「Torah律法に帰れ」   坂  達 也  2009年12月28日

「Torah律法に帰れ」
                           坂  達 也


 私たちは現在ホノルルで、メシアニック・ジューのミニストリーに参加しておりますが、今世界的な出来事として云われていることは、ユダヤ人の間で「Torah律法に帰れ」という呼びかけの声が高まっていて、それが現実に起こり始めているそうです。しかしここで重要なことは、救世主イエスを信じる異邦人クリスチャンもそれに無関係ではないことです。このことはモーセが終わりの時代に起こることとして次のように預言しております。

「あなたは立ち帰って主の御声に聞き従い、わたしが今日命じる戒めをすべて行うようになる。 あなたの神、主は、あなたの手の業すべてに豊かな恵みを与え、あなたの身から生まれる子、家畜の産むもの、土地の実りを増し加えてくださる。主はあなたの先祖たちの繁栄を喜びとされたように、再びあなたの繁栄を喜びとされる。あなたが、あなたの神、主の御声に従って、この律法の書に記されている戒めと掟を守り、心を尽くし、魂を尽くして、あなたの神、主に立ち帰るからである。」【申命記30:8-10、新共同訳】

 上記にある「この律法の書に記されている戒めと掟」の律法の原語がTorahです。皆さんは律法と聞くと今更なんで律法が持ち出されねばならないのか?と訝しく思われるかもしれません。事実ロマ書10:4に「キリストが律法を終わらせられたので、信じる人はみな義と認められるのです。」【新改訳】又ガラテヤ3:13には「キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。・・・」とあり、加えて2コリント3:6には「神はわたしたちに、新しい契約に仕える資格、文字ではなく霊に仕える資格を与えてくださいました。文字は殺しますが、霊は生かします。」【新共同訳】と書いてあり、この文字とは書かれた律法を意味しますから、新約のクリスチャンはキリストさえ信じていれば律法は守らなくてよいと誤解される方がおられてもやむを得ないかもしれません。

イエスとTorah

 しかし、これが誤解であることは、イエスご自身が、マタイ5:17-18で「わたしが来たのは律法や預言者を廃棄するためだと思ってはなりません。廃棄するためにではなく、成就するために来たのです。」と言われていることから明白です。
 イエスという方は律法を生涯を通じて完全に守りきりました。そうすることによって律法の本来の趣旨・目的を完全に成就し実現した唯一の人間であることにご注目ください。律法を守りきったことによってイエスの人格が完成され、守りきったがゆえに彼が唯一「罪のない人間」となり、私たち全ての罪人の身代わりとして十字架上で人間の罪の贖罪ができたのです。

 罪とは何でしょうか。罪とは「…律法に逆らうことなのです。」と1ヨハネ3:4に書かれています。罪のギリシャ語はNOMOSですが、ヘブル語ではkhaw•tawが主な語源です。それは元々「ミスする、逸する」という意味であるそうです。「罪とは的を外すこと」と言う定義をお聞きになったことはありませんか。標的に向って矢を放って、的に外れることが元々の由来であると云はれます。この的、標的が神の律法Torahであるのです。つまり、人間の言動において一つも的を外れないことが「罪のない」人です。Torahは、狭い意味で神の律法の書、一般的にモーセ五書を指しますが、広い意味では神のことばである聖書全体の教え、契約、いましめを含みます。

 神が元々造られた人間は、罪を犯す前のアダムでした。しかしアダムが罪を犯して以来、神はその罪だらけの人間を元々意図した罪のない人間に返すことを願われ、ご自身の一人子をこの世に人間として生まれさせました。これが第二のアダムと云われるキリスト・イエスです。イエスはこの世においては全くの人間でした。その人間になった神の子が一つも罪を犯さない人間として一生を通すことが出来るかどうかが神の全創造にとっての最大の課題でありました。何故なら、イエスが一つでも罪を犯す(律法に反する)ならば、十字架で死んで人間を救うことが出来なくなるからです。イエスはイスラエル人として唯一人このテストに合格しました。イエスは神の律法のすべてを守ることによって罪の全くない人間・第二のアダムになられたのであって、これは大変重要なことです。

 私たちクリスチャンは、イエス・キリストを信じ、その後を追い、この方をモデルとしてキリストに似た者になることが最大の目標です。と言うことは、私たちも厳密な意味ではTorah律法を守らなければならないことになります。さもなければ罪を犯すことになるからです。又、律法を守ろうとしたのはユダヤ人のイエスだけではありませんでした。イエスを信じる弟子たちは皆、ペテロもパウロもユダヤ人として律法を守り、彼らにとって律法を捨てることは思いもよらないことでした。ですから、将来においてもモーセはユダヤ人が律法に返る日が来ると上記のように預言しました。

