<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

反抗の根を取り除く祈り ポール・コックス  2009年7月31日

反抗rebellionの根を取り除く祈り

ポール/コックス



【はじめに:坂 達也から】
1サムエル15:22、23に「1サムエルは言った、『主はそのみ言葉に聞き従う事を喜ばれるように、燔祭や犠牲を喜ばれるであろうか。見よ、従うことは犠牲にまさり、聞くことは雄羊の脂肪にまさる。 そむくことは占いwitchcraftの罪に等しく、強情は偶像礼拝の罪に等しいからである。』」とありますが、「主の御声に聞き従わずにそむくことrebellionがどうして占いの罪に等しい」のか、その意味について私は長い間疑問を持って来ました。それを今回コックス師がよく説明してくれています。

主の御声を聞いてそれにそむくことがどれ程大きな罪であるかはモーセ五書、特に申命記28:15に書かれていますが、これによって大変なのろいがかかることが明記されています。
罪とのろいが残る地をイエスの血潮できよめることが私たちの祈りの歩行の重要な任務ですが、同時にヘンリー・グルーバー師は自分と自分の家系の罪の赦しを乞い、それを宣言するという大変重要な祈りをクリスチャンの一人一人が行うことを強調しています。(私が編纂した「祈りの歩行の手引書」の最後のページに書いてあります。)
コックス師はそれを別の形で説明してくれていますので、この「そむく」こと=のろい=占いの罪=諸悪霊がクリスチャンであっても私たちを襲い、住まいとすることが許される、と言う恐ろしい図式が存在することをよくご理解いただきたいと思います。ついてはこのメッセージを読まれて、コックス師が作成した「反抗・反逆の根を取り除く祈り」をぜひ主の前でされることをお勧めします。(まえがき終わり)



その時、私はアメリカン航空で空中にいました。ドイツとスイスでのミニストリーからの帰途だったのですが、耳鳴りがしていました。内耳に問題がある症状かな、と私は思いましたが、耳鳴りは家に着いてからも続き、それから何日も止まらなかったのです。夜が一番ひどく、どうにか眠ることは出来ましたが、寝付くまでにかなり時間がかかりました。

耳鳴りが始まってから丁度40日目、私はフロリダのデイランドの教会で小さなグループを教えていました 。私は耳鳴りにずっと苦しんでいることを話し、これに対処する何かよい方策を知っていたら教えてほしいと頼みました。するとその中の幾人かが、近くの町で「魔術の要塞」に対して祈った経験を話してくれました。 お互いに詳しく話しをしてみたところ、驚いたことに、彼らが 敵と対決する祈りをしたのは、私の耳鳴りが始まったまさにその日だったのです。そして、 耳鳴りがしている日にちを数えたところ、きっちり40日経っていたことがわかったのです。

啓示がどんどんと与えられ始めました! 驚くべき事がわかりました。私は実は魔術 witchcraft.を聞いていたのです。私の耳鳴りは魔術だったのです!その啓示によって悟りが与えられはじめました。この敵と戦うための祈りを作り上げる時がきたのです。

占いと魔術

魔術とは何であるかをもっと理解せねばならないことは明らかでした。魔術あるいは占いの定義は、何かのしるしを解読したり、超自然な力によって 未来 を予知したり予言したりする技術、実践です。聖書でこの言葉は創世記44:5に最初に出てきます。ヨセフがベンジャミンの袋の中に入れた杯を家の管理者にとりに行かせたときのことです。管理者はこの杯は占い(divination)のために使われたものだと兄弟たちに言うようにヨセフから指示されました。

ニューバイブル辞典によれば、「占い divination」という言葉は、時間的空間的にかけ離れている事柄を知ろうとすることであり、故に一般の方法では知ることができないことであると定義されています。ですから預言者が予知の賜物をもっている場合のように「義なる正しい」ものもありえるわけです。しかしこのように特殊な場合を除いて、占いや魔術は聖書では厳しく禁じられています。

魔法や占いは、人間を超えたものから力や情報を得ようとすることです。もっとはっきりいえば、魔術は自分が願うことをある神(a god)にしてもらうために使うものであり、占いは人間には知ることができない事柄や情報を得ようとして使われるのです。魔法(magic)という言葉は、古代ペルシャの祭司職であったmagusに由来しています。魔術においては、人は神々(gods)と交信することができ、 魔術師や占い師は神々に働きかけて自分に益をもたらすようにしむけることができると信じられています。

占いは2種類に分類することができます。インターナル(内的)とメカニカル(物質・現象的)です。インターナルではシャーマンのようにトランス(夢見心地)状態が起こります。メカニカルの方は、砂や生け贄の内蔵、お茶の葉というような物体を用います。聖書の中には数種類の魔術や占いに関する記述があります。

棒うらない(Rhabdomancy)棒や矢を空中に投げて、それが落ちた場所によって吉凶を占う。ホセア4:12、エゼキエル21:21

肝うらない(Hepatoscopy) 生け贄の肝臓やその他の内蔵から占う。形や模様によって分類され、祭司がそれを解読する。エゼキエル21:21

家神像うらない(Teraphim)死んだ祖先の像を使って未来を予測する心霊術の一つ。第一サムエル15:23、エゼキエル21:21、ゼカリア10:2

巫術(Necromancy)死者から情報を得る。申命記18:11、レビ記19:31、20:6、第一サムエル28:8、第二列王記21:6、第一歴代誌10:13、イザヤ8:19−20

占星術(Astrology)太陽、月、惑星の星座に対する 位置関係や互いの位置関係により予測する。

水うらない(Hydromancy)水の中の模様で占う。 創世記44:5、15


背きと占い

次の注目すべき箇所で、サムエルは占いに関する深い理解を与えていてくれます。サウロはまたもや主の御こころに従いませんでした。彼は羊をすべて聖絶せよという主の命令に従わなかったので、サムエルは彼を叱責したのです!

「主は主の御声に聞き従うほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。まことに、そむくことは占いの罪、従わないことは偶像礼拝の罪だ。」第一サムエル15:22−23

即ち、魔術は反抗と同じだということになります。しかし、どのようになのでしょうか? 反抗あるいは反逆とは「権威のある者に反対・反抗すること」です。ヘブル語の mariy(背く)は「反抗する、論争好きな、制御できない、不従順な、逆らう」という意味を持つmarahの派生語です。この言葉は神の命令されたことに対して反抗するという意味で最も多く使われています。それでは魔術と反逆との関係は何でしょうか?  なぜ占いが背くことなのかという説明を長年にわたり私はいろいろと読んできました。正直なところ、それらの説明は興味深くはありましたが満足のいくものではありませんでした。 その日主は何か新しいことを教えてくださろうとしていたのです。

私はその時、ある人のために祈っていたのですが、私の手を彼の左の耳のそばにかざすように主から示されたと感じました。主の導きに従ったときに私に油が注がれたのを感じてびっくりしたのですが、それ以上に驚いたのは、手をもう少し耳から離したとき、 そこに魔術が働いていることを見分けることができたのです。そして突然、私は主から一つの啓示を受けとりました。代々家系に流れている(神への)反抗・反逆は、私たちから油注ぎを取り去る権利を敵に与え、そればかりかその油注ぎは魔術へと変換されるのです。そして更にその魔術は私たちに敵対するものとして送られてくるのです。魔術は実際に反逆・反抗と同じなのです!

