トッド・ベントレーが残した課題 真の使徒時代の黎明 10月2日

トッド・ベントレーが残した課題
          -真の使徒時代の黎明― 


  
この記事はハーサー誌11月号への原稿です。

     坂  達 也

ユダヤ暦の2008年は間もなく終わろうとしている。今年一年を振り返ってみて最も目立った「事件」の一つは、フロリダのレイクランドに起こった癒しのアウトポアリングではなかろうか。
 その中心人物は好むと好まざるにかかわらずトッド・ベントレーであった。彼が招かれたイグナイテッド・チャーチで、彼自身も予期しなかった嵐のような聖霊のアウトポアリングが起ったのが4月初めであったが、それも4ヶ月ほどであっという間に過ぎ去った。まるで大型の台風のようであった。大型台風は被害を与えるが、人々は「ベントレー」と言う名の台風が去った今、ベントレーが祝福の代わりに被害を与えたかのように、その後始末で騒いでいる感がするのは私だけであろうか。

今回の「ベントレー事件」で注目すべきことの一つは、6月23日にピ-ター・ワグナーの取り持ちと司会により、ベントレーが三人の使徒的監督者の下につくと同時に、レイクランドにおける癒しのリバイバルの伝道者として公に按手・任命されたことであろう。しかしこの任命式の後、多くの人々、中でも自分と関係している使徒たちからの反対と批判を受けたピーター・ワグナーは、特にトッドの別居・離婚発表があった後において噴出した多くの抗議に答える形で、8月25日に一つの声明文を発表した。

 彼はその声明文の冒頭で、ベントレーのレイクランドのアウトポアリング第一部は終わり、その後ストレーダー牧師によりアウトポアリング第二部が始まりうまく行っていることを強調した。(確かにそれは事実のようであり、主の御名をたたえたい。)しかしその書き方には、ベントレーをまるで悪臭のする汚物のように見て、早くそれに蓋をし過去のものとして葬りたいと言う気持ちがありありと見受けられた。そしてピーターは、トッドに「うそつき」で「人を惑わす男」と言うレッテルを貼り、実際に彼自身も「だまされた」と言う。私はこの書き方から、彼が使徒と呼び合う同僚たちから、どれほど大きなプレッシャーをかけられているかが分かって気の毒に思った。

 彼は今回、神からトッドを使徒的にalign(整列・参加させる)せよと言われる御声を聞いて、自分は気が進まなかったがそれに従ったと言う。そして彼はチェ・アン、ビル・ジョンソン、ジョン・アーノットの三人の使徒(リバイバル・アライアンス)の下にトッドをつけることを提唱し、それを正式に司会者として発表した。私は彼のしたことは正しいと信じ、その点では彼を全面的に擁護したい。しかし、腑に落ちないのは、彼が信仰でトッドのミニストリーを使徒的な仕事としてその権威の下に入れる儀式の長を務めながら、実は、私は元々トッドをエンドース(支持)していないとか、トッドのミニストリーに対する興味は薄かったと、なぜ言うのかと言う点である。要するに彼の手紙は、使徒団体のリーダーとして自分のしたことの正当性を弁解し、反対者に対しての言い訳をしているに過ぎないような気がする。

 ピーターは今回自分がやるべきことをしたのでレイクランドの秩序が回復し、トッドもこれから3人の監督の下でカンセリングが始まることを自分(たち)の功績として誇ったが、私は確かにそれを認める。そして彼は、自分はリスク・テーカーであると言い、今まで1970年以来18人以上の著名なリーダーを自分の名声を賭ける危険を犯して支持したり、パートナーとなったり、あるいは使徒的にアラインして来たと説明する。その結果72%(13人)は勝利者となったが、17%、すなわち、トッドを含む3人がloser敗北者となった、そして残りの二人は勝者敗者のどっちともつかない人であったと言う言い方をして、トッドにはっきり敗北者と言う焼印を押した。彼は今回のトッドの件でピーターの団体に所属する人のうち、ピーターと係わり合いがあると思われることを恐れて数人が脱退し、多くの人が今も自分のやったことに憤慨していると言い、自分はそうなる危険を冒してまでもトッドを使徒的権威の下につけたと言いたいのであろう。ちなみに彼はICAと言う500人の使徒が所属すると言う世界最大級の使徒団体の議長を長年務め、現代における使徒のムーブメントの最も著名な世界的リーダーである。

