天からの新しいサウンド(音) ダグ•アディソン 9月24日

天からの新しいサウンド(音)

ダグ•アディソン 


「新しいサウンド(音、音響)が天からすでに解き放たれている」と神が何度も言われるのが私に聞こえます。新しいサウンドが来るという預言はこれまでにも語られており、多くのミュージシャンやワーシップリーダーがそれはどんな音であるかを模索しています。まだどこの教会でも天からの新しい音を聞いたことはありませんが、私の霊の中でそれはいつも響いているのです。

音楽はすべてのもののペースをセットします。神は今地上で新しいことをされているのですが、それもやはり音楽を通して流れ出るのが適切であるのです。油注がれた音楽は私たち個人個人に対しても、又教会や地域、世代に対しても神のみこころやご計画を伝達することができます。ワーシップ音楽は、ただ単に神の御ことばを聞く前に私たちの心を整えるための歌だけを指すのではありません。(それも確かに大事な役目ではありますが。)ワーシップとは聖霊が ご自分の道やもっと高い目的に私たちを導かれるために叫ばれる叫びCRYなのです。

新しいサウンドは私たちを旋風(嵐)のように捕らえることでしょう。そしてそれは今の私たちのワーシップとは全く異なるものでしょう。私たちの多くが以前神を経験しましたが、まだそのようには神を経験していない今の若い世代の耳を新しい音(楽)は捕らえ彼らに神を経験させることでしょう。預言的音楽、過激的なダンス、新しい歌やアートなどが新しい音の主な要素major keysとなり、ついには教会史の中で最も偉大なリバイバルの一つを迎え入れることになるでしょう。過去の神のムーブメント の場合と同じように、新しい音を教会全員が受け入れるとか神からのものであると認めることは、残念ながら起こらないでしょう。 

轟々と音を立てて流れる川とか雷がとどろくような音が天から聞こえてきました。私が聞いた天からの音は、ちょうどハープ奏者が奏でるハープの音のようでした。天の御座とその周りを囲む四つの生き物と長老たちの前で新しい歌が歌われました。その歌は地上から贖われた144,000人にしか分からない歌(黙示録14:2-3)でした。

過去に起こった最後の新しいサウンドから学べ

1960年代に英国からの新しいサウンドがアメリカや世界に旋風を巻き起こしました。ビートルズが現れ、リズム&ブルースのエッセンスに早いビートを加えて楽しくわくわくさせるフィーリングを与えました。その歌詞は当時の若い世代に力を与えました。それだけではなく、彼らの音楽には「油注がれている」と言ってもいいくらいの何か特別なものがあったのです。ジェイムス•ライルは彼の著書“Sons of Thunder”の中で、ビートルズは神からの召しがあったにも拘わらず状況や間違った選択をしたために、自分たちに与えられていた神の御国のより偉大な ディスティニーを見つけ出すことが出来なかったのだと神から示されたことを述べています。その結果、彼らの賜物と音楽はアメリカ史上最も大きな中東の宗教のムーブメントを迎えるのに用いられてしまったのでした。神が彼らに新しい音と音楽の息吹を与えたにも拘わらず、敵がそれを歪めてしまったのです。

私はよく考えるのですが、今までに新しいサウンドの到来を預言的に認識した人があったでしょうか? いたとすれば、その人はビートルズが御国の賜物と召しを見いだすのをもしかして助けられたのではないでしょうか? 1960年代初めに天からの新しい音がドイツのハンブルグやイギリスのリバプールの居酒屋ですでに起こっていたことをもし教会が知っていたならば、人々はそのことを信じ受け入れたでしょうか?

私は預言的に宣言しますが、現在すでにこの地上に新しいサウンドが来ています。ビートルズが一つの世代を神から引き離してしまったと同じように、この新しい天からのサウンドは今の若い世代を大勢神へと引き寄せるのです。今度は敵に奪われることはないでしょう。

ロックンロールは年配の人たちには好まれませんでした。教会は、それを若い世代に福音を伝えようとする神の御心から出たものであるとして喜んで受け入れる代わりに、それを押しとどめようとしました。その結果敵が偽物を作り、ロックは堕落し濫用されました。ジーザス•ピープル•ムーブメントが起こったとき初めてロックが教会の中で使われるのが許されたのです。しかしそれは十年遅すぎたのでした。

1980年代の初めに、ヴィンヤード•チャーチの創始者であるジョン•ウィンバーは「ガレージ•バンド」が教会のワーシップをリードしている幻を見ました。ガレージ•バンドとは世には知られていない才能あるミュージシャンのバンドのことです。そして確かに現代のワーシップチームは昔ガレージ•バンドと呼ばれていたものと同類です。興味深いことに、ジョン•ウィンバー自身も、キリストに一生を捧げる前はRighteous Brothersというバンドのメンバーでした。

トーチを掲げるものの台頭

2009年7月16日に私は夢を見たのですが、夢というよりは霊的体験と言った方がいいでしょう。それは私がカリフォルニア州のベイカーズフィールドにミニストリーに出かける前の夜だったのですが、自分が出席しようとしていた集会へ私は霊で連れていかれました。その体験の中で、私は黒い手の平でつかめるような電気製品を組み立てるようにと言われました。それ電気のトーチのようでしたが電流を必要としないものでした。それは聖霊からエネルギーを受けて、全く新しいレベルでミニストリーをするために用いられるものでした。