更に啓示が与えられました。主が教えてくださった魔術の諸派を調べて、私は「もし何者かが私たちから油注ぎを盗んでそれを魔術に変えているとしたら、それは一体誰だろうか?」と考えました。魔術が働いている中で、実際に何かを感じて私は驚きました。 その存在の霊的アウトラインを感じ、私はそれが「霊的勢力spiritual force」であることがわかりました。

霊的な勢力に関しては、エペソ6:12に「わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊(悪い霊的な勢力、the spiritual forces of wickedness in the heavenly places.)を相手にするものなのです。」と書かれています。(訳者注:Cox師の引用している英語の聖書では“spiritual forces”と書かれていて、一番それに近い日本語訳は新共同訳ですので、それを上記で使いました。)

これら は「空間を超えた」(天との中間的次元の)存在だと私は信じています。なぜならば、聖書には彼らが「天のいろいろな場所で」戦うと書かれているからです。これらの堕ちた「霊的勢力」は主の油注ぎを歪め悪用し、油注ぎを堕落させ魔術に変えてしまうのだと思います。

それから丸一日私たちは話合い、祈りを作成し、それをみんなで祈りました。私は自分に何か変化が起こるのを待ちましたが、何も起こりません。何かが間違っていたのでしょうか?その夜ベッドに入ったとき、私の耳鳴りはまだ続いていました。こんな状態で生きていけるのでしょうか?(しかし) 翌朝目覚めたとき、何か変化があるのに気がつきました。耳鳴りがないのです。祈りは効果があったのです!


「反抗・反逆の根を取り除く祈り」

これが 私たちが作成した祈りです。


主イエスキリストの御名により、私の家系、先祖代々からのすべてが犯した偶像礼拝の罪を悔い改めます。

私の人生や私の先祖の中で、魔術に寄与してきた私個人また、先祖のすべての反抗、頑迷さ、不従順を悔い改めます。

他の人々の知性、身体、性格を羨んだり妬んだことの一切を悔い改めます。

自分自身を崇拝したことや他人から認められたいと願ったことを悔い改めます。

他人の霊的賜物や能力を羨んだり妬んだことのすべをて悔い改めます。

私自身や私の家系の中で、霊的又は(五感を通しての)肉的感覚の門を守らなかった者のために悔い改めます。

主の御こころよりも自分の思いを選んだことを悔い改めます。

私は誰に対しても、互いに愛し合うこと以外は何の借りもつくらないことを選びます。

やみのわざを打ち捨てて、光の武具、即ちイエスキリストを身に着け、肉の欲を満たすためのいかなる言い訳もしないことを選びとります。

私は神が私に与えて下さった恵みと油注ぎに従ってのみ歩むことを選びます。

私は主にある兄弟姉妹と一致をもって歩むことを選びます。

私はキリストに従い、愛の人生を生き、自分よりも他人を尊ぶことを選びます。

私は主に真心から仕えるために自分の権利を放棄することを選びます。

兄弟愛をもって心から互いに愛しあい、尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思うことを選びとります。

勤勉で怠らず、霊に燃え、主につかえます。望みを抱いて喜び、艱難に耐え、絶えず祈りに励みます。

私は聖徒の入用に協力し、旅人をもてなします。私を迫害する者を祝福します。喜ぶ者と共に喜び、悲しむ者と共に悲しみます。信ずる者と一つ心になってハーモニーの中に生きます。

私は高ぶった思いを持たず、身分の低いものと交わります。私はうぬぼれません。悪をもって悪に報いません。すべての人が良いと思うことを図ります。すべての人と平和を保ちます。自分で復讐をしません。

そこで主よ、今まで私と私の先祖の偶像礼拝、反抗、ねたみによって力を得ていたすべての悪霊ども、策略をどうか取り去ってください。

主よ、どうかすべての悪の組織から私を切り離してください。私は敵と私が住まいを共にしていたすべての悪の関係を断ち切ります。

主よ、どうか先祖代々から受け継いできた善悪の知識の木を取り去ってください。

主よ、私にからみ巻きついてきた死のひも、私を溺れかけさせた滅びの急流、私に巻き付いたよみの綱、私にしかけた死のわなを断ち切ってください。

主よ、私自身と私の先祖の罪の故に取り去られ悪用されたすべての油注ぎ、エネルギー、権威、財政、健康を今私は取り返します。

主よ、私を封印(シール)のようにあなたの胸に、あなたの腕につけてください。あなたの愛は死よりも強いのですから。

主イエス/キリストはいっさいのものの上にたつかしらであり、すべてのものの主であることを、私は宣言いたします。

この祈りは次の聖書箇所を基礎としています。創世記2章、申命記4:15−20、第一サムエル15:23、詩編18章、エゼキエル8:1−6、ヨハネ17章、ローマ12:3、10-19、ローマ13章、エペソ1:22、エペソ4:12−13 (終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-07-31 12:05 | アメリカからのメッセージ

世界経済の行方と御国の教会   坂 達也  7月27日

世界経済の行方と御国の教会
                                             坂  達 也



今回の日本旅行で私はアメリカの経済の厳しい現況を報告しつつ、この世の経済と神の経済がどのように違うかに言及させていただきました。2007年秋に始まった世界的経済不況は未だに混沌としております。2009年の最初の四半期の深刻さに比べ、第二四半期のデータの幾つかがほんの僅か持ち直したのを見て、ある人たちは、今年の秋には回復の兆しが出ると言う楽観的な見方を表明していますが、私は今回の世界経済の「揺り動かし」はもっと抜本的なものであり、神はこれから終末に向けて、この世をもっと悪くされるご計画ではないかと申し上げました。
「いなご、ばった、食い荒らすいなご、かみつくいなご、わたしがあなたがたの間に送った大軍勢」とヨエル書2:25に書かれていますから、この世を悪くするための経済不況を送られたのも主であっておかしくないはずです。

