神は下ってこられたのではないのですか? それではどうして神はモーセにその仕事をするように頼んでいるのですか? それは、神は人間に地上の管理を任されて、ご自分の行動を制限されたからです。神がされようとする仕事はいつも人間に与えられるのです。これはエクサイティングです。というのは、神はその力(何かを成すために神が持つ力)を私たちに渡して、私たちに行って事を行うようにと命令されるのですから。

我々の見方を扱う必要

神にとっての本当の問題はただ一つ、私たちの物の見方を取り扱う必要があることだけです。私たちは物事をどのように見るでしょうか? 神と同じように見ることができるでしょうか? 神の見方は永遠の見方です。私たちの見解は一時的であり、狭い視野によって制限されています。今神は私たちにも永遠の物の見方ができることを納得させねばなりません。

モーセは神のみ前に杖を手に立っています。杖は彼の安全を守るものであり、彼にとって唯一使い慣れたものでした。杖は羊を導き、襲ってくる獣を退けるものでした。神はモーセに杖を投げるように命じました。モーセはそのとき突然、一つの目的のために使っていた一片の木にすぎない杖が蛇になるのを見たのです。一時的に見えるものも、実はそれだけではないということを神はモーセに示そうとしたのです。表面的には杖は安全で、ありきたりの物に見えますが、実は永遠の見地と命令によれば、多くの興味ある物を造りだすことができるのです。

イエスが地上におられたときのことを考えてみてください。主は一つの問題にぶつかりました。一人の男が盲目で見えるようになる必要がありました。イエスは地につばきをし、泥を作り男の目に塗りつけました。すると突然盲人は見えるようになったのです。人々の足や動物のひずめで踏まれた土は、突然盲人の目を開ける道具になったのです。

イエスはどうして常のようにされなかったのでしょうか? 誰かの上に手を置かれるとか、言葉を発せられるとかではなくて、土を使われました。それは人々にあきらかに何の役にも立たないと見えるものも、人を癒すために使われる力になるという事実を教えたかったからです。どのようにしてでしょうか? 主は土の中にただ踏まれたり掘られたりすることよりももっとよいものを見られたのです。そして主が土につばきをかけられたときにそれに永遠を入れられたのです。

DNAが地の中に移されたのです!あなたのDNAの中にある永遠を他の人の中に移す力をあなたは持っているのです。それこそが預言のエッセンスです。あなたはある人の中にもっと偉大なものを「見る」のです。彼らが見ているものよりももっと偉大なものです。そしてあなたは彼らのいのちの中にそれを語るのです。彼らがもともと意図され創造された永遠のものになるのを見るのは、なんという喜びでしょうか。

忘れないでください。あなたは血液の中に、DNAという永遠を持っていて、すべてのものを変える能力を具えています。あなたは神からのことばを持っていて、それがあなたに必要なもののすべてです。(終わり)

トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-08-01 15:39 | アメリカからのメッセージ
<< 緊急! お祈り下さい。 坂 達... 報告 ジュディス夫人は無事もど... >>