トーチにハンドルをとり付けると、 それは地上で聞いたことのないサウンドを霊の中に(あるいは霊のサウンドを)創りだしました。それは電子のピッチelectronic pitchを持ち、いつまでも(永遠に)鳴り響いていました。そのサウンドは本当に変っていたので多くのクリスチャンは腹を立て、その新しい音を聞きたくない大勢の人から私は攻撃を受けました。次の日、夢ではなく現実で私はカンファレンス場に着いたのですが、そこは初めての場所だったにも拘わらず私が霊的体験で見たのと全く同じビルディングでした。

神が新しいサウンドと新しい油注ぎを解き放たれていること、そしてそれは非常に過激的であるので、クリスチャンの多くがそれを退けてしまうということを私は知っていました。このトーチとサウンドは、新しい世代がそれを掲げて かつてなかったような神の超自然的な栄光の新しいレベルへと走っていくためにとっておかれたものなのです。私がこの夢(体験)をしたのと丁度同じ週末に、ベイカーズフィールドで一番大きな油田が発見されたのは興味深いことです。霊的に新しく非常に大きなものを私たちが今まさに発見しようとしていることを、私たちに確認させるために神はこの油田の発見を起こされ用いられたのです。

ナッシュビルからのサウンド(音楽)を過激的に変えた1970年代のカントリー•ミュージックの革命的な「アウトロー」 ムーブメントにおいても、ベイカーズフィールドが重要な役割を果たしたことも又意義深いことです。神はベイカーズフィールドのように無名で小さな町を用いたいと思っておられるのです。それらの町は変革する備えが出来ていて、神の栄光をもたらすために自分の箱から出ることをいとわないからです。

数日後に私はカリフォルニア州のサンタマリアの家に戻り、私が経験したことを妻に話しながら街を車で走っていました。信号で止まったとき、二人のティーンエイジャーが喜びの叫びをあげながらトーチをもって走ってきました。それは丁度オリンピックのトーチのようで、本当に火が燃えていて現実に私たちの目前で起こっていることでした。その時神が私に語られました。「今は『トーチを掲げて走るもの』を解き放つ時であり、彼らは神の光と愛を今までなかったほどに世界にもたらすものだ。」と。

ラジオの音楽

1990年代の終わり頃、私たち夫婦はオハイオ州のケント州立大学の近くで最初の教会を始めました。神がこの町に「ラジオの音楽」"sounds of the radio"(ラジオから流れている音楽)で福音を伝えるようにと私に語られました。そこで様々なジャンルの音楽を試したのですが、16歳のワーシップチームのメンバーがヴィンヤードのワーシップの歌詞を、ブリンク182や、メタリカ、リットというロックバンドによって流行っていたいくつかの曲につけたものを持ってきました。その成果は驚くべきものでした! 今まで私たちが慣れ親しんだのとは違うスタイルでワーシップすると、若者たちを神に結びつかせることができたのです。それはチャールス•ウェスレイ、マルティン•ルター、ウィリアム•ブースというようなリバイバリストが、賛美歌の歌詞をその頃酒場で流行っていた曲につけて人々にイエスを伝えたのと似ていました。

それから何年も経ちましたが、私は今カンファレンスの講師や伝道者として働いています。2年前に神は私に、ラジオから流れる歌をあがなって、それらの歌を用いてワーシップする方法を人々に示すようにと言われました。私はいろいろな教会で私のiPodをサウンドシステムにつなぎ、私の言わんとするポイントを示すために話の途中で音楽を流すことを始めました。私は「I Can See Clearly Now」とか「 Don’t Worry, Be Happy」というような歌の一部を聞かせたのです。私は特にトム• ペティーの「I Won‘t Back Down 」はすばらしいワーシップ・ソングであると思っています。

教会の礼拝を終えて外に出ても、こういう歌が聞こえて来たらすぐに神を賛美してどのような場所や状況にも神の油注ぎをもたらすことができるようになります。教会の音楽やワーシップチームを持つことは良いことだと思いますが、それと共に、自分たちの箱の外に出て、神が私たちやまだ神を知らない人々のために用意しておられるもっと多くのものを発見しようと努めています。

新しい音楽を歓迎する

私が聞いた天からの新しいサウンドは電子音楽でしたが、それは私たちがいつも聞くelectronic musicとは違っていました。それは丁度1940年代のビッグバンド•ミュージックから50年代のロックンロールへの大きな転換を思いおこさせるほどのものでした。古い世代の人たちは新しいロックミュージックを好みませんでしたが、やがて遂にはロックが勝ちを得ました。それから50年が過ぎた今、再び変換が起こっていてロックはテクノ technoに座を譲ろうとしています。前の世代がしたと同じように、年寄りは古いものにしがみついて新しい音と戦おうとするでしょう。

私は本当はロックが好きなのですが、娘の世代が新しい音楽を喜んでいることの価値も認めていますので、それを受け入れようと努力しています。私は50歳ですが、「ワーシップ ミックス」を創り、新しいハンドヘルド•テクノロジーを使ってDJをすることを学んでいます。面白いことに、新しいテクノロジーは黒くて小さい手に持てるサイズのもので電子音楽を創りだすことが出来ます。これは私が夢で見た天からの音を解き放つ器具そのものでした。

この新しい音はすでに地上にあるのです!クリスチャンや教会がこの神の新しい動きを以前のように拒絶しないで受け入れるならば、素晴らしい可能性が生まれることを想像してみてください。聖霊が今語られ、しておられることを「聞く耳」を神が私たちに与えてくださることを祈っています。

神よ、教会史上最大のリバイバルのためにあなたのパートナーとして働けるように助けてください!(終わり)

トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-09-24 09:07 | アメリカからのメッセージ
<< 幻 (その1) ジェシカ•ジョ... アメリカを憂う(2)   坂 ... >>