さて、マタイ5:13でイエスは、「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。」と言われました。

 私たちクリスチャンはこの世において「地の塩」「世の光」でなければならないとイエスは強調されます。今ほどそれが重要な時代はないと思います。上記の御言葉は主が山上の垂訓として語られた一連の教えの一つですが、イエスは明らかにこれ等の教えを「御国」の観点から話されているのであって、単なる宗教的な戒めとしてだけ受け取ってはならないと思います。
箴言22:2に「富む者と貧しい者とは互いに出会う。これらすべてを造られたのは主である。」とありますが、「富む者と貧しい者とは互いに出会う」は、まさにこの世の経済を表していないでしょうか。主はご自身が造られた人間が住む「この世全体の経済」において、クリスチャンが腐敗を防ぐ塩としての役割を務め、又この世の中の総ての面で「よい味を付ける」役目を果たさねばならないと戒めておられるのです。つまり、私たちクリスチャンはあくまでこの世における「神の国」の忠実なる番人であり、この世を御国に変えるために選ばれ立てられていると言うことです。


教会(クリスチャン)が御国の意識を明確に持つ時代が来た

そもそも、イエスは「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」(マタイ4:17)と言われて宣教を開始されました。それから二千年の月日が経過し、終末が刻々と迫って来ています。私たちがそれを認めようと認めまいとにかかわらず、本当に天の御国が待ったなしに近づいて来ているのです。そしてイエスは「もしあなたがたの義が、律法学者やパリサイ人の義にまさるものでないなら、あなたがたは決して天の御国に、はいれません。」(マタイ5:20)と大変な警告をされています。
又イエスは、「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイ6:33)とも言われました。

律法学者やパリサイ人は神の国を意識した民のリーダーであったでしょうか。そうではありませんでした。それでは、私たち教会は天の御国を常に意識して教会が積極的に地域社会に密接して来たでしょうか。ここにおいて主が言われる「御国」を意識しての布教活動をしているかどうかが問われていると思います。

アメリカは名ばかりのクリスチャン国ではあっても、一つ良いことを挙げれば、さすが年長の民主主義国家だけあって、国民の政治への関心が高いことです。クリスチャンとして「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。」を意識しているのでしょうか「民の声」が政治に密着して国の政治を動かしていることを感じます。今特にそれを感じます。

選挙を通じ、又就任当時にあれほど人気のあったオバマ大統領の人気が、就任6ヶ月にしてこのところ陰りが出て来ました。まさに「ハネムーンは終わった」ようです。
ある世論調査によれば、今次の大統領選挙を行うとすれば、民主党はオバマ、それに対抗して共和党は前に候補の一人で経済に強いと見られていたロムニーが争うとすれば、あなたはどちらに投票するか―――結果は何と45%対45%、互角と言う数字が出たのです。あれだけ熱狂的に支持されたオバマ大統領がです。これには少々驚きました。そして今聞いたばかりのニュースですが、オバマ大統領への世論の評価が最高時68%だったものが、初めて過半数を割り、49%に落ちたと報道されました。

アメリカの国民は当然ながら自国の経済に関しては敏感です。オバマ大統領の景気刺激策が多大な税金を使うばかりで国民はその効果に疑問を持ち始めたこと、特に高い失業率が下がる気配がないことに国民は失望し始め、先行きに不安と焦りを感じ始めています。
特に国民医療保険制度の法案を両院で強引に可決しようとする大統領への反発は共和党だけでなく、民主党側の人たちの中にも少なからず出て来ております。
そもそもこの法案は1000ページ余りと言う膨大且つ複雑極まる内容で、この法案全部に眼を通した議員はいないと言われます。よく読むと問題だらけ疑問だらけであり、それを指摘する人たちの中には、数多くのクリスチャン(あるいはその団体)がいます。彼らの多くはTV、ラジオ、インターネット等を通じて「塩」としての声と警告を発しているのです。又、アメリカには一日中流しているニュース専門チャンネル(例えばCNN)、あるいはニュースとその解説だけをしているテレビ局(例えばFOX)がいくつもありますが、(そう云えば日本に来て気が付くことは、日本にはそのような専門チャンネルがほとんど見当たらないことです。)多くのアメリカ市民はそのような情報を得ることによって、本当に反対、あるいは危機を感じる時に、それぞれ自分の地区の議員に直接手紙とかメールを書いて抗議しますから政治に国民の声が如実に反映します。今は国民の緊張した切実な声が世論調査に跳ね返って表れ始めたのです。
これは蛇足ですが、アメリカはクリスチャンを無視して選挙には勝てません。大統領候補は、日曜日ともなれば聖書を持って夫婦そろって教会に行く姿を演出してメデイアのカメラに収まりたがり、自分は教会に行くことを強調します。クリントンもオバマも例外ではありませんでした。
 
さて、政治と経済は切っても切れない関係にあります。経済とは英語で「economy」ですが、その語源はギリシャ語の「oikonomia」であると言われ、その意味は「家をよく治め管理すること」つまり「家政」です。
私たちは神の財産、神の家の管理人と言われる通り、神の財産とは神の創造物総てを含む訳ですから、私たちクリスチャンは、たとえこの世の政治経済であろうと、あるいは環境問題であろうと、総ての面においては神の良き管理人として「塩」の機能を十分に発揮することを神は要求しておられます。

 イエスは会堂にも行きましたが、多くの時間を費やして町から町を歩き、人々と接し人々の悩みを聞かれました。従ってイエスの御国と言われる考え方には、私たちクリスチャンが社会の営みの総てに関心を示すだけでなく、積極的に町に出て行って王であるキリストの代表者として社会と深く関わり合って行くことが基本的な条件(姿勢)であるのです。

私たち御国の教会(クリスチャン)の目標は「この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。主は永遠に支配される。」(黙示録11:15)にあるのですから、クリスチャンはパリサイ人的宗教学者であるよりも、むしろ町の経済学者となり、その実践者/実業家であるべきです。そのためには教会は具体的にどうすればよいのでしょうか。

 
教会が光輝いて世を救う

 教会は社会の縮図ですから、色々な職業の人が集まります。中には新しく事業をしたいと言う人もいるでしょうし、子育て専業の人も大勢います。オバマ大統領は「チェンジ」と言う言葉をスローガンとしてよく使いましたが、私たちこそ考え方を御国のそれにチェンジすべきです。
「御国」とはイエス・キリストが王である国なのですから、総てのクリスチャンは自分の仕事に文字通り王が直接関わり合っていただくべきであると言うことが出来ます。
私は今回の旅行で、イエスと私たちが50/50の合弁会社を設立すべきであることを例を以って提案しました。よくよく考えてみれば、この共同経営の姿こそがこの世において主と私たちの正しい関係であると思います。

