霊的な礼拝とは  坂  達 也  2010年1月18日

霊的な礼拝とは

                                            坂  達 也

 
礼拝を含めた色々な集会において、濃厚な主の臨在を経験したことのないクリスチャンはほとんどいないと思います。しかし皆様は、主の臨在とは先ず個人的に毎日経験すべきものであるということを信じておられるでしょうか。

私の場合は、毎朝主とお会いしたくて一人で主の前に出ます。主の御前に出て静まり、主と共に時を過ごし始めると、主の平安と愛に包まれていきます。そして顕著な主の臨在が現れてくださることも多くあります。一昨日の朝がそうでしたが、主が来られてお傍近くで直々に親しくお会い出来たときは、本当にうれしくて感激と喜びで一杯になります。

勿論いつも主のはっきりとした臨在が来てくださる(感じる)とは限りません。しかし、たとえ顕著な主の臨在感がなくても、平和で平安な気持ちで満たされていれば、それは御霊の実の顕れですから、主の御霊がそこに臨在されている証拠です。
私たち御霊の内住を受けているクリスチャンは、いつも御霊の臨在と共にあり、その臨在の導きで歩んでいなければなりません。(ガラテヤ5:16)この霊的事実は信仰で受け取ることであり、私たちの肉の感情とは無関係のはずです。

最近の私にとっては毎朝御霊とお会いし、御霊に満たされること、それが大いなる楽しみとなっております。それは主の御声を聞くためというより、主と静かで楽しい時を過ごしたいという気持ちからです。 

ジョン・ベルトという人が詩篇23:2「主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。」を引用して、最近次のように語っています。「私たちは騒々しい音(音楽も含んでの意味であると思います。)の中で暮らすことにあまりにも慣れ過ぎているが、この騒音中毒症状を打ち破らねばならない。私はむしろ、神と共に過ごす「静かな時」を愛することのリバイバルが起こるべきであると願っている。私たちはこの神と共に過ごす「静けさ」にこそ中毒となるべきだ。神は私たちの心の奥深い場所に住まいたいと思っておられ、私たちに静かで平安の場所を約束して下さっている。この心の奥深い静かな場所において私たちは神を知り、親密な関係を築く。そこで主は神の栄光を私たちに顕わして下さる。」

「静かな時を愛するリバイバル」とはすばらしいではありませんか。実のところ、私は誰かがこれを言ってくれることを待っていたように思いました。

私はダビデによる詩篇23を読む時はいつでも、この詩だけが持つ独特の「音色」と言いましょうか、それはダビデの心そのものが溢れるように伝わって来ます。恐らくそう感じるのは私だけではないと思います。

「主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。
主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。
主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。
たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。
私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。
まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。」


 私はクリスチャンになった頃は英語の聖書に親しんでおりましたので、最初の二節The Lord is my shepherd;Ishall not want. He makes me to lie down in green pastures; he leads me beside the still waters.の方に今でも親しみが湧きます。特に1節でIshall not want は「乏しいことがありません」の意味で全く間違いではありませんが、むしろ「私は主が私の必要な総てを与えてくださるので心から満ち足りており、私自身は何も欲しくはありません。」という英語訳のニュアンスが好きです。又、2節を読みますと、水のほとりにある緑の牧場の光景が「神の平安」に包まれたすばらしい場所であると同時に、神にあっての「静けさ」が伝わって来ます。邦訳にある「いこいの水」とは、多くの英語の聖書で「静かな水still water」と訳されていますが、それは怖い急流でも、よどんで死んだような水たまりでもない、安全で静かな清流のほとりという意味でありましょう。

この詩篇は神をこよなく愛したダビデが、神と自分との関係を表した心からの主への愛の讃歌であり、主への信頼、感謝、喜びに満ち溢れたものです。このダビデの心はまさしく主キリストの心と一致しております。

主の心、思いと一致する

今の私たちに最も必要な「主の御前に立つ祈り」とは、私たちの心と思いが主の心と同じになる、主の思いと一つになることにあると思います。そうなってこそ心が通じ合い、主の心の思いと「静かな小さな声」が伝わってきます。これが主と親しい間柄になるということです。

私たちの身体の総ての細胞が声を持っている

心が一つになるとはどう言うことでしょうか。ジェシカ・ジョーンズ師は次のように言っています。
「私たちは皆声を持っています。しかし、神が聞かれる音というのは、その声と私たちのすべての細胞が造り出す声が合わさったものです。・・・すべてのものが音を出します。この音の振動がすべての人、すべてのものから発せられているのが私には見えます。すべてのものは物体ではなくて音なのです。・・・創世記にはすべてのものが神の言葉によって創られたとあります。・・・私たちが話したり歌ったりする言葉には力があるのです。しかし私たちの身体の一つ一つの細胞が語ったり歌ったりする言葉にも力があります。・・・私たちは自分が造り出している音(サウンド)のバイブレーション(振動)に責任を持たねばなりません。・・・すべての音はそれぞれ独特の色彩を持っていて、それは肉の目を通して見る色とは違います。・・・この音の振動が発せられて、他の全ての人が発する音の振動と一緒になることを想像してみてください。その音の振動は(大きな)力 forceとなります。ふたりの人が一致するならば、言葉の大きな力 forceを生むのです。その音は神の御座にまでとどき、神はふたりの霊、心、思いの一致によって動いてくださいます。・・・ 一致の色は白です。白という色は実はすべての色が(一致して)合わさったものであり、反対に黒はすべての色が無い(一致した色の欠如)ものです。白は義の衣の色です。 この一致した音の振動はパワフルな力です。それは創造し、回復し、力を与えます。それは3つの天を通ってすごい力で駆け抜けるのです。」(本HP、昨年10月4日ジェシカ・ジョーンズ師のメッセージより一部要約)

