終末において花嫁が持つ刈入れのための油注ぎ ポール・キース・デイビス 8月11日

終末において花嫁が持つ刈入れのための油注ぎ その1

ポール・キース・デイビス

約束されたメシヤに関する重要な預言の一つがイザヤ11:1-2にあります。この箇所は、人類に新しい時代を開くメシアに宿る油注ぎを、次のように預言的に告げています。

イザヤ11:1-2 「エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。 その上に、主の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。」

神の「七つの霊」という概念はすばらしい奥義であり、地上における主の御霊の働きをよく説明しています。それは三位一体という神の真理と矛盾するものではなく、神の御霊のご性質(特徴)と能力の全部を表している完璧なる表現です。主の御霊は、知恵と啓示、思慮と力、主を知る知識と主を恐れる知識を持っているのではなく、ご自身がそれらの力そのものなのです。




黙示録には「神の七つの霊」という言葉が4箇所に出てきます。この言葉は二つのギリシャ語から成っています。
Hepta 七つ、七重、七倍より成る
Pnewmata 霊、息、風の複数形、人や物体の単数形としても使われる

聖霊が持つ七つの面は、聖霊の特徴(ご性質)を明確にする助けになります。「主の霊」という言葉は聖霊が誰であるかを表し、知恵、啓示、思慮、力、神の知識、神を畏敬する恐れは聖霊が何であるかを表現しています。

黙示録4:5は次のように書かれています。「御座からいなずまと声と雷鳴が起こった。七つのともしびが御座の前で燃えていた。神の七つの御霊である。」
「玉座からいなずま、様々な声、雷が起こった。また玉座の前には、七つのともし火が燃えていた。これは神の七つの霊である。」


主イエスのミニストリー

四つの福音書を調べれば、私たちの完全な模範であられる主を通して神の御霊がこれらの力をどのように使われたかをはっきり見ることができます。しかしそれだけではありません!驚くべきことに、主イエスは、父がご自分を遣わされたように、主が私たちを遣わされると預言されたのです。更に、私たちは主がされたのと同じ業をなし、主が父のもとに上られる故にそれ以上の大きな業をすることを、主は強調されました。そして私たちがこの任務を成し遂げるためには、神の七つの霊の油注ぎのすべてを(フルに)いただくことが不可欠なのです。

キリストの花嫁とは、「主の骨の骨、肉の肉」となるものです。からだは頭につながっているべきものです。この終わりのときに私たちは主のミニストリーを完全に遂行し、多くの肢体を持つキリストのからだとして大収穫をもたらすのです。黙示録5:6で、主は七つの角と七つの目(七つの神の霊)を持つほふられた小羊として描かれています。

「さらに私は、御座・・そこには、四つの生き物がいる。・・と、長老たちとの間に、ほふられたと見える小羊が立っているのを見た。これに七つの角と七つの目があった。その目は、全世界に遣わされた神の七つの御霊である。」(黙示5:6)

七つの霊は主の啓示(七つの目)と力(七つの角)のすべて(100%)を代表し、主が地上でのご計画を達成するために不可欠でした。教会が主と同じわざをしてヨハネ14:12のみ言葉を成就するためには、これと同じ霊の現れが教会の上に留まらねばなりません。主は聖霊と火のバプテスマを授けると約束されましたが、神の七つの霊は火として表されます。

聖化と整えられること

神の七つの霊の油注ぎのすべてをフルに受けるのは、大変大きな責任を意味します。このようにパワフルな霊的力を受けるためには、多くの祈りと準備がまずされねばなりません。そしてこの御霊のマントルを受けたあとは、御霊の導きに完全に忠実に従うことが極めて重要です。終末の油注ぎを受けられるように花嫁を整えるのは、五役者の責任でしょう。使徒、預言者、伝道者、牧師、教師は次のことのために与えられるのです。

