2010年は豊かな実と増加の年 パトリシア・キング 2010年1月9日

2010年は豊かな実と増加の年

パトリシア・キング



私たちは主にあって常に増加、拡大 するように定められていることはずっと理解していましたが、 それは単に足し算的な増加ではなくかけ算的な増加であることに、私は最近まで気がつきませんでした。ある日祈りの中で 、かけ算的な収穫の増加を期待するようにとのチャレンジを 私は主から与えられました。かけ算の中で最も低いレベルは2倍ですが、あなたが今すぐ2倍の収穫を得ることを想像してみてください。どのようなことになると思われますか?

創世記1:28で、主は人類を祝福して 「生めよ、ふえよ。」と命じられました。(訳者注:英語ではBe fruitful and multiply.と訳されており、Multiplyは原語においても、倍数的にものすごく増えるという意味です。)あなたの人生の上には「生めよ、ふえよ」という主の御ことばが置かれているのです。この祝福を信じて自分のものとして 受け取るとすれば、あなたの人生に神が与えておられる目的にあなたは間違いなく従っていることになるのです。

申命記1:11でモーセは、イスラエルの人々が今の千倍になるようにと祈りました。人生に神の祝福が千倍にも増えるということは、すばらしいことであり、このことは私たちがしっかりと心にとめて、自分のものとすべきことだと思います。

主は私に「豊かな収穫を得る秘訣の鍵」を教えてくださいましたので、お分ちしたいと思います。それはとどまる、剪定、種まき、刈り取りの4つです。


とどまるAbiding

イエスは、このように素晴らしい祝福と増加の中で生きるための鍵を私たちに教えていてくださいます。それは即ち、とどまる、剪定、種まき、刈り取りです。私たちが実を結ぶのは「主にとどまる」ことからきます。(ヨハネ15:1−8)私たちがボーンアゲインするとき、キリストの霊が私たちの内に来て下さり、私たちは新しく造られた者とされます。また私たちも主の内に入ります。私たちはボーンアゲインするときに「キリストの内に生きる者」になるのです。主は私たちの内に宿り、私たちは主の内に宿ります。

あなたのディボーションのとき、意識的にイエスが「宿っておられる臨在」abiding presence of Jesusを経験し活性化することができます。あなたは自分で集中することによって力を得ることができるのです。もし内なるキリストの臨在に集中するならば、主の命の力が与えられます。あなたは自分だけで実を結ぶことはできません。枝であるあなたが実を結ぶのは、木にとどまるからです。イエスが木です。樹液のように、あるいは身体の中を循環する血液のように、主のいのちはあなたの中を流れるのです。

私はディボーションのとき、イエスをお招きするために時間をとることを好んでします。目を閉じて 主が私にとって素晴らしい方であることを 感謝します。そして「イエス様、私はあなたの内にいます。あなたは私の命です。私の力です。私の健やかさであり活力です。私の知恵、私のきよさです。私の義であり必要な備えです、、、。」と真理を宣言します。

私の内にあるキリストの命を5分ほど黙想meditatingすると、私は主の臨在の力を感じ始めます。そして 主とのもっと深い交わりの中に入っていきます。私は自分の思いと必要を主にお話しします。 主を待ち望み、主が語られるのを聞きます。主がご自分の思いと願いを語られるのを 聞きます。私は主に尋ね、主が私の心に語っておられると 信じることを日記として書きとめます。 

ヨハネ15:7「あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。」で、もし私が主にとどまるならば、主の御言葉(主の臨在の中で私が受け取る言葉)は私にとどまり、私が願うもの(主が語られたことに沿うもの)を求めることができ、それは必ずかなえられるとイエスは約束されています。 このようにして実は成るのです。 結実と増加はキリストのうちにとどまることによって生み出されます。

剪定

増加は又、人生の剪定のシーズンを通して起こります。イエスは実を結ぶ枝はすべて、もっと実を結ぶように剪定すると言われました。(ヨハネ15:2参照)多くの場合剪定は、 現在のシーズンに対する主の目的に私たちが一致するように施されます。主は私たちにもっと聖くなることや、時には縮小し、余分なものを取り除くことを求められます。私たちが縮小したり余分なものを取り除いたりするのは恐れからするのではなく、主に対する信仰と従順からするのです。剪定によって 実りが減少するのではなく、それはやがては偉大な増加をもたらし、多くの場合私たちを新しい任務に着くようにと招くものであることを知っているからです。

私たちのミニストリーセンタ−の前に、夫のロンが毎年一回剪定していた木がありました。ある日私がセンタ−に車で行くと、その木がほんの少しの枝を残すだけで、あとはすっかり剪定されてしまっているのを見つけてショックを受けました。夫がこの木を駄目にしてしまったと思って私はびっくりしたのです。その木は本当にあわれな姿になっていました。剪定のし過ぎだ、と私は思いました。ロンは一生懸命に大丈夫だと私に説明しましたが、信じられませんでした。ほとんど切り株だけになってしまっている木が、どうやってまた育つのでしょうか?しかし数ヶ月後にはその木は盛り返しました。葉っぱは豊かに茂り、まったく見事で多くの人たちが賞賛してくれました。

