「この世は揺り動かされ始めた」 坂  達 也 2009年3月5日

「この世は揺り動かされ始めた」
                          坂  達 也


1.「真理とは何か」

これはピラトがイエスに聞いた有名な質問です。(ヨハネ18:38)普通の人間で、この質問について考えてみたことのない人は恐らくいないと思いますが、古今東西の哲学者、宗教家、科学者は皆この「真理」を探し廻って来ました。「宇宙の大真理とは何ぞや」から始まって、「人生とは何か」、あるいは広い意味では「どうすればよいのか」「何が良い方法であるのか」と言う実生活における真理に至るまで、人間は真理を求め続けて来ました。本当に真理とは何でしょうか。

先ず真理を辞書で見れば「正しい道理。だれも否定することのできない、普遍的で妥当性のある法則や事実。」(ヤフー辞書)とあります。英語ではTRUTHですが、「証明された命題・定理・真実・事実、あるいは実存、正確なもの」と説明されています。

それでは聖書はどのように言っているのでしょうか。興味のあることに、へブル語中心の旧約聖書とギリシャ語による新約聖書では概念的に少し違いがあることに気が付かされます。旧約聖書では、その人が本当に信頼に足る人か、どれだけ忠実・誠実であるか、その行いが善か悪か、その人が正直で事実・真実を語っているかどうか、と言うようなモラル面に重点が置かれ、人間が対象にされています。

それが新約聖書では、知的(論理的)・客観的・観念的な事実とか法則に重きが置かれるようになりましたが、イエス・キリストにおいて新旧約聖書両面の真理に対する考え方が集約され一つになったと言えます。すなわち、創造者の神(父、御子、聖霊)こそが永遠に存在する方で、不変であり、常に正しく、しかもその方の性質も、お考えも、言われること、なさることの総てが真実で、「永遠不変の絶対的な真理」そのものであることを示しております。

それをイエスは「わたしは道であり、真理であり、命である。…」(ヨハネ14:6)と言い表されました。「真理とはイエスご自身である」と言われたのですから、これ以上の明確な答えはありません。しかしキイは「わたしは道であり」にないでしょうか。
時を超越した永遠に不変の存在である神は絶対に変わることはありませんが、タイム(時)とスペースの移り変わりの中に住む私たちは、それぞれの時と状況下において数ある多くの神の不変の真理のどれをどのように適用して行くべきかを知る必要があります。これは神からの「知恵」と呼ぶことが出来ますが、それを常にご存知なのがイエスである訳です。

イエスは「恵みと真理とに満ちている方」であり、(ヨハネ1:4)イエスの御霊が私たちを「すべての真理に導き入れ」(ヨハネ16:13)て下さるのです。そして、そのイエスが「あなた(父)のみことばは真理です。」(ヨハネ17:17)と言われる通り、私たちは聖書に書かれた御言葉(恒久的真理)と、聖霊を通して時とスペースの中で適切に語られる父の御言葉(預言、啓示)の両方を常に必要とし、その真理を理解しなければなりません。

イエスはそのことを別の御言葉で次のように説明されました。「…わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」(ヨハネ18:37)ポイントはいつもタイムリーに「わたしの声を聞く」にあります。

さて、人間が真理を追いかけて止まない理由は、この世には真理でないものが余りにも多くあるからです。その「真理でないもの」とは神に不忠実なものであり、それが「罪」です。人間を罪に導いたサタンの総ての業は「うそ」「ごまかし」であり、神にたてつくものです。従って私たち人間が作り上げたこの世の社会は「真理でないもの」で充満しています。

2.今のシーズンに神がなさろうとしていることは何か

それは人間の中でも、特にクリスチャンの持つ罪と罪の性質をより集中的に洗いきよめることにあると私は信じます。勿論、私たちのみならず、どの時代に生きたクリスチャンでも皆この「きよめ」のための長いプロセスを通されて来ましたから、そのこと自体は特に目新しいことではありません。しかし、神は今それを加速されようとしておられます。しかも、もっと激しく徹底的に訓練をされようとしておられるのです。なぜなら、いよいよその総仕上げの段階、完成の時が近づいて来たからです。