  しかし私が驚いたことは、彼は、初めから終わりまでトッドの罪を責めてはいても、使徒的指導者としてトッドをかばう、あわれむ言葉は一つもないと言う事実である。就いてはこの際、私はピーターに使徒とはどんな人で、どんな役割を持つのか、その根本的な考え方を聞いてみたい。何故なら、私にとって使徒とは「主の直々の弟子」として主が選んで立て、個人的に主と親しい関係に入り、「真にキリストに似た者」となり、パウロのように「私に見習いなさい」と堂々と言える人であると信じるからだ。つまり使徒としての最優先の資格は、先ずキリストの愛に満ちた人で、常に父の御心を知り、主と同じ思いとあわれみを持って人を指導し、育て上げる人であるはずだ。
 
 次に、使徒は主が選んで用い、主の力と栄光を発揮できる人でなければならない。その点、トッドが主から選ばれた器で、聖霊のアウトポアリングによる力を受け、大いなる癒しを顕してイエスの証人になると言う、現代においてはまれな使徒としての重要な素質(資格)を持っていることをピーターは全く認めていないようだ。使徒とは、単に組織を作り上げたり、施政方針を決めたり、大局的に指図することだけがその職務ではないのである。

 さて、今回の「トッド事件」で私が気付いたことの一つは、6月23日の式で壇上に並んだ参列者の一人であったリック・ジョイナーが、ワグナー・グループのしていることを尊重して決して批判はしていないけれども、その式の内容を説明する際に一言も「使徒」「使徒的アラインメント」と言う言葉を使っていないことである。私の知る限り、彼は人から使徒と呼ばれても自分からは使徒であるとは言っていない。

ここで、9月19日にボブ・ジョーンズ夫妻とジェフ・ジェンセンから「主は2012年までに終末における真の使徒たちを立て、真の使徒組織が確立される」と言う重要な預言が発表されたことに触れたい。新約聖書では教会に五役者が立てられるとはっきり書かれているが、初代教会以来、特に終末の現在においては最も必要で重要な使徒職が未だ確立されていないのが事実である。その意味で今は最後の真の使徒の時代に移行する過渡期であり、過渡期には混乱が付き物だ。トッド・ベントレー事件がまさにそのよい例であろう。その混乱の時期に主は、これからの使徒のひな型の一人として若いベントレーを立て、それを支えるべく現代の使徒組織を代表するワグナーにアラインさせたが、どちらも不完全であることを世に示された。これは主が不完全なものを完全なものにされる前触れであり、今まで不完全であった教会を、究極的に主の花嫁として完成させる時期がいよいよ迫って来たことを示されたのであると信じる。それには真の使徒が絶対に欠かせないのだ。

そこで何はともあれ、先ずはその過渡期の使徒組織のリーダーとして長年ピーター・ワグナーが取って来た労に私は感謝する。
 ここで、トッドの監督者の一人、ビル・ジョンソンが何を言っているかをご紹介したい。

<トッド・ベントリーとレイクランド・リバイバルに関してのビル・ジョンソンからの手紙 2008年8月(17日)> 

 先週一つの大きな悲劇が明るみに出ました。レイクランド・アウトポアリングをリードしてきたリバイバリストのトッド・ベントリーがメルトダウン(溶けくずれ)してしまい、離婚の申請をしたのです。これはリバイバルにとっても彼と立場を共にした人々にとっても最悪のタイミングでした。

 6月に、チェ・アンとジョン・アーノットと私はレイクランドに行き、トッドの任命式を行ったのでした。私たち3人はトッドをサポートして立つ必要を感じたのです。彼に対する攻撃が大変激しかったので、私たちは彼の力になることが出来ると思ったのでした。ジョンとチェは、トロント・アウトポアリングに対して起こった大きな攻撃に耐えてきたという体験があったので、特に力になることが出来ると思われました。ピーター・ワグナーが式を監督し、リードをしてくれました。ピーターはこのリバイバルを彼としては支持していたわけではありませんでしたが、トッドが使徒的アラインメントを受けることが大切だと感じ、ピーター自身が批判されるかもしれないというリスクをとって、この役目を引き受けてくれました。