 一方、異邦人の私たちは聖書ではユダヤ人とは違う取り扱いを受けることは確かです。そのことの一例が使徒行伝15:28章に書かれています。「聖霊と私たちは、次のぜひ必要な事のほかは、あなたがたにその上、どんな(律法を守る)重荷も負わせないことを決めました。すなわち、偶像に供えた物と、血と、絞め殺した物と、不品行とを避けることです。これらのことを注意深く避けていれば、それで結構です。以上。」その他、異邦人は肉の割礼を受けなくてよいとも言われています。
 しかし、それはあくまで異邦人が「救われるための条件」としては「全ての律法を守らなくてよい」と言う意味であって、異邦人であっても救われた後の「聖化」のためには、と言うより、「聖化のためにこそ」律法に親しみ、神のみことばを注意深く何度も紐解いて確認する必要があると思います。

 勿論クリスチャンになった以上、基本的には「 あなたがたは、主キリスト・イエスを受け入れたのですから、キリストに結ばれて歩みなさい。 キリストに根を下ろして造り上げられ、教えられたとおりの信仰をしっかり守って、あふれるばかりに感謝しなさい。」(コロサイ2:6)、そして「 霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。」(ガラテヤ5:16)が原則ですから、律法に縛られることはありません。そして、聖霊に導かれた生活をしている限り、実際には適用されるべき律法のほとんどを守っていることになるはずです。しかし私たちはイエスのように「罪のない」人間に
なることが目標であることを忘れてはならないのです。これで「Torahに返る」ことの大切さがご理解いただけると思います。

聖なる者となれ

 このところモラルの退廃、罪意識の欠落が嘆かれています。特にクリスチャン国アメリカではそれが目に余るほど顕著になって来ました。昔のアメリカでは、学校とか公共施設にモーセの十戒が掲げられていても全く問題ありませんでした。それは丁度社会全体が吸っている空気のようなものでした。その中に「罪意識と規律」がただよい浸透していて、社会がその空気を当然のように吸って育ち、その中で暮らすことに何の違和感もなかったのです。それが今では十戒どころか集まって祈ることすら違法と云われる国になり、モラルの基準が全く不在の世の中になってしまったのです。

 最近リック・ジョイナー師がしきりに嘆いています。それは、アメリカ人の65%が、尋ねられれば「私はボーンアゲイン・クリスチャンです」と答えるにも拘らず、実際にクリスチャンの世界観で生きている人は僅か3%に過ぎないと言うのです。これはまさに国民の中にモラルの原点、即ち罪の原点がはっきり把握されていない証拠です。日本でも同じことが言えないでしょうか。 
 ガラテヤ 5:19―21に「肉の業は明らかです。それは、姦淫、わいせつ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、怒り、利己心、不和、仲間争い、 ねたみ、泥酔、酒宴、その他このたぐいのものです。・・・」とありますが、今の時代はここに書かれた一つひとつにうなずかざるを得ないような、大変な不品行が横行している時代です。

 私はここで「昔はよかった」式の老人のぐちをこぼすつもりは毛頭ありません。今は主が私たちを用いるための訓練の総仕上げの時代に入らんとしており、訓練にいよいよ激しさが増し加わるでしょう。世界は年毎に厳しい情勢を迎えています。その中で2010年は、準備の出来た人たちの先陣部隊がいよいよ主の用意されたポジションに着く年になるか、あるいは一層その時期に近づく年でありましょう。主はそのような人たちに必要な多くのブレイク・スルーを起こされると期待します。
 
 さてそこで、今こそ、主が言われる「わたしは、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から導き出した【主】であるから。あなたがたは聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。」(レビ記11:45、新共同訳)に真剣に耳を貸す時であると申し上げたいのです。
 そのことをパウロは1テサロニケ4:3―8で「 神のみこころは、あなたがたが聖くなることです。あなたがたが不品行を避け、各自わきまえて、自分のからだを、聖く、また尊く保ち、・・・ 神が私たちを召されたのは、汚れを行わせるためではなく、聖潔を得させるためです。ですから、このことを拒む者は、人を拒むのではなく、あなたがたに聖霊をお与えになる神を拒むのです。」と厳しく諭しています。

 新しい年は、主の御心に生きる人、「主の御声に聞き従う人」だけが主に用いられることがより鮮明にされ、いつまでも肉で生きているクリスチャンは脱落して行くことがますます顕著になる年であると私は信じています。それはクリスチャンがふるいにかけられ、全てに明暗がはっきりする時代に既に入っているからです。

 人間として真に「聖なる者」になるために、聖霊に満たされて聖霊に徹底的に従われたイエスですら神から与えられた律法を常に心にかけて口にされ、一つとして罪を犯さないことに細心の注意を払われました。私たちクリスチャンにとってはこの点こそイエスに見習うべきではないでしょうか。この際本当にへりくだって、常に罪を犯さないことへの霊的な決意を持つことが必要です。(イエスがなさったことは、ヨハネ5:19-30に書かれていますので改めてお読み下さることをお勧めします。)