エペソ4:12-14 「それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり、 ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。それは、私たちがもはや、子どもではなくて、人の悪巧みや、人を欺く悪賢い策略により、教えの風に吹き回されたり、波にもてあそばれたりすることがなく、」

私たちの前には私たちが見習うべき霊的な先駆者が大勢いました。彼らは主の油注ぎを豊かに(フルに)受け霊的な成熟を遂げた霊的型です。その一人であるジョン・G・レイクは20世紀の信仰の使徒といわれています。彼は魂の救いと奇跡的な癒しや解放で大きな成果をあげたのですが、その後、9ヶ月の断食と祈りのシーズンを経験し、それによってより深い神との関係に進んだと言っています。そこで彼はキリストの満ち満ちた様を発見し、それによって彼はもっともっと高い啓示と力の領域に押し出され入ったのでした。彼の人生の終わりの数十年のミニストリーにはそのことがはっきり現れていました。

彼が神に全面的に服従をし、彼のいう「キリストの人」(Christ-man)となるまでの過程は、メッセージの中で鮮明に語られています。神の七つの霊は、完全に整えられた人には今でも現実にその人のものとなるのです。そのために喜んで代価を払い、迫害に耐えて成熟し、キリストの身丈にまで成長する人は、今までの教会の中ではほんのわずかの例外的な存在でしかありませんでした。しかしこれからの世代には、このような「神を心から畏れる者の群れ」が起こされるでしょう。志のある者はすべてこの群れに参加するように招かれているのです。

神の組み合わせ

神の七つの霊は二つずつの組になって働きます。知恵の霊と悟りの霊、思慮(カウンセル、助言)の霊と力の霊、神を知る霊と神を畏れる霊は、それぞれ二つずつ組となり、調和して共に働きます。そしてそれらすべての霊は、主の霊の顕れから流れ出ているのです。

御霊の賜物は、それが必要とされるときに、御心のままに振り当てられ分与されます。私たちが賜物を持っているのではなく、必要に応じて賜物が現わされるのです。九つの御霊の賜物はすべて、聖霊に満たされたクリスチャンの内で働くことができます。しかし、神の七つの霊は、明らかにそれより量的に大きな御霊の現れであり、成長し(マチュア)聖化さられたクリスチャンを神の深い奥義や力へと導きます。

神の七つの霊は、フルに霊を受けた働きをするためにクリスチャンの上に置かれた「マントル」です。知恵の言葉を受けるのはすばらしいことです。しかし、知恵の霊の中を歩むことはもっと偉大なことです。旧約のエリヤとエリシャの上に置かれたマントルは、この真理を表しています。彼らのメッセージや奇跡をよく調べてみると、神の七つの霊が働いていることがわかります。御霊は必要が生じた時点でこの預言者たちに下ったのですが、それと違って私たちには御霊が永久に内住される約束が与えられているのです。

旧約の預言者にくだった御霊の油注ぎは、ある一時、神の命令が達成されるまで与えられ、その後は取り去られました。主イエスのミニストリーにおいては、御霊は神の御子の中に住まわれ、留まりました。聖書には、天が開け聖霊が鳩のように下って留まったと書かれています。私たちにも同じ約束が与えられています。

知恵と啓示

今回は知恵と啓示について考えてみたいと思います。

知恵と悟りのマントルをいただくには、私たちは切に祈り求めて、それを正しく管理する誠実さを持たねばなりません。使徒パウロはエペソ1:17-19で教えています。

「どうか、私たちの主イエス・キリストの神、すなわち栄光の父が、神を知るための知恵と啓示の御霊を、あなたがたに与えてくださいますように。また、あなたがたの心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、 また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。」

1.整えられ教えられることにより、私たちは聖書的な任務と管理を理解することができます。私たちは熱心にこれらのマントルを願い求め、それと共に成熟さ、品性、恵みをもいただけるように祈らねばなりません。それらはすばらしい益をもたらします。
2. 主の招き(召し)によってどのような希望が与えられているかを知る心の目が開かれる
3.聖徒の受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているか悟る
4.信仰者に対して絶大な働きをなされる神の力がどれほど大きいかを知る

