回復の主 ニック・ビルマン 2009年5月29日

回復の主

ニック・ビルマン



イザヤ55:8−11「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。・・主の御告げ。・・天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。」

私たちはしばしば「主のみ言葉はむなしく帰らない」と宣言し、それが成すべき事を必ず成し遂げると想定してしまいます。しかし、 それはその言葉がただ主のところに帰らないだけだ、ということはあり得るでしょうか? ないと思います。何か言葉を発せられてからそれを無効にすることは、神のご性格にはないことだからです。それでは、ある事のために発せられたのにそれを成し遂げなかった神の言葉は、一体どこに行ってしまったのでしょうか?それらを再び手に入れることはできるのでしょうか? 

いこいの水のほとりでのイエスとの出会い

最近のことですが、我が家でのワーシップの時、私は主イエスと出会いました。その時私たちは2時間ほどワーシップをしていましたが、 「いこいの水」という言葉がずっと聞こえ、私は霊の中でおだやかな広い川を見ていました。聖霊に促されて、主が私に見せようとしておられるものを尋ねました。イエスは私をいこいの水のほとりに連れていかれ、「ここで横になりなさい」と言われました。それで私は水際の草の茂みに身を横たえました。そこは秘密の場所のようでした。大変平安で、啓示を受けるにふさわしい親密感のある場所でした。

私はしばらく平安のうちにそこに横たわっていると、主が「あなたは回復されることを望みますか?」と訊かれました。「はい。」と答えると、主は手のひらで水を掬い、私の上にぽとぽとと落とされました。水が私の上に静かに落ちるときに、私はその一滴一滴に言葉が満ちているのが見え、その言葉が何であるかもわかりました。私に水滴が落ちると、私の霊はよみがえり生き生きとしました。

私は主にこの水はどんな風に特別なのか、言葉は何であったのかを尋ねました。主は「穏やかないこいの水はわたしが今までに語ったけれども、まだ仕事を成し遂げていない言葉の貯水池なのだ。」と言われました。

私は、聖書の中で「いこいの水 still waters」という言葉のあるところを調べてみました。
「主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。」詩編23:1−3

主が私たちの人生のために与えられた言葉や計画の中で、私たちが手に入れなかったものが、どのようにもう一度新しくなり「私たちのたましいを生き返らせる」のかを、主は私に教え始められました。言葉を変えれば、神は私たち一人ひとりのために夢や願いを持っておられますが、私たちがそれを受け取らない時期があるのです。しかし、主の言葉は常に送られた事を成し遂げるのであり、故にそれらの言葉はあなたや私のためにまだ存在しているのです。

回復の証し

主の宣言や約束はただ消えてしまうということはありません。主はそれらを私たちが受け取る用意ができるまで、私たちのためにしまっておいてくださるのです。それは 地面にしみ込んでいた雨がやがて空気中に戻っていくのは、地を潤すという目的を果たしてからであるのと同じです。

このよい例として、私の人生で、 私と兄との間で最近起こったことがあります。1998年に、私たちはトロントでのFresh Wind Youth Conferenceに参加しました。 それは主の臨在にあふれたパワフルな週末となり、私たち兄弟にとってもすばらしいリニューアルの時となりました。その時までの数年、兄は麻薬中毒と戦っており、私との関係もうまく行っていませんでした。しかしながら、そのカンファレンスで、主は私たちの関係を回復し、また、それぞれの内に働いてくださったのがはっきりわかりました。神は兄に力強く触れてくださいました。


私たちは復活節の日曜日に帰宅し、教会に行き、家族を訪れ、そして家に戻って休みました。その日の真夜中に、母が私を呼ぶ叫び声が聞こえました。廊下に走り出ると、母が兄の部屋のベッドに座って兄を抱き、彼の頬をたたいているのが見えました。ベッドの下に注射針が落ちていました。真夜中に主が父を起こされ、兄の様子を見てくるようにと強く促されたのでした。それによって兄を発見でき、救急車が来て病院に兄を運ぶまで、私たちは兄の命をつなぐことができたのです。

それは私にとって大きな打撃でした。しかし、これは神の臨在の中でのパワフルな週末の後で、サタンが全力で兄を攻撃をしたのだということを私は理解しました。その日から、私はトロントでの兄のヴィジョンと記憶を私の胸にしっかりと抱きました。そしてそれから始まった兄の麻薬との戦いの凄まじい日々の間、主はしばしばあの週末のことを思い起こさせてくださったのです。


兄はその後、刑務所に入ったり、麻薬中毒の年月を過ごしましたが、数年前にそういう人生から抜け出しすばらしい女性と結婚しました。しかし、まだ本当に主と共に歩くということではありませんでした。ほんの数週間前、私がつくった最新の「Anthem」というCDを彼にあげました。翌日彼から電話があり、「私もこんな情熱を持ちたい」と言うのです。主が私の心を促されたので、「自分は麻薬中毒者であったから、主がトロントで私にして下さったことはもう全部帳消しになってしまったのだ」という敵の偽りを兄が信じることを止めねばならないと話しました。兄は泣き始め、それから私たちは主のことをもっと話し始めたのです。

その幾晩か後に、私はイエスとの「いこいの水」の出会いをし、主は兄のための言葉とヴィジョンをすべてしまってあることと、そしてこれからの兄の人生でそれをスピードアップされることを示してくださいました。私はこのことを兄に話し、神が彼の人生のために計画されたことはもはや手に入れることはできないという嘘を破り捨てました。それからの数週間の間に、彼はイエスとの深い親密さの中に引き入れられ、現在は主に燃え、ますます主に餓え渇いています。私との関係が回復されたことは言うまでもなく、今までよりもっとよくなりました。神は兄のためにすばらしいデスティニーを用意され、サタンが企んだ悪を彼の人生の中で益としてくださるのです!

神とその約束を信じよ

誰でも自分が愛する人の中で、神がその人のために作られた計画と召しから離れてしまっている人が必ずいる事でしょう。時にはその愛する人とは私たち自身です。私たちはそれらの人びとを決してあきらめてはならず、神と神の約束を信じ続けねばなりません。兄の回復はトロントでの週末から10年経てから起こりました。10年間の祈りととりなし、10年間のヴィジョンとみ言葉、そして10年間の主への叫び求めです。しかし、神は忠実な方であり、主のみ言葉はむなしく帰ることはないのです。まだ発せられた任務を果たしていないみ言葉も、神はいこいの水の貯水池にとっておられるのです。


主がいこいの水滴を私の上に落とされたとき、ずっと以前主から頂いた自分でも忘れてしまっていたみ言葉や夢、ヴィジョンを私は思い出しました。また、以前には明らかにされなかった主の私に対する深い願いをも見せてくださいました。なぜならば、任務を果たしていないみ言葉は深い啓示を開ける鍵だったからです。

どうかいこいのみぎわに連れていってくださいと、あなたも主にお願いすることをお勧めします。それはあなたのたましいを新しく生き返らせるだけではなく、あなたの霊に聖なる感動を造ります。なぜならば、神があなたの人生のための夢、ヴィジョン、預言の言葉をリニューアルし、それと共にそれらの夢やヴィジョンを達成するのに必要な興奮と情熱も与えられるからです。主はあなたをいこいのみぎわに導き、あなたのたましいを生き返らせ、あなたの人生のために語られた言葉や、主があなたのために持っておられる夢と願いを新たにリニューアルしたいと願っておられるのです。(終わり)



[PR]
by walkwithgod | 2009-05-29 12:33 | アメリカからのメッセージ
<< 祈りの戦士   フランシス・フ... オバマ政権のアメリカを憂う  ... >>