私たちは契約社会に住んでおりますが、実はクリスチャンこそ新約と言うれっきとした個人契約をキリストと結んでいることを忘れてはなりません。それを具体的に表したのが株の持合い50/50の共同経営契約です。そして社長CEOはイエス・キリストです。この契約においてはイエスも私たちも総ての経営計画と実行に先立って「合意」あるいは「上司(主)の命令に従う」ことが必要です。そのためには毎日密接な「打ち合わせ」と「話し合い」をすることも一般の会社とか公官庁組織と同じです。

新しく事業をしたい人は主に共同経営の社長になってもらい、何を、どのように事業とするかを話し合わねばなりません。必要な資本金とか「コネ」は社長に任せます。そして毎日、すべきことをあなたが社長と打ち合わせしながら実行して行けば、必ず事業は成功し「儲かり」ます。そしてその「利益」は社長と折半出来るのです。

このやり方は既に教会が従事して来た各種の学校経営にも当てはめることが出来るはずです。保育・幼稚園とか学校経営は財政的に苦しいところが多いと聞きますが、その苦しい経営状態に、最も優れた経営者であられる主イエスに直接参加していただくことによって経営の健全化と豊かな「利潤」を得て、クリスチャン教育の一層の充実・拡大を目指して何も悪いことはないはずです。
教会の総ての人が、クリスチャン個人として、あるいは教会(法人)としてこの主との「合弁会社方式」を取り入れるならば、地方教会の経済は大いに祝福され「御国」の発展に大きく貢献することが聖書で見事に保証されています。

「もし、あなたがあなたの神、主の(社長の)声に聞き従うならば、このもろもろの祝福はあなたに臨み、あなたに及ぶであろう。 あなたは町の内でも祝福され、畑でも祝福されるであろう。 またあなたの身から生れるもの、地に産する物、家畜の産むもの、すなわち牛の子、羊の子は祝福されるであろう。 またあなたのかごと、こねばちは祝福されるであろう。あなたは、はいるにも祝福され、出るにも祝福されるであろう。 敵が起ってあなたを攻める時は、主はあなたにそれを撃ち敗らせられるであろう。…… 主は命じて祝福をあなたの倉と、あなたの手のすべてのわざにくだし、あなたの神、主が賜わる地であなたを祝福されるであろう。…… 主はその宝の蔵である天をあなたのために開いて、雨を季節にしたがってあなたの地に降らせ、あなたの手のすべてのわざを祝福されるであろう。あなたは多くの国民に貸すようになり、借りることはないであろう。 主はあなたをかしらとならせ、尾とはならせられないであろう。あなたはただ栄えて衰えることはないであろう。きょう、わたしが命じるあなたの神、主の戒めに聞き従って、これを守り行うならば、あなたは必ずこのようになるであろう。」(申命記28:2-13)[アンダーラインの部分は私が強調したいところです。主の「御声を聞く」ことの重要性がよくご理解いただけると思います。]

私たちが主とこの共同経営方式を取り入れて実践するなら、先ずあなたの地域社会があなたの「成功ぶり(実り)」とその輝きに気が付いて皆が寄って来るようになるでしょう。そしてあなたのしていることが社会にすばらしい「モデル・ケース」を提供し、主の栄光をより輝かすことになります。

ちなみに、この世の中の職種を政治、経済(ビジネス)、社会福祉、教育、娯楽の五つに大別するとすれば、今回の旅行を通して各地で、政治を除いた少なくとも四つの分野で牧師/教会が社会に今本格的に出て行こうとしている動きを見聞きすることが出来ました。

*クリスチャン企業が数は少ないながら全国的に出て来つつある。
*教育面で従来からあった幼稚園、小中学校(ホーム・スクールを含め)学童保育、聖書学校等のクリスチャン教育の拡張に教会が積極的に乗り出している。
*地域社会での家族の問題へのカウンセリング活動:例えば青森市にあるジョイフル・チャペル教会と渋谷牧師は、教会活動とは別に「ファミリー・リカバリー・センター」と言う家族の問題への深いカウンセリングに乗り出しており、その活動が地域の人々に知られ始めている。
*社会福祉関係で教会がナーシング・ホーム(老人)とかデイケア・センターの経営に乗り出した。
*冠婚葬祭を通して社会に進出。特に結婚式の司式をする牧師は多いが、中に司式をした総てのカップルを信仰に導いたと言う牧師もいた。これからは司式時だけでなく、結婚生活に入った後の息の長いカンセリングに力を入れたいと言う牧師も出て来ており、今までのどちらかと言えば牧師の内職から、本格的なミニストリーに移行する兆しが見えた。
*特に若者を対象にクリスチャンの音楽グループの活動が各地で台頭しており、それが各地の未信者の若者を惹き付け楽しませ始めた。このような若者ミニストリーが全国的な「教会の一致」に貢献し、重要なミニストリーに発展しつつある。

このように社会に溶け込み、社会を積極的に変えて行く働きをすることによって、教会は「地の塩」である以上に「世の光」になります。主は言われます。

「あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」(
マタイ5:14-16)

私たち教会がイエスの光を輝かす時に、社会の人々は神のすばらしさを見て寄って来ます。そして黙っていてもどんどん救われて行くでしょう。これが御国の大きなリバイバルでなくて何でありましょうか。
この世の経済がこれから益々暗くなり、世界が闇で覆われる時に、人々は希望を失い、生活に困り、助けを求めます。その時に御国の教会は手を差し伸べねばなりません。「神の経済」を信仰で実行する「御国の教会」は、日頃からそのための豊かな蓄えを主からいただいていてこそ、この世を救うことが出来るのです。

そのような終末における主のすばらしい御国のご計画が主の再臨を通して完全に成就することが、次のようにイザヤによって預言されております。

「起きよ、光を放て。あなたの光が臨み、主の栄光があなたの上にのぼったから。 見よ、暗きは地をおおい、やみはもろもろの民をおおう。しかし、あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、主の栄光があなたの上にあらわれる。 もろもろの国は、あなたの光に来、もろもろの王は、のぼるあなたの輝きに来る。 あなたの目をあげて見まわせ、彼らはみな集まってあなたに来る。あなたの子らは遠くから来、あなたの娘らは、かいなにいだかれて来る。 その時あなたは見て、喜びに輝き、あなたの心はどよめき、かつ喜ぶ。海の富が移ってあなたに来、もろもろの国の宝が、あなたに来るからである。」(イザヤ60:1-5)
                     
本当にすばらしいではありませんか。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-07-27 12:43 | 坂達也からの今月のメッセージ

