神からの約束は護られ保管されている ダグ・アディソン 12月4日

神からの約束は護られ保管されている

ダグ・アディソン


2009年9月、10月から開始され次の年にずっと引きつがれて行く「 新しいシーズン」が多くの人々にもたらされるという 啓示を、 過去数ヶ月間に私は数多く受け取りました。「今は新しい始まりであり、新しいチャンスの時である。」という神の言葉を何度も繰り返し私は聞いたのです。

子を孕むのに似ている

私たちの人生の中に神が何か新しいことを始められるのは、胎児が生まれるまでに9ヶ月お腹の中にいるのに似ています。神からの新しいものが私たちの人生の中で発達し成長するには時間を要するのです。自分の人生を振り返ってみても、 私の人生に変化がやってくることを神がはっきり語られるのを聞いたことが何度もありますが、その変化が実際に起こるのは、多くの場合およそ9ヶ月後でした。

私はノースキャロライナのモラビアンフォールズに住んでいたのですが、2008年の4月にカリフォルニア州の海岸沿いにあるいくつかの教会を回って話をしていました。その時神が、私の家族はこの地方に移り住むこと、そこで神が始められる新しい働きに参加することを明瞭に私に語られました。自分からは何もしなかったのですが、一連の出来事の結果として私たちは9ヶ月後の2009年1月にカリフォルニアのサンタマリアに引っ越しました。サンタマリアに移ってから特に何も起こらないように見えました。しかし9ヶ月後の9月に、私は天使から2度の訪問を受け 、 それによって私たちが引っ越した理由である神のご計画と次にするべきことをもっと明確に知らされたのでした。9ヶ月の妊娠期間の間、赤ちゃんが隠されているように、 神は往々にしてある一つのシーズンの間、私たちを隠されることがあるのです。

神の新しい動きの前にサタンが来る

多くの人が見落としてしまうのですが、聖書に書かれている原則の一つに神が私たちの人生の中で何か新しいことをされようとする時、サタンがその寸前にやって来て、私たちを落胆させ、神からのブレイクスルーが起こる前にあきらめさせようとするのです。ダビデはイスラエルの王になるようにサムエルによって油注がれましたが、そのあとサウロに追われ殺されそうになりました。イエスは地上でのミニストリーを始めるにあたって聖霊を受けられましたが、その直後荒野に導かれサタンに誘惑されました。サウロ(使徒パウロ)はダマスカス途上で劇的な回心を遂げたあと、命を狙われるまでに迫害されました。このテーマは聖書全体を通してあらわされているのであって、これらはその中のほんの数例にすぎません。

神はしばしば私たちを何か新しい事に召されます。するとたちまち地獄の口が開いたかと思われるほどに、神が語られたこととは逆に見えることが起こり始めます。神があなたに語られたそもそもの理由は、私たちが嵐の中を通り抜けられるように私たちを強め、どのような状況の中にあっても主が共におられることを私たちが知るためなのです。

「今年の9月以降、 多くの人々に過激的に斬新なことが起こる」と神が語られました。私は9月中ずっと神からの素晴らしい啓示と訪れを受けました。ところが10月に入ると、すべてのことが全く逆の様相を呈してきました。私はこのようなパターンをずっと経験してきたので、ひどく驚くことはありませんでした。このような時に 対処する一番よい方法は、神があなたに最後に語られたことに忠実に従って歩み続け、サタンからの妨害には目を留めない事です。

新しい計画、作戦、ミニストリー、賜物、油注ぎ、奇跡、ビジネス、関係等、これらが今あなたに来ようとしています。大切なことは決してあきらめないことです。サタンや暗闇の勢力は、あなたにそれを手に入れてほしくないのです。あなたが求めているものをあなたは受けられるのです。もしあなたが「新しいものをください」と神に願い求め、嵐に耐え抜くならば、それは必ずあなたの人生に起こってきます。もしあなたが疑い始めて、神があなたに約束されたことをあきらめるならば、神が計画された高いレベル(次元)ではことが起こらなかったり、その実現が遅れたりすることになる可能性が高いでしょう。

イエスは私たちへの神の約束を護られる

私は11月17日に一つの夢を見ました。それは、神が私や他の多くの人々にされた約束を盗もうとして敵がやって来るという夢でした。私は海辺にむかって逃げましたが、そこに着いてみると、魚や海藻は生きているのですが水は干上がっていてありませんでした。どうしようと戸惑いながら私がそこに立っていると、紫と紅の衣をまとったイエスが私のほうに歩いて来られました。私は主に敵が神の約束を盗もうとしていることを 話しました。

主は何も言われずに、右手で私の内の深いところからあるものを取り出し、バスケットボールくらいの大きさの古びた丸い鉄の鳥かごのような物の中にそれを入れました。主は籠に鍵を掛け、鍵はご自分が持ち、籠を数メートル先の 砂の上に投げました。 せめてもう少しうまく隠せばいいのに、と私は心の中で思っていました。見ると、そこら中に ボール型の同じような籠が沢山転がっていました。それら一つ一つが人々に与えられている約束であり、主イエスがそれを護るために一番適切な場所に保管されているのだということを私は理解しました。


この夢は神が私たちに約束してくださったものは必ず実現するというコンファメーションです。海が干上がっているように見えたにも拘わらずそこには生命があったという事は、今はまだ来ていないけれど確実に近づいてきている神のムーブメントを象徴しているものであり、生命のない荒野ではなかったのです。

神から私たちに与えられている約束は安全な所に保管されていて、聖霊の次の波が来た時に実現化されるのです。それは丁度チェスのようです。神は次のシーズンへの準備としてご自分の戦術に従って私たちをそれぞれの適所に配置されるのです。

イザヤ41:10「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。」(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-12-04 16:14 | アメリカからのメッセージ
<< 誘惑からの脱出の道 ビル・... 何故先祖の罪(を赦す)ための祈... >>