黙示録22:11に「不正を行なう者はますます不正を行ない、汚れた者はますます汚れを行ないなさい。正しい者はいよいよ正しいことを行ない、聖徒はいよいよ聖なるものとされなさい。」とありますが、いよいよそれが実現する、この世の終末における最終段階に入ろうとしています。同じことをダニエル書では、終わりの時に「多くの者は清められ、白くされ、練られる。逆らう者はなお逆らう。逆らう者はだれも悟らないが、目覚めた人々は悟る。」(ダニエル書12:10)と言われました。

神に従順な者と逆らう者がふるいいにかけられ区別される時がいよいよ目前に迫って来たのです。それはクリスチャンが真に「キリストに似た者」となり「小羊の妻である花嫁」として完成されるためです。

「あのときは、その御声が地を揺り動かしましたが、今は次のように約束しておられます。「わたしはもう一度、地だけではなく天をも揺り動かそう。」この「もう一度」は、揺り動かされないものが存続するために、揺り動かされるものが、造られたものとして取り除かれることを示しています。 このように、わたしたちは揺り動かされることのない御国を受けているのですから、感謝しよう。感謝の念をもって、畏れ敬いながら、神に喜ばれるように仕えていこう。 実に、わたしたちの神は、焼き尽くす火です。」(へブル12:26-29)

上記で「天をも揺り動かそう」と言われたのは、黙示録12章に書かれている「天に戦いが起こって、悪魔とその使いどもが地上に投げ落とされる時」を意味しているように思えます。そして大患難を迎えます。確かに大患難の中を通ることは、神を信じない者にとっては懲らしめ、あるいは「さばき」です。しかしクリスチャンにとっては最後の総仕上げの大訓練であるのです。そのことがダニエル書3章に書かれています。

王の像にひれ伏して拝むのを拒んだシャデラク、メシャク、アベデ・ネゴに対して怒ったネブカデネザル王は、彼ら三人を縛って普通より七倍熱くした火の燃える炉の中に投げ込みました。すると火の中で三人ではなく神の子を含む四人が歩いているのが見えたので、王は彼らに出て来るように命じました。出てきた三人は「火は彼らのからだにはききめがなく、その頭の毛も焦げず、上着も以前と変わらず、火のにおいもしなかった。」(3:27)のでした。これこそ罪が完全に拭い去られて聖められ「イエスに似た者」が大患難を通ったときの姿ではないでしょうか。
こうしてこの世から一切の罪のものを消し去り、「揺り動かされないもの」だけを残すために、神は「焼き尽くす火」となられ、私たちにとっては大患難と言う炉の中を共に歩いて下さいます。

3.この世の政治・経済は今根底から揺さぶられ始めた

この世を「揺り動かされることのない御国」にするために、神はこの世を揺り動かすことを既に昨年から始めておられます。私たちは今未曾有の世界的経済恐慌の中に投げ込まれました。
リック・ジョイナーは最近の預言的カンファレンスで、この世の経済は人々の予想を遥かに超えて、もっともっと悪くなることを主からはっきり示されたと言っています。「大きな政府」機関によって総てを支配し指導しようとするデマンド・サイドのケインズ経済学は最早全く通用しなくなり、最終的にはレーガン大統領が主張した小さな政府―税金を減らし、出来るだけ政府を通さないで、むしろプライベイト・セクターにまかせる経済策である「レーガノミックス」が効を奏し、うんと縮小された形で生き残る、と言います。そのために現在の経済原理の悪い根が取り除かねばならず、それにはかなりの時間がかかるが、しかし最後は神によって助けられ、小さく健全な経済規模となって回復すると預言しています。

日本でも最近特に政治の貧困が叫ばれています。アメリカのオバマ新大統領も精力的に対策を講じていますが、今の政界・財界の専門家で本当に何をすればよいかを理解している人はほとんどいないと言われ、多くの政策が明らかに間違った方向に進んでいることをジョイナーは指摘しております。

