新たなハーモニー、新たな音 チャック・ピアス 08年11月29日

新たなハーモニー、新たな音、新たな軍隊が地上に起こる!

チャック・ピアス 



変えられている聖徒の皆さんへ

今は多くのことが変化しているときですが、その中で主が「凱旋する予備軍」について私に語ってくださいました。それを日曜日の集会で人々に話したとき、神の御霊が臨在をもってみんなを圧倒し、預言の言葉と新しい歌とを与えてくださいました。これから新しいシーズンに入るに当たって、これを読んで心にしっかり受け取ってください。

凱旋する予備軍

主の言葉。「わたしが今まで整え備えてきた予備軍を呼び出す時が、今こそ来た。予備軍は“舞台のそで”や“棚の上”で、彼らを荒野から呼び出すわたしの言葉が発せられるのを待っていた。時は今だ! 時は今だ! 時は今だ!

予備軍は、待つことによってそれまで持っていなかった力と栄光を身に帯び、ついに今、意気揚々と進み出てくる。整列した軍隊は美しさに輝いている。多くの者が『この荒野から上ってくる人は誰だろう?』と言うであろう。 
彼らが閉じ込められていた牢獄から解き放たれて行進し始めると、今まで見ることができなかったような強さと力で彼らは輝くであろう。彼らは変えられたレムナントになる。あなたも凱旋する予備軍の一人として指名されているのだ。

あなたは大混乱の真ん中に立つであろう。そしてあなたを取り囲む主権者たちにむかって、ヨセフの虹色の外套のように、大いなる恵みと知恵が豊かに示されるシーズンがくるであろう。
わたしが来るときには美しさがもたらせる。このマントルはあなたの前で広げられ、あなたを新しいやり方で被い包む。あなたは自分の自由と栄光のマントルが今までは人に見えないようにたたまれていて、わたしの真の民が誰であるかをこの世が見ることができないようにして来たことを今まで理解できなかった。

わたしはこれからの14ヶ月のうちに様々な変化をもたらし、それによってマントルが見えるようにする。わたしは人がするすべての決意・決定を見逃さない神である。わたしは歴史の神である。わたしは現在の神である。わたしは将来の神である。わたしは過去においてなされた多くの決定を見て来たが今それ(その結果)が現れる始めている。しかし今、わたしが過去と現在とを取って、あなたの未来が目で見えるように顕すのをあなたは見るであろう。 

わたしは、今詮索され攻撃されている、“あなたが相続するもの”が確保できるようにするために、新しい指令を下す。あなたの聖なる住まいに帰りなさい。なぜならばあなたは自分の感情のほしいままに千じに乱れ、収拾つかなくなるまでに放置したからだ。今というときにわたしのレムナントが、わたしがひろげているマントルを着るためには、聖さが必要なのである。」

新しい歌が湧き出た

「変革の音が今ここに
変革の音が地を満たす
知恵の声が流れくだる
恵みの声が花の冠のように降りてくる
変革の音が今ここに
変革の音、新たな日
わたしは勝利の地へとあなたを呼び戻す
安息の地へと呼び戻す
勝利の地へと呼び戻す
安息の地へと呼び戻す
愛は私の過去には気をとめない
愛が振り返るなと言う
愛が主の御腕の中にあなたを包む
愛は私の過去に気をとめない
愛は振り返らない
出て来なさい、出て来なさい
わたしはあなたを愛しているのだから
愛が私の過去を覆う
愛が私の過去を覆う
私はもう後ろを振り向かなくてよい
主がわたしの過去を覆うため死んでくださったから」
(メレディス・モウルデン&ジョン・ディックソン)

神の安息の場所に戻る

「 この地でわたしの民がするべき聖なる帰還がある。彼らは後ろに下がって、わたしが彼らの前を行くのをよく見てその後についてゆかねばならないからだ。わたしはあなたの先を行く神であり、わたしがこの日に行くべき道を知っている神であることを認識しなければならない。行く手の道が分かれて軍隊が正しく進めなくなる前に、後ろに下がりなさい。下がってあなたの安息の場所に戻りなさい。
わたしのうちにある聖なる安息の場所に戻りなさい。閉じ込められ栓をされていたあなたの中の信仰を、わたしは目覚めさせ、重要な時と場所にあらわれるようにする。わたしはあなたの使命を新たにする。聖なる帰還が起こる。

わたしの民は住まうべきところに留まらねばならない。敵があなたをわたしの住まいからおびき出す時には、それがどのように正当な理由に思えても、わたしの臨在の力の外に出るならば、あなたは敵が様々な領域に入りこみ忍び込む権利を敵に与えてしまう。それを許してはならない。もし許せば、敵に治める権利を与え、敵の管理体制に入ってしまうであろう。

わたしは今、新しいやり方で人々をわたしが召し出すことができる場所まで彼らを帰還させているときだ。新しいワーシップのかたちがある。わたしの心の中には人々に礼拝の仕方、いけにえを捧げる方法を変えてほしいと叫ぶ思いがある。わたしのもとに来て新しい聴き方をせよ。熱心に耳を傾けよ。 

今はあなたが立ち上がらねばならない時である。未踏の高嶺まで昇ってこなければならない。膝をかがめてワーシップし、上に昇って来なさい。今、(わたしに完全に)服従することなしには、この地上でのわたしの霊の動きを見ることはできない。

