<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

勝利する終末の教会  マイク・ビクル  2009年2月27日

勝利する終末の教会(黙示録12:7−12)

マイク・ビクル(International House Of Prayer IHOP)



先週末に私は 、非常に長くて鮮明な預言的な夢を見ました。それは、来ようとしている終末の艱難の中で起こること、勝利する教会に関してであり、聖書に明瞭に書かれている内容でした。私は非常にリアルな深い危機感をもって夢から覚め、これを皆さんにぜひお分ちせねばならないと感じました。


I. 2009年2月13日に見た預言的な夢

  夢の中で、私は大きなパークの中にある野球場で行われていたカンファレンスでメッセージをしていました。およそ4万人の人が集まっていて、多くのリーダーやその信徒たち(いろいろな「カリスマ派」の流れの人たちでした)が参加していました。私はキリストのからだの中でもリーダー中のリーダーと言える一人の人がいるのを見つけました。彼は常に神の力の中を歩むことを求めていて、すぐれた霊の持ち主でした。私たちはみんな暖かい交わりを共に楽しんでいました。

私のメッセージは、祈り、神の力、そして終末の裁きについてという内容でした。私は午後開かれた2回のセッションで話したのですが、その間の休憩時間に、ある人たちは私の話したことに関して論議していました。IHOPの人たちは、お互いに討論したり、他のミニストリーの人と話したりしていました。彼らは神の力と終末に来る裁きについて、友好的に討論し合っていたのです。彼らの中に敵愾心などは全くなく、謙遜に愛を持って真剣に話し合っていました。それは楽しく、又知的刺激を与えるもので、様々な考え方が話題に上りました。しかしながら、真の信仰や啓示を呼び起こすようなものは一つもありませんでした。

私が2回目のセッションを5時に終えた直後、ヨハネが黙示録12:7−9で預言していることですが、天でサタンと大天使ミカエルの間に戦いが起こったことを示すしるしを見ました。その戦いの結果は、サタンが地に投げ落とされ、それによって大艱難が始まるのです。

黙示録12:7-9 「さて、天で戦いが起こった。ミカエルとその使いたちが、竜に戦いを挑んだのである。竜とその使いたちも応戦したが、 勝てなかった。そして、もはや天には彼らの居場所がなくなった。この巨大な竜、年を経た蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれるもの、全人類を惑わす者は、投げ落とされた。地上に投げ落とされたのである。その使いたちも、もろともに投げ落とされた。」

 私はサタンは見ませんでしたが、 悪魔的主権者たちが地に投げ落とされるのを見ました。彼らは大きな蛇のようでした。(長さ90メートル、幅は15メートル以上) みんな竜のような大きな頭を持っていて、それらの多くは空から地に落ちてきました。
カンファレンスにいた人たちは、みんなパニックになりました。ほとんどの人は恐怖に襲われました。私が先ほどメッセージで語ったような力や自信をもってこの事態に対処できるほど成熟した信仰や悟り持っている人は、私を含めて誰一人いませんでした。私は恐怖を感じて走りだしました。他のリーダーや信徒たちも皆恐れで一杯でした。すべての人が兎に角そこから早く逃げ出したいと思いました。IHOPの人たちも含めてほとんど全員が混乱していました。

 蛇のような悪魔的主権者たちと大勢の悪霊たちは、人々に対する怒りで満ちていました。彼らは憤り、地上に落とされたことに対して屈辱を感じていました。サタンが憤っていたのは、やがて自分が閉じ込められるまでの時が短いことを知っていたからでした。

 黙示録12:12 「このゆえに、もろもろの天と、/その中に住む者たちよ、喜べ。地と海とは不幸である。悪魔は怒りに燃えて、/お前たちのところへ降って行った。残された時が少ないのを知ったからである。」
黙示録12:17 「竜は女に対して激しく怒り、その子孫の残りの者たち、すなわち、神の掟を守り、イエスの証しを守りとおしている者たちと戦おうとして出て行った。」


 どろどろの煤のような灰が空から降ってきました。灰は空を暗くし、走り回っている人々の上に降ってきました。私は広いパークから出て、入り口にあった 事務所まで走って行きました。べたべたの灰が身体中についていました。多くの人は逃げる事ができなくて、大きな蛇に咬まれてしまいました。

