あなたの一日の指揮をとる シンディー・トリム 6月9日

あなたの一日の指揮をとる

シンディー・トリム



「それゆえ、私たちに自分の日を正しく数えることを教えてください。そうして私たちに知恵の心を得させてください。」詩編90:12


あなたの未来は一日ずつやってきます。それは神からあなたへのプレゼントです。それをどのように使うかは、あなたから神へのプレゼントです。時間の使い方、タイムマネージメントは毎日の一瞬一時を有効に使うための技術です。あなたはただ時間を過ごすのではなく、一つ一つのあなたの行動や思考や話を神の言葉に従わせることによって、あなたは時に投資をするのです。

、あなたは、あなた自身の人生を傑作として創造する機会を与えられているのです。エペソ5:15—17にはこの法則に関する基本的な鍵が書かれています。
「そういうわけですから、賢くない人のようにではなく、賢い人のように歩んでいるかどうか、よくよく注意し、機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。ですから、愚かにならないで、主のみこころは何であるかを、よく悟りなさい。」


時間を投資する鍵

毎日、神は御国を拡大する機会を私たちに与えてくださいます。すべての機会を最大限に使うための鍵は、主の御心をしっかりと把握することです。これがあなたの心を神の御言葉によって絶えず一新することが非常に大切である理由です。あなたは自分の思考と言葉を神のものと毎日一致させていかねばなりません。イエスはヨハネ15:7で、すべての状況をうまく取り扱っていくための基本的鍵となるものを教えています。
「あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。」

神はあなたが、1テサロニケ2:13の「この神のことばは、信じているあなたがたのうちに働いているのです」(神のことばを信じて頼り従う人は、神の超人間的力を用いることができること)の御言葉を黙想するように教えておられる理由はこれなのです。神のことばは見いだす者にはいのちとなり全身を健やかにします。(箴言4:20—22参照)
詩編90:12で、モーセは次にような願いを述べています。「私たちに自分の日を正しく数えることを教えてください。そうして私たちに知恵の心を得させてください。」

一日を秩序正しく過ごすためには、プライオリティーを決める事が必要です。何がわずらわせること(しかしやらねばならないこと)であるのか、何が御国の仕事であるのかを見分ける能力が必要です。効果的なタイムマネージメントをするためには、何が時間を投資するに値することか、何に費やすべきでないか、に関する神のみこころを知る必要があります。経済的投資をする場合と同じように、あなたの時間の投資によってどんな利潤(投資効果)を得られるのかを問わねばなりません。使われた時間はコストであり、あなたが費やしているコストに対してどのような利益を得るのかを把握している必要があります。

神は効果的なタイムマネージメントと秩序の究極の例を創世記の中で教えておられます。神は6日で地球とその中のすべてのものを創造され、そして7日目に休まれました。すべては計画どおりに進みました。神がいつ、どのようにすべての生き物とその種族を順序よくつくられたかには秩序がありました。神はご自分の資源、特に時間、を浪費されませんでした。神が地球にいのちを造られたとき、神はそれぞれにはっきりと目的を与え、それらを簡潔に実現されました。

あなたの一日をよく管理せよ!

しっかり時間を管理することによって与えられる報酬を逃さないようにしてください。秩序ある生活が、あなたを創造的にする自由を与えてくれます。神からのインスピレーションを受ける超自然的周波数にあなたが波長を合わせるため(チューニング)に必要な心の平安を、秩序ある生活が与えてくれます。秩序がないと、この世の生活の諸々の世話や心配によって心が乱されるため、心を静めて神の声を聞くことができなくなります。

忙しすぎたりストレスがたまると、自由に想像したり心に夢を描くことが出来なくなります。創造的な夢を描くことに投資し、 あなたの人生というキャンバスに目的をもって絵を描くための時間を確保するためには、 時間を計画的に使わねばなりません。立ち止まって考えてください。神があなたのために前以て用意された(召命)傑作を創造するために必要な時間と平安を持つために、一日一日計画を立てて秩序をもって過ごしてください。祈り、黙想、神のことばを読むこと、プレイズとワーシップのための時間を計画することを決して忘れないでください。あなたの毎日と人生のうちに秩序が保たれる事をお祈りします。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-06-09 08:11 | アメリカからのメッセージ
<< 神の御心は喜ぶこと ビル・... 祈りの戦士   フランシス・フ... >>