 私がレイクランドの壇上でトッドと共に立ったのは、彼が性格的に完全であるからとか、彼のレイクランド・リバイバルのやり方に全面的に賛成していたからではありません。私がレイクランドに行った理由はトッドに多くの敵がいたからです。彼は容赦ない批判と攻撃を受けると共に、時には知恵を欠くような過酷なスケジュールで生活していたので、この若者がやがて感情的にも、知性的にも、肉体的にも、霊的にも破綻することは目に見えていたのです。これと同じことが2年前に彼に起こりました。ですから再び起こる可能性は十分あったのです。彼一人が攻撃の対象とならないようにするのが、私の意図でした。しかし、それには既に遅すぎたという事実を私は知りませんでした。トッドは、自ら結婚を放棄し、ミニストリーのすべてから手を引いてしまわねばならないほど再びバーンアウトしていたのです。私はトッドが悪い選択をしてしまったことに対して彼の反対者を決して責めませんが(そうなったのはトッド一人の責任です)、彼ら批判者の攻撃は彼らが考える以上にトッドに深刻な影響を与えました。

 これから何をすればいいのでしょうか?トッドとシャナのためにどうか祈ってください。彼らの結婚と人生が完全にいやされるようにと。そして、彼らをカウンセリングする人たちに、偉大な知恵があたえられるようにと。カウンセリングの詳細はお知らせ出来ないかもしれませんが、私たちがこの悲劇に癒しと秩序をもたらすために、可能な限りのことをしていることをどうかご理解ください。(ビル)

 私はこのビル・ジョンソンの手紙から大きな感銘を受けた。彼は又、彼のホームページで、6月と5月にも下記のようなコメントを発表しているので付記したい。これは多くのトッドの批判者からの「一体どうしてあなたはトッド・ベントリー(のような者)を支持することなど出来るのか?」という質問に対しての答えである。

「あなたはトッドと時間を過ごしたことがありますか?彼を知っていますか? 彼が妻と一緒にいるところにいたことがありますか?
 彼が自分の子供たちとどのような関係であるか見たことがありますか? 彼のスタッフと一緒にいたことがありますか?
 彼のミニストリーの場に行ったことがありますか? 彼があなたのミニストリーの場に来たことがありますか? 彼に手を置いて祈ったことがありますか?
 彼があなたに手を置いて祈ったことがありますか? 悲劇が起こったとき彼と一緒に悲しんだことがありますか? 勝利を共に祝ったことがありますか?
 彼があなたにアドバイスを求めてきたことがありますか? 彼があなたのアドバイスを受けるために遠くから来たことがありますか?
 彼のアドバイスを受けたことがありますか? 彼と一緒に部屋にいて、彼に神が顕われ、彼をつかって驚くべき奇跡をされるのを見たことがありますか?
 彼が知識の言葉を用いたり預言的に働くのを見たことがありますか? 彼の長老たちに会ったことがありますか?
 彼の賜物によってあなたが祝福されたことがありますか? あなたの賜物やミニストリーによって彼が祝福を受けたことがありますか?
 彼が神にある人としてあなたに敬意を表したことがありますか? 彼が友人としてあなたとパートナーになったことがありますか?
 彼のために、また彼の家族のためにあなたが犠牲を払ったことがありますか? 彼と一緒に神を求めたことがありますか?
 彼と一緒に神をワーシップしたことがありますか?
 ないでしょう。私はあるのです。私はこれからも、人生やミニストリーにおいて共に歩んだ人たちをサポートし続けるでしょう。トッドは私の友人です。それよりも重要なのは、神がトッドを友と呼ばれるということです。そしてもし、あなたと私がそのような深いレベルの友人であるとしたら、もし人々があなたを憎みあなたに敵対し、ウェブ・ページであなたのミニストリーをこき下ろし、あなたの友人にあなたの批判をし、キリスト教の雑誌にあなたへの反対を書き、ラジオで批判し、カンファレンスのスピーカーや著者たちにメールを送ったとしても、私はあなたの友であり続けるでしょう。
 ついでに言いますが、質問の形をした批判は質問ではありません。しかし、あなたの「一体あなたはどうしてトッド・ベントリーを支持などできるのですか?」という言葉にお答えしましょう。簡単です。神の御名によって私は彼を支持するのです。(ビル)