パークの入り口には邪悪な警官達がいました。彼らは「パークにもどれ、そうしないと刑務所に入れるぞ。」と脅しました。 もし パークにもどったら、私がどのように危険な目に会うかということに関して、彼らは全く冷淡でした。その時私は、彼らが反キリストの組織の一部であることを悟りました。私はジレンマに陥りました。「私は想像を超えるような危険な状況からやっと逃げて来たのに、そこに戻らねばならないとは。」と思いました。この危機から抜け出す方法は、自然の方法では無理であり、聖霊の力によらねばなりませんでした。

 警察署の傍に立って私は思いました。「IHOPでも、黙示録12章をもっと真剣に受け取って、 まだ時間のあるうちに一生懸命に備えをしておけばよかった。私たちは 力に関して討論したけれど、実際私たちがもっている力は小さいものだった。」と。「IHOPのリーダーたちは、御霊の中に歩くことにもっと熱心になる必要がある」という切迫した危機感と共に私は夢から覚めました。

 私は起きてから、黙示録12:7が実際に起こる時には、キリストのからだ全体 は夢にあったような恐れと混乱の状態ではないであろうことがはっきりわかりました。その時までには、多くの者が悟りを持ち成熟した信仰をもっているでしょう。主が私に夢で示してくださったのは、もしそれが今日起きたらならば、教会が現在の状態(悟りと信仰において備えができていない)では、あのようなことになるだろうということでした。

 夢のメッセージの目的は、IHOPはイエスとの歩みにおいてもっと深くなり、今こそ聖霊にもっともっと頼って働くという信仰を成長させ、巻物を食べ、今からその定められた時のためにもっと悟りを得ることが緊急に必要であることを知らせることでした。


エレミヤ23:20「 主の怒りは/思い定められた事を成し遂げるまではやまない。終わりの日に、お前たちは/このことをはっきりと悟る。」

 私はIHOPも、又、他のグループも、終末に起こる事柄に関する力や洞察において「空しい」議論をしていると強く感じました。多くの議論は、どのような意見であれ、人々がもっとイエスやみことばや御霊との深い関係に入るようには導いていないのです。それらは助けにはならない故に、空しいのです。

 IHOPは、議論的討論のために時間を割くためには兎に角、まだ未熟すぎます。この夢の中で主は、私が顔をまっすぐ主と主のみことばにだけむけて、他の人々に対して自分を賢そうに見せることに時間を使いたいという誘惑に打ち勝つように警告されたのです。これから起ころうとしていることは、私たちの想像以上に厳しいものなのです。一番洞察力のある人たちでさえ、黙示録12:7−12に書かれていることの厳しさを理解することはできないのです。

 この夢のポイント:私を含めてすべてのIHOPのリーダー達は、これから教会でもっと盛んになるであろう討論や議論をするには、まだ洞察・理解において十分成熟していない。

 神の「今」の言葉は、力によって確証されねばなりません。社会の中で認められるための唯一の方法は、みことばを確証づける力をもって働くことです。これが欠けていると、教会の多くの人々は、はやりの言葉や洋服、興味あるテクノロジー、社会の話題などを求めて、それで一致を保とうとするのです。また多くの人はエンターテイメントの淵にはまり込んでいます。

 そういう空っぽな泡のようなものを突き刺すことが出来るのは、力と主への心からの畏敬だけです。それなくして、人々はポップ・カルチャーの悪影響からは解放されません。人々が集会を去るときには、神が自分の人生に力をもって関っていてくださることを知らねばなりません。 私たちは主の偉大な顕れ(力)を経験して震え、主の慈しみを経験して悔い改めに導かれ、真に神に仕える者としていただかねばならないのです。

II. 終末には実際に戦いが天で起こる

 ある人たちは、黙示録12:7に書かれている天の戦いは、すでに十字架上で起こり、サタンは今地上に落とされていると教えています。サタンの軍勢は今天において活動しています。

エペソ6:12 「わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。」

 キリストは十字架においてサタンを打ち破りました。しかし、主の完全なる勝利は地上ではまだ完全に顕わされてはいません。キリストは昇天されてすべての権威をはるかに超えた神の右座に着かれました。(エペソ1:20−22)イエスは悪霊の武装を解除し、さらしものとしました。(コロサイ2:15)  「すでに、そして、まだ」という御国のパラドックスが今存続しています。