非常に狭い道が今週から始まる チャック・ピアス 7月24日

非常に狭い道が今週から始まる

チャック・ピアス 



情熱を持っておられる方たちへ

皆様のことを私は神に感謝し、祝福いたします。火曜日の早朝の祈りの集会において、非常に狭い道が私たちのために来ようとしているという預言を私はしました。ノーマ・サーヴィスさんがその時にイスラエルでその預言を聞いておられたのですが、彼女は驚いて、早速次のメールをくださいました 。

「伝統的なユダヤ教では、タムーズの17日からアブの9日の期間は、『ベイン ハ メツアリム』と呼ばれ、狭い 場所に追い込まれるとか、 苦境に立たされるという意味であり、哀歌1:3の『ユダは悩みと多くの労役のうちに捕えられ移された。彼女は異邦の民の中に住み、いこうこともできない。苦しみのうちにあるときに、彼女に追い迫る者たちがみな、彼女に追いついた。』という箇所に由来しています。

この『苦しみのうちにあるときに』という句は『海峡又は、狭い場所の間』と訳すこともできます。これは伝統的ユダヤ教において、タムーズの17日にエルサレムの城壁が崩され、アブの9日に神殿が破壊されたことを憶えて、3週間の喪に服する期間なのです。他の喪の期間と同じく、この期間は結婚式も行われません。

火曜日にあなたに与えられた言葉(狭い所を歩きもっと高く登るという)について今朝私が祈っていた時、タムーズの17日は7月9日に当たり、それがユダヤ教においても狭い場所を示すことに気づきました。今私たちは城壁に破れがないか、よくよく注意せねばなりません。私たちは恐れや悲しみのうちではなく、信仰に立って歩まねばなりません。しかし狭く険しい場所に注意を払い、また、そこにある神の慈しみを見逃さないようにしなければなりません。」

新しい通路ができている

私が火曜日に預言として与えられたものの一部をここに記します。主の言われていることが聞こえてきます。

「狭い通路が今作られつつある。わたしはあなたの道を狭くする。あなたはあなたの願望を狭くせねばならない。わたしは願望を清め、あなたが歩く通路を狭くしている。あなたは新しいアライメント(関係/一致)とアサイメント(仕事/課題)の中に入り、そこからあなたは今まで知らなかった領域へと導かれるであろう。暗い場所から出て光へとあなたは進むであろう。しかし、あなたが歩いて来た通路はだんだんに狭くなり、あなたを新たなものへと押し出すであろう。

今は『神のギデオン軍の招集』の時だ。ラッパが鳴り響き、ギデオン軍の招集が地上に解き放たれる。ギデオン軍の招集は耳を傾けるべき緊急の知らせだ。わたしの民が持つ願望を選別せよとの命令が、今地上に起ころうとしている。わたしの民の願望は、自分らの欲望と入り混じってしまっている。今からの三ヶ月間、わたしはわたしの民の願望を選別し、それによって彼らがわたしに従えるようにする。

新しい地に入ろうとして出発した時には、あなたはわたしからの願望を持っていた。しかし、あなたが以前持っていたあなた自身の欲望が再び膨らんで来て、わたしがあなたに与えた召命は混乱してしまった。今すぐあなたは自分自身の欲望を(わたしのあなたにしてもらいたい欲望から)引き離さねばならない。そうすることによって、わたしがあなたを引き寄せてその地に入れるようにするからである。

狭まる時

わたしのチームと軍隊は、狭められ小さくされる。なぜなら今は狭められる(狭くする)時だからだ。今この言葉を話しているうちにも道は狭まっている。聞け!よく聞け!ラッパの音が鳴り響き招集が今始まっている。ギデオンの時代のようになる。わたしが与えようとしている油注ぎはギデオンの油注ぎであり、『ミデヤン人』を征服するであろう。彼らは今までの7年間、収穫のときに襲ってきて収穫を盗んだ。

敵はいつも収穫の時期にやってきて略奪していく。その敵に勝利するためには、大いなる分離が起こらねばならないことを知れ。わたしはわたしの民の召命を配置し直し、彼らが自分のチャンスを別の角度から見ることができるようにせねばならない。今日招集のラッパが鳴り響くのを聞き、ギデオンの時が来たことを知れ!

ラッパの音を聞いたなら、今日立ち上がり、狭い道である通路を通って入っていけ。あなたのためにわたしが備えた場所に入るために、これからの三ヶ月間、 いろいろなものがあなたからそぎ落とされる。それによってあなたの身体さえ変化するであろう。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-07-24 12:37 | アメリカからのメッセージ

日本からもどりました  坂柚実子 7月23日


日本からもどりました(2009年夏の日本旅行報告)

6月3日から7月10日までの日本旅行を終えてハワイに無事もどりました。その後の10日間は旅の疲れを癒しておりましたが、ようやく元気になってきました。旅行中私は疲れることもあまりないのですが、帰宅するとどうしてもほっとして疲れがでます。主人などは、帰宅してすぐにベッドにゴロっとした(玄関からベッドまで8歩くらい)と思ったら、その30秒後にはグーグーと寝ておりました。靴もはいたまま、眼鏡もかけたままで、そのまま寝ること数時間。少し食べて、また寝ること数時間、というような具合でした。

とはいえ、この38日間、皆様のお祈りに支えられて無事過ごすことができましたことを先ずは心から主に感謝いたします。特にこの旅行中、私たちのホームベージを読んでいてくださる方や、各地で主人の本を読んで神との関係が親密になったと言われる方々にお会いできたことは、私たちにとって大きな励ましとなりました。それでは旅の報告をこれからぼつぼつとさせていただきます。

6月3日 ホノルル空港にて。前日の夜から何の理由もなく突然痛くなった主人の左足がもっと痛くなって歩けないというので、空港で車いすを頼む。午後5時に飛行機出発。この足の痛みは以前にもあったこと。

6月4日 夜8時半、関西空港に到着。主人は車いすで、そのまま直ぐ前の日航ホテルへ。チェックイン後ホテルの車いすに乗り換えて部屋まで行く。サービスがよくて感謝。
車椅子に乗った主人
a0051378_162854100.jpg


6月5日 朝になって主人の足は何とかびっこを引いて歩けるほどまでには良くなったので、車いすのサービスは断る。
昼過ぎに私たちは親しくさせていただいている吉本ご夫妻が最近始められた高畑コイノニヤ教会へいく。家の教会としてこれからの発展を期待する。そこには親しい 関西地区の方々が 来てくださり、最初の短い集会のあと近くの岩清水八幡宮(京都)に祈りの歩行に出掛けた。そしてそこに入った途端に主人の足がぴたっと癒された。緊張感があった。夕食後に皆さんと踊ったイスラエル・ダンスの時も主人は自由に踊ることが出来た。ハレルヤ!最近は日本を訪れる度に敵の嫌がらせ的な攻撃が来ることは「よいしるし」なのだろうか。
祈りの歩行をした神社の前で皆さんと。
a0051378_16462920.jpg