2008年5月

 トッドは私の良い友人ですが、それよりも重要なことは、彼が神の友であることです。彼ほど神に飢え渇き、長期間神を求めて時を過ごす人を私は他にあまり知りません。神が彼に並外れたアウトポアリングを委ねたのは、理由があるのです。それは神が言われることはどんなことでも、他の人が何と言おうと、トッドはその通りに従うという信頼を神は彼に対して持っておられるからです。彼は驚くほど大胆です。今起こっている奇跡は本物であり、ますます増えています。アメリカの教会は大いなるリバイバルを求めてきました。神はこのムーブメントを、誰も想像しなかったような形で私たちに与えられました。それはまさに、私たちが飢え乾いていると言っていたのが本心だったかどうかを神が見られるためです。(ビル)

 上記のビル・ジョンソンの言葉に私は真の使徒的な愛を感じる。これこそ真のクリスチャンの兄弟からの言葉ではなかろうか。

ベントレーを立てられた神のご計画は何であったのか

 今まで私は、人間がどのようにトッドを見て来たかを中心に書いて来たが、実ははっきり言ってそれは二の次の問題であって、私が最も知りたいのは神のお考えである。何故神は、それ程「不完全な人間」ベントレーを癒しのリバイバルの少なくとも先導者として用いられたのか、それが知りたいのである。私は人が批判すればするほど益々トッド・ベントレーなる男のことを知りたいと言う思いに駆られ、彼の生い立ちを少し調べてみた。
 
 それで分かったことは、彼は、言ってみれば人間社会のくずの掃き溜めのような家庭で育った人間であると言うことであった。小学校しか出ていない麻薬中毒症で19歳の父親と、10歳年上の母親の間に生まれたトッドは、一年足らずで母親が労災で耳が聞こえなくなり、それが夫婦間だけでなく、トッドとの間で必要な母子の愛の会話を取り去り、全く愛のないすさんだ家庭にした。トッドが4歳のとき母親は無能力な夫を追い出して離婚したが、父親はその後子供のサポート金を一度も送ったことがなく、不具者の母親の労災の保険金とわずかな政府からの補助金で、食べる物も着る物も満足にない貧困の中で育った。再婚し疎遠となった父親に対してトッドはその愛に飢え、とりすがろうとしたが、父親は全く彼を無視し続けた。結局トッドは両親のどちらからも愛らしいもの、又、しつけらしいものも一切受けていない、全くの崩壊家庭で野放しに育った。11歳で飲酒とセックスをおぼえ、12歳で父親に教えられて麻薬を知り、13歳でタバコ、それに悪魔的な音楽とオカルトの世界にのめり込んだ。学校の成績は常に最低で中学二年の時退学させられ、それからは喧嘩、盗み、放火、麻薬、そしてギャングの世界に入り、ついに16歳で未成年者の監獄入り、5度刑務所を転々とした。そこから出てくると3つのフォスター・ホーム(里親)を渡り歩くと言う悲惨な青春時代を過ごしたのである。
 
そのようなトッドを、神は人間のゴミ捨て場から拾って来て蘇生させた。トッドは一度神の愛を知ると、今までの飢えを一気に満たしたいかのように神とその愛にしがみつき、神を愛して離さなかった。そのような彼に、神は、必要な若いクリスチャンの友人を与え、小さな教会とユースのミニストリーに出入りさせ、カトリックの家庭で世の穢れとは全く縁のないように育ったシャナと言う「つり合わない」女性に出会わせ、結婚させた。トッドは神学校に行ったこともなく、いわゆる「キリスト教業界」の宗教的且つ人間的な神学とかやり方に毒されていない。守られているのだ。聖書を聖霊から教わった。彼のあこがれはブラザー・ローレンスであり、神と親しく時間を過ごし御声を聞くことを最高の楽しみとした。ある時彼は、製材工場で働いていて怪我をし3ヶ月休んだ。その時妻から、彼が働いていると思って労働時間中一人で部屋に閉じこもり神と時を過ごすことを許可してもらい、3ヶ月間一日4-8時間神と親密な時間を過ごしたと言う。これ以上は、既にビル・ジョンソンが言ってくれたので、トッドがどれ程神と近しい「友人」であるかと言うことを私が言う必要はない。これこそ使徒たる最も重要な条件ではないか。

