常に喜ぶ グラハム•クック    2009年10月17日

常に喜ぶ

グラハム•クック



キリストの内に生きると、私たちはよく笑うようになります。 笑ったり笑わなかったりすることは私たちが 決めることである以上に、ハッピーであることはクリスチャンとして必須条件です。私たちの人生に対する神のご計画には、私たちがキリストにある愛と喜びを見つけその愛と喜びの中で生きることも含まれています。神はすばらしい福音です! 主の愛と臨在は私たちの人生を元気づけるために不可欠且つ完璧なものなのです。

イエスはヨハネ15:11で「わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにあり、あなたがたの喜びが満たされるためです。」と言われました。神が私たちに語られたりご自分の性質を啓示されるときは、喜びが常に伴います。主を見つめ主の似姿に変えられていくのは、主のパーティーに招待され主と共に大いにお祝いをすることです。神が私たちに語られるすべての言葉は私たちを喜びの中に引き入れるようにデザインされているのです。天の御国のものはすべて、うれしさ、喜び、幸せ、笑いに関することなのです。神は私たちがにっこりと微笑むのを見たいのです。


神は次に何が起こるかをご存知なので、喜んでおられるのです。主は最終的な試合結果を知っておられます。初めから終わりを知っていると、敵の邪悪な計画や悪巧みを見ると笑わずにはおれないのです。 最終的には必ず勝利することを 知っていると、敵の策略は私たちにとって全く力を持たないものとなります。キリストの内にある喜びが絶えず私たちの心の深い所に流れていて、何者もそれに触れることは出来ません。しかし、そのような喜びを手に入れるためには、すべてのことを喜ぶ方法を会得する必要があります。

私にとって喜びは防衛手段です。敵に対する盾です。敵が攻めてきたとき、私たちは敵の面前で笑うことができるのです。それはまず神が敵を笑われるからです。

以前私は自分が戦場にいる夢を見ました。こちらの軍隊は敵をどうにか振り払ったところでしたが、多くの勇士を失いました。生き残ったものは多くはありませんでした。正直なところ私たちは少数であわれな状態でした。傷を負っていないものはありませんでした。私自身も少なくとも12カ所くらいの刀傷を腕に負っていました。出血もひどく、全く疲労困憊していました。

突然トランペットが鳴り響き、もう一つの敵軍が私たちの前に迫っているのがわかりました。あたりを見ると私たちのための援軍はありません。敵軍は力を増しています。刻一刻、彼らの軍列はふくれあがって行きます。勝ち目がない戦いでしたが、私たち憔悴した生き残りの者たちは集り戦闘態勢をとりました。


私が足場を固めて敵の襲撃に備えて歯を食いしばって立っているとき、私の横にレストランのウエイターのような格好をした男がいるのに気がつきました。折り目正しい黒いズボンに蝶ネクタイ、糊のきいたワイシャツを着て腕には白いタオルをかけていました。

「 一体何をしているんですか?」と私は信じられない思いで尋ねました。
「メロンとスープとどちらになさいますか?」と彼は答えました。
「えっ、何だって?」と私は聞き返しました。
「メロンですか、スープですか?」と彼は言いました。
「こんな時に食べ物の話なんかどうしてできるんだ?」と私は問いただしました。

ウエイターは私を無視して、一人ひとりに「メロンになさいますか?スープですか?」と聞いてまわりました。
「気でも違ったのか? 今起こっていることがわからないのか? 地面は血だらけなのが見えないのか?
 あそこにいる敵が見えないのか? こんなときになんでランチのことなんか話せるんだ。」と私は言いました。
「えーと、メロンですか、スープですか?」と彼は答えました。
私はすっかり腹を立ててしまいました。「おまえは馬鹿かなんかか? こんな時に食べ物の話をしたいのか?」と私は金切り声で叫びました。

突然私は目をさまし、自分のベッドルームで「食べ物の話なんて!」と叫んでいる自分に気がつきました。その瞬間、私はパワフルな啓示を受けたのです。それは詩編23:5「私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ」という箇所です。

私たちが戦場で敵からの次の襲撃をどうにかして乗り切ろうと構えているとき、神はメニューを考えておられるのです。主はあたりを見回して、「ここはなんとピクニックに最適な場所なんだろう! ソーセージパンやミートパイ、チーズサンドイッチがいいだろう。本当に最高だ。」と言われるのです。神はどのような敵をも打ち破ることがおできになり、ご自分の力を完全に確信し平安をもっておられるので、 たとえ私たちが人生の最悪の戦いのただ中にあっても食事を与えてくださることが出来るのです。そして私たちがそれを確信することこそ、人生で全き喜びを持つ源となるはずなのです。(終わり)


トップへ戻る
[PR]
by walkwithgod | 2009-10-17 07:47 | 主と個人的に深い交わりを持つ
<< 下って行くな、そこに留まれ ... 幻 (その2) ジェ... >>