九州旅行6月6-9日 

6月7日は永野誠治先生の別府フルゴスペル・イエスキリスト教会にて聖日礼拝。牧師夫人のワーシップリードでのすばらしい賛美。彼女の頭上を霊の鳩が舞うヴィジョンを見た方が以前あったそう。この教会は自由に踊る方もおられて解放されている。

午後は大分カルバリ・チャーチ 橋本 守先生の教会へ移動。三時から「あなたのビジネスを励ます会」と銘打っての集会。ノンクリスチャンのビジネルマンの方々にお知らせをしたとのことだが、来られたのは予想した人とは別の人たちだったとか。すべて神様のご計画の内である。
主人はこの日のためにアメリカの経済の動向についてかなりの準備をして来た。これが今回の旅行のメイン・テーマである「この世の経済と神の経済」の基調メッセージとなる。折からの経済恐慌で他地区に比べ打撃が大きいと言われる大分にこの教会を通して御国の大いなる祝福がもたらせるように祈る。

別府の永野先生と大分の橋本先生、同じく大分の釘宮先生は、年に二回、合同の集会をしておられるとのこと。三人の牧師がそれぞれの賜物を生かしての集会で、三つの教会からの参加者はみんな非常に恵まれるとのことであった。五役者が一つの教会にはそろっていないのがほとんどである現在、このような合同の集会は大変意義が深いと思った。
写真は、橋本邦光伝道師、橋本夫妻、私たち、 永野夫妻。
a0051378_164743100.jpg


6月8日 福岡県八女市八女フロンティア・チャーチに近藤雅子先生を訪ねる。ここでのハイライトの一つは、前回も訪ねた野田国義氏の選挙事務所に行くと、幸いにも野田夫妻にそろって会うことができたこと。主人は夫妻と政治の話をした。いよいよ選挙が近づいてきている。古賀氏との対戦も話題になっている。クリスチャンの政治家が大勢出ることを祈ってやまない。
写真は近藤先生、野田氏、主人。
a0051378_16483864.jpg


翌日は近藤先生と共に、最澄の開基と伝えられる天台宗の大寺院清水寺を訪問。この寺は雪舟が造ったといわれる庭園があることでも有名。この寺の鍋島住職夫妻と会うことができた。数年前グルーバー先生と一緒にお会いしている。住職は非常に博識な方で、キリスト教への理解も持ち、主人とアメリカの霊的、経済的現状について話が弾んだ。お土産に住職から高価な御香をいただき感謝する。
写真は私たち夫婦と近藤先生、清水寺住職鍋島さん
a0051378_16514994.jpg


主人は、八女で政治家やお寺の住職の方とお話ができたことを、主からの特別のお計らいとして非常に喜んでいる。近藤先生は町中で主が示される人々なら、市長であろうと、お寺の住職であろうと、又、仏壇屋さんから、眼鏡屋、薬屋、花屋さんに至るまで親しくイエスの話を何度でも伝えにゆく、立派な地域をトランスフォーメーションする御国の担い手だ。(続く)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-07-23 16:52 | 柚実子からのハワイ便り

悲しみ、けれど勝利 グラハム・クック  7月18日

悲しみ、けれど勝利

グラハム/クック 


それはいつもと変らない土曜日のことでした。ランチを食べながらラグビーの試合でニュージーランドがフランスをやっつけるのを見ていたとき、私の携帯電話が鳴り悲劇の知らせが入ってきたのです。ミニストリーのチームリーダーであり親しい友人であるデイヴィッド・クローンのお嬢さんであるエイミーが、心臓発作で死んだというのです。

妻のテレサと私が病院に駆けつけ、救急室にいるエイミーの家族と友人たちに会いました。 ブリリアントブックハウスという私の出版社で働いている娘のソフィーと友人のケリーもやってきて、泣きながらハグしていました。みんな打ちのめされました。非常に愉快で、創造的で、パーティーを盛り上げ、二人の子どもの母親でもあるあのエイミーが死んでしまったって?

私はエイミーが横たわっている部屋にそっと入りました。母親のデボラはベッドに伏して泣いていました。父親のデイヴィッドはエイミーの足もとに座ってうな垂れていました。親しい友人であるマークとタミーが二人を慰め支えていました。検死官が来て死体を運びだすまで、私たちはハグし、祈ったり慰めたりしていました。

それから、デイヴィッドとデボラは病室から弱々しく出て来て、みんなにお礼を言いハグしました。私はデイヴィッドが「何か必要なものはないですか?何かお手伝いしましょうか?」というのではないかと一瞬思ってしまいました。というのは、彼は会うと最後にそう訊くのが常だったからです。二人が手をつないで駐車場を横切って行く姿を見るのは胸のつぶれる思いでした。

それから少しして、私の携帯が鳴りました。「一緒にエイミーの復活のために祈って欲しい」というデイヴィッドからの電話でした。勿論ですよ、祈りましょう、、、実際になんと言ったかは覚えていませんが、この時ほど死に対して戦いたいと感じたことは今までありませんでした。その晩、ボブ/ブック夫妻と私たち夫婦は、翌朝のミッションでの集会を計画しました。

クローン家の人たちは彼らの家で集まり、そこで戦いをすることになっていました。遺族が戦いの場の出てくると人びとが集中できなかったり、悲しみやショックを与えるかもしれないという配慮からでした。この戦いの知らせは世界中に発信されました。親しい友であるレディングにあるベテル教会のビル/ジョンソン夫妻もデイヴィッドとデボラへの愛のためにすべてを置いてこれを優先してくれました。アメリカや多くの国々の人たちが一つになって祈ったのです。

翌朝、ミッションでもたれたその集会はずっと長く私の記憶に残ることでしょう。一致の霊がこのような熱心さと喜びをもって顕わされたのを私は見たことがありません。ワーシップは本当にすごいものでした。それはイエスの素晴らしさをたたえる真実なすばらしいセレブレーションでした。私たちはみな我らの神、主をほめたたえ喜びました。ワーシップの中で人びとは、自分の体験から真理だと知る神の麗しいご性質を喜びたたえました。神の慈しみを完全に信頼していることを表現するものとして、賛美と感謝を捧げたのです。

嘆きの祈り(ラメンテイション)は地上に存在する賛美の中で最高のものです。それは地上特有のものです。天国でそれをまねることはできません。なぜならば天国には涙も悲しみもないからです。嘆きの祈りは天ができない何かを私たちにさせるのです。それは即ち、私たちが苦しみの極みにいるときにさえ主をワーシップすることなのです。