種蒔きと刈り取り

豊かに結実するためのもう一つの鍵は、御国の種蒔きと刈り取りの法則の中に見いだすことができます。創世記8:22で、神は 変ることのない約束を人間にしておられます。神は「地の続くかぎり、種蒔きと刈り入れ、、、はやむことはない。」と言われました。地はまだ続いていますね。ということは、種を蒔く時があり、それにともなう収穫を刈り取るときがあるということです。

マルコ4章で、イエスは蒔くことと刈り取ることについて教えておられ、種を蒔く土地の質の大切さを強調されています。もし良質な地に種を蒔けば、それは育ち多くの実を結びます。収穫は常に種よりも多く、収穫の中にもっと種があります。もし一粒の豆を蒔いたならば、それが豆の木に育ち沢山の豆をあなたは収穫することになります。蒔いたものより必ず多くのものをあなたは刈り取るのです。刈り取ったその多くの豆を蒔けば、次のシーズンにはもっと沢山の豆を収穫することが出来ます。

少しだけ蒔けば、少しだけ刈り取ります。豊かに蒔けば豊かに刈り取るのです。(第二コリント9:6参照)もし人生の中で かけ算的に実を実らせたいと願うならば、あなたは主に豊かにしていただきたいものを主に捧げねばなりません。自分が収穫したいと願うものに従ってあなたは種を蒔く必要があるのです。もしあなたが友達をもっと増やしたいと願うならば、友情を蒔くのです。癒しの油注ぎがもっと欲しいならば、癒しの祈りと病人へのミニストリーを蒔いてください。もし経済的な豊かさを刈り取りたいならば、御国の良質な土地に経済の種を蒔いてください。

イサクは飢饉の時に種を蒔き、その年に百倍の収穫を得ました。(創世記26:12参照)私たちは、 この世に何が起こっていようと、主の忠実な約束という良い地に種を蒔けば、豊かに刈り取ることができるのです。私たちはこの世のシステムや方法によって生きているのではありません。御国に生きているのです。


倍増のファクター

御言葉が「私たちは増大する」と言っているのならば、私たちは増え広がるのです。主の約束はすべて信仰によって自分に適応することができます。もし何倍にもなりたいのならば、それを信仰によって受け取りなさい。あなたの種と実は何倍にもなるでしょう。

あなたの種や実は悪いものですか、良いものですか、あるいは両方が混じっていますか? もしもあなたの人生に神の御国の価値から外れているものがあるならば、それをすべて取り除くことは大変重要です。例えば、もしゴシップという罪を犯しているのならば、その実の収穫はないことをあなたは祈ることでしょう。今は汚れていない手ときよい心で生きることが極めて重大です。すべての罪を悔い改めてください。聖霊があなたの心の奥深くまで取り扱い罪を告発するように願ってください。良質できよい種を蒔いて、良い、きよい実を成らせてください。

あなたは実を豊かに結ぶようにと召されているのです。これが真理です! 今は縮小する時ではありません。きよい種を蒔き信仰にとどまるならば、あなたはすべての良き事において増大するのです。目標を見つめ続けてください!


イエスの心からあなたへの言葉 — 実を豊かにならせて増大しなさい

主は言われます。「今は種まきのシーズンであると同時に刈り取りのシーズンです。過去に蒔いたものをあなたは収穫するであろうし、将来のためにあなたは種蒔きをするでしょう。わたしの約束は真実であり、あなたがわたしの言葉を少しのくもりもない信仰で信じ、それがあなたの心に蒔かれることを願うならば、あなたは必ずその実を豊かにならせ増え広げることになるのです。あなたはわたしの慈愛が幾倍にも増すのを見るでしょう。それはあなたが想像するよりもはるかに大きなものなのです。

あなたの心と思いをわたしの約束で満たしなさい。昼も夜もわたしの約束を思い巡らし、わたしの約束の言葉を信仰の宣言をもって蒔きなさい。あなたは自分の蒔いたものを豊かに刈り取るでしょう。

あなたはすべての事において実を実らすように召されているのです。あなたがわたしにとどまるならば、あなたは実りある人生を経験するでしょう。あなたは旱魃にあうことはありません。それはあなたの根が生ける水の川に届いているからです。天国に旱魃はありません。天国に実りのない季節などはないのです。わたしの栄光の中では木々は毎月実を実らすのです。あなたがわたしにとどまるならば、あなたも常に実を実らすでしょう。

わたしがあなたの人生を剪定するときも、あなたは実を実らすであろう。わたしは剪定ばさみを持ってあなたの枝に近づき、あなたが成長し続けるのを阻むものは何でも切り取るであろう。するとあなたはわたしの慈愛において急速に多くの実りを経験するであろう。

今すべてのことにおいてわたしを信頼しなさい。この世には艱難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。 すべてのものを失う者が多くなるでしょう。しかしあなたはわたしを心から信頼しているので、損失と見えることさえ思いがけない祝福と増加に変るでしょう。

あなたがわたしにとどまりわたしに従うならば、あなたはすべてにおいて増え広がるであろう。あなたはこの目的のために造られたのです。実を実らせ大きく増え広がりなさい!」(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2010-01-09 11:47 | アメリカからのメッセージ
<< 新しい年に期待する 坂  ... 過去を癒し未来をつくる主 ... >>