 これからの将来において天の窓が開かれ、悪霊の主権者たちは罰せられます。イザヤ書で預言されているように、悪霊どもと邪悪な王たちは、サタンと同じく牢獄に入れられます。

「、、、天の窓が開かれ、地の基が震えるからだ。地は裂けに裂け、地はゆるぎにゆるぎ、地はよろめきによろめく。、、、 そのそむきの罪が地の上に重くのしかかり、、、、その日、主は天では天の大軍を(悪霊の主権者ども)、地では地上の王たちを罰せられる。彼ら(悪霊と王たち)は、囚人が地下牢(底知れぬ穴)に集められるように集められ、牢獄に閉じ込められ(黙示録20:1−3)、それから何年かたって後(千年)罰せられる(火の池)。—万軍の主がシオンの山、エルサレムで王となり(千年王国)、、、、」イザヤ24:18−23


 大艱難の中で最も特異な出来事は、サタンとその手下の悪霊どもが地に投げ落とされ(黙示録12:9)サタンはその王座を反キリストに与える(黙示録13:2)ことです。今は底知れぬ穴に閉じ込められている何億万という悪霊が解放されます(黙示録9:3、16)。何億という人々がサタン崇拝をするようになります。地上には歴史始まって以来の大勢の悪霊に憑かれた人々が出てきます。

「、、、竜はこの獣に、自分の力と位と大きな権威とを与えた。」(黙示録13:2)

「そのときには、世の初めから、今に至まで、いまだかってなかったような、またこれからもないような、ひどい苦難があるからです。もし、その日数が少なくされなかったら、ひとりとして救われる者はないでしょう。、、、」(マタイ24:21−22)


 大艱難の時、聖徒たちはイエスの血潮と自分たちのあかしのことばと死に至るまで主に従うことによって、サタンに勝利します。

黙示録12:10「 わたしは、天で大きな声が次のように言うのを、聞いた。「今や、我々の神の救いと力と支配が現れた。神のメシアの権威が現れた。我々の兄弟たちを告発する者、/昼も夜も我々の神の御前で彼らを告発する者が、/投げ落とされたからである。兄弟たちは、小羊の血と/自分たちの証しの言葉とで、/彼に打ち勝った。彼らは、死に至るまで命を惜しまなかった。」

 祈り続ける教会は、サタンと反キリストに勝利します。(黙示録12:11、15:2、2:7、11、17、26、3:5、12、21:7)出エジプト記と使徒行伝に書かれている奇跡が、何倍にもなって世界中で起こります。私たちの霊が恐れに支配されたり、信仰を消されたりする必要はありません。私たちは 、そこから逃れようとする弱々しい被害者のように艱難を恐れる必要はないのです。
 「わたしを信じる者は、わたしのおこなうわざを行い、またそれよりもさらに大きなわざを行ないます。、、、」(ヨハネ14:12)

 終末の聖徒たちは信仰の祈りをし、神の御心にそってつないだり解いたりします。次の箇所に書かれていることは、大艱難の時に力を持ち勝利する教会によって、地上で成就します。

マタイ16:18 -19「わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。 わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる。」

 反キリストは世界が今まで見なかったような強大な迫害者となります。イザヤ42章は再臨に関する重要な箇所の一つです。そこでは正義が強調されています。人々は迫害する者が権力を持つまでは、裁きを喜びません。イエスは反キリストの迫害が大きくなる状況の中で、地上に正義をもたらします。

信仰によって立ちのぼる聖徒の祈りのはかりに従ってのみ、 イエスは迫害者に立ち向かわれます。

黙示録8:4 -5「香の煙は、天使の手から、聖なる者たちの祈りと共に神の御前へ立ち上った。
それから、天使が香炉を取り、それに祭壇の火を満たして地上へ投げつけると、……」


ルカ18:7-8「まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。 言っておくが、神は速やかに裁いてくださる。しかし、人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか。」

世界の歴史の中で最も劇的な出来事が、最大の迫害に立ち向かう最も大きな祈りのムーブメントの中で起こり、それによって世界中で大いなる正義のムーブメントが成就します。今は部分的にしか起こっていないことが、そのときは完全な形で起こります。

