心に明けの明星が上るとき フランシス・フランジペン 12月18日2009年

心に明けの明星が上るとき

フランシス・フランジペン



国のために戦うことは尊いことであり、悪に立ち向かうことは雄々しいことです。しかし、その戦いの遅々とした成果に絶望しないためには、私たちはもっと大きな視野で物を見る必要があります。すべての者が膝をかがめ、すべての口がイエス・キリストは主であると告白する日が来るのです。愛する皆さん、キリストの再臨の前であっても、父なる神は勝利の教会のために多くの霊的ブレイクスルーを備えていてくださいます。父はご自分の一人子イエスに、キリストのご性格と力を帯びた光り輝く教会を与えられるのです。


明けの明星

他のすべての日がそうであるように、主の日は突然始まるのではありません。5時59分に真っ暗だったのが突然次の瞬間輝く朝になるのではないのです。近づく光の中で 夜空の暗闇が次第に薄れていきます。夜から朝に移り変わる途上で、もう一つの事が起こります。暁の光が差す前に、明けの明星が東の水平線状に輝き始めます。それは来るべき新たな日を告げる忠実な先ぶれです。

この明けの明星というユニークな星は、実は金星という惑星です。朝、東の水平線上に 太陽を「見る」のに丁度よい時間に丁度よい場所に現れ、まだ暗闇にいる者たちにもうすぐ夜が明けることを告げ知らせます。明けの明星はやがて来ようとしている光を指し示す、小さいけれども明るく輝く予告なのです。

明けの明星は、神が終末の真の教会に対して望むことを表す非常に適切な聖書的イメージです。終末に関するペテロの言葉をよく聞いてください。

「また、私たちは、さらに確かな預言のみことばを持っています。夜明けとなって、明けの明星があなたがたの心のなかに上るまでは、暗い所を照らすともしびとして、それに目を留めているとよいのです。」第二ペテロ1:19

ペテロの言葉は、終末の出来事の 劇的な場面の一つである神からのヴィジョンに関するものであり、意味深いものです。主が帰ってこられる前に神の民の心の中に「明けの明星」が現れ上るとペテロは言っています。明けの明星の重要性は、まだ夜のうちに先ぶれとして現れることにあることを忘れないでください。昼間は見えません。ここでペテロは、 千年王国という主の「一日」が明ける前に、キリストの再臨を期待する私たちの心の中に明けの明星が上ると言っているのです!

皆さん、この終末の時代に勝利を得る者たちに栄光がもたらされるのです。私が「栄光」と言うのは、私たちの内なるキリストの生ける臨在が、私たちを通してより豊かに顕れ出ることを意味しています。パウロが「私たち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されていますが、それは、イエスのいのちが私たちの死ぬべき肉体において明らかに示されるためなのです。」と言っている通りです。(第二コリント4:11)

私はイエスのいのちそのものが実際に現実的に「私たちの死ぬべき肉体に明らかに顕わされる」と言っているのです。 中には自分自身の人生上の問題で精一杯の者もおります。しかし 私たちは、神が私たちを導き用いたいと望んでおられる神のヴィジョン から決して目を 離してはなりません。曲解されること承知の上で率直に言いますが、終末の時代には神は敢えて神の民を通してご自分を顕そうとしておられるのです。

ですから私たちが明けの明星について話すのは、なにかニューエイジの教義を話しているのではなく、実際に 神の臨在の霊的「ワット数」が増大することを言っているのです。そのような輝きは我々自身からから発せられるものではないことを私たちは知っています。それは私たちが主イエスと一つになることによってのみ発せられます。そしてそれは私たちがキリストの言葉に従いそれと完全に合致するように成長するときに、聖霊によって私たちの中で形成されていくのです。

しかし、ここで気を付けるべきことがあります。何度も何度もイエスは弟子たちに、この世を愛し(飲まれ)てはいけないこと、また、この世での色々な戦いに倦み疲れてはいけないことを警告されました。イエスが「彼に明けの明星を与えよう」と言われたのは、世に打ち勝つ勝利者に対してであることを忘れないようにしましょう。(黙示録2:28)それから主はご自身が「明けの明星」であると言われました。(黙示録22:16)

携挙の前、 イエス・キリストの再臨の前に、キリストに従う者たちが明けの明星のように適切な時に適切な位置に置かれる日が来ます。そして彼らがキリストの再臨の先ぶれとなるのです。彼らはすべての国民、部族、民族、国語のうちから現れて来るにも拘わらず、 一つになる、一つであるのです。それはキリストが彼らに主の栄光の輝きをお与えになるからです。(ヨハネ17:22)

私は我々が罪を犯さなくなると言っているのではありません。誘惑は常にこの世にあるでしょう。しかし、もしキリストに忠実であるならば、もしこの時代の様々な問題や心配事に飲み込まれてしまわないならば、主イエスの臨在が明けの明星のように私たちの上にとどまり、その輝きが人々の目に明らかになる時がやってくるのです。その時に、預言者イザヤの言葉が成就します。イザヤはこう言っています。

「起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現れる。国々はあなたの光のうちに歩み、王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。」イザヤ60:1−3
(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-12-18 07:30 | アメリカからのメッセージ
<< 2010年ブレークスルーの鍵 ... 誘惑からの脱出の道 ビル・... >>