トランスフォーメンションと神の恵み グラハム・クック 2月15日


トランスフォーメンションと神の恵み

グラハム・クック



成熟した心に愛が満ちるとき私たちは聖霊様との交わりへと導かれます。私たちは心を聖霊様に集中させねばなりません。パウロはコロサイ3:2で「あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。」と勧めているようにです。神を愛するためには、神のご性質について深く瞑想することが必要です。ですから主と親密な関係を保つためにはメディテイションが重要な鍵となります。 神との絶えざる交わりを保ちながら神がどのようなお方であるかを時間をかけてじっくり黙想することが重要です。


「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたに望んでおられることです。」と第一テサロ二ケ5:18でパウロは言っています。主と親密であるとき、それは感謝の 言葉をもって表現されます。私たちは主への感謝を最大限 言葉に出して表す必要があるのです。主と真に親密であるならば、その事を秘密にしておくことはできません。なぜならば、それは物事や人を変革してゆく強い力だからです。あなたが主の臨在の中にとどまる方法を学ぶとき(ユダの手紙21節で「神の愛の内に自分自身を保ち」と表現されています)あなたは神の恵みの中に入れられ、そこでは預言の言葉が成就してゆくのです。恵みは私たちのために 神の心の中から 溢れ流れてきます。そして神は私たちを絶え間なく祝福が注がれる場所に置かれるのです。


神は私たちが主に似た者へと変革されることを望んでおられます。主が私たち一人ひとりの中に養われている善(goodness)は、この世に蔓延している悪に打ち勝つ力があります。神との親密さは私たちのうちに善を生み出し、その善はコミュ二ティ−全体に影響を及ぼすことができるのです。あなたの人生を覆う神の恵みが実際にあなたの住む地域や教会、そして町さえも覆うことができるとすればどうでしょうか? あなたの教会への神の恵みが非常に大きい故に、あなたの町の何千という人々がその恵みで覆われ祝福されるとしたらどうでしょうか? クリスチャンとして私たちが神の恵みの中で生活しないならば、 悪が私たちのまわりに栄えるのを私たちが許してしまうことになるのです。

神の恵みよって守られ堅固にされているコミュ二ティーを想像してみてください! それはクリスチャンたちがイエス様と恋に落ちて、主の善を彼らの周りの人々に解き放すことによって起こり始めます。「あなたがわたしの臨在で満ち満ちているので、あなたの周りの人はわたしの祝福から逃れることから出来ない」と神が宣言するとしたらどうですか? あなたが人生で果たす役目が、あなたが 出かけて行って出来るだけ多くの人々に祝福を与えることだとしたらどうでしょうか? あなたが主の祝福と親切をもって覆うべき領域に神が線を引いていたとしたらどうでしょうか? 私たちが今すでに うけている恵みを十分に用いることが大切です。私たちは自分の受けている恵みをどんどん使っていかねばなりません。 イエス様が神と人からますます愛され好意をもたれて成長されたように、私たちもこの両者から恵み(愛と好意)を受ける道を発見せねばなりません。神は私たちが まわりの人々にどんどん恵みを与えて、神の御国の領域を出来る限り拡張することを望んでおられます。


古代イスラエルの人々はこの法則を学ぶのに随分長い月日を費やしました。モーセが12人の斥候をカナンに送り込んだ時、神の恵みを自分たちのために用いようとしたのはカレブとヨシュアだけでした。他の者たちはカナンの町と軍隊を見て怯えてしまいました。民数記13:33には彼らが恐れで押しつぶされたことが書かれています。「そこで、私たちはネフィリウム人、ネフィリウム人のアナク人を見た。私たちは自分がいなごのように見えたし、彼らにもそう見えたことだろう。」 しかし、カレブとヨシュアは、自分たちが神からの恵みを受けていること、そしてここが約束の地だという預言をはっきり知っていたのでした。

カレブとヨシュアは、神は自分たちに必ず勝利を与えてくださると説得しましたが、イスラエル人は聞きいれませんでした。民数記14:7−10に次にように書かれています。「イスラエル人の全会衆に向かって次にように言った。『私たちが巡り歩いて探った地は、素晴らしく良い地だった。もし、私たちが主の御心にかなえば、私たちをあの地に導き入れ、それを私たちに下さるだろう。あの地には乳と蜜が流れている。ただ、主にそむいてはならない。その地の人々を恐れてはならない。彼らは私たちのえじきとなるからだ。彼らの守りは、彼らから取り去られている。しかし主が私たちとともにおられるのだ。彼らを恐れてはならない。』」しかし全会衆は彼らを石で打ち殺そうと言い出したのです。

イスラエル人に「『自分たちはいなごのようだ』と思いなさい」と命じた人は誰もいません。「自分たちはそのようにちっぽけな者だ」と彼ら自身が思ってしまったのです。その結果、神の恵みを出来る限り追求する用意のある新しい世代がイスラエルに現れるまで、 神は待たねばなりませんでした。神が私たちの前に巨人を置かれる理由は、神の恵みがどれほど大きいかを私たちが見ることが出来るようにするためです。私たちは巨人を見て怯えてはなりません。私たちは勝利を得るという期待で胸躍らせるべきなのです。

私たちの恵みは目の前にある障害物を克服することができます。 「 大きすぎてとても自分では克服できない」と私たちに見える問題が起きるのを、神はしばしば許されるでしょう。しかしこれは私たちが神の恵みを最大限用いるようにしむける神の方法なのです。ティーンエイジャーだったダビデがゴリアテに面したとき、彼が持っていたのは石投げと数個の石、そして彼がいつの日か王になるという預言的約束だけでした。ダビデはサウロ王がしていたように隠れていて、戦いは誰か他の者にやらせてもよかったのです。そもそもゴリアテはダビデが戦う相手ではなかったのですから。しかし、ダビデは神の恵みを用いたかったのです。一瞬にしてダビデは夢見る少年から戦士ヒーローになったのです。これこそ神の恵みの力です。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2010-02-15 07:00 | アメリカからのメッセージ
<< 「今の主の御言葉」を聞く耳を持... いのちの木に総てを委ねる生き方... >>