III. イエスは超自然的に教会が勝利を収めるのを助ける(黙示録14章)

 黙示録14章のメッセージは、超自然的に教会が勝利に歩むように、イエスは油を注いでくださるということです。

黙示録14:1−5では、イエスはエルサレムのシオンの山に14万4千人の預言的歌い手たちと共に立ちます。6−13節には、4つの預言的約束と宣言が書かれています。御霊は罪を示し、しるしと不思議で神の民を力づけます。

 黙示録14:6−7では、迫害の中で すべての国に福音を宣べ伝えるために 、私たちは御使いの助けと偉大な力を受けることが書かれています。(マタイ24:14、黙示録7:9)

 8節では、淫婦バビロンが倒されたという油注がれた宣告によって、私たちの信仰が燃やされます。

 9−11節では、反キリストを礼拝するすべての者に下る永遠の裁きの確定という油注がれた宣告が、聖徒たちを大胆にし、彼らを死に至まで戦わせます。

 12−13節では、忠実な者たちに与えられる永遠のむくいという油注がれた宣言によって教会が力づけられます。

 14−20節では、祈りによって 二つの終末に起こる刈り入れが起きることが示されています。即ち14−16節の魂の刈り入れと、17−20節の罪の刈り入れです。これらは祈りによって起こされる救いのための力と、悪を取り除くための力の二つを表しています。(終わり)

トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-02-27 17:32 | アメリカからのメッセージ

今は変革のシーズン、テストの時 ボビー・コナー 2009年2月16日

今はチェンジ(変革)のシーズン、テストの時

ボビー・コナー 2009年2月16日


今、強いチェンジの風が吹いています! 今は決定的な変革と変化の時です。どっちつかずとか、中立ではおられません。今年はあなたが神の御国で大いに前進するか、それとも遅れをとるかが決まる年です。あなたがその鍵を握っています!その選択はあなた次第です。あなたは聖霊の導きに従いますか、それとも自分自身の火のあかりにたよって歩きますか?

「見よ。あなたがたは自分たちの火のあかりを持ち、火をつけた燃えさしを持って歩くがよい。このことはわたしの手によってあなたがたに起こり、あなたがたは、苦しみのうちに伏し倒れる。」イザヤ50:11

神の民は今のこの決定的な時のために準備されることが必要です。神の御霊は 神の軍隊にむかって、出動し整列するように呼びかけています。今は軍隊が招聘されるときです。出動とは戦いのための軍力を集めることです。整列とは軍隊を集めその組織をつくることです。

私たちはただ教会の椅子におとなしく座っているだけではなく、それ以上のことをするために召され任命されているのです。そして今は、真の愛と忠誠の革命を起こす時です。私たちは暗闇の王国に立ち向かうように召されています。革命とは邪悪な権力を倒すということです。

神の戒めに反することに対して、昨今の社会がそれを黙認し、放任し、性的乱れや反抗がまかり通っているのを見て、あなたが憂慮しているならば、今の世界にテストが絶対に必要であることがおわかりになるでしょう。

テストの時!

真理の御霊は、自分が 何を本当に信じているのかを吟味することを呼びかけています。本当のリアリティーチェックをする時です! もはや、ただ話し合いをするだけでは駄目なのです。自分たちが信じていると口で言っていることを実行する時です。みことばを聞いて話すだけではなく、実行する時です。

「また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。みことばを聞いても行わない人がいるなら、その人は自分の生まれつきの顔を鏡で見る人のようです。自分をながめてから立ち去ると、すぐにそれがどのようであったかを忘れてしまいます。ところが、完全な律法、すなわち自由の律法を一心に見つめて離れない人は、すぐに忘れる聞き手にはならないで、事を実行する人になります。こういう人は、その行いによって祝福されます。」ヤコブ1:22−25

今は、人間によって動かされるドライで死んだような 宗教で事足りる時代ではありません。話をするだけでは到達すべき場所には着きません。実行と油注ぎが必要なのです。なぜならば「神の国はことばにはなく、力にあるのです。」第一コリント4:20