しかし一方で、トッドは全く問題だらけの未完成の人間であることも私は強調する。人間は家族の暖かい愛の中で、しかも「愛のしつけ」をもって育てられたかどうかで、その人の性格とか生き方が大きく影響される。その点トッドは愛のない不幸な家庭で育ったので、彼があまりにも過激なミニストリーの重荷に耐えられないほど疲労困憊した時に、たとえ妻とか子供、あるいは周りの人たちにひどい言葉を吐いたり、酒を飲んでうさをはらし、他の女性に慰めを得ようとして罪を犯し、うそを言い散らしたとしても、それは彼の生い立ちの中で深く根を下ろした非行のライフスタイルが未だ完全に断ち切れてないことを物語っていることではないのであろうか。確かに彼はクリスチャンになって14年経つが、私たちと同じように聖霊が目下更生中の人間である。彼の人間的性格がそうすぐ変わらないからと言って彼を責めるとすれば、それはあるいは聖霊を責めていることにならないか。

 何故イエスは「『心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』また、『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』とあります。」(ルカ10:27)と言われたのか。トッドは曲がりなりにも「心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を」愛そうとして来た。だからこそ神はトッドを本当にいとおしく愛しておられるのである。

 しかしその後で、主は「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」と言われた。何故か。それは、人間が罪だらけとなったのは元々人間の責任であり、神は私たち人間が、罪だらけのお互いを赦し、愛し、励まし合うことによって「神に似た完全な人間」になることを望んでおられるからではないのだろうか。クリスチャンとは一つの「キリストのからだ」になることである。身体の部分同士が愛し助け合わずに完全なキリストのための一つの身体になれるであろうか。私はこれこそ「教会」に与えられた最大の責任であると思う。

 教会には人間的・宗教的で「大きな罪は犯さない」が、その代わり「それ程神を愛さない、人も愛さない、何もしない、何も出来ない」人が大勢いる。一方好きな女を横取りし、挙句にその優秀な戦士の夫を殺してしまうと言う大罪を犯したダビデ、主を三度否んだペテロが二人とも聖書の大英雄であるのはなぜだ。主は彼らを愛され、大きく用いられた。トッドはこの二人に劣らない罪人であるかもしれない。しかし、私たちにとって癒しのリバイバルの先導者として、主を過激的に愛し、主が用いられた貴重な兄弟である。真の使徒の素質を示してくれたその人を教会は本気で裁いて潰す気なのか、私はそれが聞きたい。

 今回神はトッド・ベントリーを敢えて轟々たる批判と混乱の真っ只中に突き落とされたように思う。それは神が彼をこよなく愛するからだ。トッドを聖い人に、もう一つ高いレベルの人間、真の使徒として完成させる以外のことを考えておられないと確信する。もう一度言う。トッドは人間的にまだまだ未熟で、罪だらけの人間だ。だからこそ、これからベントレーは肉も魂も霊も聖くならねばならない。神はそのための厳しいプロセスを始められたのだ。そのために三人の監督官の働きに私たちも参加し、少なくとも祈りで支援することを神は望んでおられると思うのである。なぜなら、くどいようだが、私たちが同じ「キリストのからだ」の一部として、お互い弱い者同士が愛し合い、祈り合い、助け合い、皆が一つのからだ、一人の花嫁として完成されねばならないからである。

今回私は、その未完成のタッドがどのようにして癒しの人になったか、あるいは神に用いられる人間になったのかと言う点で大いに学ぶことが出来たし、又、彼からインターネットの画面を通して油注ぎの分与を受けたことも大変な恵みであった。
癒しのリバイバルは始まったばかりだ。これからいよいよ、世界中の私たち「教会」が実行し広げて行かねばならない重要な使命の一つである。そのために主の火付け役として重要な役割を果たしてくれたトッド・ベントレーは私たちにとって他人ではないし、過去の人間でもない大切な兄弟の一人である。神の御国のためにトッドの回復を心から祈る。 

最後に、9月はElulエルルの月、そして今年は30日がロシュハシャナ(新年)に当たり、それから贖罪の日に向けての10日間(全部で40日間)は特に、私たちが心から悔い改めるシーズンである。私は2008年から2009年にかけて更に大きな期待をもって主を見上げる。そのために、今と言う時に、神が私たち教会にトッドのよいところと悪いところを見せ、私たち自身の教訓とするようにと言うのが神からのメッセージであると思うのだ。そのことを主に心から感謝し、私自身の至らなさを主の前で悔い改め、新しい年を迎えたい。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-10-02 04:10 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 打ちひしがれた魂はどこに神を見... その後のトッド・ベントリーに関... >>