又政治・経済だけでなく、世の中のモラルは廃頽の一途にあります。その上、心配されて来た鳥インフルエンザ等の疫病がこれから世界を風靡するでしょうし、地震とか異常気候による天変地異による莫大な被害が予想されます。それに加えて戦争が起こります。

黙示録8,9章等で預言されているように「地上の三分の一が焼け、海の三分の一が血となり、太陽、月、星、昼間の三分の一が光を失い、ついには人類の三分の一が殺される」と言う大きな「わざわい」が、それ程遠くない将来にこの地球上に本当に起こるのです。その兆候は既に至る所で見え始めています。

いよいよ黙示録の預言のことばが現実のものとなる時が来ました。「見よ、わたしはすぐに来る。この書物の預言の言葉を守る者は、幸いである。」(黙示22:7)「この書物の預言の言葉を、秘密にしておいてはいけない。時が迫っているからである。」(同22:10)と言う主の再三の警告に真剣に傾聴する時です。アメリカでは一昨年来マイク・ビクル、GodTVのローリイ&ウエンディー・アレックを始めとする多くの預言的な人たちによって黙示録が真剣に見直されて来ており、今ではその御言葉を目前に逼迫する現実のものとして多くの人が真剣に祈り始めています。

多くのクリスチャンは、前述した大患難の前に携挙されるので自分たちは患難を通らない、関係ないと(これをプリ・トレビレーション説と呼びます)高をくくっていますが、本当にそうでしょうか。
人間はなまじっかの試練・災難では本当に「神のみに頼る」「主に従う」ことに徹底出来ないか、又はしようとしないのです。口では「神に頼る・委ねる」と言いながら、何でもつい自分の考えとやり方でやってしまう癖(罪の性質)があまりにもつき過ぎているのです。

私たちキリストの花嫁を主は「ご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせる」(エペソ5:27)というご計画であるのです。それが「キリストのからだ」である「教会」と言う大きな規模で達成されるためには、本当に世界中が火の中を通る程の患難を経験しなければならないことは想像に難くないではありませんか。人間から「罪を洗いきよめる」とは本当に至難の業です。死を通るに等しいのです。
しかし、私たちクリスチャンは死を恐れる必要は全くありません。(既に主のために死んでいるはずなのですから。)たとえ殺されたとしても、主のために死ぬことは「栄光ある殉死者」として、天の御座の前で昼も夜も神に仕える最高の特権が与えられるのです。(黙示録7:9、13-17参照)

神がこの地球を造られ、私たちをここに送って来られたのは、元々私たちを神の子にする訓練を施すためでありました。ですから、罪と悪に染まった地球をほとんど全壊に帰するとしても、神にとっては目的のための予定の行動であるに過ぎません。こうして大患難はクリスチャンに徹底的な訓練を与える目的のために計画されたものであり、同時に神を愛さない者への最終的なさばきの宣告となるのです。そして主に忠誠を通して生き残り「打ち勝った」「揺り動かされるものがなくなった」クリスチャンは、主が地球に再臨される直前に天に掲挙されて空中で主と対面します。(1テサロニケ4:16,17)そして、再び主と共に地上にもどった後に、主の千年の御国を築くのです。

4.今年は「神のすばらしさを味見み出来る、恵みを見る年」

であるとチャック・ピヤースは言います。多くの預言者たちも同じように世の中が最悪の状態になるにもかかわらず、その中で主の回復の恵みが溢れ始める年になると喜び期待しています。何故でしょうか。
それは世の中が芯から揺り動かされ、真っ暗な闇夜になればなる程、クリスチャンを通して神の栄光が輝き始めるからです。この世の経済が崩壊する時、いよいよ「教会」が社会を助ける時が来たと、ジョイナーは大いなる期待と希望を掲げます。

今年からそのような神のご計画がいかに栄光に満ちたものであるか、神ご自身の愛の大きさ、あわれみの深さ、恵みのすばらしさ、そして超自然の信仰が生み出す奇跡の御業を私たちが味見し始めるのです。そして患難時代には超自然の奇跡が日常茶飯事として起こり、大いなる神の力と恵みを見ます。 