キリストのからだは、今のような情けない状態で生きるには、あまりにも多くのことを知っているのです。「行いのない信仰がむなしい」ことを決して忘れてはいけません。

ああ、愚かな人よ。あなたは行いのない信仰がむなしいことを知りたいと思いますか。私たちの父アブラハムは、その子イサクを祭壇にささげたとき、行いによって義と認められたではありませんか。あなたの見ているとおり、彼の信仰は彼の行ないとともに働いたのであり、信仰は行いによって全うされ(たのです。)」ヤコブ2:20−22

神の御霊は今、私たちの霊的土台の状態を明らかにするためにテストが必要であると言われています。「私を弁護してください。主よ。私が誠実に歩み、よろめくことなく、主に信頼したことを。主よ。私を調べ、私を試みてください。私の思いと私の心をためしてください。」詩編26:1−2

今、主があなたを深く掘り下げて試みられる事を覚悟してください。自分の罪を覆って隠そうとする時ではありません。「自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てるものはあわれみを受ける。」箴言28:13

すべてを告白し清くきれいになるときです。「愛する者たち。私たちはこのような約束を与えられているのですから、いっさいの霊肉の汚れから自分をきよめ、神を恐れかしこんで聖さを全うしようではありませんか。」第二コリント7:1

多くの人が今まで大わらわで隠すことを願っていたことを、神は明らかにしていくでしょう。自分の隠れた罪を覆い隠そうと試みるのはとても愚かなこととなるでしょう。民数記32:23は、私たちの罪は必ず明らかにされると警告しています。「しかし、もしそのようにしないなら、今や、あなたがたは主に対して罪を犯したのだ。あなたがたの罪の罰があることを思い知りなさい。」      

第二コリント13:5−6でパウロは、自分の人生が確立されているかどうか確かめるために自ら吟味するように教えています。「あなたがたは、信仰に立っているかどうか、自分自身をためし、また吟味しなさい。それとも、あなたがたのうちには、イエスキリストがおられることを、自分で認めないのですか。—あなたがたがそれに不適格であれば別です。—」

私たちは神に、私たちの心に何か隠されたものがあるならば、それを明らかにしてくださいと願うべきです。「神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。」詩編139:23

私たちは自分自身の心を知ることはできません。なぜならば、心は私たちを騙す事ができ、また実際騙すのです。「人の心は何よりも陰険で、それは直らない。だれがそれを知ることができよう。わたし、主が心を探り、思いを調べ、それぞれその生き方により、行ないの結ぶ実によって報いる。」エレミヤ17:9−10

「今が、主を求める時だ。ついに、主は来て、正義をあなたがたに注がれる。」ホセア10:12 (おわり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-02-20 17:51 | アメリカからのメッセージ

野望が死ぬとき フランシス・フランジペン 2009年2月13日

野望(ambition)が死ぬとき

フランシス・フランジペン


私がクリスチャンになった時、主が私の将来の夢を見せてくださいました。そして私は、主が言われたことはすぐに実現するものだと思い込んでしまいました。 自分が整えられ、自我に死なねばならない事、忍耐を学ぶ必要、試練にあってもヴィジョンを持ち続けなければ神の約束は成就しないことなどに関して私は全く無知でした。その結果、私は大望、野心でいっぱいになりました。霊的に成熟していない者のうちに起きる最初の動機は、大望や野望、功名心です。イエスの復活の数日後に「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか?」(使徒行伝1:6)と聞いた弟子と私は同じでした。

野望は非常に巧みに人を惑わします。それは全く従順のように見せかけますが、私たちは主を真には知らないので、 神の声だと思って従っているのは、実は自分自身の声なのです。ヴィジョンは確かに神からのものかもしれませんが、動機は自我です。その結果、ヤコブ書にあるように、野望のある所にはやがてすぐに「秩序の乱れやあらゆる邪悪な行い ヤコブ3:16」が起こるのです。なぜでしょうか? それは私たちが神の御心を、人間の力によって達成できると考え始めるからなのです。私たちはブレークスルーを求めていますが、神は私たちを打ち砕き、ブロークンネス、を与えたいのです。

霊的に未熟な者は、未熟なので自分が未熟だということを認めることができません。ですから彼らは焦り、恐れ、要求を突きつけるのです。野望のある者はプライドによって盲目にされ、自分にはもっと大きな神の仕事をする準備ができていると思い込みます。実際のところ、一緒に働く人たちにとって、その人がもっと厄介なお荷物になるのです。というのは、彼の行動がいつも争いをひき起こすからです。