知恵の霊とは、イエスをイエスとして見ることができ、霊的な理解と神のみことばの知識を得て、どのような状況においても何を、いつ、どのようにすればよいかを知る神からの超自然的な能力です。また、神のご計画と目的に関して、人間では理解できない様々な神の知恵と奥義を明らかに示します。それは即ち神とのより深い関係、親密さを意味します。

主イエスは父の右座に座しておられ、花嫁は主と共に天に座すのです。ですから、花嫁は父の右座に主と共に座すことになります。そこでは普通なら何時間、何ヶ月もかかる洞察を、主は一瞬にして花嫁に伝えることができるのです。もし私たちが「神を待ち望む」ことに熟練するならば、私たちはこれらのマントルによって多くの御国の奥義をいただくことができるでしょう。

悟り(Understanding)の霊

啓示/悟りの霊は、神の事柄(神がなさろうとすること)を私たちがはっきり理解できるようにしてくれます。それは私たちの心に神の心が知覚できるような洞察力を与えてくれることによってです。知恵と悟りとは、物事とか事態の真の性質(なぜ起ったか、それに対する神の目的と結果)を適切に洞察(判断)し、御心の結果になるためにはどんな行動を取れば良いかを見定める能力をいただくことです。

啓示とは、聖霊から私たちの霊に送られ、それが私たちの心に伝達される、物事への正しい理解(力)です。それは私たちの霊に語られる神の声であり、私たちの心に神がこれからされようとすることの情報を与えてくれるものです。聖霊が隠された秘密を私たちに明らかにし、又、将来に関する奥義と洞察を示してくださるのです。

ダニエル1:17と5:11-12に、ダニエルがこの霊の油注ぎを受け、それが彼の人生でどうように機能したかが書かれています。ダニエルの場合のように、この霊は神のご計画を私たちに理解させ、神ご自身を顕されるためのものです。ガブリエルがダニエルのところに来て、「ダニエルよ。私は今、あなたに悟りを授けるために出てきた。」と言いました。それからガブリエルは、多くの意味を含むものすごい幻をダニエルに見せ、それを説明します。このダニエルという偉大な預言者の例でわかるように、へりくだりと秀でた精神(心構え)を持つことは、知恵と啓示の霊がその人の中で機能するために極めて重要なことです。

私たちの使命

知恵と啓示の霊は、今まで隠されていた神の深い奥義と目的を私たちに理解させます。使徒パウロはローマ16:25で次のように言っています。
「私の福音とイエス・キリストの宣教によって、すなわち、世々にわたって長い間隠されていたが、今や現わされて、永遠の神の命令に従い、預言者たちの書によって、信仰の従順に導くためにあらゆる国の人々に知らされた奥義の啓示によって、あなたがたを堅く立たせることができる方(へ)、」

聖霊のこの油注ぎとマントルによって、パウロは御国の奥義を明らかに示すことができました。知恵の霊があなたの上に留まるときには、聖書のみ言葉を黙想しているときなどに、突然深い真理が一瞬にしてあなたに与えられます。そして啓示の霊がその真理を理解させ、正しい適応の方法を教えてくれるのです。

知恵と悟りは、私たちに三位一体の神を知る知識を与え、私たちが神をもっと親愛の情をもって知ることが出来るようにします。私たちはそれによって神ご自身をもっと心から感謝するようになるのです。主の内なるすばらしさは、恵みと栄光です。同じように私たちも内なる人を柔和とへりくだりで飾らねばなりません。神の内なる美しさは恵みであり、聖なることです。知恵と啓示の霊は神のこのような面を私たちに理解させます。第二コリント3:17に書かれている通りです。

「主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。」(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-08-11 17:50 | アメリカからのメッセージ
<< ジュデイス・グルーバー夫人  ... タッド・ベントレーとレイクラン... >>