兄弟の番人    ラリー・オカシオ  2009年1月4日

兄弟の番人

ラリー・オカシオ


創世記4:8−9
しかし、カインは弟アベルに話しかけた。「野に行こうではないか。」そして、ふたりが野にいたとき、カインは弟アベルに襲いかかり、彼を殺した。主はカインに、「あなたの弟アベルは、どこにいるのか。」と問われた。カインは答えた。「知りません。私は、自分の弟の番人なのでしょうか。」

父なる神にとって最も大切なことの一つは、「人間 同士のつながり、関係」です。このことは神がカインを叱責し厳しい罰を与えたときに、何度もカインとアベルとの関係を強調したことから分かります。主はカインにアベルのことを問いただしたときに、アベルを単に一人の人としてではなく、「あなたの弟アベル」と言って訊ねています。主が怒ってカインに話をされた時、アベルの名前を言われた回数の2倍もカインのアベルとの関係(弟)に言及されておられます。

創造の当初に、この生々しい話が私たちに与えられているという事実によって、神が人間関係を非常に重要視しておられることが強調されています。そして人間関係のテーマは聖書全体を通じて何度も繰り返されています。兄弟、姉妹、夫、妻、指導者、部下等の関係に関して書かれていることはすべて、主が喜ばれることは何か、悲しまれることは何かを私たちに教えているのです。 カインの 「私は自分の弟の番人なのでしょうか。」という問いに対して、今日私たちも答えなければなりません。

ガラテヤ6:2
「互いの重荷を負い合い、そのようにしてキリストの律法を全うしなさい。」

現実的、実践的な形で私たちは、自分の兄弟姉妹が霊的に、又しばしば物理的にもですが、どのような状態にあるか把握していなければなりません。主によって用いられるために必要な基本的なことの一つは、他人の痛み、苦しみ、弱さを理解し同情する能力です。私たちはクリスチャンとしての旅を共にしていますが、その旅は 自分一人では出来ないように神はデザインされたのです。イエスでさえあがないの御業を完成させるために重荷を負ってくれる助けを必要とされたことは、この重要な真理を浮き彫りにしています。

ルカ23:26
「彼らは、イエスを引いて行く途中、いなかから出て来たシモンというクレネ人をつかまえ、この人に十字架を負わせてイエスのうしろから運ばせた。」

悲しいことに今日私たちの多くは一人で独立して生きていて、兄弟や姉妹が重荷を負って苦しんでいるのがわからないのです。最近私が住んでいる地方で、多くのティーンエイジャーの自殺があったことは、社会に大きな警笛を鳴らし、人々はそれを無視できなくなりました。私たちの影響下にある 多くの人たちも、助けや導き、あるいはただハグされることを必要としているのです。多くの者が見逃してしまうことですが、主は「キリストのからだ」を、みんなの成功をつなぎあわせるように造られたのです。あなたも私も ただ一人で主にある高みに登るようにとは召されていず、兄弟姉妹を一緒に連れて行くようにと召されているのです。

民数記32:17−18
「しかし、私たちは、イスラエル人をその場所に導き入れるまで、武装して彼らの先頭に立って急ぎます。私たちの子どもたちは、この地の住民の前で、城壁のある町々に住みます。私たちは、イスラエル人がおのおのその相続地を受け継ぐまで、私たちの家に帰りません。」

この原則は、イスラエルが約束の地に入ろうとするときに、二つ半の部族がヨルダン川の東側に残りたいと望んだ、この旧約聖書にある話によく表されています。主から彼らに課された条件は、彼らも他の兄弟たちと共にヨルダン川を渡り、共に戦い、すべてが相続地を受け継ぐのを助けるというもので、その後、川の反対側の自分たちの相続地に帰ることが許されたのでした。

私たちは、自分の個人的な神の目標を達成するだけでは十分ではないのです。他の人々がそれぞれの目標に達するのを助けることにも、私たちは召されているのです。もしあなたの結婚生活が祝福されているならば、他の人たちの結婚生活のために祈りで戦っていますか? あなたの助けを必要としているシングル・ペアレントや問題を抱えている家族を知っていますか? 現代のティーンエイジャーや クリスチャンになったばかりの人を訓練することに関わっていますか? それとも自分の問題、関心事、夢とかにだけで心がいっぱいになってしまっているでしょうか?

ピリピ2:3−8
「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。自分のことだけでなく、他の人のことも顧みなさい。あなたがたの間では、そのような心構えでいなさい。それはキリスト/イエスのうちにも見られるものです。キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。キリストは人としての性質をもって現れ、自分を卑しくして、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われたのです。」

一つだけ守りきる価値のあるものといえば、神のようであることでした。しかし、イエスは正にその逆をしたのです。主はご自分の神性を捨て、主の人間性によって私たちが益を受けられるようにとされたのです。その結果、主が模範を示してくださったすべての関係は、「神と人」の関係ではなくなり、神と正しく結ばれた一人の人間が、その兄弟姉妹をどのように扱うことが出来るか、又、扱うべきか、を教示するものとなったのです。

ヨハネ15:13
「人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」

この聖句をただ肉体的な死にだけ適用するならば、このみ言葉や、更にはキリストのあがないの御業に対しても不当なことをしているのです。確かに誰かのために死ぬことは高貴なことに違いありませんが、その人のために生きることはもっとよいことです。イエス・キリストの死は大きく扱われ、それは勿論正しいことですが、実はイエスはあなたや私のために死んでくださっただけではないのです。主は私たちのために生きてくださったのです。主はただ一度の勇敢な行為、救済の御業をしてくださったのではなく、全生涯を通じて無私の献身をすることを決意されたのです。それと同じように、神は私たちが兄弟姉妹のために死ぬことを強く望んでいるのではなく、むしろ私たちが彼らのために生きることによって彼らとの関係を大切にすることを望んでおられます。

ですから、「そうです。あなたは兄弟の番人です。」というのがカインや私たちに対する神の答えなのです。私たちは積極的に兄弟姉妹を助ける機会を探し求めるべきです。なぜならば、カインは エネルギーを使い、計画を練って、意図的に弟を殺害するという凶悪な犯罪を犯したのですから、私たちが犠牲的な行為により兄弟を生かすためには、エネルギーと計画と意図が必要なのです。

第一ヨハネ4:20−21
「神を愛すると言いながら兄弟を憎んでいるなら、その人は偽り者です。目に見える兄弟を愛していない者に、目に見えない神を愛することはできません。神を愛する者は、兄弟をも愛すべきです。私たちはこの命令をキリストから受けています。」(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-01-04 07:59 | アメリカからのメッセージ
<< 南イスラエルからの戦況速報 ... 時を知る   リック/ジョ... >>