野望は、野望と霊的成熟との間に立ちはだかるものを常に殺そうとします。けれども霊的成熟を遂げるために死なねばならないのは、実は野望なのです。辞書によれば、野望とは「富とか名声などの成功と達成を熱心に願い、そのために努力することをいとわないこと」とあります。野望は争いや教会の分裂、教会内の紛争の主たる原因となります。

神から約束をいただいたのだから、 それをすぐに実行に移す命令を受けたのだと私は早合点しました。自分がまだ徳に欠け、忠実さや、人に仕えること、感謝の心を持つことなどに欠けていたことなどは理解していませんでした。私へのすばらしい約束や好機を神が実現してくださるためには、私の中でこれらの徳が 建て上げられねばなりませんでした。「私が神のために何をしたか」よりも、「私が神のためにどのような者になるか」のほうがもっと重要だったのです。

今私は、38年前に救われた当初には夢でしかなかったような霊的領域の中に生きています。私の野望は大いに傷つき苦しみましたが、私の夢は成就しています。私が召されている一番のことにはまだ達していませんが、野望と真のリーダーシップとの違いを、はっきり理解することができました。即ち、ミニストリーとは「リードせよ」という召しではなく、「死ね」という召しだということです。私が霊的な進歩を遂げた時はいつも、必ずその前に自分に死ぬことを要求される機会がありました。私の人生の力は自分に死んでキリストに生きるところから出てくるのです。

あなたは霊的成長を遂げたいと願いますか? 復活の力を持つ道は、十字架につくことです。神はあなたが自分に死ぬ機会を備えてくださいます。それを見逃してはなりません。自分と自分の野望に死ぬことは、真の霊的成熟を遂げるための道です。自分に死ぬチャンスが与えられた時に、それに対してあなたが肉的な怒りや憤りで反応してしまうならば、成熟はできないでしょう。しかし、あなたの野望が死んでも自分のヴィジョンを保つことができるならば、あなたは成功するでしょう。

真のヴィジョンを持っても、聖い動機を持つとは限りません。ある人は神から直接ヴィジョンをもらったにも拘らず、自己推進やそれを成就させようとする野心によって駆り立てられていることもあるのです。イエスは神の御国は近づいたと言われました。これはヴィジョンです。しかし主は、「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」ともいわれました。(マタイ16:24)

もしイエスについて行くならば、それぞれがユニークな十字架を授かっていることに目をとめてください。「自分の十字架を負い」とある通りです。神は私たちがヴィジョンを達成する途上で肉的野望をはりつけにするために、一人ひとりのために特別にデザインした十字架を用意されているのです。ヨセフのことを考えてみてください。神は彼に将来に関する夢を与えられました。彼は、その神からのメッセージを静かに思い巡らす代わりに、10人の兄弟に対して高慢に振る舞いました。ヨセフはいつか皆が麦の束のように自分に頭を下げ自分に仕えるだろうと公言しました。

彼の肉的未熟さは、兄弟たちに肉的で悪魔的でさえある策略を思いつかせました。彼らはヨセフを殺そうとしたのです。ヨセフのヴィジョンは神からのものでしたが、彼の思いには徳が欠けていた故に、それによって命さえ奪われかけたのです。(創世記37章参照) しかし、神はヨセフが霊的知識に欠如していた時も尚、彼と共におられたのです。

そして、私たちも未熟で野望を持っているときでさえも、神は共にいてくださることを喜ぶべきです。しかし、次のことを理解していなければなりません。真のヴィジョンというものは、成就する前にあなたを殺すということです。ヨセフはどのような状況におかれても、どのように不正な目にあっても、神を信頼することを学ばねばなりませんでした。彼は忍耐を学び、彼の夢が実現し花開く時がくるまで他の人に仕えることを学ばねばなりませんでした。「彼のことばがそのとおりになる時まで、主のことばは彼をためした。」(詩編105:19)

次のことを考えてみてください。全能なる神はもっと簡単で安全な方法でヨセフをエジプトに連れてくることも出来たはずです。ヨセフは奴隷に売られることなく、家族の中で成長することもできました。彼は夢と解きあかしの賜物をもらっていましたから、聖霊が エジプトに行けという夢を与えることもできました。(何世紀も後のヨセフにはそうされました。)