わたしは覆っている

わたしは地上の多くの場所をひなをかえすように覆っている。政府、経済、又、霊的組織の上を。そして今までそれらの組織が機能していた構造を変革している。あなたのこころの中で、わたしより上の位置をしめているものを取り除きなさい。わたしより上に置かれているすべての画策や目標は取り除かれなければならない。

これからはあなたがたの心に「自由」がなければならない。その新しい自由はわたしがあなたがたに示す道を進ませる。自由への叫びとワーシップをしたいと求める叫びは、これからの時代にあなたがたを救うであろう。あなたは今まで自分たちの国の権威というかさの下で自分の自由を得ようとして来た。しかしわたしは言う、もっと真の自由とはどういうものであるかを理解することができる、より優れた道を悟りなさい。あなたたちはこの世の政府のする業がどんなものであるかを本当には理解していない。

立ち上がれ。あなたの自由は人間の声の中にあるのではなく、わたしの声とあなたとのリレーションシップ(関係)の中にあるのだから。聞け、聞け、聞け。今はわたしの声を知らねばならない。束縛からお前を導き出すのはわたしだ。未来への扉を通らせるのはわたしだからだ。わたしの声を知りなさい。そしてこれからの日々にわたしと一つになることを熱望しなさい。わたしの言葉を話す人たちに熱心に耳を傾けなさい。すべてを注意深く聞き、ただわたしの言うことだけを聞きなさい。

新しいワーシップ

新しい方法でわたしをワーシップして、昇ってきなさい!(キース・ピアス)あなたの足に鎖があるのが見える。あなたがワーシップをするときに敵があなたを引き止めているのだ。あなたを引き止めようとしている鎖と戦いなさい! 深いワーシップに進んでいけば、わたしは鍵を管理しているものを送り、あなたの足の鎖の鍵を外して自由にし、昇ってこれるようにする。今あなたがわたしの臨在の中に来てほしいのだ!

昇るようにがんばれ。がんばれ。ワーシップの中で叫んで昇って来なさい。昇るべき日があなたに来ているのだ、天国が開いたのだから。昇るために立ち上がれ。わたしはオーケストラを召しだしている。地の上に新しいハーモニーを創りだす音がする。地上のハーモニーは今変化している。混沌の最中にわたしのハーモニーの音を聞き分けねばならない。」

新しい歌が湧き出た

「我らは主のハーモニーに合わせて行進する
我らは主のハーモニーに合わせて行進する
我らは主のハーモニーに合わせて行進する
主が遣わすところどこにでも我らは行く

我らは主のハーモニーに合わせて行進する
主のハーモニーに合わせて
我らは主のハーモニーに合わせて行進する
主の言われるところどこにでも行く
主のハーモニーに合わせて

われらはあなたの声を聞き、今あなたの道を見る
音-この音を聞け
この音があなたを前に進ませる
この音を聞け
音があなたを前進させる
振り返るな、振り向いてはならない
あなたを引き戻すものはない
振り返ってはならない、鎖はもうない。

われらは前進する
もう引き返さない
われらは前進する
もう引き返さない」
(ローレン・オーブリー&タミー・ブラック)


わたしのハーモニーに歩調を合わせよ

「あなたたちの血液の中を流れる多くの音がある。国々の血なまぐささをわたしが変えている音がする。わたしのハーモニーと地とに歩調を合わせよ。わたしは国々をわたしの新しい秩序に変えるために揺り動かしている。
木々は手を打ち鳴らし、その根は新しい組織になっている。前のシーズンでは実らなかった実が、わたしの民の目の前で、今年、たわわに実りはじめる。

わたしはあなたたちが将来選びとるべき橋をつくっている。これらの橋は様々な分裂という亀裂の端から端まで架けられる。あなたたちが渡るべき信仰の橋を見つけ出せ。その橋の真ん中でわたしはあなたと出会い、あなたを新しいレベルへと上げる。しかし、あなたが歩き始めねばならない。あなたはわたしが見るように国々を見るようになるであろう。

敵のつま先があなたの心の中に踏み込んだ。今わたしはあなたが敵に正面から立ち向かうようにさせる。敵はまだつま先で入ったに過ぎないのだから。敵は足をもう踏み入れたとあなたに信じさせようとしている。あなたは語るべき言葉をすぐそばに持っている。その言葉を語り、敵に宣言せよ。敵がつま先を入れていた過去はもう去らねばならない、と。あなたの足が今まであなたを支配していた敵の頭の上に置かれるであろう。」

新しい歌が湧き出た

「主の軍隊の前で敵は身震いする
主の軍隊の前で震える
歌は恐ろしい言葉よりも高く響く
あなたの御前でみな震える

震える音がする、臆することのない憤怒の
震える音、臆することのない憤怒の
あなたは臆するか、それとも憤怒するのか?
主を王とする軍隊の響きだ
これは主を王とする軍隊の響きだ」
(アロン・スミス&レアン・スクワイヤー) (終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2008-11-29 09:24 | アメリカからのメッセージ
<< 御国で必要な全き信仰の祈り  ... 秋の日本旅行の報告 その2  ... >>