私たちのゴールは主の花嫁として、主と心と思いが一致することです。そうでなければ私たちがキリストの身体となることは出来ません。
実はそのためにこそ、私たちは出来るだけ多くの時間を主の御前で過ごす必要があるのですが、私たちが多くの時間を過ごせば過ごす程、内なる聖霊との親しさが増し、聖霊に満たされて、その御霊の実である愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制(ガラテヤ5:22)が私たちの霊と魂に増し加えられます。これが「主を見つめて待つ」祈りの目的であり、私たちのライフスタイルそのものの根底とならねばなりません。

この御霊の実に満たされて毎日を過ごすようになれば、私たちの身体の細胞も良い音の振動を発するようになり、そのようなクリスチャンが増えれば増えるほど、皆キリストの霊により一致してキリストの身体に形成されていきます。

皆さんはいつも、心そのものが愛と平安で満たされているでしょうか。この霊に満たされている状態になるのを阻むものが肉の思いです。
不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、
ねたみ、酩酊、遊興、等が肉の思いと行いであるとガラテヤ5:19-21に書かれていますが、これらの一つ一つを今心に思い浮かべてみてください。それを思ったとたんに何か異物・汚物感を持ち、好ましくない音色サウンドを感じませんか。

肉の思いが心に多くある場合、これらが不協和音を奏で、その異なったそぐわない音が自分の中(細胞)から発信されているというのです。私たちの祈りも賛美の歌も、皆こうして私たちの身体全体の音と共に主に届いているのですから、私たちが口で何を言い、何を歌おうと、あるいは何も言わなくても、私たちの身体と心と行い全体が主に「ものを言っている」ことになります。その意味では、私たち身体全体が放つ振動音、サウンドは正直であり決して神にうそはつけません。

 私たちクリスチャンが心を一つにして同じ歌を大きな声で歌うとき、それは大変パワフルな賛美・礼拝となって天に届くでしょう。しかし、その一致した合唱の賛美を神が最大限喜んでいただくためには、歌う人たち全員の心が、いやその人たちの身体の細胞の総てが発するサウンドも大切です。全細胞が愛、喜び、平安という御霊の実で満たされているなら、さらに最高の礼拝になるからです。

 ところでこのことと関連しますが、私は長い間「神を礼拝するには音楽付でなければならないのか」という疑問を密かに持っていました。というのはクリスチャンの教会で通常ワーシップ(礼拝)といえば、即「音楽を奏でる、歌う」ことを意味するように言われるからです。
私は「主を見つめて待つ」祈りをするときにバックグラウンド・ミュージック無しで静かに「神と時を過ごす」ことに毎日慣れ過ぎて来たせいか、音楽がなくても礼拝できるどころか、かえって音楽が無い方がよくなりました。と言っても誤解していただきたくないのですが、音楽を聴きながら祈るのが悪いとは決して思っておりません。

又、声を出して礼拝すること、あるいは祈ることには確かに力がありますから、それは絶対に不可欠であることを強調します。しかし同時に、身体全体の細胞の声、サウンドも非常に大切であることを強調したいのです。パウロがエペソ5:18,19で指摘しているように先ず「・・・御霊に満たされなさい。」がベースにならねばなりません。そして「詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。」と言われる通りであると思います。
ある方は、礼拝とは内面におけるデボーションである、と言いましたが、黙って主の御前に出て、ただただ主を熱心に思い見上げることは立派な礼拝であると思うのです。
 
先程引用したガラテヤ5章の最後、24-25節で「キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、さまざまの情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです。もし私たちが御霊によって生きるのなら、御霊に導かれて、進もうではありませんか。」と書かれています。クリスチャンは自分の肉の思いを総て十字架につけなければなりません。これはクリスチャンとしての絶対的な条件です。そうしなければ御霊によって生き、御霊と共に歩けないのです。「なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊は肉に逆らうからです。」(17節)。

私たちはそのために主の御前に立ちます。へりくだって主を見上げる人は、主が私たちのために先ずついてくださった十字架を見上げるのと同じです。やさしい主は、静かに私たちの内にある、肉による不協和音を思い起こさせ、それを悔い改めさせてくださいます。こうして私たちは聖くされキリストに似た者に変えられていきます。

最後にロマ書12:1にあるパウロの私たちへの懇願を心して聞いてください。 「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」
そうです。私たちが主の御前に立つときは、私たちのからだを聖い生きた供え物として主にささげる姿であるのです。どうぞ、今年こそは毎日、ぜひこの「主を見つめて待つ」祈りを実行していただきたいと願っております。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2010-01-18 06:30 | 坂達也からの今月のメッセージ
<< 2010年 祝福の鍵  チャ... 新しい年に期待する 坂  ... >>