そしてエジプトに着いたならば、ヨセフの夢の解きあかしの名声が、例えば王が夢を見た翌朝にでも、パロの耳に届いてもよかったのです。「夢の商人」であるヨセフは丁度いいタイミングで丁度いい役目につく事もできたのです。

しかし、神は王が彼を必要とするタイミングより13年も前にエジプトに連れてこられたのです。この若者は自分に死なねばならない状況に何度も遭遇し、それを克服しなければなりませんでした。彼は裏切りや忘れ去られる目に遭いました。奴隷にされ、性的な誘惑を受け、中傷され、獄に入れられました。

彼が置かれた状況は絶望的でした。しかもそれに加えて次には 忘れ去られるという試煉に会ったのです。これらすべてに拘らず、ヨセフは神を信頼し、知恵と霊的権威において成長しました。神は人がただ単に夢を解きあかすことを望んではおられません。人から忘れ去られ、不正や中傷、拒絶、裏切りを受けても、尚自分の心を治め、何が起こっても神の人であり続けることの出来る人を神は望んでおられるのです。

私たちの魂を圧倒してしまうような苦々しさから、ヨセフは自分の心を守りました。彼は兄弟に会ったときに感極まって泣くような男でした。兄弟たちは穴の中からヨセフが叫んだときにあざ笑い、もし隊商が通りかからなかったらば、穴の中でじわじわと死を迎えるのをよしとした人たちでした。

ヨセフは復讐を果たして、彼らの首を取ってもよかったのです。しかし、聖書にはヨセフが家族と会ったときに一人になって泣いたと5回書かれています。一度は彼が「声を上げて泣いたので、エジプト人はそれを聞き、パロの家の者もそれを聞いた」のです。(創世記45:2) ヨセフは徳のある人であり、 彼の野望はすでに死んでいましたが、彼のヴィジョンは生きていました。彼は神が与えた「杯」を飲み、彼の夢は現実となりました。

イエスは与えられた「杯」を飲んでくださり、それにより私たちは救いを得ました。そして私たちも、自分の着くべきゴールに到達するまでには、一人ひとりに「杯」が与えられているのです。力を得るための近道はありません。私たちはその杯を一滴残らず飲み干し、それによって「死んでしまう」と思えたとしても、私たちは生きるのです。しかし、それは私たちではなく、私たちの中におられるキリストが生きるのです。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-02-13 10:32 | アメリカからのメッセージ

人を助ける賜物 リック*ジョイナー 2009年2月2日

人を助ける賜物

リック*ジョイナー 2009年2月2日


教会が今の時代に与えられている目的を果たすためには、絶対に一致が必要なこと、そしてどうすれば一致をもたらすことができるかを私たちは考えています。今まで分裂していた 教会間や教派間、又クリスチャン同士の間に、信頼と交わりの大いなる橋が数多く架けられるのを、今年は見る事ができるでしょう。それによってキリストのからだは、今までにない力を与えられるのです。

キリストのからだの中に、これほど多くの分裂があった理由の一つは、私たちがあまりにもすべてを一様化しようとしたことです。かつてイスラエルに求められたのは、基本的な二つの事、即ち、礼拝と戦いに関して一致することだけでした。それは、主が定められた場所と形式で共に主を礼拝すること、そして、同胞他部族が敵からの攻撃を受けた場合に彼らを助けることができる戦いの準備をしていることの二つでした。

ですから、教会もこの知恵を使って生きるならば、その力、権威、大きさ、富、影響力は、すぐに何倍にもなることでしょう。礼拝に関する一致を論じる時に、例えば音楽のスタイルのように主が自由を与えていてくださることに関しての討論は絶対に避けなければなりません。しかし、礼拝の対象は「どなた」であるのかとか、モラルや正義、その他すべてのクリスチャンが共有すべき基本的な真理に関しては、一致しなければなりません。

モラビア派は、次のように言っています。「基本的なことに関しては一致がなければならない。その他の事に関しては自由がなければならない。そしてすべての事において愛がなければならない。」

人を助ける賜物のミニストリー

次に、戦いに関しては、他のクリスチャンや教会が攻撃されているのを見たならば、クリスチャンとして私たちはその人たちと共に戦う姿勢を常に持っていなければなりません。現在、残念ながらこのような事は稀ですが、これが実行された時には、クリスチャン同士が特別の力強い永遠の絆で結ばれるのを私は見てきました。