私たちはこれから暗闇の中で激しく練られるでしょう。しかし、それを通して多くのシャデラク、メシャク、アベデ・ネゴが現われます。そのためにも、今こそ私たちは「あなたは初めの愛から離れてしまった。それで、あなたは、どこから落ちたかを思い出し、悔い改めて、初めの行ないをしなさい。」(黙示録2:4,5)とエペソの教会の御使いに主が言われたことを思い起こし、悔い改める必要があると信じます。初めの愛とは、父との交わりを指します。主との親密な関係に入ることです。私たちが主に心から従って生きる者となる時、主は私たちを大きく用いてこの世の政治・経済を御国のものに変革し始めるでしょう。そのことのために主イエスは天の父に次のように祈られました。

「彼らをこの世から取り去ってくださるようにというのではなく、悪い者から守ってくださるようにお願いします。わたしがこの世のものでないように、彼らもこの世のものではありません。真理によって彼らを聖め別ってください。あなたのみことばは真理です。あなたがわたしを世に遣わされたように、わたしも彼らを世に遣わしました。わたしは、彼らのため、わたし自身を聖め別ちます。彼ら自身も真理によって聖め別たれるためです。わたしは、ただこの人々のためだけでなく、彼らのことばによってわたしを信じる人々のためにもお願いします。 それは、父よ、あなたがわたしにおられ、わたしがあなたにいるように、彼らがみな一つとなるためです。また、彼らもわたしたちにおるようになるためです。そのことによって、あなたがわたしを遣わされたことを、世が信じるためなのです。……」(ヨハネ17:15-21)

私たちを聖別することがまさに神の真理です。イエスは私たちの罪を着て、私たちを聖別するために十字架につかれました。そして私たちに「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」(マルコ8:34)とはっきりと言われました。
わたしは道であり」と言われたその「道」とは「自分の十字架を負ってイエスについてゆく」道以外の道ではないことがこれでよく分かります。

2009年は私たちクリスチャンが真に変えられ(トランスフォーム)、「聖め別たれる」プロセスが進められる年であると信じます。そのためにはもう一度クリスチャンのクリスチャンたる基本に還って、自分の十字架をかついで主の後を毎日着いて行く生活に改めて入ろうではありませんか。主に生きていただくために自分に死ななければ、イエスの御声は聞こえてきません。御声が聞こえなければ、主に完全に従うことは出来ません。

最後の時代に生きる私たちに、大きな期待を寄せる私たちの大先輩使徒ペテロは次のように励ましてくれています。

「主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。 このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。そのようにして、神の日の来るのを待ち望み、その日の来るのを早めなければなりません。その日が来れば、そのために、天は燃えてくずれ、天の万象は焼け溶けてしまいます。しかし、私たちは、神の約束に従って、正義の住む新しい天と新しい地を待ち望んでいます。 そういうわけで、愛する人たち。このようなことを待ち望んでいるあなたがたですから、しみも傷もない者として、平安をもって御前に出られるように、励みなさい。」(2ペテロ3:10―14)

私は、今年の初めからでしょうか、人を赦し、愛することが今までになく出来そうな気持ちを主が与えて下さっているように思えてなりません。今年こそは人を赦し、より愛の豊かな人間になりたいと言う思いになっております。 私のような愛と情に薄い者にでさえ、主は今「もっと神を愛し、人を愛せる」特別の恵み(力)を与えて下さっていることをひしひしと感じ感謝に堪えません。

私たちは、今世の中に大変なことが起こり始めていることの意味、これから起こることの意味とその真理を今こそしっかりと理解しなければならないと思います。真理の知識を持たない者は滅ぼされます。しかし真理をわきまえた思慮深い人々は、大空の輝きのように輝きます。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-03-05 07:29 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 敵の要塞を砕いて約束のものを得... 勝利する終末の教会  マイク・... >>