嘆きの祈りは「そうではあっても though」と「しかしやはり yet」を常に伴います。(ハバクク3:17−19、ヨブ13:15参照) 担いきれない悲しみを負い 苦しみの極限の中にいる私たちが、「そうではあっても」「しかしやはり」主をほめたたえるのです。 

主をほめたたえるとは、高揚し、興奮し、大喜びで楽しいという状態でセレブレーションをすることです。しかし、神は私たちに嘆きや重荷を忘れなさいという要求はされません。主はそれを捧げものとしなさいと言っておられるのです。主の偉大さと麗しさの中に嘆きを携えて入っていくのです。それを使うのです。主を喜ぶことが出来ないという正当な理由は、絶対どこにも見つからないのです。嘆きの祈りは、父なる神の慈しみ(愛)の中に私たちを招き入れ、そこで私たちの涙は熱い崇拝の祈りと一つに溶け合い、私たちに先立って苦しみ・悲しまれた主が既に占めておられるその場所にゆくのです。このときまさにワーシップが栄光の領域に入っていきます。

霊的なコミュニティーとして私たちは今、開かれた天の下で生きること、主と同じ姿に造り変えられること、イエスがされたと同じことを行うこと、天から地にむかって生きることを学んでいます。私たちは「天になるごとく地でもなるように」という事を、学び、 訓練を受け、成長しようとしています。まだまだ道は遠いですが、みんな情熱的にリアルなクリスチャニティーを追い求めているのです。

雲のような多くの証人に取り巻かれているというように私は感じました。ある時点で、私たちの賛美は天を突き通しました。何百人もが喜びながら、一つの心、一つの思い、一つの声と霊をもっていました。ワーシップが一段と高まり、私たちは天の賛美と合流したのです。その歌声は本当にものすごいものでした。その日はバンドのメンバーの半分は旅行中だったので、バンドの演奏はしないことになっていました。ですからその時いたのは、ギターのボブとピアノのバイロン、ジェンベのネドだけでした。しかし、突然私たちは全員、聞いたことのない音楽を聞いたのです。それはほんのつかの間の間で消えていきましたが、私たちはあっけに取られ、びっくり仰天し、そしてもっと広い心を与えられてそこに立っていました。

私が手短かにヨハネ11章とマルコ5章から話しました。ラザロとヤイロの娘の話です。イエスは人の死を、そこから覚めることのできる眠りとして話されました。私たちのミッションでは神が私たちのためにどのようなお方であられるか、また何がお出来になるかを全面的にすべて信じています。主の慈しみを喜び、主の力と御心を信じる信仰に堅く立っています。荒廃と退廃と絶望の中で苦しむ世界に、神の慈しみと憐れみを持ち運ぶことを学んでいます。私たちの願いは奇跡、しるし、不思議をもってこの地に天をもたらすことです。命の主の権威を持ちたいのです。ですから私たちはどんな状況の中にあっても喜びをもって戦うことを選びとっているのです。

私たちは一つ心で祈りました。声を一つにして命に戻るようにと命じました。丁度父の日だったのですが、それは何とふさわしい日だったことでしょう。それからの数日、私たちは小さなグループごとに復活の力を信じる喜びの宣言を続けたのでした。

エイミーは私たちのもとへは戻ってきませんでした。かわいくて、楽しいことが好きで、みんなを笑わすのが好きで、宗教的でない(教会中心の宗教的なキリスト教を嫌っていました)エイミーは、喜びに満ちあふれた素晴らしい天から戻ってはこなかったのです。

葬儀は型破りでした。全くクローン家らしいもので、預言的先駆者的スピリットの傑作とも言うべきものでした。教会での記念礼拝はありませんでした。(エイミーはそんなものはきっと嫌だったでしょう。)そのかわりに家族友人が少数墓地に集まりました。普段の服装で、という指示をみんな受けていたので、ジーンズや明るい色の服装が多く、フォーマルな装いの人はいませんでした。大きなリモジンが二台が到着し、そこからクローン家の人たちが出てきました。 バグパイパーがアメイジンググレイスを吹く中、彼らは車のトランクからクーラーを二つ取り出しました。

私たちはエイミーの棺の回りに集まり、デイヴィッドとデボラがエイミーの人生を感動をもって語りました。人びとが次々にエイミーの思い出を語り、みんなは笑ったり泣いたりしました。エイミーの神への情熱は、人生にどんなに辛いことが起こっても失われることはなかったのです。みんなは大声で笑ったり、同時に涙を拭いたりしていました。一人ひとりにピンクの花が渡され、棺の上にそれを置いて最後のお別れをしました。

クーラーからシャンペンとサイダーが取り出され、誠実で、独立心があり、自由な精神をもったエイミーのために、みんなで乾杯をしました。(彼女が今ダビデ王に、主の前で踊る本当のやり方を教えていることは間違いないところです。)ビル/ジョンソンが、人の死を正しく悼むことの重要さについて短い、しかし感動的な話をしました。それは心に中に喜びと悲しみの両方を自由に働かせることが大切であり、どちらかを抑えるのは害になること、けれども一日の終わりには常に喜びが勝つようにするということでした。彼はまた、神に対して私たちが真実であり続けるように、そしていのちのために常に戦うようにという励ましを与えてくれました。 アーメンです。

翌日私は中心的なリーダーであるボブ/ブックスとダン/マコラムと共に、デイヴィドとデボラに会い、次の日曜の集会について話し合いました。私たちは又笑ったり泣いたり、おいしいクッキーを食べたりしました。

日曜日の礼拝は満員でした。エイミーの人生を祝うために世界中から人びとが集まりました。それは感動的であり、また、楽しさ、悲しさ、素晴らしさを混ぜ合わせたものでした。大いなる喜び、大いなる家族、大いなるコミュティー、大いなる一致。

私たちは復活を勝ち取ることはできませんでした。それは私たちが信じるものから一歩敗退したことでしょうか? もうリスクはとらずに最大限の安全圏に留まるほうが賢明ということでしょうか? それとも一段進んで「御国が来ること、御こころがなること」を見る決意を新たにする時なのでしょうか?