ずっと以前に私は、人を助ける賜物のミニストリーは教会に一致をもたらす最も力のあるものの一つであることを教えられました。私は、このミニストリーは教会で草刈りをしたりお皿を洗ったりすることだと思っていたのですが、それよりもっと深いものだということを主が教えてくださいました。それは他のすべてのミニストリーの土台となるべきものなのです。

聖霊は「助け主」と呼ばれます。真に人を助けるミニストリーは聖霊のご性質の表れの基本的な部分です。溺れた人が助けを求めて叫んでいるとき、それに応えて救う人は人を助けるミニストリーをしています。攻撃を受けている人を助けるのは、人を助けるミニストリーなのです。

主の御心は人を回復させること

ずいぶん以前、私は自分の子どもが下水溝にはまってしまい、汚物にまみれている夢を見ました。誰も助ける人がなく、それどころか彼の汚さを見て世界中が軽蔑しているようでした。すると夢の中に一人の男の人が現れ、私の子どもを救い上げ、きれいに洗って元通りにしてくれました。子どもは解放され、また前進して行けるようになりました。

子どもを助けてくれた人に対する私の 感謝の気持ちは、口で表すことは到底できませんでした。自分の全財産を上げたい、その人のためならば何でもしたいと思いました。その時、夢の中で主の声が響きました。「ジム・ベイカーはわたしの子どもである。彼を助けてくれるだろうか?」

当時ジム・ベイカーは、世間で、そしてクリスチャンからも多分一番軽蔑されていた人の一人だったでしょう。彼が刑務所に入っていたときにクリスチャンの人たちから沢山手紙がきたのですが、それを読むと彼を一番軽蔑していたのはクリスチャンの人たちだったのではないか、と思えるほどです。神は彼を愛しておられました。そして ご自分の子どもの一人が傷ついているのを見て、神も苦しんでおられました。私は彼のしていたPTL(Praise The Lord)という番組は、たまにちらっと見たことがあるだけですし、面識はありませんでした。彼の裁判の様子や刑務所に入ったことも、ニュースで少し知っていただけでした。

しかし、私は出来る限りジムを助けようとすぐに決心しました。けれども、私は彼を助けるために大したことは出来なかったと思いますし、正直言って、彼との関係においてより多くの恩恵を受けたのは私のほうだったと言わねばならないでしょう。何よりも、このことを通して以前には経験しなかったすばらしい神の恵みが私の上に注がれたのです。

トッド・ベントリーの問題が起こり、彼を回復させるようにと頼まれたときに、私が迷う事なく承諾したのは、同じ理由からでした。ジム・ベイカーを助けることは私や私のミニストリーを大きく損なうことになると、何人かの人から忠告を受けました。確かに そういう事も少しはあったかもしれませんが、すべての人からよく思われるよりも神から恵みを受ける方がもっと価値があるのです。トッドは、私が彼を助けるのは何か見返りを期待しているからではないか、という疑問を持ったと思います。すべてのクリスチャンが彼に対して腹を立てているように思われるときに、どうして私が彼を助けるなどということをしたいのか、と彼は訝しがったのです。しかし、20年以上前に主から受けたあの夢は、今も同じように私にとって非常にリアルなものであるのです。

私がこの世で生きているのは、ミニストリーを建て上げるためではなく、神の御心を行うためです。そして人を回復させたいという主の御心と同じ心を教会が持つまでは、神や人から教会が信頼されることは決してないでしょう。この世が罪を犯して神に背を向けた時、主はこの世を罪に定めることなく、この世を救うためにこの世に来られ、ご自分のいのちを与えられました。主の心を持つ者は、問題の渦中にある人たちのために同じことをするのです。

真のクリスチャンは礼拝に関して基本的に一致しています。今、クリスチャンが他の兄弟姉妹が攻撃にあうときにそれに応えて助けの手をのべ始めるならば、私たちの一致は非常に早く達成されていくでしょう。また、罪を犯した人を助けるために働くことも必要です。それはキリスト教の基本、即ち救い主が私たちのためにしてくださった事だからです。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-02-06 14:49 | アメリカからのメッセージ