 繰り返しますが、罪とは主の御心という標的に外れることです。その標的である「律法」は元々神が口(御声)で語られた御言葉であることを思い出してください。つまり聖書全体が主の御声と云っても間違いではありません。私たちはその御言葉の全てを霊に導かれて忠実に聞き従わないとすれば、それが罪であることをこの際再認識していただきたいのです。

 但し、ここが最も「肝心かなめ」なことなのですが、律法は守らねばならないから守るとか、聖書は読むべきだと言われるから読むのであってはならないことです。それでは単に肉で守り、肉で読むことになりかねません。それでは実行できないのです。

ダビデとダニエル

 私はここで旧約聖書の中で本当の信仰を持って律法を愛した人たちをご紹介したいと思います。先ずその一例を詩篇119章に見ることができます。この最も長い詩篇を書いた人は不明となっていますが、ダビデやダニエル等が候補者に上がっております。私が最初に気づいたことはこれを書いた人は、既に救いの恵みに与かった人、心から主を慕っている人であると言うことです。
 
詩篇119は「 幸いなことよ。全き道を行く人々、【主】のみおしえによって歩む人々。幸いなことよ。主のさとしを守り、心を尽くして主を尋ね求める人々。」で始まり、最後は「私のくちびるに賛美がわきあふれるようにしてください。あなたが私にみおきてを教えてくださるから。 私の舌はあなたのみことばを歌うようにしてください。あなたの仰せはことごとく正しいから。あなたの御手が私の助けとなりますように。私はあなたの戒めを選びました。私はあなたの救いを慕っています。【主】よ。あなたのみおしえは私の喜びです。
私のたましいが生き、あなたをほめたたえますように。そしてあなたのさばきが私の助けとなりますように。 私は、滅びる羊のように、迷い出ました。どうかあなたのしもべを捜し求めてください。私はあなたの仰せを忘れません。」(
171-176節)で終わっています。

 この間129-136節では「 あなたのさとしは奇しく、それゆえ、私のたましいはそれを守ります。 みことばの戸が開くと、光が差し込み、わきまえのない者に悟りを与えます。 私は口を大きくあけて、あえぎました。あなたの仰せを愛したからです。
御名を愛する者たちのためにあなたが決めておられるように、私に御顔を向け、私をあわれんでください。 あなたのみことばによって、私の歩みを確かにし、どんな罪にも私を支配させないでください。私を人のしいたげから贖い出し、私があなたの戒めを守れるようにしてください。御顔をあなたのしもべの上に照り輝かし、あなたのおきてを教えてください。私の目から涙が川のように流れます。彼らがあなたのみおしえを守らないからです。」
と心から主に懇願しております。

 又、159-160節で「ご覧ください。どんなに私があなたの戒めを愛しているかを。【主】よ。あなたの恵みによって、私を生かしてください。みことばのすべてはまことです。あなたの義のさばきはことごとく、とこしえに至ります。」 164-167節では、「あなたの義のさばきのために、私は日に七度、あなたをほめたたえます。あなたのみおしえを愛する者には豊かな平和があり、つまずきがありません。私はあなたの救いを待ち望んでいます。【主】よ。私はあなたの仰せを行っています。私のたましいはあなたのさとしを守っています。しかも、限りなくそれを愛しています。」と主に切実にうったえています。

 少々引用が長くなりましたが、私はこの詩の作者がダビデであってもダニエルであってもよいと思います。もしダビデとすれば、イエスを預言していることになるでしょうし、ダニエルであるとすれば、彼が熱烈な愛で主に従おうとした「聖なる者」であり、真のキリストの弟子の姿を思い起こさせます。
 ダニエルと言えば、彼の三人の友、シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴが火の燃える炉の中に投げ込まれても何も焦げず、火のにおいすら着かなかっただけでなく、ネブカネザル王が「火の中を歩いている四人の者が見える。第四の者の姿は神々の子のようだ。」と叫びました。(ダニエル書3章)これこそ終末に主が用いられる聖なる清い人の標本ではないでしょうか。 

 私たちは「とてもそれは無理!」と諦めてはいけません。主は私たちもこうなれると期待しておられるからです。勿論自分で努力してはとても無理です。しかし、主とみことばを熱烈に愛し、完全にへりくだって主と主の聖霊にお委ねすれば、主が私たちをも「律法の完成者」として下さると信じます。皆様、2010年に期待しましょう。(終わり)

トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-12-28 06:58 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 過去を癒し未来をつくる主 ... 2010年ブレークスルーの鍵 ... >>