私たちこそがその信念を決して失わせないのです。 私たちは、イエスと常に共にいることによって敵を倦み疲れさせる計画を持っているのです。 決して絶えることのないリアルな神の御国に対する私たちの喜びと情熱は、ついには敵を疲労困憊させるのです。神がエイミーを取り去られたのではありません。 彼女は敵に盗み取られたのであり、私たちはその代価を敵に支払わせるのです。

私たちの信仰宣言はダニエル3:13−18に書かれています。バビロンに連れていかれた3人が、王の金の像を拝まなければ酷い死を遂げると言われた話です。彼らの返答は正面からの宣言でした。
「私たちの仕える神は、火の燃える炉から私たちを救い出すことができます。王よ。神は私たちをあなたの手から救い出します。しかし、もしそうでなくても、王よ、ご承知ください。私たちはあなたの神々に仕えず、あなたが立てた金の像を拝むこともしません。」

これは自分たちの決意を予め表した言葉です。彼らは王の前に出る前に自分たちの決意がどのような結果をもたらすかを知っていました。どのような代価を払うことになっても、彼らは自分たちの信念を崩すことはありませんでした。彼らがヘブル人であるという心からの全面的な表明でした。

私たちのコミュニティーは、この悲劇を通して一つとされ、どのように進んでいくべきかを定められました。私たちは新しい地へと呼びい出され、霊的に引き上げられたのです。これから私たちは次のことを求めていきます。

地上の天国
主と同じ姿に造り変えられること、
イエスがされたと同じことを行うこと
さらに大きなわざを行う

私たちは神の栄光を求め続けます。神の御性質、愛、憐れみ、恵み、親切、喜びを抱きしめ受け取ります。人生を神の慈しみの目で見ることを選びとります。復活、癒し、奇跡、力、豊かさを私たちが見るところとなり、しっかりと捕まえ、それが日常茶飯事となるまで追い求めます。

今私たちは一つのコミュニティーとして定義されるための新しい決意を形作るプロセスを通っているのです。もう引き返すことはありません。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-07-18 14:58 | アメリカからのメッセージ

奥義を孕む ビル・ジョンソン 7月18日

奥義を孕む

ビル・ジョンソン




歴史はしばしば神と劇的な出会いをした人たちによって造られていきます。もしあなたがそのような出会いを経験したことがあるならば、それを人に説明するのはとても難しいことがお分かりだと思います。人が理解してくれなかったり、信じてくれない事があるままで生きていくことをあなたは学ぶのです。

あなたは主の臨在が満ちる中で説明のつかない不思議な体験をしたことがあるかもしれません。しかし、聖書や歴史上にそれと同じ体験をした人物を見つけることは可能です。私たちは皆程度の差こそあれ、神との邂逅を経験しています。しかし、マリアのような経験をしたものは誰もいないのです。

聖書は神と出会った人びとの話で満ちていますが、私のヒーローはイエスの母マリヤです。彼女が経験したことは、聖書にも前例がありません。神によって子を宿した人は初めてだったからです。 恐らく彼女は聖書の中で最も偉大なリバイバリストではないかと私は思うのです。彼女に投げかけられた質問を想像できますか?彼女は一生の間、私生児の母と呼ばれたのです。夫となる人も彼女を信じませんでした。天使が彼を訪れて神のご計画を啓示するまでは、ヨセフはマリヤとの婚約を内密に破棄しようとしていました。マリヤはリバイバリストとしての条件を備えていました。彼女が世界を変える何かをお腹に孕んでいたからです。

主の御使いがマリヤに現れたとき、彼女は「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」と答えました。

「御使いは答えて言った。『聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。、、神にとって不可能なことは一つもありません。』マリヤは言った。『私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。』こうして御使いは彼女から去って行った。」ルカ1:35、37—38

彼女の応答がどうしてそんなに深遠なのでしょうか?それはこのような答えは聖書の中にも全くと云ってよいほど見あたらないからです。彼女は御使いの言葉を理解できなかったにも拘わらず信じたのです。

マリヤは「どうしてそのようなことになりえましょう?」と尋ねました。御使いは「聖霊があなたの上に臨みあなたをおおいます。」と答えました。これはマリヤの質問に答えているでしょうか?答えていません。しかし彼女の神に対する答えは「あなたがそう言われるなら、私はお受けします。」というものでした。マリヤは神が宣言されたことを、すべて心にたくわえ思い巡らしていました。安全な場所にしまったのです。人は神が言われることに驚嘆することはできます。しかし、この物語の中では大勢の中で一人だけが神の言葉を宝物として心にしまったのです。これこそが歴史を形造ることに寄与した人達の人生に見られる共通の特徴です。マリヤは神が語られたことを理解できなかったにも拘わらず信じ、大事に胸にしまったのです。

マリヤと神の御言葉との関係は、彼女が自分の息子、受肉されたみことば、に出会う以前からあったのです。神の言われたことを、たとえそれが理解できなくてもお腹に孕む者は、「神にとって不可能なことは一つもありません。」という神からの啓示の実を孕むのです。

「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」ルカ1:45  (終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-07-18 04:22 | アメリカからのメッセージ

占領から拡大へ ビル・ジョンソン 2009年7月8日

占領から拡大へ

ビル・ジョンソン



あるいにしえの戦士が「戦いは勝利するためであり、勝利は占領するためである。」と言いましたが、神の御国に関しては、私たちはもう一つ付け加えます。それは「占領は拡大するためである。」という言葉です。

主はイスラエルに約束の地を一度に全部は与えられませんでした。それは全領域を占領する力が彼らにはなかったからです。彼らの力で占領できる土地だけをまず与え、そこを基盤にして拡大していけるようにされたのです。拡大は天の御国を前進させるためには不可欠です。1タラントをもらってそれを地に埋めた男は、確かにそれだけは 守り通しましたが、主人から叱責されさんざんな目にあいました。というのは、彼は自分の持っているものを増やすために活用しなかったからです。(マタイ25:15—28)

拡大し前進するという見地で人生を見ることは大変重要です。この見方に立つときに、増え広がり昇格するための体勢が整うのです。ただ単に自分が占領して留まりたい場所を見つけるだけでは健全ではありません。あなたが前進しなくなった途端に、あなたは後退し始めるのです。


あなたの内の情熱が薄れてくるとき、あなたはすでに死に始めているのです。あなたは燃えるために生まれたのです。エリシャは王のところに来て、「矢で地面を打ちなさい。」と言いました。王は3度だけ打ちました。エリシャは非常に王に腹を立て「5回か6回打ったならば、敵を討ち滅ぼすことができたのに、今やあなたは3回の勝利しかえられない。」と言いました。王は情熱を持っていなかったので、神が彼に与えようとしていた油注ぎを受け続けることが出来なかったのです。そしてそれによって国も滅びました。リーダーに情熱が無い時、従う者たちの総てが犠牲になるのです。

情熱と油注ぎとは比例するのです。情熱のある人はリスクを取ります。御国の領域であなたが望むものは、リスクのある領域に踏み込み、困難という幕を突き抜けて行かなければ、一つも見つけることができません。過去のブレークスルーに惰性で頼っているだけでは、決して手に入れることはできません。あなたは拡大していくために生まれたのです。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-07-08 14:57 | アメリカからのメッセージ